FC2ブログ

合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

メロディックイントネーションラーニングを電子書籍に載せてアップデートしました。


2.2 メロディックイントネーションラーニング


もくじ

【総論】
2.2.1.1 メロディックイントネーションセラピーからメロディックイントネーションラーニングへ。

2.2.1.2 仕事中にScrivenerを使ってコソコソ勉強できるメロディックイントネーションラーニング
2.2.1.3 メロディックイントネーションラーニングの実用例は幼児教育というか幼児の言語習得、テレビCM。世の中に溢れているメロディックイントネーションを対象化せよ。
2.2.1.4 勉強がクリエイティブであればあるほど、楽しい遊びに近くなる。

【各論】

2.2.2.1.覚える対象を抽出する。要素だけにする。そのために、深く理解し、分析する。なるべく覚える対象を少なくする。まとめる。パタン化する。

2.2.2.2.要素から最初に連想することを書き出す。リリックにしやすいように変換する。

2.2.2.3.SVC、SVO法による文章化と画像化。ライム化。

2.2.2.4.リズミックイントネーションさせる。

2.2.2.5.ライム化、リリック化のスキル篇。
2.2.2.5.1 Disる。茶化す
 2.2.2.5.2.ゴロ合わせする。
 2.2.2.5.3.同じAIUEOが繰り返されるようにする。韻を踏む。
 2.2.2.5.4.例える。レッテル展開する。
 2.2.2.5.4.決まり文句。引用。枕詞。
 2.2.2.5.6.インパク知、ばかパク(ボキャブラ天国)
 2.2.2.5.7.擬人化する
 2.2.2.5.8.可視化する
 2.2.2.5.9.ざっくりさせる。テキトー化する。小難しく、とっつきにくい言葉を中学生でも知っている単語に言い換える。
 2.2.2.5.10 誤変換する 
 2.2.2.5.11.英語にする

【総論】
2.2.1.1 メロディックイントネーションセラピーからメロディックイントネーションラーニングへ。


以前から紹介しているメロディックイントネーションラーニング。(別記事リンクを参照。)
そして、ぼくが発明した速聴写真ラーニング。

メロディックイントネーションセラピーという言葉はセラピー以外にも使えるので、セラピーではなく、ラーニングという言葉に変えました。
略して、MIL。ミル

Deep learningという言葉のおかげでラーニングのほうがよく馴染むからです。

そして、速聴写真記憶法も速聴写真ラーニングに命名しなおしました。記憶法というと、古めかしいからです。
略して、Rapid-listening-imaging learning. RLIL。ルリル。

総じて、ミルリル。(コピーライト、商標登録出願中)

このふたつのラーニングメソッドをやれば、たいていのことをはラーニングできます。

ぼくの場合、学生じゃないので、職場でこそこそラーニングしないといけないので、パソコンでやらざるを得ない。

そこで、メロディックイントネーションラーニング、速聴写真ラーニングをscrivenerというアプリを用いて、やっていく方法について、固まってきたので紹介しておきます。



2.2.1.2 仕事中にScrivenerを使ってコソコソ勉強できるメロディックイントネーションラーニング


●scrivener based learning●

左手に教科書。右手にScrivener。

論文執筆にも使えるスクリベナーは、リリックを作るのにも役に立つます。

基本画像ファイルやPDFファイルはスクリベナーに添付しないようにしましょう。添付するともっさりして開きづらくなったり、反応が遅くなるので。

リリックを連想する作業は教科書に直接書き込んだり、ノートに書き写したりするよりも、パソコンに文章作成ソフトをつかって書いたほうが楽です。

言葉を書いて、最初に連想することを書くのに都合がいいのと、圧倒的に文章を作るスピードが早いからです。

それに、漢字に変換するときに誤変換してくれると、着想のヒントにもなるので、相性がいい。

また、はたから見ると、パソコンに向かって文章を書いているので、仕事をしている感じがすごくでて、勉強しているように見えません。これが最大のメリット。

2.2.1.3 メロディックイントネーションラーニングの実用例は幼児教育というか幼児の言語習得、テレビCM


英語でアルファベットを覚えるのも、ABC songを歌い、曜日を英語で覚えるのも、歌って覚えますよね。これはメロディックイントネーションを使ってるんです。あいうえおはほぼメロディックイントネーションではない。ただ、九九計算は見事にメロディックイントネーション。韻を踏んでるからメロディックに暗記できる。

英語圏の小学生は九九が苦手なのに対して、日本人は簡単に九九が習得可能であるのは、メロディックイントネーションのおかげと言って良い。

数学教育にもやはりメロディックイントネーションラーニングなのである。

この特殊性を全く無自覚に、対象化できずにやっているところが、現代の教育の罪深きところである。

もっと、メロディックイントネーションラーニングを自覚的にやるべきで、対象化すべきなのだ。

教育者は「こうすれば覚えやすいよ」と学生にいうべきではない。こーーってなんやねん。

「メロディックイントネーションにすれば覚えやすいよ」と言え。

KU iti ga KU!
Ku ni ju HACHI!
KU SAN ni-ju Shichi!♪。。。。。



2.2.1.4 勉強がクリエイティブであればあるほど、楽しい遊びに近くなる。


クリエイティブである遊びは、中毒性がある。

真の意味で満足できる遊びは創造的である。

リリカライズ、ライム化は創造的であり、作詞的である。

それは純粋な遊びであり、うまいライムができたときは、喜び、楽しさといった感情がでてくる。

億劫な反復勉強が昇華し、メロディックイントネーションラーニングになったとき、教育とはなんなのかと再考したくなる。

【各論】

実際、どうやって、メロディックイントネーションラーニングするか説明していきます。


2.2.2.1.覚える対象を抽出する。要素だけにする。そのために、深く理解し、分析する。なるべく覚える対象を少なくする。まとめる。パタン化する。


教科書からテストにでることを抽出する。
すでに習得しているパタンと似ているなら、新しいことを覚える必要がなくなる。
覚えることを必要最低限するために、理解し尽くして、覚える対象を減らせるものなら減らす。
二元論で整理したりして、わかりにくいことを理解しつくす必要がある。
なるべく、覚えなくてもいいことを見つけ出す。
導け出せないことだけは、「要素」として対象化する。
要素とはエレメントでそれ以上分解できない項目のこと。

2.2.2.2.要素から最初に連想することを書き出す。リリックにしやすいように変換する

リリカルにする。リリカライズ!(造語)

要素は削ぎ落としている文だけ、味気ない。その無機質な要素を脚色する。リリックとはもともと叙情的なという意味がある。叙情にさせるのをリリカライズ!(造語)と命名する。
要素からリリカライズする内容は、最初に連想することで良い。こればっかりはそのひとのボキャブラリーや思想体系によるので、法則化できないというか、正解はない。個人差もあるし。

例:HV→ハイブリッド車。ハイブリッドといえばプリウスしかおもいつかん!
例:奇静脈→奇人変人、変なオジサン。志村けん!
例:外側→外人。お騒がせ外国人。カルロス・ゴーン! 
とかね。
なるべく具体化させる。抽象的すぎると、イメージしにくいからメロディックイントネーションにしづらい。

2.2.2.3.SVC、SVO法による文章化と画像化


変換した要素を並べて、それらの要素から最初に連想する奇妙な物語、動画をライムにする。ライムにする。歌詞にする。(ライムについては、https://saita-puls.com/6309のリンクをどうぞ。)


例:「外国人がハイブリッド車に乗って、変なオジサンダンスをしている。」
 S            V             V
上記がリリックがライム化する前の文章。これでは詠みにくいし、動きがない。

2.2.2.4.メロディックイントネーションさせる。


ライム化するっていうのは、歌いやすく、ゴロをあわせて、韻を踏み、リズミックにすることを総称している。
メロディックイントネーションにするとも言える。

例:『カルロス・ゴーン(外人)、まじでGone!プリウスの 屋根のうえ、変なオジサンだから、変なオジサン。変なオジサンだからぁ変なオジサン♪(志村けんのコントを参照してください)

すでに変なオジサンがリズミックなので、作りやすい。

ここまで変換させると、想起が容易になる。反復回数を極端に減らせるので、勉強時間の削減につながる。


上記段階のうち1が大事なのは、みーんな知ってるし、義務教育で教わる。でも、2,3,4を教わることはない。
たいていの学習は1で終わり。それを記憶するのは結構難しい。ひたすら書いて覚えるか、読んで覚えるか、しゃべって覚えるか、聞いて覚えるか。速聴するか。何度も繰り返す必要がある。確かにN(思い出す回数)を増やせば、なんとか覚えられるかもしれない。でも、残念ながら、長期記憶に入らない。3ヶ月後には忘れている。受験日まで持続できない。到達目標に達せない。勉強が辛くなる。意識高い系になれない。単純労働者になる。
1が上手なだけでも、そこそこいける。工夫はいろいろある。絵を書いたり、きれいに色鉛筆で塗ったり。それだけでも、美しいノートだけでもそこそこいける。でも、そこそこなんですよね。



例その2:鉄が生理的に沈着する脳の部位を覚えたい。

「老人は視床、線条体、尾状核に鉄が沈着することがある。」

抽出は簡単で、要素は老人、視床、線条体、尾状核、鉄。

これをリリカライズする。

老人:年老いた
視床:師匠
線条体:扇情
尾状核:美女
鉄:ハンマーくらわす

ライム例:年老いた師匠(視床)♪、美女(尾状)に扇情(線条)♪これに鉄槌くらわす♪

最初は本当にこれでいいのかっていう疑心暗鬼になるわけですが、人間が覚えられる項目数の限界Nmaxは決まっており、時間因子Tにより常に減らされる。
勉強の繰り返しfによって、それを増やそうとがんばるわけ。テスト前に覚えている項目の数をNとすると、
N = kf ? mT<

Nmax
k ,mは定数。
このkをいかによい値にするかが、方法論の存在意義である。あるいはmをいかに小さい数字にするか。
そのひとつがメロディックイントネーションラーニングであり、速聴写真ラーニングである。

ライムはなるべく、動きがあり、荒唐無稽であり、ストーリーがあり、色彩があり、テンポにのりやすく、和音にのりやすいリリックがよい。

有名なキャラクターを多用する枕詞や、オヤジギャグ的な掛詞を使ったりするのも効果的である。

また、自明すぎて覚える必要のない項目、導き出せる項目はリリックに入れる必要はない。

従来から使われてきた「ゴロ合わせ」というテクニックは、このメロディックイントネーションラーニングのひとつのサブグループと言って良い。

ゴロ513という古文の単語を超簡単に覚える本でセンター試験を乗り越えたわけですが、その方法を対象化し、自分でも使えるように汎用化したのがメロディックイントネーションラーニング。

ゴロ合わせは数あるテクニックのひとつであり、これに固執して作る必要はない。

抽出した項目に対して、どう自分の持っている知識と結びつけて、茶化して、こじつけて、容易に覚えるかが大事。

まじめにふざけるのが大事。

あるいは、

真剣に茶化す。

次章で、まじめにふざけるスキルについて

2.2.2.5.ライム化、リリック化のスキル篇。


2.2.2.5.1 Disる。茶化す

ディスる。Disrespectする。短所をたたく。

教科書に書いてある内容を評価し、批判し、批評の方法は悪口をいうことです。これもリリックのひとつにして良い。
この手法が一番頭を使わずに、才能を使わずに、最初の理解の最適化ができるので、最初に示します。

とにかく勉強しているという自覚を持たないで淡々と、粛粛と、読んだ内容を理解し茶化し、リリックを書き続ける。
難しい内容を読んでいる、あるいは、自分の知らないたいして興味がわかない内容を読むのはストレスがたまるので、わかりにくい説明には、徹底的にDISる。それも茶化しになるし、ストレスの発散になるし、印象もつけられる。
DISるリリックも印象に残るので、取り入れるべき。毒リリック。

自分の脳内に、霜降り明星の粗品を憑依させて、ひたすら、せいやならぬ、筆者につっこみを入れ続ける。
例:
気管支は肺の末梢に向かってTaperingする。『テーパーって、なんでそこだけ英語!いきってるだけやん』とか
この陰影はバタフライシャドウと呼ばれる。『バタフライ!粋だね!』
この線はカーリーBと呼ばれる。『また人名!カーリーってだれ!BってAとCはどこ!B級スープカーリー水だらけうよ(右葉、肺水腫)!』

このようなツッコミの中にも、単純にDisる以外にも様々なサブタイプが存在する。客観的、共感的なものもツッコミは内包している。言い換えることで、ボケていることを明確にするのが、つっこみの役割である。
そう。小難しい文章やいらつく説明は、ボケているのだ。ボケ倒しているのだ。
浜田のつっこみをまっている松ちゃんを想像すれば良い。

こうして、つっこみをいれているうちに理解が深まり、要素に対して、叙情をもたせることができる。。

 2.2.2.5.2.ゴロ合わせする。

言わずとしれた技法。ゴロ合わせ。無理やりこじつける。自分で作るには、発想力が問われる。
全部をゴロ合わせしようとするのは、愚の骨頂。覚えられないものだけをゴロ合わせしたほうが良い。

例:意識障害患者のアイウエオTIPS
 A:Alcohol
 I:Insulin
 U:Uremia,E:Encephalopathy
 E:Endocrine,Electrolytes
 O:Oxygen,Overdose
 T:Trauma,Temperature
 I:Infection
 P:Psychiatric
 S:Stroke/SAH,Shock
意識障害の患者を見たとき、上記のもので、SAH起きたら、まぁ意識障害起こすよね。わざわざ、ゴロ合わせに入れて思い出したくなる必要性ある?

最初の1段階で示した分析の部分が足りていない。導けることは覚える対象にしないという法則がある。

例:心臓、腎臓、肺で筋肉に関連した異型細胞がでてくる。
→しんじん、はい。筋肉だらけ。
→新人アナウンサーの胸は洗濯板。

胸の部分は、はい→π といった変換を行うことで、ゴロ合わせとしています。
筋肉といっても、心臓からは横紋筋肉腫、腎臓からは、AML、肺からはLAMという疾患がでてくるわけですが、それぞれ、異型な筋肉としてざっくりさせています。
思い出せれば良いので、別にひとつひとつの疾患をゴロの中に入れる必要はありません。そうすると、語呂合わせのリリックが長くなってしまい、思い出すのに苦労してしまうから、本末転倒です。

 2.2.2.5.3.同じAIUEOが繰り返されるようにする。韻を踏む。

リリックにしたら、なるべく、575調で韻を踏んだほうが、リズムに乗せやすい。

例:リンチ症候群→リンチ(I)、多勢(ZEI)に無勢(ZEI)で袋叩き(I)、MSI(AI)-HIGH(AI)、ネオアンチゲン(N)でキートルーダがきーきまくるねん(N)。

 2.2.2.5.4.例える。パロディ。ロールプレイ。 天丼。レッテル展開。

粋がっているやつほど、例えることで卑近にできる。
一度例えたら、その例えを利用して、無理やりこじつける。
例えを利用することで、その例が持っている属性を容易に連想することができるため、芋づる式に思い出せる。

例:マキャベリ→芽キャベツに例える。→頭が五厘刈りで芽キャベツのようだ

例:クラインフェルター症候群→アンガールズ田中に例える→XXYで男でも女でもない、まさにアンガールズ→手足がながい

例:リンチ症候群→患者がガンにリンチされてる→ダブルキャンサーで多勢に無勢の袋叩き

例:ボンヒッペルリンドウ VHL von Hippel Lindau→リンドウ→林道→林田→NHK ブラタモリでお馴染み、林田アナ。林田アナでレッテル展開する。

例:Wilms腫瘍→ウイルムス→イルムス→デンマーク王室御用達家具ブランド、ILMUS!

例:褐色細胞腫→褐色の恋人→コーヒー牛乳!

このように疾患名から想起される具体化していく。たとえば、林田アナウンサーから想起されるものを利用して、ボンヒッペルリンドウで起こる合併症を紐づけていく。その合併症自体もさらに同様な具体化を用いれば、疾患同士の組み合わせを強制的に日常的に卑近なものに変換することができるため、ストーリ化し、ライムに落とし込む事が可能となる。

大切なのは、具体化したものがいかに卑近であるかということ。

それら卑近な具体化対象を、並べて眺め、動的イメージとしてストーリー展開させることが重要となる。

並べれば勝手にストーリー展開できるものなので、あまり、テクニックは存在しない。

発想力があるかどうかはそのひとの人生経験によるところが大きく、正解はない。

また、着想においては、個人差が大きいため、例示することがかなり困難となる。



 2.2.2.5.5.決まり文句。引用。枕詞。

例:お前はもうつんでいる。オワタぁ。(北斗の拳)

例:3年A組 金髪せんせーい!ワッショイ!ワッショイ!

 2.2.2.5.6.インパク知、ばかパク(ボキャブラ天国) 知的、あるいはバカだけど、インパクトのある言葉。


例:鬼に金棒→鬼にKANEBO、For beautiful human life

 2.2.2.5.7.擬人化する

例:T細胞→作戦本部
例:B細胞→鉄砲隊
例:マクロファージ→進撃の巨人

 2.2.2.5.8.可視化する

例:6倍女性に多い。40代が多い。『診察室が熟女だらけ』

 2.2.2.5.9.ざっくりさせる。テキトー化する。小難しく、とっつきにくい言葉を中学生でも知っている単語に言い換える

実はこれが一番大切なことなのかもしれません。
頭がいい人と悪い人の違いはここ。
単純化させることができればどんな学問も容易に理解できる。
理解できれば覚える対象が少なくるので、理解していない人よりも少ない努力で記憶できる。

メロディックイントネーションに乗せれば、さらに簡易に覚えられるし、

それを速聴で繰り返せば、繰り返す努力が減らせる。

例:T2WIで高信号→白い。
例:4%が発症する→数%でる。
例:40-60%にみられる→半分でる。
例:早期相で濃染し、門脈相でWashoutする。→最初は超白くて、後半、黒いけど、まわり白い。

 2.2.2.5.10 誤変換する

わざとひらがなにして、一度イメージをリセットさせ、新しいリリックに結びつける。誤変換させると言って良い。

たとえば、右縁枝。

うえん。ウエンツ瑛士。ウエンツは鋭いツッコミするよねぇー。鋭縁枝。

うえんにすることで、ウエンツ瑛士がでてくるのは、誤変換のおかげです。

 2.2.2.5.11.英語にする


日本語だとイマイチ連想できない場合でも、英語にすると連想しやすくなったりする。英語はよく頭文字だけになったりするので、それも連想のネタにできる。

例:右冠動脈→RCA→RCサクセッション→忌野清志郎
例:左回旋→LCX→Cx→フジテレビ→お台場球体展望台
【マインドフルネスベースドラーニング】
【ストレス・マネジメントデータベース】ストレスためずに、持続可能な勉強時間を保つ方法

新シリーズです。大学受験生だろうが、国家試験受験生だろうが、医者だろうが、トップを目指すゴールゲッターズ(ウォナビーズ)はストレスが半端無くかかります。
どの人生の時点で、ストレスのない生活に入ろうとひとは決めるのでしょうか。非ゴールゲッターズ(非ウォナビーズ)になろうと決めることが、ストレスない生活になるということなのでしょうか。

ストレスと幸福学について、再考したくなります。

いずれにせよ、受験生のみなさんは、寸暇を惜しんで勉強をするわけですが、勉強ばかりしていると、ストレスが強くなって、勉強時間が保てなくなります。
そこで、ストレスマネジメントの観点から、効率的に、ストレスを発散して、勉強時間を伸ばすデータベースを構築したいと思います。
一番、鍵となる技術はマインドフルネスです。そこで、大切なので対象化するために、命名しました。
マインドフルネスベースドラーニング!
Mindfulness based learning


マインドフルネスを毎日の生活の中で取り入れて、勉強時間を極力伸ばすってことです。
対象化して意識的にやっているひとと、なんとなくやっているひとでは雲泥の差がでます。


【目次】

1.ストレスの原因(インプット)データベース
  1.1.取り越し苦労系
  1.2.予期不安系
  1.3.決断系
2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、定性化、対象化。
  2.2 マインドフルネスによる積極的ストレス発散と前頭前野の開放
2.2.1 銭湯とマインドフルネス
  2.3 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する
3.ストレスと人生について(総論)
  3.1 職業とストレス。医師編
  3.2 ストレスと健康長寿
  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

以下本文です。

1.ストレスの原因(インプット)データベース
http://www.nhk.or.jp/special/stress/
NHKスペシャル シリーズ『キラーストレス』を参考にお送りいたします。
「キラーストレスとは
脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まります。
ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。これがストレス反応です。」だそうです。

そういわれても、だからなんなんだといいたくなります。ホルモンが出ようが、実感として湧きません。
自覚症状は疲労感、集中力低下・・・まとめると、軽度うつ症状です。

アメリカ心理学会は5つの対策を勧めています。
1)ストレスの原因を避ける
2)運動
3)笑う
4)サポートを得る
5)マインドフルネス

こう勧められても、よくわからないので、二元論で分けてみましょう。
  
  1.0 ストレスを対象化する。定量化し定性化する。
ストレスの原因をストレスの原因だと感じていないことがよくあります。無自覚のうちにストレスがたまり、いつの間にかうつになっています。
上記NHKスペシャルでは以下のように、ストレス度チェック表を容易してくれています。
配偶者の死 ☆ 会社の倒産 ☆ 親族の死 ☆ 離婚 ☆ 夫婦の別居 ☆ 会社を変わる ☆ 自分の病気や怪我 ☆ 多忙による心身の過労 ☆ 300万円以上の借金をした ☆ 仕事上のミス ☆ 独立・起業する ☆ 単身赴任 ☆ 左遷 ☆ 家族の健康や行動の大きな変化 ☆ 会社の立て直し ☆ 友人の死 ☆ 会社が吸収合併される ☆ 収入の減少 ☆ 人事異動 ☆ 労働条件の大きな変化 ☆ 配置転換 ☆ 同僚との人間関係 ☆ 法律的トラブル ☆ 300万円以下の借金をした ☆ 上司のとのトラブル ☆ 抜てきに伴う配置転換 ☆ 息子や娘が家を離れる ☆ 結婚 ☆ 性的問題・障害 ☆ 夫婦げんか ☆ 家族が増える ☆ 睡眠習慣の大きな変化 ☆ 同僚とのトラブル ☆ 引っ越し ☆ 住宅ローン ☆ 子供の受験勉強 ☆ 妊娠 ☆ 顧客との人間関係 ☆ 仕事のペースが変わった ☆ 定年退職 ☆ 部下とのトラブル ☆ 仕事に打ち込む ☆ 住宅環境の大きな変化 ☆ 職場の人数が減る ☆ 社会活動の大きな変化 ☆ 職場のOA化 ☆ 家族構成の変化 ☆ 子供が新しい学校へ変わる ☆ 法律違反(軽度) ☆ 同僚の昇進・昇格 ☆ 技術革新の進歩 ☆ 仕事のペース、活動が増えた ☆ 自分の昇進・昇格 ☆ 妻(夫)が仕事を辞める ☆ 仕事の予算不足 ☆ 自己の習慣の変化 ☆ 個人的成功 ☆ 妻(夫)が仕事を始める ☆ 食習慣の大きな変化 ☆ レクリエーションが減った ☆ 仕事の予算の充実 ☆ 長期休暇 ☆ 職場の人が増える ☆ レクリエーションの増加 ☆ 収入の増加・・・

実は、ライフサイクルイベントが起きると、それが良い方向であっても、ストレスになってしまいます。
うつ病は、結婚式とか、昇進、出世、長期休暇という一見、ハッピーなイベンドでも起こり得るんですよね。

以上のように、ストレスの対象を言語化し、定量化します。人生で味わった一番強いストレスを10点として、何点か。
それによる反応はどのようなものか。

「いきなりの仕事の追加による残業」
ストレスレベル 5/10
顔のゆがみ。空腹による疲労感。早く帰りたいという気持ちや焦り。

  1.1.取り越し苦労系
過去の失敗や、強い緊張下に置かれた経験は、その後の人生でフラッシュバックします。(フラッシュバックはPTSDのテクニカルタームですが、多かれ少なかれ、取り越し苦労はフラッシュバックです。)

苦い経験を、その後の人生でもう一度思い出して、そのときの気持ちやストレスを追体験することを取り越し苦労といいます。
脳はイメージしたことと、実際の体験を区別できないんでしたね。(既述。)

ここでぼくが多用する格言があります。

『過去は過去!!』『Let the past be the past!!』

もやもやと昔の嫌なことを思い出しそうになったら、上記の言葉を出して、別なことを想像しましょう。

  1.2.予期不安系
よくないことが起こるんじゃないかと、想像してしまって、不安になることです。杞憂のことです。
未来のことは考えるな。
ブルース・リーもおっしゃっています。『Don't think! Feel!』
焦って考えても、不安を感じても、意味がありません。
できる準備をして、準備が終わったら、考えるな。その時が来たら、そのときがんばればいい。

  1.3.決断系
決めることはストレスです。
新しい家電を買うのも、新しいクルマを買うのも、ラーメン屋でつけ麺にするか、ラーメンにするか決めるのも。

その決定に対して、かならず、人間は後悔します。後悔が伴うので、決断さらに、ストレスとなる。

ぼくのおすすめは、システムを作って、そこに解釈や決断の回数を減らすことです。フローチャートを作ってしまえば、だれがやっても同じ結果になります。
がん診療のガイドラインみたいに、カットオフ値をもうけて、二元論にしてしまうほうが、決断する必要が無いので楽です。

だから、ぼくは勉強法をプロトコル化しています。勉強法を決めることもストレスです。
もうみなさんは勉強法に悩む必要がないといったのはそういう理由です(既述)。
作業仮説として、ぼくがおすすめしている方法をシステム化(プロトコル化)して、解釈せずに、行動し続ければいいんです(勉強法のフローチャートはすでに載せてあるので、ぼくの本を読んで下さい)。
必要なのは、時間と労力だけです。

 1.4 「頑張るストレス」VS「我慢するストレス」系

勉強や日常の仕事は「頑張るストレス」であり、肉体へのダメージが蓄積されるタイプ。メンタルにダメージが来ない。
一方、「我慢するストレス」系はメンタルにダメージが蓄積される。

2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、対象化
  2.1.1 ストレスを発散させる方法を定式化する。

具体的なストレス発散方法を自分の思いつく限りにリストアップする。
こうすることで、どのくらいのストレスレベルにおかれたときに、どのレベルの発散をすれば、改善するかを効率的に導ける。
一定のフローチャートにすることを定式化するという。

ストレス発散の方法が多ければ多いほど、ストレスコーピングがうまいとか、ストレス耐性があると呼ぶ。

「頑張るストレス」系には興奮を抑えるタイプのチルアウト系ストレス発散が効果的である。一方で
「我慢するストレス」には興奮を付加するタイプのワークアウト系ストレス発散がよい。

交感神経系VS副交感神経系といっても良い。二元でわけると。
積極系VS消極系
アウトドア系VSインドア系

例示します。

ワークアウト例
運動する。
自転車を全速力でこぐ。
楽器をひく。
歌う。
好きなゲームをする。
ディズニーランドにインパする。
温泉に自転車で行く。
サウナに入ったあとに、コーラを一気飲みする。
サウナに入る。
サマソニに参戦する。
ロッキンに参戦する。
フジロックに参戦する。

チルアウト例
クールな音楽でリラックス。
南の島でのんびりする。
マッサージされる。
妄想して現実逃避する。
温泉につかって、紅葉を眺める。
サウナに入ったあとに、水風呂につかる。
川の流れを眺める。
山を眺める。
好きなひとの笑顔を思いうかべる。
猫の写真を見る。
最高に笑ったギャグを思い出す。
新しいクルマのスペックをチェックする。
新しいアップル製品のスペックをチェックする。
ワンピース、磯部磯兵衛物語、群馬アイドル神話 馬セブンを読む。

ストレス発散の方法はひとそれぞれで、他人にとってはそんなことがストレス発散になるのかということでも、ストレス発散になることがあります。

  2.2.2. ストレス発散により、どのくらいストレスが軽減したか評価する。足りなければおかわりする。

ストレスを対象化、あるいは、認知することによって、それ自体に癒やしの効果があります。

ぼくは原因のわからない症状に悩まされていた患者さんに、細かく問診し、症状のレベル、頻度、性質を細かく聞いただけで、涙を流して、癒やされていくというダイナミズムを経験したことがあります。

症状が対象化されただけで、心が軽くなり、次の外来のときには、すっきりした顔で受診され、症状は軽くなりましたと言ってきました。
結局、その患者さんの病気の原因はストレスによる身体化でした。

  2.2.1 リーサル・ウェポン「マインドフルネス」による積極的ストレス発散と前頭前野の開放

マインドフルネス。
この言葉が出る前は、この行為を色んな言葉で形容していました。自律神経法、瞑想、認知療法、座禅、リラックスしてアルファ波をだす。

weblioによると以下の定義になっています。
awareness
inclination to be mindful or aware (as understood in Buddhism かつ psychology)
paying attention on purpose, in the present moment, and non-judgementally
"also notes that the term is 'in weakened use'. It's been diluted from its origins to now encompass all manner of meditation techniques, treatments for daily stress, even ways to lose weight."
A form of secular meditation practice with roots in Buddhist

名前はいろいろあるし、やり方も宗教っぽくするマナーなどがあって、色々です。

ただ目的は同じです。

『頭に想起される言葉を完全に排除して、前頭前野をアイドリングストップさせる』です。

人間は1日に数万単語脳内でしゃべっています。それが大脳新皮質、特に前頭前野にとってはストレスなんです。

それを開放させる。

やり方は、宗教的な作法にのっとる必要ナッシング。

目を半開きにして、ぼーっとするだけ。昔はこのマインドフルネスのことをアルファー波を出すとかアホなことを言ってたっけ。脳波信仰とも言える。

このボーっとする状態というのは結構難しい。無我の境地になる必要がある。なにも思考しないというのは、簡単にはできない。

人間は思考する生き物だから。

すこしでも、理解可能な音声が耳に入ってくると、その無我の状態が中断されてしまう。

強制的に音声想起を排除する技術としては、自分の呼吸に合わせて、「吸ってるー、吐いてるー」「ブリージング。ブリージングアウトー」とか、全く思考にならない言葉で思考をかき消すこと。

自分の体に対して、意識を向けて、勝手な思考を止める。

追記

銭湯、温泉、サウナのマインドフルネスの相性の良さについて

神の与え給いし癒しの空間

銭湯、温泉、サウナ。

そして、Finlandで発祥したサウナをこよなく愛する人々、サウナー。

風呂場では味わえない開放感があるだけで、頭の中の雑音は結構なくなります。

特に意識的に呼吸に集中する必要もなく、マインドフルネス状態になれます。

ただ、問題なのが、サウナの中にテレビがついていたり、友達や家族と来ていて、ずっとしゃべっているひとが横にいると、言葉が想起されてしまうので、マインドフルネス状態になれないということです。

空いている時間帯に行くか、空いている銭湯を見つけるしかありません。家にミストサウナをつけるというのも良いかもね。ぼくもつけようと思ってます。

ここでサウナーの技術について。

サウナは暑いので、余計なことが考えられなくなります。

座る位置は一番高い場所にしましょう。

極限まで熱くなって汗だらけになったら、水風呂へ。

サウナーは、あえて冷やしてある摂氏9度以下の水風呂のことを、「シングル」と呼びます。

水風呂に入ると、最初はつらいですが、徐々に、冷たさが心地よい状態に変化します。

こうして体の変化を感じると、やはり、思考がストップするのです。

これを何度も繰り返しているうちに、全く思考がなくなり、自然にマインドフルネスな状態に持っていく事が可能です。

この思考が止まった無我の境地をサウナーは「ととのう(整う)」と呼びます。

まぁ、マインドフルネスになったと呼べばいいと思いますが、心が整ったと言っても良いでしょう。

家の風呂でも熱い風呂に入り、水でシャワーを浴びれば、できなくはないので、毎日、家で心を整えるのも良いかもしれません。


このマインドフルネスは勉強と勉強の合間、試験と試験の合間にやるのが効果的です。

特にテスト本番。120分のテストって結構疲れますから、休憩時間はなるべく長時間、マインドフルネスになりましょう。

友達とできたのできなかっただの喋ってる暇があったら、マインドフルネスして、回復してください。

ぼくは受験生のころから、マインドフルネスという言葉を対象化していませんでしたが、試験の合間はマインドフルネスをしていました。


  2.3. 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する

アドレナリン系かドーパミン系かとも分類できます。

ドキドキするタイプのストレス発散はその場限りであり、効果が短い。

一方、

ほんわか幸せを感じるタイプのストレス発散は効果が長く、精神的安定につながる。

ジョブクラフティングについては、すでに書いていますので、検索してみてください。

3.ストレスと人生について(総論)
  3.1.たとえば、医者がなぜ、ストレスが多いか。決断が多いから。
患者の命に関わることを毎日やっていると、決断することが多くなります。
評価するだけなら、まだましなんです。その評価をして、次になにをするか、迷って、悩んで、答えを出さなければいけない。
特に、人間は答えがないことに対して、答えを出すことがとても嫌いであるという性質があります。
だから、「経験上、今まで、うまくいってきた」と自分に言い聞かせて虚勢を張って、答えを出す。
本当は、自分の決定が正しかったかどうか、後ろ向きにレビューして、統計を出して、p値、有意差がでるかどうかまでやらなければならないのにもかかわらず、「経験上」でごまかします。

医者をやっていないときと比べて、決断することが多くなってしまって、その分、その他、すべての生活について、なるべく、選択したくなくなるという現象が起きます。
それがプロフェッショナルだと、●がいっていました。
日常生活にといて、決断を極力減らしている人は社長に多いのかもしれません。
スティーブ・ジョブズとか、バイト探しベンチャーの●とかも、毎日、同じ服を大量に買って、同じ服を着続けています。
食事も、選ばない。毎日、同じものを食べる。(イチローもカレーばっかり食べてるしなぁ)

  3.2 ストレスと健康長寿

「百寿者=センテナリアン」(NHKスペシャル)

認知症がすすみすぎると、人生でつらかった思い出はすべて忘れ、楽しかった、幸せな思い出だけが残り、とても幸せな人生であったという仙人のような境地に至ることができるそうです。

慢性炎症性疾患にかかったひとは、老化速度が早く、全身の細胞が老化します。


  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

(追記します)

ときに、最近、宮崎吾朗監督初のテレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」で泣きました。(ぼくのストレス発散法のひとつ)
泣ける16話まで、待たなければいけませんが、確実に泣けます。
「第4回 国際エミー賞・キッズアワード」 をとるだけある作品です。
3Dを2Dに落としこんでいますので、技術的に難しかったんだと思うんですが。
不自然な描写が徐々に違和感がなくなっていくので、序盤は耐えてください。


あきらめないってことは才能があるってこと。(鎌田実)

神は乗り越えられる試練しか与えない。(南方仁)

「あきらめなければ、だれでも医者になれる」(ME!)

コメントありがとうございます。

(以下CM。その後、本文。最初は読み飛ばしてください。)

ぼくは今世紀最高の発見といってもいいぐらいの画期的な記憶法や勉強法を見つけ出しました。
それを無償でみなさんに公開します。

BUT!ぼくの作ったリンクをクリックしたあとで、アマゾンのネット通販で日常雑貨、食料品、参考書や教科書、文房具、最新のICレコーダーを買ってください。アマゾンはクレジットカードなしで、送料無料、しかも市場最低価格です。クリックしたあとで買っていただくだけで、ぼくに購入金額の3%くらい、寄付が入ります。

ちなみに、アマゾンのリンクをただクリックしただけでは報酬は発生しません。また、リンクをクリックしたあとなら、どんな商品を購入しようと報酬となりますので、好きなものを買ってください。
情報公開を早めるために、ご寄付をよろしくお願いします。(中高生はAmazonギフト券をコンビニで買って、Amazonで参考書を買いましょう)






*以上、お知らせおわり。以下、本題です。

あなたは医師になりたいですか?なりたいならなれます。この記事をすべて読めば。センター試験前に,そして,出願前にこのブログを見つけられてラッキーでしたね。

ぼくは何度も国立大学医学部医学科の受験を失敗して、結局、合格して医者になるための勉強をしているわけですけど、あらためて、周りのもと受験生、 いま医学生を見ていると、大学受験で受かるだけの実力が自分よりもあったひとたちというより、運がよかった人が多いと思えるんです。
ぼくは何度も不合格をくらったわけですが、そのときの自分と彼らとどっちが実力があったかっていうと完全にそのときの不合格をくらったぼくなんですよね。

じゃ、かれらが現役なり一浪でうかって、ぼくが受からなかった理由はっていうと、運と情報の差だったと結論付けられるんです。

はもちろん、そのときの受験生の実力がなくて、たまたまうかった、あるいは、その大学の近くに生まれ育ったから、地元枠で推薦ではいれた、あるいは、面接だけの試験で、たまたま好印象をもらえて合格させてもらえたってことです。(たまたまではなく、自分にプラスにしかならない履歴を捏造することも大切な合格法なのかもしれませんが)

情報の差っていうのは、その医学部医学科がどれくらい簡単に入れるかっていう情報です。
ぼくが何度受験しても落ちた大学と志望校を変えてあっさり合格できた大学のどっちが偏差値が高いかって言うと、実は、あっさり合格できた大学のほうが偏差値が高いんですよね。河合塾のランキングによると。
だから、いかに河合塾、代ゼミ、駿台(大手SKY塾)の偏差値ランキングが役に立たないかって言うことを物語っています。

この文章を読んでくれた医者になりたい受験生にいいたいのは、

「自分に医者になれるだけの才能、素質があるのかって自分を疑うよりもはるかに

『自分は医者になるための努力を惜しまないと誓え、患者に奉仕する意思があるんだから、医者になって当然の人間だ』

って割り切って、自分の実力でも入れる大学を探す、情報をもとめることに専念しなさい。」


ということです。

目の前の英単語を100増やすよりも、まずは、情報を集めにいろんな塾の事務のおじさんに聞きに行ったり、医学部専門の塾がもっている情報をもらいにいくことのほうが大切なんですよ。
あとは、都市部にある大学はレベルが地方の大学に比べると高すぎるので、これ以上浪人したくないなら、避けたほうがいいってこと。
一問ミスっただけで落ちるプレッシャーに勝てる自信のある人だけ受験してください。

ぼくは都市部の大学に仮面浪人していたのでわかるのですが、都市部の大学にいこうが、田舎の大学にいこうが、教えてもらえることは同じだし、キャンパスライフもたいしてかわりません。あまり有名大学にこだわらない賢い大学選びをおすすめします。都市部のほうが女子大の女の子と合コンできる回数は増えるかもしれませんが、看護科の女の子はかわいいので合コンの必要はありません。部活で恋人は見つかります。

(追記)
有名大学出身のほうが医者としてエリートだから、その後も医者として成功できるんじゃないかと幻想を抱いて有名大学を選ぶかたもいると思います。
たしかにうちの大学の教授は、東京大学理科3類出身がちょっとだけ多いです。その多くが、ちょっと変わってます。
でも、たった6年間しか大学に在籍しないのに、医者としての人生が左右されるとは全く思えません。
それよりも、真面目に6年間勉強してればだれでもマッチングできる東京大学付属病院で働き(東大でもフルマッチしたりしなかったりのレベルですから、まともなコミュニケーション能力があれば就職はだれでもできます。)、そこで医療を学び、入局し、東大大学院でいかにインパクトファクターのある博士論文をかけるかのほうが大事です。
もっといえば、大学の名前よりも、医局の知名度、あるいは、教授の実力で研修先を選んだほうがいい。
だから、出身大学の名前で医者としてのキャリアなんて形成されないんですよ。

結論。
これ以上浪人したくないなら、有名でない地方の大学を受験しましょう。
どうせ、みなさん医者になったら、出身大学と関係なく、初期研修はめちゃくちゃ給料の高いド田舎の病院か都市部の有名病院、セイロカ、虎ノ門、東京医科歯科付属病院に行くことになるんですよ。医者としての実力があればマッチングなんてどの病院でもだれでも合格できます。
大学を名前で選ぶのは意味ないです。
大学は医者になるための通過地点。幼稚園を名前で選ばないように、大学も名前で選ばないようにしましょう。
(追記終わり)

それから、具体的な情報源として有力なのは、それぞれの塾にある合格体験記と合格した人の偏差値推移と大学の募集人数の倍率とどれだけ首都圏の高校生が受験しないのかというデータです。

出題のされ方によっても運、不運がついて回ります。
たとえば、面接のある大学では、浪人するほど不利になり、年をとっているだけで減点の対象となります。
以前にも書きましたが、もし20代で再受験するなら、経歴はいくらでもうそをつけるので、大学にいっていたとか、企業で働いていたとかしっかりとした経歴が必要になります。
しっかりうそをつくための資料を作りましょう。

さて、国立大学医学部医学科には4つの種類があります。
1.センター重視、2次は面接のみ。(現役生有利。でも、いい経歴がある再受験生にも有利。意外な穴場。)
2.センター、2次、半々と面接、小論文。(計算速いひとが有利。あんまりお勧めできない。)
3.センターより2次重視、面接あり。(浪人するほど、不利になるが、実力があれば入れる。こっちがおすすめ。)
4.センターより2次重視、面接なし。(いくら浪人してようが、30代だろうが、実力だけで入れる。)

ぼくは3か4が正当な入り方だと思っていますが、
ぶっちゃけますと、1がこのブログでいうところの、「運と情報で入れる大学」ということなんです。
才能はまったく関係ありません。(面接のときに、あふれでるまじめっぽさが才能ともいえるかもしれませんが。)

ためしに、今、全国の医学部を医学部予備校が発行している雑誌かなにかで、探してください。代ゼミ(代々木ゼミナール)でも、河合塾でも、駿台予備校でも出してるはずです。

1のタイプの穴場が地方にはいっぱいありますよ。 1だけど、倍率が低くて、センター8割でも入れちゃう大学が♪

そういう地方の大学の面接では、「この県に残って、一生この県で医者を続けるつもりです。」っていう言葉をしっかりいれてください。
面接官が聴きたい言葉は、その県に残って医者として働くということなんです。

あるいは、その先生が基礎研究の先生なら、「医者の免許をとったあとは、大学院に行って研究室に所属しながら、大学病院で働きたいです。」といっておくとかなり印象がよくなります。
地方の大学の大学院は定員割れしているところが多いですから、基礎系の先生にとっては、医学生が研究に来てくれることを喜んでくれるんです。

情報を見つけてそれにしたがって、志望大学を決めましょう。
「受かる」大学を受験する。浪人しない。

(追記)
レジナビという説明会で研修先の病院説明を聞いてあらためて思ったのは、地方は医者がぜんぜんいないし集まらないっていうことなんです。上の記事でもすでに書いてますけど、本当に、たいして勉強しないでも医者になりたいなら、あるいは、これ以上、ゼッタイ、浪人したくないなら、どうしても医者になりたいなら、地方の大学を受験したほうがいいです。変なプライドは捨てましょう。地方の医学部は、たいして実力のないひとでも、残ってくれそうなひとなら、合格させてくれますから。

具体的に、おすすめの地方の大学ってどこ?という声にお答えして具体名を書いておきます。基本的に、読者のみなさんの住んでいる場所でおすすめが変わってきます。都市圏在住のひとは、その地域に近い過疎地域の大学が最も望ましい大学ということになります。
旭川医科大学、札幌医科大学、弘前大学、秋田大学、山形大学、福島県立医科大学、新潟大学、群馬大学、信州大学、山梨大学、岐阜大学、滋賀医科大学、富山大学、島根大学、鳥取大学、香川大学、徳島大学、高知大学、愛媛大学、宮崎大学、山口大学、長崎大学、鹿児島大学、熊本大学、大分大学、琉球大学などです。地方といっても、新幹線などで、都心から2時間でいけるような大学や名前が売れている、パブリックイメージがいい大学は難しい傾向にあります。(注釈:大学名は適当に人気がなさそうな地方を書いてます)

(考え方には個人差があります。受験情報というのは二元論的ではなく非科学的です。それを前提にして情報の取捨選択をしてみてください。)



【ぼくの方法論で合格できた人へ。
おめでとうございます。コメントください。
だめだったひと。さっさときりかえて,来年度に入学しましょう。きみよりきっと,ぼくのほうが多く浪人したんだから安心してもう一度,挑戦してみてください。まわりはぴーぴーうるさいだろうけど,勉強して身につけたデータだけがきみの味方です。具体的な方法はすでに示してあります。

●【理解して最適化する】リズミックイントネーションラーニング。
●【理解して残す】マインドマッピングによる論理ノートとマクロノートによる知識の構築。
●【最適化されたものを速聴で聴覚と視覚記憶する】その知識を簡単に思い出すためのオリンパスのICレコーダー(新しい方がおすすめ)を利用した速聴写真ラーニング。
●【整理して理解する】二元論による思考整理技術。
●【精神状態を一定に保つ】マインドフルネス ベースド ラーニング

●そして、長い時間かけて大量に書いた全教科、全科目の説明。ぼくの理解方法や知識のこじつけ方、語呂合わせはすべて公開しています。(言葉は書き終わったんですが、絵のほうがまだ説明し終わってません。絵というのは以下のようなマインドマップ形式のイメージ図のことです。例示として、速聴写真記憶術のマインドマップを描いてみました。)
voice recoder rapid listening learning method

【追記】
数年前にキンドルストアで電子書籍を出版しました。ありがたいことに多くの方に買っていただいて、何度も改訂、改良を続けています。一度買っていただくと、アップデートされ続けます。(本のタイトルも何度も変えてますが、中身は同じです)

すぐに実践できて、効果が実感できる記憶の基本を説明してます。ご支援宜しくお願いします。

きみはもう勉強法をどうすればいいか悩むことなく、努力した分だけ、成績がよくなる方法論を手に入れたも同然です。なにもかもから拒否されてるんじゃないかという恐怖感や早く進路が決められなかった苦労を知った分だけ、医学への熱意は誰にも負けないと思えるはずです。がんばれ。

追伸
この記事を書いた当時は医学生でしたが、今は内科医としてがんばっています。
ぼくの方法でちゃんとエビデンスを作れる医者になれると証明できてますので、安心してまねしてみてください。


【追記】
電子書籍にして下記の本にぼくの知識を全部まとめて一冊にしました(その他のは絶版へ)。


ぼくの持ってる知識、知恵、全部書いてます,

Just because NO JOB is finished, until the PAPERWORK is done.(書かなきゃ意味ないよ。伝えて残さなきゃ意味ないよ。誰でも読めるようにしなきゃ意味ないよ。)

だからです。次郎ラーメンでいうところの、全マシです。



おすすめの無料試し読み(寄付)の方法があります。

上記リンクを押した後に、Kindle Unlimitedに入会いただき、ぼくに500円の紹介料:アフィリエイト:寄付をいただき、筆者のやる気スイッチを押していただき、

さらに、Kindle Unlimitedでぼくの本を最初から最後まで流し読みで飛ばし読みしていただくと、

合計2000円分の寄付をしたことになります。

ただ1冊購入するより、はるかに筆者をやる気にさせます。

よろしくおねがいいたします。

30日以内に読み終えて退会すれば、無料でぼくの本が読めて(読者WIN)、かつ、寄付もできる(筆者WIN)!

Amazon(ジェフ・ベゾス)ありがとう!

浮いたお金で、ぜひアマゾンで好きなものでも買ってください。僕の本を購入すると、この本、一生アップデートされ続けます。

追記おわり。



追追伸  Youtubeに勉強法紹介ビデオを投稿し始めました。無料です。チャンネル登録して元気をわけてくれ(元気玉)
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-633.html
チャンネル登録、13人しかいません(泣)拍手ボタンよりもチャンネル登録ボタン押してください。



【追追伸】
文部科学省から科研費(若手B)をもらいました。初めて申請して一発合格です。
不合格しない記録は、大学合格から国家試験、大学院試験、はたまた、科研費応募においても連勝記録更新中です。
ぼくの方法論をまねしていただければ、科学研究費を国費(300万円)からもらうことも可能だということを証明できています。

原著論文を英語で出しました。オープンアクセスですので、世界中の人がぼくの論文を読めます。
evidenceをひとつ作ってしまいました。
やはり、科研費取得も、英語論文のアクセプトも二元論ベースです。みなさんの大学受験のときに身に着けた二元論や方法論はエビデンスを作る上で、欠かせない基礎中の基礎です。
大学受験よりも遥かに簡単に科研費取得も英語論文アクセプトもできます。
だから、安心して僕の方法論っていうか、ラーニングメソッドを真似してください。
You WILL be glad you did !!
2019年 春 吉日】


↓参考になったら拍手ボタンを押していただけるとぼくは泣いて喜びます。  
【受験差別問題】なぜ大学側は数年前までしか罪を告白しないのか問題

おまえのことだぞ。横浜市立大学医学部医学科。

そもそもですが、数点の差で国立医学部医学科は合否が別れます。

合否のボータの上に乗っている受験生の数が半端なく多い。

実力が拮抗してしまうし、運としかいいようがないレベルで、得点がばらけない。

だから、面接で加点して、印象の良い人間を順番に合格させていくというのはアドミッションポリシーとしては仕方がない。人は見た目が9割だから。

それとは別に、合格点に達している、ボーダーに乗っていないのに落とされるという憂き目にあってるのが、高卒後数年たっている受験生と女性の受験生。

そして、もっとも事件性があるのが、寄付金を事前に集めることを学長と親レベルで約束していた金持ちの親がいる受験生。こいつら、全員、退学で良い。(資料によると、寄付金は300-3000万円だそーです。面接資料に寄付金の額が書かれていたっていうから、本当にやばい。)
(もっとも問題なのは、数十年前からこういうことは、裏口入学として、一般化し、私立大学で公然とやられていたわけで、退学になるべき受験生が現在、現役の医者として働いているっていうことなんだよなぁ。基本、ぼくは東京医大出身の医者と出会ったら、同世代だったら裏口入学したのかって聞くからね。それくらいこの業界では根が深い。)

医師免許がゴールドライセンスであり、国から守られたものであるから、能力と実力と優しさとやる気と熱意を兼ね備えた人間しかもつべきものではない。そのどちらかが欠けている人間は、金でそれを買うっていうわけ。

やってることが中国レベル。

東京地検特捜部がこの文部科学事務次官の息子をしょっぴかなければ、パンドラの箱が開けられなかったわけで、本当にありがとうとしかいえない。ドラマにしてほしい。巨悪に挑む警察。Good job!

さて、m3でたまたま見つけた記事を紹介します。

以下、竹口優三先生へのインタビューを引用、抜粋します。医者しか見れない記事だろうから、すべての医学部医学科受験生が読んでほしい。

”受験差別を受けた「当事者」の声、伝えたい - 竹口優三・福島医大6年生に聞く
「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」発足
レポート 2018年11月23日 (金)配信聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 福島県立医科大学医学部医学科6年生の竹口優三さんが11月16日、「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」を発足させた。竹口さんは、「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」の10月の記者会見で、実名で登壇した3人の医学生のうちの1人。6年前と7年前の東京医科大学の入試で不合格となった。
 新たな会の目的や東京医大入試不正問題の受け止め方について、この時期に新たな会を発足した理由も含めてお聞きした(2018年11月18日にインタビュー)。

――まず簡単な自己紹介をお願いできますか。


竹口優三さん
 私は(略。)東京医大を含む医学部を複数回受験した後、4浪以上に相当する年齢で2013年4月に福島県立医科大学に入学しました。(略。)一般枠で入学しましたが、1年生の時から、細胞統合生理学講座に所属し、(略。)研究発表も行っています。来年2月には医師国家試験は受けます(略。)。

 東京医大の受験は、不合格でした。筆記試験は自己採点ですごくいい結果だったのですが、面接で落とされたのだと思います。他の方は15分程度で終わっていたのですが、私の場合は1時間以上かかりました。いろいろ聞かれた結果、面接の最後に「君は医師に向いていないので、ならない方が良い」と言われたことを今でもよく覚えています。

――この11月に「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」を立ち上げたのはどんな理由からでしょうか。

(略。被害を受けた)自分たちの考えを直接発信できる場が必要だと考えたことが、会を立ち上げた一番の理由です。

 自分自身が当事者という立場でいろいろ思うところはありますが、怒りの気持ちというより、「この状態を維持していることは、今後の医学界、医療、ひいては患者にとってよくない」という考えの方が強いのです。

 東京医大が女子受験生等の差別を行ったのは、医師の過重労働の問題があると聞いています。これが「裏」の問題であるとすると、「表」は教育を受ける権利や国民の平等性を求める権利といったものが相当します。「表」の権利が隠れて侵害されていたことが、今回の問題の本質です。「表」の権利の回復を求める過程で、隠されていた問題をつまびらかにしていくことは、「裏」の問題を適切に解決するための正しい情報と手がかりを社会に供することでもあります。つまり受験生に対する性別、年齢、出自などによる差別をなくし、さらにその検証のために情報開示を求めていくことは社会正義につながるものだと考えています。

――直近の問題として、何を活動目的とされるのでしょうか。

 「当事者保護」を目的に活動していく予定です。

 第1に、各大学の教員、男女共同参画や多様性促進を担当する機関等に当事者保護のための連携を求めていきます。

 権利の回復を適法な手段で求めたことを理由に、当事者が今後、大学や医学界で不当な不利益を被らないことは何よりも重要です。まだ受験を続ける当事者にとっては、全ての医学部が志願校になる可能性があり、そして母校になり得ます。この点、差別が明らかになった東京医大のみならず、全ての医学部関係者に協力を求めます。

 第2に検証可能で誠実な調査を求めます。差別の加害者であった東京医大は、来年度以降、差別被害者たちの母校となります。これは医学教育と医療の内部に多様性を取り戻すことであると同時に、入試改革の旗手となることを社会からのみならず、内部からも望まれることを意味します。その未来に向けて、真相をここまで追及した第三者委員会の手腕、被害回復と再発防止を目指す東京医大新執行部の決断に敬意を表します。しかし、その発表を真実の全てとして受け入れることができません。それは医学の徒として欠かしてはいけない「検証性」がないからです。

 この問題における「検証性」は「得点開示」です。8月以降、「日を追うごとに新しい差別が判明していく」という経過があり、得点開示なしには到底納得できません。また、東京医大は12年前からの差別を認めていますが、第三者委員会は6年前までしか調査の対象にしていません。

 検証可能な方法で被害者全員の救済を目指すことは、社会正義にかなうと考えます。東京医大には校是である「正義」を取り戻し、かつて志したことを誇れる大学になっていただきたいです。

 第3に支払った受験料や差別を受けたことに関連して、適切な補償を求めていきます。

――そもそも最初に東京医大の入試不正のニュースをお聞きになった時、どのように受け止められたのでしょうか。

 東京医大のニュースを聞いたのは7月ですが、最初は私が動かなくても、他の受験者が動くと思っていました。しかし、そうした動きはなかった。「自分の権利は、自分で主張していく必要がある」と考えるようになりました。そんな時に、「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」の存在を知り、コンタクトを取ったのが始まりです。

 福島医大に活動の許可を取った上で、本学の6学年全てに、東京医大の受験経験者のうち東京医大第三者委員会への実名での申し入れ希望者を募りました。大学に使用目的を伝えた上で講義室を借りて集会を開いたところ、私も含め29人が手を挙げました。これは「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」を通じて、実名での申し入れを行った31人の大半を占めます。

――竹口さんが、全医学部生に連絡を取って大学構内で集会を開くことを、大学が許可してくれた。

 はい、そうです。福島医大にはルールに基づいて適正に行われる行動を尊重する文化があること、そしてもしかしたら多くの教授が私のこれまでの活動を知っていたから、ルールを守ると思ってくださって許可が下りたと考えています。

――それはどんな活動でしょうか。

 一つには、私が1年生の時からずっと、試験対策委員会で活躍していることです。それまで試験問題は回収されていたため、部活単位などで「不完全な過去問」を再現して、皆が勉強していました。しかし、「間違っているかもしれない問題と解答」で勉強するのは不適切である上、どの部活に入っているか、あるいは出身高校などで可能な試験対策が異なってくるため不公平です。

 そこでまず皆の知恵を借り、「ほぼ完璧な過去問」を作り、同学年の医学生全員に配布しました。同時に教授に対してもその旨を伝え、定期試験のために学生がきちんと勉強できるようにするために、「プールしている試験問題を公開する」あるいは「全く新しい試験問題を作ってもらう」ことを求めました。徐々に公開される問題は増えており、2018年度の卒業試験などからも、試験問題は公開されるようになってきています。

 また「留年対策」にも委員会の新しい課題として取り組みました。留年しそうな学生が、勉強をして学力が向上し、結果として進級をすることは理想であり、少し手を貸せば十分であるケースがほとんどです。

 友人からマンションの一角を借り、追試が必要な医学生を集め、成績上位の学生がほぼ24時間交代で教えるという取り組みを始めました。教える側はボランティアですが、「ピザでも取って、勉強しよう」というお祭りのような雰囲気でやっています。昨年度の卒業生は99人でしたが、今年度は149人が卒業予定。私の学年は入学時130人で、ほぼストレートで卒業します。

(略。)

――「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」は10月23日、都内で記者会見を開き、実名で登場した元受験生3人のうち、1人が竹口さんでした。

 はい。その後から、支援者と私の活動の方向性等に差が生まれてきました。発端は、活動資金を集めるためのクラウドファンディングのサイトです。リンク先は、当事者は参加していなかったと聞いている東京医大前で行われた抗議活動の写真。これらは医大生となる、もしくは医大生である当事者保護の観点にそぐうものではありませんでした。「仮に、東京医大に新たに合格が認められた場合、その医学生自身が肩身の狭い思いをするのでは」との懸念も浮かびました。必死に説明をして、サイトの写真や文章を変更していただきました。

 しかし、その後も支援者の方といくつかの点で意見の対立がありました。それはもしかしたら他の当事者との意見対立だったのかもしれませんが、意見調整の機会はありませんでした。

 これにより迅速な行動が実現されてきたことに疑いはありません。とても献身的にサポートしてくださった尊敬できる方々です。しかし、会の活動のステージが進み、弁護団が委任状を全員から取る段階になった後に当事者同士の利益相反が表面化して、弁護団が機能不全になることを強く危惧しました。

 このような問題を解消するため、私からは、会のガバナンス成熟への話し合い等を提案しました。具体的には、当事者の定義、支援者の定義、当事者間で意見相違があったときの調整方法、支援者と当事者の関係性規定、会としての統一意思決定方法の規定、支出の範囲、情報アクセスの範囲等について決めていく必要があるといった話です。最終的には、差別を解消していくという大きな方針に齟齬はないものの、「当事者保護」といった、より当事者にフォーカスした活動を進めていくためには別の活動団体が必要となると考え、私と福島医大の医学生29人は、新たに「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」を発足させるに至りました。今後は、活動の方針が一致する部分では、「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」にも連携を呼びかけることがあるかもしれませんが、まずは先にお話しした「当事者保護」の目的の下、独立して活動していく予定です。

――11月7日は、東京医大は追加入学の考え方を公表しています(『医学部不適切入試東京医大、2019年度入試は追加入学者引いた定員で実施』を参照)。

 「本来入学するはずだった人は、全員が入学する」わけですから、適正な手続きが踏まれたと受け止めました。「権利回復の範囲内」としては妥当だと思います。ただし、それに付随する説明には不十分な点があると言わざるを得ないものでした。

 まず、追加入学の意向を確認した後に、結局は入学できない人が生じる可能性がある点では問題です。本来なら成績上位から順番に、追加入学の意向を確認すべきです。追加入学者に対して金銭面でなにも説明がないことも問題でした。入学金100万円を支払うタイミングが不明であるほか、初年度納入金740万円をいつまでに払えば良いかも不明です。2940万円ほどになる学費総額の支出を説明なしに突如3週間で求めるのは不適切であり、説明責任を果たしたとは考えません。

 また、複数年度で入学意思を確認される学生も出ましたが、それぞれの枠の判定順序なども説明されていませんし、追加入学が確定した方が来年2月の受験で別の医学部に合格して入学辞退した場合に、その入学枠がどう扱われるかも不明です。さらなる説明を、分かりやすい形で求めます。

 新たに立ち上げる「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」の活動方針は先にお話しした通りですが、予備校生や他大学の医学生などにいかに働きかけていくかなどの詳細はこれから決定します。ただし、東京医大の追加入学の意思確認は11月30日が締め切りであり、早急に動かなければいけないと考えています。”

引用は以上です。

竹口先生には頭が下がる思いです。ぼくは東京医大なんて受験してませんけど。

よくこんな面倒なことに、コクシ前にやるなと。ボランティアですよね。たぶん、竹口先生は福島県から高額の奨学金をもらっているので、こういう事ができるのだと思う。月に30万かな。

竹口先生も指摘されている通り、今回調査していることが、割と直近のことばっかりで、どのくらいまえから大学がやっちまっていたのか、全然調べようとしていないってことです。

あと、各大学の得点調整の第三者機関による調査ね。国立医学部医学科も同じようなことは絶対にやってるけど、ギリギリセーフのラインでやっているから報道されていないのかもしれない。

私立大学はあからさまにバレるレベルでやっちまっているから、裁判沙汰になってる。

今年の受験はまさに見もので、女性と3年以上浪人した受験生の割合が一斉に公表される。

統計上、これらの数が有意差をもって、その大学で変化が起きたら、その大学は罪を犯していたというのを暴露してしまうことになる。

最後に、

竹口先生に感謝を申し上げるとともに、

竹口先生の努力が実を結び、被害者の救済と、東京医大の「医者に向いてないからやめろ」といった面接官の教授が即刻、退任に追い込まれることを心から祈念しております。
【祝】筆者の電子書籍がPrime readingにノミネートされる

♪ やりました ♪
Amazon kingleストアのPrime readingから招待状が届きました。

知らない人のために説明すると、
Kindle unlimited(400万冊)は誰でも申請すれば、自分の出版した電子書籍を読み放題プランに入れてもらうことができるのですが、
Prime readingは別です。招待制です。選ばれた本しかPrime readingで読めない。
(Prime videoで限られた映画やアニメしか見られないのと同じです。Netflixなら何でも見られるけど。)

Amazon Primeに入会しているひとは誰でも無料で、Prime readingに登録された本( 900冊くらい)を読むことができます。
僕の本もKindle unlimitedに入会しなくても、購入しなくても、Amazon
Prime会員ならだれでも読むことができるようになります。(3月下旬から。少なくとも半年以上。)

ココ最近、英語で医学の原著論文も出版され、ぼくが作ったものが世の中に電子的印刷物として出るというのが現実になりました。
そこにきてのAmazon primeへの招待ということで、長年蓄積してきたぼくの知識、智慧がPaperとして結実し始めています。
No work is done, until the paper work is finished.
の 金言の通りになってきました。

気に入ったら、本の購入でご支援たまわりたいと存じます。

ご寄付は、ぼくの新しい記事を書く動機となり、Youtubeに新しい動画を作り出す動機になります。
英語で記事を書き直して、全世界のPrime readingにも出版するのが次の目標です。

さらに
具体的に、現在書きたいなぁと思っている技術は
リズミックイントネーションラーニングの体系的方法論です。

具体例と具体的技術を対象化し、データベース化しますので、乞うご期待。

ざっくりいうと、「ウケる技術」という水野敬也先生の名著でデータベース化されたことをリズミックイントネーションのリリックにいかに取り入れるかを示したい。

「ゴロ合わせ」することを対象化し、その技術を系統立てて整理することで、だれでもリズミックイントネーション用のリリックを作成できるようにする。

こうすることで、受け身だった理解学習が、

能動的なリリック作成作業に変わります。

まとめますと、「勉強する、ベンキョーする」っていうのは、ぼくの方法論だと

「抽出、定式化、対象化→理解の最適化、リリック作成(リズミックイントネーションラーニング)→マインドマップ作成→リリックの録音→速聴→写真ラーニング」

ってことです。

これが、ぼくの勉強とは?という問いの答えの最強の作業仮説です。
システマティックレビュー、コクラン・ライブラリにおける結論です。
UpToDateにおけるサマリーです。

もう勉強法で迷う必要はない。

追記。

実は、去年の8月にも招待が来ていたのに気づいていませんでした。
そして、ギャラがほぼ無料だということに気づきました。_| ̄|○ il||li

Amazon prime会員のみなさまは電子書籍をPrime readingで無料で読めます。そして、なんとどんなに大量に読まれても、そのギャラはぼくには入りません。
半年で1万円ぽっきりの定額制です。

そういうわけで、本の価格を1250円に値上げしました。こうすれば、寄付したいというみなさんの気持ちを最大限受け取れる。
Kindle Unlimitedに入会後に読んでいただければ1ページ1円なのですが。
Prime readingはタダかつ、報酬はないようなもの。
悔しいです。

でも、Public domainにぼくの知識、知恵を置きたいという理念は達成できます。

Prime readingで気に入っていただけれたら、ぜひ、永久アップデートされ続ける僕の本も購入いただければと存じます。
よろしくお願いします。
Neisseria meningitidis