FC2ブログ

合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【メロディックイントネーションラーニング、速聴写真ラーニング】

もくじ

【総論】
1.メロディックイントネーションセラピーからメロディックイントネーションラーニングへ。
2.仕事中にScrivenerを使ってコソコソ勉強できるメロディックイントネーションラーニング
3.メロディックイントネーションラーニングの実用例は幼児教育というか幼児の言語習得、テレビCM

【各論】
1.長さとリズムとメロディ篇。CMと同じ長さでメロディックイントネーションラーニングを作る。
2.ライム:リリックのスキル篇。
 2.1.ゴロ合わせする。
 2.2.同じAIUEOが繰り返されるようにする。韻を踏む。
 2.3.例える。茶化す。
 2.4.

以前から紹介しているメロディックイントネーションラーニング。(別記事リンクを参照。)
そして、ぼくが発明した速聴写真ラーニング。

メロディックイントネーションセラピーという言葉はセラピー以外にも使えるので、セラピーではなく、ラーニングという言葉に変えました。
略して、MIL。ミル

Deep learningという言葉のおかげでラーニングのほうがよく馴染むからです。

そして、速聴写真記憶法も速聴写真ラーニングに命名しなおしました。記憶法というと、古めかしいからです。
略して、Rapid-listening-imaging learning. RLIL。ルリル。

総じて、ミルリル。(コピーライト、商標登録出願中)

このふたつのラーニングメソッドをやれば、たいていのことをはラーニングできます。

ぼくの場合、学生じゃないので、職場でこそこそラーニングしないといけないので、パソコンでやらざるを得ない。

そこで、メロディックイントネーションラーニング、速聴写真ラーニングをscrivenerというアプリを用いて、やっていく方法について、固まってきたので紹介しておきます。
以下本文。

●scrivener based learning

左手に教科書。右手にScrivener。

1.学びたい内容を教科書から抽出する。教科書は過去問でも良い。
2.抽出したら、Rhyme、ライムにする。
(ライムについては、https://saita-puls.com/6309のリンクをどうぞ。)
ライムを書くのに、Scrivenerがもっとも相性がいい。
ライムは難しく考える必要はなく、リズムとメロディが乗せやすいように、韻を踏みやすい歌詞を考えるってことでよいです。
日本語で言えば、、57577の短歌になるように、リリックを工夫するということ。

抽出例:鉄が生理的に沈着する脳の部位を覚えたい。
「老人は視床、線条体、尾状核に鉄が沈着することがある。」

ライム例:年老いた師匠(視床)♪、美女(尾状)に扇情(線条)♪これに鉄槌くらわす♪

最初は本当にこれでいいのかっていう疑心暗鬼になるわけですが、人間が覚えられる項目数の限界Nmaxは決まっており、時間因子Tにより常に減らされる。
勉強の繰り返しfによって、それを増やそうとがんばるわけ。テスト前に覚えている項目の数をNとすると、
N = kf − mT<

Nmax
k ,mは定数。
このkをいかによい値にするかが、方法論の存在意義である。あるいはmをいかに小さい数字にするか。
そのひとつがメロディックイントネーションラーニングであり、速聴写真ラーニングである。

ライムはなるべく、動きがあり、荒唐無稽であり、ストーリーがあり、色彩があり、テンポにのりやすく、和音にのりやすいリリックがよい。

有名なキャラクターを多用する枕詞や、オヤジギャグ的な掛詞を使ったりするのも効果的である。

また、自明すぎて覚える必要のない項目、導き出せる項目はリリックに入れる必要はない。

従来から使われてきた「ゴロ合わせ」というテクニックは、このメロディックイントネーションラーニングのひとつのサブグループと言って良い。

ゴロ513という古文の単語を超簡単に覚える本でセンター試験を乗り越えたわけですが、その方法を対象化し、自分でも使えるように汎用化したのがメロディックイントネーションラーニング。

ゴロ合わせは数あるテクニックのひとつであり、これに固執して作る必要はない。

抽出した項目に対して、どう自分の持っている知識と結びつけて、茶化して、こじつけて、容易に覚えるかが大事。

まじめにふざけるのが大事。

あるいは、

真剣に茶化す。

続きます。
【医学学習】割合はパーセントで表記するな問題
割合を示す数字は11段階+アルファでいい。○割といえばいい。

よく教科書や試験問題に
XX疾患は●が4%に見られる
とか、
XXの頻度は全●疾患のうち、73%だ
とか
XXステージの5年生存は34%だ。
とか
教科書に書いてある。

こういうのは統計をとったひとが、つまり論文を書いた人がいてそれをテキトーに成書の筆者が孫引きしているわけ。
普通、同じ類の論文はいくつもあるからかならず、数字は幅を持っている。
その数字はメタアナリシスすれば正規分布になる。
だから、割合は百分率で表記する意味がない!
重要だからもう一回!
割合は%でかくな!(怒り新党)
上記の例は離散数の代表値というか中央値を言ってるようなもの。

だから、
うえの文章はこう書くべき:

●疾患は●が数%に見られる
とか、
●の頻度は全●疾患のうち、ほぼ7割だ
とか
●ステージの5年生存は、ほぼ3割だ。
とか

+アルファは数%ってこと。 

0割、数%、1割・・・・9割、10割。
12段階で示せば事足りるし、それが正確なんです。73%とか4%とか細かい数字を口を滑らせていってしまうのは、テキトーな数字をいってるにすぎない。
患者への説明や専門医試験の対策も数字を覚えるのではなく、12段階でおぼえるべき。

と、統計を自分でとるようになって深く感じています。
本当に成書を書くエキスパートとされる先達の先生がたはこの%表記をいいかげんにやめたほうがいい。数字に対して横暴すぎる。
統計をとれば数字は95%信頼区間の中で必ずぶれる。

細かい数字をいいたがる理由は、数字が大好きな自閉症スペクトラムのひとが医者だったというだけ。

定性vs定量の二元論がわかっているひとだったら、%で割合を表記する意味がないということはわかっているし、

あたまのなかで、「74%なの、あぁ、7割ね」というような計算をして解釈しなおすことになる。

いちいち、「正しくない」数字を読んで、解釈し直すということをしなければならない。

**
ただし、%が0.01%とか小数点以下の場合は正確に書いて良い。その場合、律儀に例えば0.00135%とかしないで、0.001%ってはしょるでしょ。
なんでこの感覚で12段階表記しないのかと。

COIとかうるさく言う前に、学会は
正確な数字に意味があるとき以外はパーセントで表記するべきではないというガイドラインを作るべきだと思う。
【論文作成虎の巻】論文を書く意味と人生の大義

人間は生まれながらにして社会的欲求があるとマズローが言い始めたことだけど、

人間は自分の人生に対して、色んな意味を与える。

頭が良い人類の脳はもともと意味を持たないものにまで意味を与え、構造化すると、構造主義者ソシュールがいっている。

論文を書くことになんの意味を見出すかは、それぞれの人間で異なっていて良い。

そこで、論文を書く意味について、さらにデータベース化していく。

1.社会的欲求、承認欲求を満たす。

2.人類の叡智に貢献することで、幸福感を得る。

3.自己啓発本、セルフヘルプ本、自助本を読んで行くつく先の意識高い系のひとが最終的に達成するものごとのひとつが論文を投稿。

意識高い系のひとがなにも成さずにいる状態を嘆いているひと(谷本真由美氏)がいる。

でも、どんな論文投稿者も最初は意識高い系で、論文を書いていない状態から始めるわけ。

まだ、未投稿のひとを辱めの対象にする必要はない。

また、誰しもが自己啓発本に書いてあるような人生を送れないという諦観を主張するひと(小学校教師とか)もいる。

これも、過度の一般化。論文はその気になれば小学生でも中学生(蚊の研究をしている中学生とか)でも書ける。

一部の天才しか書けないといった類ではない。

主婦だって、自分の発明で特許をとって商品化するひとがいる。

それと論文は構造的にはまったく同じ。

二元論ユーザーのぼくはそういった諦観や「アタリマエのことをアタリマエに教えない社会」を変えていかなければと思って、電子書籍を更新し続けている。

これも、論文を書く理由。ぼくが書かないと誰も書かない。数学的帰納法。

ちなみに、僕の本は自己啓発本ではない(アマゾンの書籍の分類は自己啓発本に入ってるけど)。二元論のトリセツである。

エビデンスレベルの低い、n=1(本人)の記憶法の仮説が書かれた本。

ただ、本人が勉強を繰り返しているという意味では、試行錯誤の数はn=10000くらいなので、p valueは0.0000000000000001ぐらいだ

という作業仮説に基づいている。

だれかのシステマティック・レビュー待ちというだけ。プロミッシングであることに変わりはない。

つづく。
あきらめないってことは才能があるってこと。(鎌田実)

神は乗り越えられる試練しか与えない。(南方仁)

「あきらめなければ、だれでも医者になれる」(ME!)

コメントありがとうございます。

(以下CM。その後、本文。最初は読み飛ばしてください。)

ぼくは今世紀最高の発見といってもいいぐらいの画期的な記憶法や勉強法を見つけ出しました。
それを無償でみなさんに公開します。

BUT!ぼくの作ったリンクをクリックしたあとで、アマゾンのネット通販で日常雑貨、食料品、参考書や教科書、文房具、最新のICレコーダーを買ってください。アマゾンはクレジットカードなしで、送料無料、しかも市場最低価格です。クリックしたあとで買っていただくだけで、ぼくに購入金額の3%くらい、寄付が入ります。

ちなみに、アマゾンのリンクをただクリックしただけでは報酬は発生しません。また、リンクをクリックしたあとなら、どんな商品を購入しようと報酬となりますので、好きなものを買ってください。
情報公開を早めるために、ご寄付をよろしくお願いします。(中高生はAmazonギフト券をコンビニで買って、Amazonで参考書を買いましょう)






*以上、お知らせおわり。以下、本題です。

あなたは医師になりたいですか?なりたいならなれます。この記事をすべて読めば。センター試験前に,そして,出願前にこのブログを見つけられてラッキーでしたね。

ぼくは何度も国立大学医学部医学科の受験を失敗して、結局、合格して医者になるための勉強をしているわけですけど、あらためて、周りのもと受験生、 いま医学生を見ていると、大学受験で受かるだけの実力が自分よりもあったひとたちというより、運がよかった人が多いと思えるんです。
ぼくは何度も不合格をくらったわけですが、そのときの自分と彼らとどっちが実力があったかっていうと完全にそのときの不合格をくらったぼくなんですよね。

じゃ、かれらが現役なり一浪でうかって、ぼくが受からなかった理由はっていうと、運と情報の差だったと結論付けられるんです。

はもちろん、そのときの受験生の実力がなくて、たまたまうかった、あるいは、その大学の近くに生まれ育ったから、地元枠で推薦ではいれた、あるいは、面接だけの試験で、たまたま好印象をもらえて合格させてもらえたってことです。(たまたまではなく、自分にプラスにしかならない履歴を捏造することも大切な合格法なのかもしれませんが)

情報の差っていうのは、その医学部医学科がどれくらい簡単に入れるかっていう情報です。
ぼくが何度受験しても落ちた大学と志望校を変えてあっさり合格できた大学のどっちが偏差値が高いかって言うと、実は、あっさり合格できた大学のほうが偏差値が高いんですよね。河合塾のランキングによると。
だから、いかに河合塾、代ゼミ、駿台(大手SKY塾)の偏差値ランキングが役に立たないかって言うことを物語っています。

この文章を読んでくれた医者になりたい受験生にいいたいのは、

「自分に医者になれるだけの才能、素質があるのかって自分を疑うよりもはるかに

『自分は医者になるための努力を惜しまないと誓え、患者に奉仕する意思があるんだから、医者になって当然の人間だ』

って割り切って、自分の実力でも入れる大学を探す、情報をもとめることに専念しなさい。」


ということです。

目の前の英単語を100増やすよりも、まずは、情報を集めにいろんな塾の事務のおじさんに聞きに行ったり、医学部専門の塾がもっている情報をもらいにいくことのほうが大切なんですよ。
あとは、都市部にある大学はレベルが地方の大学に比べると高すぎるので、これ以上浪人したくないなら、避けたほうがいいってこと。
一問ミスっただけで落ちるプレッシャーに勝てる自信のある人だけ受験してください。

ぼくは都市部の大学に仮面浪人していたのでわかるのですが、都市部の大学にいこうが、田舎の大学にいこうが、教えてもらえることは同じだし、キャンパスライフもたいしてかわりません。あまり有名大学にこだわらない賢い大学選びをおすすめします。都市部のほうが女子大の女の子と合コンできる回数は増えるかもしれませんが、看護科の女の子はかわいいので合コンの必要はありません。部活で恋人は見つかります。

(追記)
有名大学出身のほうが医者としてエリートだから、その後も医者として成功できるんじゃないかと幻想を抱いて有名大学を選ぶかたもいると思います。
たしかにうちの大学の教授は、東京大学理科3類出身がちょっとだけ多いです。その多くが、ちょっと変わってます。
でも、たった6年間しか大学に在籍しないのに、医者としての人生が左右されるとは全く思えません。
それよりも、真面目に6年間勉強してればだれでもマッチングできる東京大学付属病院で働き(東大でもフルマッチしたりしなかったりのレベルですから、まともなコミュニケーション能力があれば就職はだれでもできます。)、そこで医療を学び、入局し、東大大学院でいかにインパクトファクターのある博士論文をかけるかのほうが大事です。
もっといえば、大学の名前よりも、医局の知名度、あるいは、教授の実力で研修先を選んだほうがいい。
だから、出身大学の名前で医者としてのキャリアなんて形成されないんですよ。

結論。
これ以上浪人したくないなら、有名でない地方の大学を受験しましょう。
どうせ、みなさん医者になったら、出身大学と関係なく、初期研修はめちゃくちゃ給料の高いド田舎の病院か都市部の有名病院、セイロカ、虎ノ門、東京医科歯科付属病院に行くことになるんですよ。医者としての実力があればマッチングなんてどの病院でもだれでも合格できます。
大学を名前で選ぶのは意味ないです。
大学は医者になるための通過地点。幼稚園を名前で選ばないように、大学も名前で選ばないようにしましょう。
(追記終わり)

それから、具体的な情報源として有力なのは、それぞれの塾にある合格体験記と合格した人の偏差値推移と大学の募集人数の倍率とどれだけ首都圏の高校生が受験しないのかというデータです。

出題のされ方によっても運、不運がついて回ります。
たとえば、面接のある大学では、浪人するほど不利になり、年をとっているだけで減点の対象となります。
以前にも書きましたが、もし20代で再受験するなら、経歴はいくらでもうそをつけるので、大学にいっていたとか、企業で働いていたとかしっかりとした経歴が必要になります。
しっかりうそをつくための資料を作りましょう。

さて、国立大学医学部医学科には4つの種類があります。
1.センター重視、2次は面接のみ。(現役生有利。でも、いい経歴がある再受験生にも有利。意外な穴場。)
2.センター、2次、半々と面接、小論文。(計算速いひとが有利。あんまりお勧めできない。)
3.センターより2次重視、面接あり。(浪人するほど、不利になるが、実力があれば入れる。こっちがおすすめ。)
4.センターより2次重視、面接なし。(いくら浪人してようが、30代だろうが、実力だけで入れる。)

ぼくは3か4が正当な入り方だと思っていますが、
ぶっちゃけますと、1がこのブログでいうところの、「運と情報で入れる大学」ということなんです。
才能はまったく関係ありません。(面接のときに、あふれでるまじめっぽさが才能ともいえるかもしれませんが。)

ためしに、今、全国の医学部を医学部予備校が発行している雑誌かなにかで、探してください。代ゼミ(代々木ゼミナール)でも、河合塾でも、駿台予備校でも出してるはずです。

1のタイプの穴場が地方にはいっぱいありますよ。 1だけど、倍率が低くて、センター8割でも入れちゃう大学が♪

そういう地方の大学の面接では、「この県に残って、一生この県で医者を続けるつもりです。」っていう言葉をしっかりいれてください。
面接官が聴きたい言葉は、その県に残って医者として働くということなんです。

あるいは、その先生が基礎研究の先生なら、「医者の免許をとったあとは、大学院に行って研究室に所属しながら、大学病院で働きたいです。」といっておくとかなり印象がよくなります。
地方の大学の大学院は定員割れしているところが多いですから、基礎系の先生にとっては、医学生が研究に来てくれることを喜んでくれるんです。

情報を見つけてそれにしたがって、志望大学を決めましょう。
「受かる」大学を受験する。浪人しない。

(追記)
レジナビという説明会で研修先の病院説明を聞いてあらためて思ったのは、地方は医者がぜんぜんいないし集まらないっていうことなんです。上の記事でもすでに書いてますけど、本当に、たいして勉強しないでも医者になりたいなら、あるいは、これ以上、ゼッタイ、浪人したくないなら、どうしても医者になりたいなら、地方の大学を受験したほうがいいです。変なプライドは捨てましょう。地方の医学部は、たいして実力のないひとでも、残ってくれそうなひとなら、合格させてくれますから。

具体的に、おすすめの地方の大学ってどこ?という声にお答えして具体名を書いておきます。基本的に、読者のみなさんの住んでいる場所でおすすめが変わってきます。都市圏在住のひとは、その地域に近い過疎地域の大学が最も望ましい大学ということになります。
旭川医科大学、札幌医科大学、弘前大学、秋田大学、山形大学、福島県立医科大学、新潟大学、群馬大学、信州大学、山梨大学、岐阜大学、滋賀医科大学、富山大学、島根大学、鳥取大学、香川大学、徳島大学、高知大学、愛媛大学、宮崎大学、山口大学、長崎大学、鹿児島大学、熊本大学、大分大学、琉球大学などです。地方といっても、新幹線などで、都心から2時間でいけるような大学や名前が売れている、パブリックイメージがいい大学は難しい傾向にあります。(注釈:大学名は適当に人気がなさそうな地方を書いてます)

(考え方には個人差があります。受験情報というのは二元論的ではなく非科学的です。それを前提にして情報の取捨選択をしてみてください。)



【ぼくの方法論で合格できた人へ。
おめでとうございます。コメントください。
だめだったひと。さっさときりかえて,来年度に入学しましょう。きみよりきっと,ぼくのほうが多く浪人したんだから安心してもう一度,挑戦してみてください。まわりはぴーぴーうるさいだろうけど,勉強して身につけたデータだけがきみの味方です。具体的な方法はすでに示してあります。

・マインドマッピングによる論理ノートとマクロノートによる知識の構築。
・その知識を簡単に思い出すためのオリンパスのICレコーダー(新しい方がおすすめ)を利用した速聴写真記憶術。
・二元論による思考整理技術。
・そして、長い時間かけて大量に書いた全教科、全科目の説明。ぼくの理解方法や知識のこじつけ方、語呂合わせはすべて公開しています。(言葉は書き終わったんですが、絵のほうがまだ説明し終わってません。絵というのは以下のようなマインドマップ形式のイメージ図のことです。例示として、速聴写真記憶術のマインドマップを描いてみました。)
voice recoder rapid listening learning method

【追記】
数年前にキンドルストアで電子書籍を出版しました。ありがたいことに多くの方に買っていただいて、何度も改訂、改良を続けています。一度買っていただくと、アップデートされ続けます。(本のタイトルも何度も変えてますが、中身は同じです)

すぐに実践できて、効果が実感できる記憶の基本を説明してます。ご支援宜しくお願いします。

きみはもう勉強法をどうすればいいか悩むことなく、努力した分だけ、成績がよくなる方法論を手に入れたも同然です。なにもかもから拒否されてるんじゃないかという恐怖感や早く進路が決められなかった苦労を知った分だけ、医学への熱意は誰にも負けないと思えるはずです。がんばれ。

追伸
この記事を書いた当時は医学生でしたが、今は内科医としてがんばっています。
ぼくの方法でちゃんとエビデンスを作れる医者になれると証明できてますので、安心してまねしてみてください。


【追記】
電子書籍にして下記の本にぼくの知識を全部まとめて一冊にしました(その他のは絶版へ)。お値段据え置き500円。


ぼくの持ってる知識、知恵、全部書いてます,

Just because NO JOB is finished, until the PAPERWORK is done.(書かなきゃ意味ないよ。伝えて残さなきゃ意味ないよ。誰でも読めるようにしなきゃ意味ないよ。)

だからです。次郎ラーメンでいうところの、全マシです。



おすすめの無料試し読み(寄付)の方法があります。

上記リンクを押した後に、Kindle Unlimitedに入会いただき、ぼくに500円の紹介料:アフィリエイト:寄付をいただき、筆者のやる気スイッチを押していただき、

さらに、Kindle Unlimitedでぼくの本を最初から最後まで流し読みで飛ばし読みしていただくと、

合計2000円分の寄付をしたことになります。

ただ1冊購入するより(370円の寄付)、はるかに筆者をやる気にさせます。

よろしくおねがいいたします。

30日以内に読み終えて退会すれば、無料でぼくの本が読めて(読者WIN)、かつ、寄付もできる(筆者WIN)!

Amazon(ジェフ・ベゾス)ありがとう!

浮いたお金で、ぜひアマゾンで好きなものでも買ってください。

追記おわり。



追追伸  Youtubeに勉強法紹介ビデオを投稿し始めました。無料です。チャンネル登録して元気をわけてくれ(元気玉)
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-633.html
チャンネル登録、13人しかいません(泣)拍手ボタンよりもチャンネル登録ボタン押してください。



【追追伸】
文部科学省から科研費(若手B)をもらいました。初めて申請して一発合格です。
不合格しない記録は、大学合格から国家試験、大学院試験、はたまた、科研費応募においても連勝記録更新中です。
ぼくの方法論をまねしていただければ、科学研究費を国費(300万円)からもらうことも可能だということを証明できています。

2018年 春 吉日】


↓参考になったら拍手ボタンを押していただけるとぼくは泣いて喜びます。  


目次を作り直して、さらにこれまで書いたもの追記しました。
英語バージョンもマシマシです。

願わくば、迷える中高生に届かんことを。

センターガンバ!

センター試験の総合点が即50点あがる技術書いてあります。
Neisseria meningitidis