FC2ブログ

合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

Read Aloud: A Text to Speech Voice Reader
https://chrome.google.com/webstore/detail/read-aloud-a-text-to-spee/hdhinadidafjejdhmfkjgnolgimiaplp
というGoogle chromeの拡張アプリをインストールしてください。

そうすると、htmlのテキストを右クリックするだけで、Google謹製のAIがきれいに読んでくれます。無料です。日本語は少しぎこちないですが、英語はかなりきれいに読んでくれます。

クロム上のテキスト開いていないと、読んでくれないというのがこのアプリの制限です。Gmail、Google documentで開いても読んでくれません。

そこで抜け道を紹介します。

●自分でタイプしたテキストファイルを全部読んでくれる方法。

ぼくはScrivener(https://www.literatureandlatte.com/scrivener/overview)で勉強しています。書いた内容を「エキスポート」して、htmlで出力を選び、書き出してください。(お手持ちのワードでも、別名で保存するを選び、htmlで保存を選べば、クロムで開けます。単一のmhtmlだと文字化けして読み込めませんので注意してください。)

それをクロムで開き、読ませたいところを選び、右クリックで読んでもらい、それをオリンパスのボイスレコーダーに録音しています。

こうすることで、自分で読む必要がなくなるのと、スピードが3倍速くらいで最初から読んでくれるので、レコーディング時間がかなり高速になります。

「その日の汚れ、その日のうちに」的な速度で、レコーディングが可能になります。

また、レコーディングができない家庭環境でもこの方法なら、手軽に音声ファイルを手に入れることができる。

●テキストファイルを用意する方法の注意

1.テキストはなるべく、GoogleのAIが読みやすいように書く必要がある。

たとえば、CTのことをキャラットと読みやがるので、「しーてぃー」とする必要があったりする。

とくに解剖学用語はほぼ読んでくれず、アルファベットで読んできやがります。

カタカナ表記するのが無難。

どうようのことが数字でもいえます。1-1をいちのいちと意図していたのに、いちまいなすいちになったりする。

2.なるべく、句読点をいれる。

見出しも句読点をいれないと、行間がない速度で不自然に言葉がつながってしまう。

上記の理由で、Text to speech oriented studyをしなければならないってこと。


●AIが読むデメリットとその克服方法

1.メロディーがない。
印象が弱い。
そこで、
読ませる文章を工夫して、メロディーを感じるような、言葉を羅列する。
繰り返し、リフをいれることで、リズムを作る。

最初から、読ませることを前提に文章を作ればいい。ふつーは無駄なテキストなんて書かないけど、パソコン上なら、コピペできるので、手軽にリフをいれられる。

やはり、覚えるために勉強をしているんだという自覚ではなく、作詞をしているんだという実感で、遊びながら勉強すべき。

2.ふざけられない。
印象が弱い。
そこで、
恥ずかしくて人間なら読めないような文章を、AIに読ませて楽しむ。

適度に、関西弁を混ぜる。自分でぼけて、自分でつっこむ。例:まさに、宝石箱や。ほ、ほ、ほんまや。

適語に、外国人ふうに喋らせる。オーバーリアクションする。例:うぁわぉーう。

3.変な読み方になる。
レコーディングしなおし。


AIに読ませるのと、自分が読んだものと、どれくらい印象に差が出るか、試していますが、やはりAIは話させるのはテキストがちゃんとしていないので、多少の違和感があります。

ただ、即、音声ファイルができて、強制的に復習できるのは魅力です。

レコーディング環境がないひとにとっては、福音といえる勉強法です。

自分の部屋がないとか、家族がうるさいとか。出先でレコーディングしづらいだとか。

また、テキストをコピペできるので、Webでだれかが書いてくれていれば、それをもとにして、自分でタイプする量を減らせるというメリットもあります。

あるいは、教科書を自炊して、テキストファイルに変換できれば、教科書の内容をコピペできる。

これにより、書き写すという創造性のない労力を少し減らせます。

みなさんは面白い、譜割り、ライム、リリックを作ることだけに専念すべきで、それ自体が一番の勉強の面白みだと思います。

4 説明的にならないようがいい。
読ませるのはリリックだけにして、補足的な説明は、読ませないほうがいい。

冗長に長いと、説明を念仏のように聞くだけになる。

覚えればいいのはリリックだけで、そのリリックはなるべく、動画的で、アニメ的で、色彩豊かであったほうが、印象レベルが高い。
これをメモラブルインプレッシブファクター、MIFと呼ぶ。ミフが高い程、すぐに覚えられるし、すぐにテストの点数に直結する。

ミフの高いリリックのみをフローさせてやる。

大事なので繰り返しますが、リフしますが、

♪♪♪ミフ高き リリックのみ詠み、説明するべからずー♪♪♪
【時間管理法】復習回数を減らす戦略。聴覚と視覚記憶の最適化をやりきる。

「急がば廻れ。復習回数減らしたければ、もっと仕込め。」

二元論で理解しつくしても、メロディックイントネーションでリリックをつくっても、それらを、録音しても、マインドマップノートのミクロとマクロノート、あるいはインフォグラフィックノートによる写真記憶がないと片手落ちである(一元論的)。聴覚記憶だけでは、やはり、思い出すための強さは弱い。

写真記憶だけあって、リリックが伴わないものも、やはり、思い出しづらい。写真記憶そのものが消えてしまうから。

よって、写真による視覚記憶も、リリック速聴による聴覚記憶も必要(二元論的)なのだが、それら両方形成するのは、そこそこ労力と時間がかかる。もし、時間がないと焦っていてれば、それらが未完成のままテストを迎えることになる。

ただ、焦って反復を繰り返しても、片手落ちの一元論的記憶では、テスト本番では固まっていない記憶に頼ることになるので、正確に思い出せない。ケアレスミスも連発し、得点は伸びない。この一元論的記憶でもなんとかできちゃう(合格点が取れちゃう)タイプの人間もいる。これは才能というか良い遺伝子と良い学習環境がもたらした能力と言って良い。

合格点が取れても点数が優秀かどうかは、評価できない。そういうひと(ある種の天才)のことを見習っても、崇めても仕方ない。

凡人は、才能がないと諦めて、粛々と、視覚記憶と聴覚記憶を作り続けるしかないのだ。

例えるなら、

稀代の天才、宮崎駿のように、才能でホームラン(傑作)を数本打って終わりか vs 努力の秀才、佐藤オオキのように、汗水垂らして、努力で泥臭いシングルヒットを打ち続けて、長期間にわたって、良作を大量生産する か。

凡人が焦って、反復を無為に繰り返しても(フルスイングを繰り返しても)、大量得点する可能性は低い(ホームランを打てずに、ゴロになるほうが圧倒的に多い)。

凡人は「凡人の戦略(ぼくのおすすめする勉強法)」によって、シングルヒットを確実に打ち続けるしかない。(ドラゴン桜2でも、バカって書かれたはちまきして、掛け算ドリルをときまくってたなぁ。『凡人自覚戦略』と名付けよう。)

時間的要素は、その凡人であるがゆえに、多くの時間と努力を仕込みに使わざるを得ないが、確実に、成果は実り続ける。





医学部医学科受験性に向けて、このブログを書き続けているけど、医者の世界も、時代の流れによって大きく変わろうとしている。数年前までまったく予想しなかったDeep learningによるAI技術の発展によって、医療もITの中に飲み込まれ、医師の存在意義が変わってきている。

画像による確定診断はAIがより正確になり、泥臭いルーチンワークはどんどん減っていく。技師が正確にスキャンさえすれば、診断を下す必要がなくなる。医者は認証するだけになっていく。

問診による確定診断はAIがより正確になり、町医者、家庭医のニーズはどんどん減っていく。スマホで診断確率がでてしまうので、すぐに医療介入にたどり着いてしまう。



救急的な外科的医療以外の、つまり、AIが代替可能な医療はますますAIによって診断可能となり、医師の仕事は減っていく。医者の数は急に増やせないが、AIが高コストの医者の仕事を代替する速度は急激に加速し、Goggle、Amazon、Microsoft、その他の巨大IT企業が医療に参入し始める。高級取りのアメリカの医者が目をつけられ、医療費削減のためFDAはそれを認可する。良質な医者がいない、人権がほぼない中国では、国策として、倫理委員会をすっとばしてAIを医療に取り入れる。中国とアメリカが医療変革の先陣を切り始める。

その時代には、日本は中国とアメリカを追随しはじめ、医療費削減に取り組み始める。

医者が今の給料を維持できているとは思えない。医者の仕事の多くは、AIの承認ばっかりになっちゃうから。

救急的な外科的医療以外をやる、あるいは、AIを操れない医者は徐々にニーズがなくなり、薄給になっていく。

こうした中で、本当に20年後、受験生が働き盛りになるタイミングで、今の医療の延長上にやりたいことが残ってるかはまったくわからない(ただ、AIに代替可能になっても、病態生理や実際の臨床経験は相変わらず必要になる。承認しなくちゃいけないから。診断できなくても、診断結果を承認可能な能力は必要。)医者の社会ステータス、給料体系の維持可能性は予想できない。

だから、医者じゃなくても、お金持ちになれるんだから、常にお金を儲けるにはどうすればいいか考えて、最善の努力をし続けられれば(シングルヒットを打ち続けられれば)、どんな夢も希望も叶えられるんじゃないかと思う。

AIにできないことはなんなのか、AIを知らなければそれはわからない。AI教育は今後、義務教育になる。

AIにできないことができる、あるいは、AIを利用する側の人間になり、付加価値を生み続ける社会人になってください。



以上、平成最後の総括でした。

令和最初のデータベース紹介。新シリーズ。AI入門

【AI入門】

1.Deep learningをとりあえず使ってみる。

どんなサイエンティストもDeep learningは避けて通れない技術になっていくはず。

というわけで、とりあえず使ってみましょう。

https://dl.sony.com/ja/

Neural Network Consoleというソフトでできます。

最初にダメ出しします。

名前が長いところがだめです。NNCとでも呼べばいいのでしょうか。ソニーのこういうところがだめです。売り出す気があるとは思えない。全然、存在が知られていないし。茂木健一郎さんは何をしているんだろう。ソニーにつとめてんだろ(怒)ちゃんとテレビで宣伝しろって。

日本はAI技術者が現在、数百人しかいない。アメリカはもう1万超えちゃってる。こういうのは先手必勝だから、遅すぎる。

以上、ダメ出しでした。ソニーは心から応援してます。

いろいろGoogleが出してるアプリとかありますが、Sonyは完全に無料でプログラミングせずにできちゃうのでこれでやってみます。

インターネット黎明期にhtmlが書けないと、ホームページを作って、情報が発信できなかったかっていうと、そういうわけじゃなく、今は、ホームページを作ってくれる便利アプリはいくらでもあるわけ。

それと似たような現象で、やっぱり、道具として使うには、グラフィカルユーザインタフェース、つまり、二元論ユーザー向けになってないとだめなんですよね。

インフォグラフィックスじゃないとね。

2.Deep learningがやっているのは、微分で接線求めまくってるいるようなもの。

定性→定量→定性

統計学でもEZRっていうソフトが計算してくれちゃうから、微分積分学があまり役に立った感じはなかったけど、Deep learningにおいても、自分で手計算をして、微分をするわけではないので、やはり、役に立った感じはない。

アプリ開発しない限りは数式を使うことはない。

ただ、二元論は理解するのに使える。

要するにDeep learningは二元論でできているってことです。

Deep learningは統計ソフトであり、EZRの延長線上にあるものだってことが少しずつ分かっていました。



Toyotaの自動運転技術、Google photoの画像認識技術をざっくり二元論で理解する。

【仕込み。帰納させる。】

 【定性を定量可能にする】
定性的な写真をとる。→画像を定量化できるようにする。

 【人の手で定性を定量にした教師データを作る。大量に帰納させる。】
 【それをNNCに代入する】
 【NNCが勝手に関数を作ってくれる】
写真(定性)と対象物の名称(定量)の教師データを大量に用意する→(NNCという関数に入れる)→勝手に機械が処理アルゴリズムを作ってくれる。

この関数の質がいいかどうかが今後、AI技術者の腕の見せどころになる。

質のいい教師データを作る職業もでてくる。

たとえば、医療でいうと、医者の当面のバイトは、質のいい教師データを大量に作るってこと。

Nは多ければ多いというわけではなく、質のいい教師データをある程度集めてしまえば、ある一定のNを超えると、関数の判断能力は差が出なくなってくる。

【実行する。役に立たせる。演繹する。】

例えば、馬の写真→(関数)→この絵に写っているのは、「馬である確率は90%、キリンである確率は8%、麒麟の川島である確率は2%」

NNCがやっているのは、教師データから統計的に、2次曲線の傾きの値を求めている。統計ソフトってこと。

画像データから、対象物の名前の確率を出すアプリと言って良い。

このアプリというか、関数を使って、どんな付加価値を生むかを考えるのも、AI技術者の仕事になる。

ここでやっと社会の役に立ってくる。

一度作ってしまえば、それを使えばいくらでもお金を生んでくれる。

Sonyが作っても、Googleが作っても、教師データが違うので、著作権で縛られることはない。

ただ、すごく安いコストにして、みんなに使ってもらい、塵も積もれば山となる方式で儲けるという考え方がこの業界で浸透しているので、普及の速度が早い。

この業界のいいところは、知識、知恵をオープンアクセス、public domainにしているってこと。

やってることは正しいけど、行き過ぎも弊害で、FAANGはこのやり方をすでに軌道にのせて、儲けてまくり、調子に乗っており、逆らうものをひれ伏させすぎて、独占禁止法に引っかかり始めている。

ぼくが10年以上前から応援し続けてきた、我らがAmazonも独占禁止法に引っかかってる。

僕の本もAmazon Prime Readingに載せてやるから、といって、不当に安い対価で誘ってきたしね。

Prime readingでいくら読まれてもぼくにほとんどお金が払われないっていう仕組み。

Prime readingに僕の本が載り始めましたが、まったく売り上げが伸びてません。

どうして、読まれたページ数に応じた報酬にしないのか理解できない。

AmazonはPrime readingに関して、完全に調子に乗ってますので、そのうち、独占禁止法にひっかかり、公平取引委員会にしょっぴかれると思います。
メロディックイントネーションラーニングを電子書籍に載せてアップデートしました。


2.2 メロディックイントネーションラーニング


もくじ

【総論】
2.2.1.1 メロディックイントネーションセラピーからメロディックイントネーションラーニングへ。

2.2.1.2 仕事中にScrivenerを使ってコソコソ勉強できるメロディックイントネーションラーニング
2.2.1.3 メロディックイントネーションラーニングの実用例は幼児教育というか幼児の言語習得、テレビCM。世の中に溢れているメロディックイントネーションを対象化せよ。
2.2.1.4 勉強がクリエイティブであればあるほど、楽しい遊びに近くなる。

【各論】

2.2.2.1.覚える対象を抽出する。要素だけにする。そのために、深く理解し、分析する。なるべく覚える対象を少なくする。まとめる。パタン化する。

2.2.2.2.要素から最初に連想することを書き出す。リリックにしやすいように変換する。

2.2.2.3.SVC、SVO法による文章化と画像化。ライム化。

2.2.2.4.リズミックイントネーションさせる。

2.2.2.5.ライム化、リリック化のスキル篇。
2.2.2.5.1 Disる。茶化す
 2.2.2.5.2.ゴロ合わせする。
 2.2.2.5.3.同じAIUEOが繰り返されるようにする。韻を踏む。
 2.2.2.5.4.例える。レッテル展開する。
 2.2.2.5.4.決まり文句。引用。枕詞。
 2.2.2.5.6.インパク知、ばかパク(ボキャブラ天国)
 2.2.2.5.7.擬人化する
 2.2.2.5.8.可視化する
 2.2.2.5.9.ざっくりさせる。テキトー化する。小難しく、とっつきにくい言葉を中学生でも知っている単語に言い換える。
 2.2.2.5.10 誤変換する 
 2.2.2.5.11.英語にする

【総論】
2.2.1.1 メロディックイントネーションセラピーからメロディックイントネーションラーニングへ。


以前から紹介しているメロディックイントネーションラーニング。(別記事リンクを参照。)
そして、ぼくが発明した速聴写真ラーニング。

メロディックイントネーションセラピーという言葉はセラピー以外にも使えるので、セラピーではなく、ラーニングという言葉に変えました。
略して、MIL。ミル

Deep learningという言葉のおかげでラーニングのほうがよく馴染むからです。

そして、速聴写真記憶法も速聴写真ラーニングに命名しなおしました。記憶法というと、古めかしいからです。
略して、Rapid-listening-imaging learning. RLIL。ルリル。

総じて、ミルリル。(コピーライト、商標登録出願中)

このふたつのラーニングメソッドをやれば、たいていのことをはラーニングできます。

ぼくの場合、学生じゃないので、職場でこそこそラーニングしないといけないので、パソコンでやらざるを得ない。

そこで、メロディックイントネーションラーニング、速聴写真ラーニングをscrivenerというアプリを用いて、やっていく方法について、固まってきたので紹介しておきます。



2.2.1.2 仕事中にScrivenerを使ってコソコソ勉強できるメロディックイントネーションラーニング


●scrivener based learning●

左手に教科書。右手にScrivener。

論文執筆にも使えるスクリベナーは、リリックを作るのにも役に立つます。

基本画像ファイルやPDFファイルはスクリベナーに添付しないようにしましょう。添付するともっさりして開きづらくなったり、反応が遅くなるので。

リリックを連想する作業は教科書に直接書き込んだり、ノートに書き写したりするよりも、パソコンに文章作成ソフトをつかって書いたほうが楽です。

言葉を書いて、最初に連想することを書くのに都合がいいのと、圧倒的に文章を作るスピードが早いからです。

それに、漢字に変換するときに誤変換してくれると、着想のヒントにもなるので、相性がいい。

また、はたから見ると、パソコンに向かって文章を書いているので、仕事をしている感じがすごくでて、勉強しているように見えません。これが最大のメリット。

2.2.1.3 メロディックイントネーションラーニングの実用例は幼児教育というか幼児の言語習得、テレビCM


英語でアルファベットを覚えるのも、ABC songを歌い、曜日を英語で覚えるのも、歌って覚えますよね。これはメロディックイントネーションを使ってるんです。あいうえおはほぼメロディックイントネーションではない。ただ、九九計算は見事にメロディックイントネーション。韻を踏んでるからメロディックに暗記できる。

英語圏の小学生は九九が苦手なのに対して、日本人は簡単に九九が習得可能であるのは、メロディックイントネーションのおかげと言って良い。

数学教育にもやはりメロディックイントネーションラーニングなのである。

この特殊性を全く無自覚に、対象化できずにやっているところが、現代の教育の罪深きところである。

もっと、メロディックイントネーションラーニングを自覚的にやるべきで、対象化すべきなのだ。

教育者は「こうすれば覚えやすいよ」と学生にいうべきではない。こーーってなんやねん。

「メロディックイントネーションにすれば覚えやすいよ」と言え。

KU iti ga KU!
Ku ni ju HACHI!
KU SAN ni-ju Shichi!♪。。。。。



2.2.1.4 勉強がクリエイティブであればあるほど、楽しい遊びに近くなる。


クリエイティブである遊びは、中毒性がある。

真の意味で満足できる遊びは創造的である。

リリカライズ、ライム化は創造的であり、作詞的である。

それは純粋な遊びであり、うまいライムができたときは、喜び、楽しさといった感情がでてくる。

億劫な反復勉強が昇華し、メロディックイントネーションラーニングになったとき、教育とはなんなのかと再考したくなる。

【各論】

実際、どうやって、メロディックイントネーションラーニングするか説明していきます。


2.2.2.1.覚える対象を抽出する。要素だけにする。そのために、深く理解し、分析する。なるべく覚える対象を少なくする。まとめる。パタン化する。


教科書からテストにでることを抽出する。
すでに習得しているパタンと似ているなら、新しいことを覚える必要がなくなる。
覚えることを必要最低限するために、理解し尽くして、覚える対象を減らせるものなら減らす。
二元論で整理したりして、わかりにくいことを理解しつくす必要がある。
なるべく、覚えなくてもいいことを見つけ出す。
導け出せないことだけは、「要素」として対象化する。
要素とはエレメントでそれ以上分解できない項目のこと。

2.2.2.2.要素から最初に連想することを書き出す。リリックにしやすいように変換する

リリカルにする。リリカライズ!(造語)

要素は削ぎ落としている文だけ、味気ない。その無機質な要素を脚色する。リリックとはもともと叙情的なという意味がある。叙情にさせるのをリリカライズ!(造語)と命名する。
要素からリリカライズする内容は、最初に連想することで良い。こればっかりはそのひとのボキャブラリーや思想体系によるので、法則化できないというか、正解はない。個人差もあるし。

例:HV→ハイブリッド車。ハイブリッドといえばプリウスしかおもいつかん!
例:奇静脈→奇人変人、変なオジサン。志村けん!
例:外側→外人。お騒がせ外国人。カルロス・ゴーン! 
とかね。
なるべく具体化させる。抽象的すぎると、イメージしにくいからメロディックイントネーションにしづらい。

2.2.2.3.SVC、SVO法による文章化と画像化


変換した要素を並べて、それらの要素から最初に連想する奇妙な物語、動画をライムにする。ライムにする。歌詞にする。(ライムについては、https://saita-puls.com/6309のリンクをどうぞ。)


例:「外国人がハイブリッド車に乗って、変なオジサンダンスをしている。」
 S            V             V
上記がリリックがライム化する前の文章。これでは詠みにくいし、動きがない。

2.2.2.4.メロディックイントネーションさせる。


ライム化するっていうのは、歌いやすく、ゴロをあわせて、韻を踏み、リズミックにすることを総称している。
メロディックイントネーションにするとも言える。

例:『カルロス・ゴーン(外人)、まじでGone!プリウスの 屋根のうえ、変なオジサンだから、変なオジサン。変なオジサンだからぁ変なオジサン♪(志村けんのコントを参照してください)

すでに変なオジサンがリズミックなので、作りやすい。

ここまで変換させると、想起が容易になる。反復回数を極端に減らせるので、勉強時間の削減につながる。


上記段階のうち1が大事なのは、みーんな知ってるし、義務教育で教わる。でも、2,3,4を教わることはない。
たいていの学習は1で終わり。それを記憶するのは結構難しい。ひたすら書いて覚えるか、読んで覚えるか、しゃべって覚えるか、聞いて覚えるか。速聴するか。何度も繰り返す必要がある。確かにN(思い出す回数)を増やせば、なんとか覚えられるかもしれない。でも、残念ながら、長期記憶に入らない。3ヶ月後には忘れている。受験日まで持続できない。到達目標に達せない。勉強が辛くなる。意識高い系になれない。単純労働者になる。
1が上手なだけでも、そこそこいける。工夫はいろいろある。絵を書いたり、きれいに色鉛筆で塗ったり。それだけでも、美しいノートだけでもそこそこいける。でも、そこそこなんですよね。



例その2:鉄が生理的に沈着する脳の部位を覚えたい。

「老人は視床、線条体、尾状核に鉄が沈着することがある。」

抽出は簡単で、要素は老人、視床、線条体、尾状核、鉄。

これをリリカライズする。

老人:年老いた
視床:師匠
線条体:扇情
尾状核:美女
鉄:ハンマーくらわす

ライム例:年老いた師匠(視床)♪、美女(尾状)に扇情(線条)♪これに鉄槌くらわす♪

最初は本当にこれでいいのかっていう疑心暗鬼になるわけですが、人間が覚えられる項目数の限界Nmaxは決まっており、時間因子Tにより常に減らされる。
勉強の繰り返しfによって、それを増やそうとがんばるわけ。テスト前に覚えている項目の数をNとすると、
N = kf ? mT<

Nmax
k ,mは定数。
このkをいかによい値にするかが、方法論の存在意義である。あるいはmをいかに小さい数字にするか。
そのひとつがメロディックイントネーションラーニングであり、速聴写真ラーニングである。

ライムはなるべく、動きがあり、荒唐無稽であり、ストーリーがあり、色彩があり、テンポにのりやすく、和音にのりやすいリリックがよい。

有名なキャラクターを多用する枕詞や、オヤジギャグ的な掛詞を使ったりするのも効果的である。

また、自明すぎて覚える必要のない項目、導き出せる項目はリリックに入れる必要はない。

従来から使われてきた「ゴロ合わせ」というテクニックは、このメロディックイントネーションラーニングのひとつのサブグループと言って良い。

ゴロ513という古文の単語を超簡単に覚える本でセンター試験を乗り越えたわけですが、その方法を対象化し、自分でも使えるように汎用化したのがメロディックイントネーションラーニング。

ゴロ合わせは数あるテクニックのひとつであり、これに固執して作る必要はない。

抽出した項目に対して、どう自分の持っている知識と結びつけて、茶化して、こじつけて、容易に覚えるかが大事。

まじめにふざけるのが大事。

あるいは、

真剣に茶化す。

次章で、まじめにふざけるスキルについて

2.2.2.5.ライム化、リリック化のスキル篇。


2.2.2.5.1 Disる。茶化す

ディスる。Disrespectする。短所をたたく。

教科書に書いてある内容を評価し、批判し、批評の方法は悪口をいうことです。これもリリックのひとつにして良い。
この手法が一番頭を使わずに、才能を使わずに、最初の理解の最適化ができるので、最初に示します。

とにかく勉強しているという自覚を持たないで淡々と、粛粛と、読んだ内容を理解し茶化し、リリックを書き続ける。
難しい内容を読んでいる、あるいは、自分の知らないたいして興味がわかない内容を読むのはストレスがたまるので、わかりにくい説明には、徹底的にDISる。それも茶化しになるし、ストレスの発散になるし、印象もつけられる。
DISるリリックも印象に残るので、取り入れるべき。毒リリック。

自分の脳内に、霜降り明星の粗品を憑依させて、ひたすら、せいやならぬ、筆者につっこみを入れ続ける。
例:
気管支は肺の末梢に向かってTaperingする。『テーパーって、なんでそこだけ英語!いきってるだけやん』とか
この陰影はバタフライシャドウと呼ばれる。『バタフライ!粋だね!』
この線はカーリーBと呼ばれる。『また人名!カーリーってだれ!BってAとCはどこ!B級スープカーリー水だらけうよ(右葉、肺水腫)!』

このようなツッコミの中にも、単純にDisる以外にも様々なサブタイプが存在する。客観的、共感的なものもツッコミは内包している。言い換えることで、ボケていることを明確にするのが、つっこみの役割である。
そう。小難しい文章やいらつく説明は、ボケているのだ。ボケ倒しているのだ。
浜田のつっこみをまっている松ちゃんを想像すれば良い。

こうして、つっこみをいれているうちに理解が深まり、要素に対して、叙情をもたせることができる。。

 2.2.2.5.2.ゴロ合わせする。

言わずとしれた技法。ゴロ合わせ。無理やりこじつける。自分で作るには、発想力が問われる。
全部をゴロ合わせしようとするのは、愚の骨頂。覚えられないものだけをゴロ合わせしたほうが良い。

例:意識障害患者のアイウエオTIPS
 A:Alcohol
 I:Insulin
 U:Uremia,E:Encephalopathy
 E:Endocrine,Electrolytes
 O:Oxygen,Overdose
 T:Trauma,Temperature
 I:Infection
 P:Psychiatric
 S:Stroke/SAH,Shock
意識障害の患者を見たとき、上記のもので、SAH起きたら、まぁ意識障害起こすよね。わざわざ、ゴロ合わせに入れて思い出したくなる必要性ある?

最初の1段階で示した分析の部分が足りていない。導けることは覚える対象にしないという法則がある。

例:心臓、腎臓、肺で筋肉に関連した異型細胞がでてくる。
→しんじん、はい。筋肉だらけ。
→新人アナウンサーの胸は洗濯板。

胸の部分は、はい→π といった変換を行うことで、ゴロ合わせとしています。
筋肉といっても、心臓からは横紋筋肉腫、腎臓からは、AML、肺からはLAMという疾患がでてくるわけですが、それぞれ、異型な筋肉としてざっくりさせています。
思い出せれば良いので、別にひとつひとつの疾患をゴロの中に入れる必要はありません。そうすると、語呂合わせのリリックが長くなってしまい、思い出すのに苦労してしまうから、本末転倒です。

 2.2.2.5.3.同じAIUEOが繰り返されるようにする。韻を踏む。

リリックにしたら、なるべく、575調で韻を踏んだほうが、リズムに乗せやすい。

例:リンチ症候群→リンチ(I)、多勢(ZEI)に無勢(ZEI)で袋叩き(I)、MSI(AI)-HIGH(AI)、ネオアンチゲン(N)でキートルーダがきーきまくるねん(N)。

 2.2.2.5.4.例える。パロディ。ロールプレイ。 天丼。レッテル展開。

粋がっているやつほど、例えることで卑近にできる。
一度例えたら、その例えを利用して、無理やりこじつける。
例えを利用することで、その例が持っている属性を容易に連想することができるため、芋づる式に思い出せる。

例:マキャベリ→芽キャベツに例える。→頭が五厘刈りで芽キャベツのようだ

例:クラインフェルター症候群→アンガールズ田中に例える→XXYで男でも女でもない、まさにアンガールズ→手足がながい

例:リンチ症候群→患者がガンにリンチされてる→ダブルキャンサーで多勢に無勢の袋叩き

例:ボンヒッペルリンドウ VHL von Hippel Lindau→リンドウ→林道→林田→NHK ブラタモリでお馴染み、林田アナ。林田アナでレッテル展開する。

例:Wilms腫瘍→ウイルムス→イルムス→デンマーク王室御用達家具ブランド、ILMUS!

例:褐色細胞腫→褐色の恋人→コーヒー牛乳!

このように疾患名から想起される具体化していく。たとえば、林田アナウンサーから想起されるものを利用して、ボンヒッペルリンドウで起こる合併症を紐づけていく。その合併症自体もさらに同様な具体化を用いれば、疾患同士の組み合わせを強制的に日常的に卑近なものに変換することができるため、ストーリ化し、ライムに落とし込む事が可能となる。

大切なのは、具体化したものがいかに卑近であるかということ。

それら卑近な具体化対象を、並べて眺め、動的イメージとしてストーリー展開させることが重要となる。

並べれば勝手にストーリー展開できるものなので、あまり、テクニックは存在しない。

発想力があるかどうかはそのひとの人生経験によるところが大きく、正解はない。

また、着想においては、個人差が大きいため、例示することがかなり困難となる。



 2.2.2.5.5.決まり文句。引用。枕詞。

例:お前はもうつんでいる。オワタぁ。(北斗の拳)

例:3年A組 金髪せんせーい!ワッショイ!ワッショイ!

 2.2.2.5.6.インパク知、ばかパク(ボキャブラ天国) 知的、あるいはバカだけど、インパクトのある言葉。


例:鬼に金棒→鬼にKANEBO、For beautiful human life

 2.2.2.5.7.擬人化する

例:T細胞→作戦本部
例:B細胞→鉄砲隊
例:マクロファージ→進撃の巨人

 2.2.2.5.8.可視化する

例:6倍女性に多い。40代が多い。『診察室が熟女だらけ』

 2.2.2.5.9.ざっくりさせる。テキトー化する。小難しく、とっつきにくい言葉を中学生でも知っている単語に言い換える

実はこれが一番大切なことなのかもしれません。
頭がいい人と悪い人の違いはここ。
単純化させることができればどんな学問も容易に理解できる。
理解できれば覚える対象が少なくるので、理解していない人よりも少ない努力で記憶できる。

メロディックイントネーションに乗せれば、さらに簡易に覚えられるし、

それを速聴で繰り返せば、繰り返す努力が減らせる。

例:T2WIで高信号→白い。
例:4%が発症する→数%でる。
例:40-60%にみられる→半分でる。
例:早期相で濃染し、門脈相でWashoutする。→最初は超白くて、後半、黒いけど、まわり白い。

 2.2.2.5.10 誤変換する

わざとひらがなにして、一度イメージをリセットさせ、新しいリリックに結びつける。誤変換させると言って良い。

たとえば、右縁枝。

うえん。ウエンツ瑛士。ウエンツは鋭いツッコミするよねぇー。鋭縁枝。

うえんにすることで、ウエンツ瑛士がでてくるのは、誤変換のおかげです。

 2.2.2.5.11.英語にする


日本語だとイマイチ連想できない場合でも、英語にすると連想しやすくなったりする。英語はよく頭文字だけになったりするので、それも連想のネタにできる。

例:右冠動脈→RCA→RCサクセッション→忌野清志郎
例:左回旋→LCX→Cx→フジテレビ→お台場球体展望台
【マインドフルネスベースドラーニング】
【ストレス・マネジメントデータベース】ストレスためずに、持続可能な勉強時間を保つ方法

新シリーズです。大学受験生だろうが、国家試験受験生だろうが、医者だろうが、トップを目指すゴールゲッターズ(ウォナビーズ)はストレスが半端無くかかります。
どの人生の時点で、ストレスのない生活に入ろうとひとは決めるのでしょうか。非ゴールゲッターズ(非ウォナビーズ)になろうと決めることが、ストレスない生活になるということなのでしょうか。

ストレスと幸福学について、再考したくなります。

いずれにせよ、受験生のみなさんは、寸暇を惜しんで勉強をするわけですが、勉強ばかりしていると、ストレスが強くなって、勉強時間が保てなくなります。
そこで、ストレスマネジメントの観点から、効率的に、ストレスを発散して、勉強時間を伸ばすデータベースを構築したいと思います。
一番、鍵となる技術はマインドフルネスです。そこで、大切なので対象化するために、命名しました。
マインドフルネスベースドラーニング!
Mindfulness based learning


マインドフルネスを毎日の生活の中で取り入れて、勉強時間を極力伸ばすってことです。
対象化して意識的にやっているひとと、なんとなくやっているひとでは雲泥の差がでます。


【目次】

1.ストレスの原因(インプット)データベース
  1.1.取り越し苦労系
  1.2.予期不安系
  1.3.決断系
2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、定性化、対象化。
  2.2 マインドフルネスによる積極的ストレス発散と前頭前野の開放
2.2.1 銭湯とマインドフルネス
  2.3 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する
3.ストレスと人生について(総論)
  3.1 職業とストレス。医師編
  3.2 ストレスと健康長寿
  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

以下本文です。

1.ストレスの原因(インプット)データベース
http://www.nhk.or.jp/special/stress/
NHKスペシャル シリーズ『キラーストレス』を参考にお送りいたします。
「キラーストレスとは
脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まります。
ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。これがストレス反応です。」だそうです。

そういわれても、だからなんなんだといいたくなります。ホルモンが出ようが、実感として湧きません。
自覚症状は疲労感、集中力低下・・・まとめると、軽度うつ症状です。

アメリカ心理学会は5つの対策を勧めています。
1)ストレスの原因を避ける
2)運動
3)笑う
4)サポートを得る
5)マインドフルネス

こう勧められても、よくわからないので、二元論で分けてみましょう。
  
  1.0 ストレスを対象化する。定量化し定性化する。
ストレスの原因をストレスの原因だと感じていないことがよくあります。無自覚のうちにストレスがたまり、いつの間にかうつになっています。
上記NHKスペシャルでは以下のように、ストレス度チェック表を容易してくれています。
配偶者の死 ☆ 会社の倒産 ☆ 親族の死 ☆ 離婚 ☆ 夫婦の別居 ☆ 会社を変わる ☆ 自分の病気や怪我 ☆ 多忙による心身の過労 ☆ 300万円以上の借金をした ☆ 仕事上のミス ☆ 独立・起業する ☆ 単身赴任 ☆ 左遷 ☆ 家族の健康や行動の大きな変化 ☆ 会社の立て直し ☆ 友人の死 ☆ 会社が吸収合併される ☆ 収入の減少 ☆ 人事異動 ☆ 労働条件の大きな変化 ☆ 配置転換 ☆ 同僚との人間関係 ☆ 法律的トラブル ☆ 300万円以下の借金をした ☆ 上司のとのトラブル ☆ 抜てきに伴う配置転換 ☆ 息子や娘が家を離れる ☆ 結婚 ☆ 性的問題・障害 ☆ 夫婦げんか ☆ 家族が増える ☆ 睡眠習慣の大きな変化 ☆ 同僚とのトラブル ☆ 引っ越し ☆ 住宅ローン ☆ 子供の受験勉強 ☆ 妊娠 ☆ 顧客との人間関係 ☆ 仕事のペースが変わった ☆ 定年退職 ☆ 部下とのトラブル ☆ 仕事に打ち込む ☆ 住宅環境の大きな変化 ☆ 職場の人数が減る ☆ 社会活動の大きな変化 ☆ 職場のOA化 ☆ 家族構成の変化 ☆ 子供が新しい学校へ変わる ☆ 法律違反(軽度) ☆ 同僚の昇進・昇格 ☆ 技術革新の進歩 ☆ 仕事のペース、活動が増えた ☆ 自分の昇進・昇格 ☆ 妻(夫)が仕事を辞める ☆ 仕事の予算不足 ☆ 自己の習慣の変化 ☆ 個人的成功 ☆ 妻(夫)が仕事を始める ☆ 食習慣の大きな変化 ☆ レクリエーションが減った ☆ 仕事の予算の充実 ☆ 長期休暇 ☆ 職場の人が増える ☆ レクリエーションの増加 ☆ 収入の増加・・・

実は、ライフサイクルイベントが起きると、それが良い方向であっても、ストレスになってしまいます。
うつ病は、結婚式とか、昇進、出世、長期休暇という一見、ハッピーなイベンドでも起こり得るんですよね。

以上のように、ストレスの対象を言語化し、定量化します。人生で味わった一番強いストレスを10点として、何点か。
それによる反応はどのようなものか。

「いきなりの仕事の追加による残業」
ストレスレベル 5/10
顔のゆがみ。空腹による疲労感。早く帰りたいという気持ちや焦り。

  1.1.取り越し苦労系
過去の失敗や、強い緊張下に置かれた経験は、その後の人生でフラッシュバックします。(フラッシュバックはPTSDのテクニカルタームですが、多かれ少なかれ、取り越し苦労はフラッシュバックです。)

苦い経験を、その後の人生でもう一度思い出して、そのときの気持ちやストレスを追体験することを取り越し苦労といいます。
脳はイメージしたことと、実際の体験を区別できないんでしたね。(既述。)

ここでぼくが多用する格言があります。

『過去は過去!!』『Let the past be the past!!』

もやもやと昔の嫌なことを思い出しそうになったら、上記の言葉を出して、別なことを想像しましょう。

  1.2.予期不安系
よくないことが起こるんじゃないかと、想像してしまって、不安になることです。杞憂のことです。
未来のことは考えるな。
ブルース・リーもおっしゃっています。『Don't think! Feel!』
焦って考えても、不安を感じても、意味がありません。
できる準備をして、準備が終わったら、考えるな。その時が来たら、そのときがんばればいい。

  1.3.決断系
決めることはストレスです。
新しい家電を買うのも、新しいクルマを買うのも、ラーメン屋でつけ麺にするか、ラーメンにするか決めるのも。

その決定に対して、かならず、人間は後悔します。後悔が伴うので、決断さらに、ストレスとなる。

ぼくのおすすめは、システムを作って、そこに解釈や決断の回数を減らすことです。フローチャートを作ってしまえば、だれがやっても同じ結果になります。
がん診療のガイドラインみたいに、カットオフ値をもうけて、二元論にしてしまうほうが、決断する必要が無いので楽です。

だから、ぼくは勉強法をプロトコル化しています。勉強法を決めることもストレスです。
もうみなさんは勉強法に悩む必要がないといったのはそういう理由です(既述)。
作業仮説として、ぼくがおすすめしている方法をシステム化(プロトコル化)して、解釈せずに、行動し続ければいいんです(勉強法のフローチャートはすでに載せてあるので、ぼくの本を読んで下さい)。
必要なのは、時間と労力だけです。

 1.4 「頑張るストレス」VS「我慢するストレス」系

勉強や日常の仕事は「頑張るストレス」であり、肉体へのダメージが蓄積されるタイプ。メンタルにダメージが来ない。
一方、「我慢するストレス」系はメンタルにダメージが蓄積される。

2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、対象化
  2.1.1 ストレスを発散させる方法を定式化する。

具体的なストレス発散方法を自分の思いつく限りにリストアップする。
こうすることで、どのくらいのストレスレベルにおかれたときに、どのレベルの発散をすれば、改善するかを効率的に導ける。
一定のフローチャートにすることを定式化するという。

ストレス発散の方法が多ければ多いほど、ストレスコーピングがうまいとか、ストレス耐性があると呼ぶ。

「頑張るストレス」系には興奮を抑えるタイプのチルアウト系ストレス発散が効果的である。一方で
「我慢するストレス」には興奮を付加するタイプのワークアウト系ストレス発散がよい。

交感神経系VS副交感神経系といっても良い。二元でわけると。
積極系VS消極系
アウトドア系VSインドア系

例示します。

ワークアウト例
運動する。
自転車を全速力でこぐ。
楽器をひく。
歌う。
好きなゲームをする。
ディズニーランドにインパする。
温泉に自転車で行く。
サウナに入ったあとに、コーラを一気飲みする。
サウナに入る。
サマソニに参戦する。
ロッキンに参戦する。
フジロックに参戦する。

チルアウト例
クールな音楽でリラックス。
南の島でのんびりする。
マッサージされる。
妄想して現実逃避する。
温泉につかって、紅葉を眺める。
サウナに入ったあとに、水風呂につかる。
川の流れを眺める。
山を眺める。
好きなひとの笑顔を思いうかべる。
猫の写真を見る。
最高に笑ったギャグを思い出す。
新しいクルマのスペックをチェックする。
新しいアップル製品のスペックをチェックする。
ワンピース、磯部磯兵衛物語、群馬アイドル神話 馬セブンを読む。

ストレス発散の方法はひとそれぞれで、他人にとってはそんなことがストレス発散になるのかということでも、ストレス発散になることがあります。

  2.2.2. ストレス発散により、どのくらいストレスが軽減したか評価する。足りなければおかわりする。

ストレスを対象化、あるいは、認知することによって、それ自体に癒やしの効果があります。

ぼくは原因のわからない症状に悩まされていた患者さんに、細かく問診し、症状のレベル、頻度、性質を細かく聞いただけで、涙を流して、癒やされていくというダイナミズムを経験したことがあります。

症状が対象化されただけで、心が軽くなり、次の外来のときには、すっきりした顔で受診され、症状は軽くなりましたと言ってきました。
結局、その患者さんの病気の原因はストレスによる身体化でした。

  2.2.1 リーサル・ウェポン「マインドフルネス」による積極的ストレス発散と前頭前野の開放

マインドフルネス。
この言葉が出る前は、この行為を色んな言葉で形容していました。自律神経法、瞑想、認知療法、座禅、リラックスしてアルファ波をだす。

weblioによると以下の定義になっています。
awareness
inclination to be mindful or aware (as understood in Buddhism かつ psychology)
paying attention on purpose, in the present moment, and non-judgementally
"also notes that the term is 'in weakened use'. It's been diluted from its origins to now encompass all manner of meditation techniques, treatments for daily stress, even ways to lose weight."
A form of secular meditation practice with roots in Buddhist

名前はいろいろあるし、やり方も宗教っぽくするマナーなどがあって、色々です。

ただ目的は同じです。

『頭に想起される言葉を完全に排除して、前頭前野をアイドリングストップさせる』です。

人間は1日に数万単語脳内でしゃべっています。それが大脳新皮質、特に前頭前野にとってはストレスなんです。

それを開放させる。

やり方は、宗教的な作法にのっとる必要ナッシング。

目を半開きにして、ぼーっとするだけ。昔はこのマインドフルネスのことをアルファー波を出すとかアホなことを言ってたっけ。脳波信仰とも言える。

このボーっとする状態というのは結構難しい。無我の境地になる必要がある。なにも思考しないというのは、簡単にはできない。

人間は思考する生き物だから。

すこしでも、理解可能な音声が耳に入ってくると、その無我の状態が中断されてしまう。

強制的に音声想起を排除する技術としては、自分の呼吸に合わせて、「吸ってるー、吐いてるー」「ブリージング。ブリージングアウトー」とか、全く思考にならない言葉で思考をかき消すこと。

自分の体に対して、意識を向けて、勝手な思考を止める。

追記

銭湯、温泉、サウナのマインドフルネスの相性の良さについて

神の与え給いし癒しの空間

銭湯、温泉、サウナ。

そして、Finlandで発祥したサウナをこよなく愛する人々、サウナー。

風呂場では味わえない開放感があるだけで、頭の中の雑音は結構なくなります。

特に意識的に呼吸に集中する必要もなく、マインドフルネス状態になれます。

ただ、問題なのが、サウナの中にテレビがついていたり、友達や家族と来ていて、ずっとしゃべっているひとが横にいると、言葉が想起されてしまうので、マインドフルネス状態になれないということです。

空いている時間帯に行くか、空いている銭湯を見つけるしかありません。家にミストサウナをつけるというのも良いかもね。ぼくもつけようと思ってます。

ここでサウナーの技術について。

サウナは暑いので、余計なことが考えられなくなります。

座る位置は一番高い場所にしましょう。

極限まで熱くなって汗だらけになったら、水風呂へ。

サウナーは、あえて冷やしてある摂氏9度以下の水風呂のことを、「シングル」と呼びます。

水風呂に入ると、最初はつらいですが、徐々に、冷たさが心地よい状態に変化します。

こうして体の変化を感じると、やはり、思考がストップするのです。

これを何度も繰り返しているうちに、全く思考がなくなり、自然にマインドフルネスな状態に持っていく事が可能です。

この思考が止まった無我の境地をサウナーは「ととのう(整う)」と呼びます。

まぁ、マインドフルネスになったと呼べばいいと思いますが、心が整ったと言っても良いでしょう。

家の風呂でも熱い風呂に入り、水でシャワーを浴びれば、できなくはないので、毎日、家で心を整えるのも良いかもしれません。


このマインドフルネスは勉強と勉強の合間、試験と試験の合間にやるのが効果的です。

特にテスト本番。120分のテストって結構疲れますから、休憩時間はなるべく長時間、マインドフルネスになりましょう。

友達とできたのできなかっただの喋ってる暇があったら、マインドフルネスして、回復してください。

ぼくは受験生のころから、マインドフルネスという言葉を対象化していませんでしたが、試験の合間はマインドフルネスをしていました。


  2.3. 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する

アドレナリン系かドーパミン系かとも分類できます。

ドキドキするタイプのストレス発散はその場限りであり、効果が短い。

一方、

ほんわか幸せを感じるタイプのストレス発散は効果が長く、精神的安定につながる。

ジョブクラフティングについては、すでに書いていますので、検索してみてください。

3.ストレスと人生について(総論)
  3.1.たとえば、医者がなぜ、ストレスが多いか。決断が多いから。
患者の命に関わることを毎日やっていると、決断することが多くなります。
評価するだけなら、まだましなんです。その評価をして、次になにをするか、迷って、悩んで、答えを出さなければいけない。
特に、人間は答えがないことに対して、答えを出すことがとても嫌いであるという性質があります。
だから、「経験上、今まで、うまくいってきた」と自分に言い聞かせて虚勢を張って、答えを出す。
本当は、自分の決定が正しかったかどうか、後ろ向きにレビューして、統計を出して、p値、有意差がでるかどうかまでやらなければならないのにもかかわらず、「経験上」でごまかします。

医者をやっていないときと比べて、決断することが多くなってしまって、その分、その他、すべての生活について、なるべく、選択したくなくなるという現象が起きます。
それがプロフェッショナルだと、●がいっていました。
日常生活にといて、決断を極力減らしている人は社長に多いのかもしれません。
スティーブ・ジョブズとか、バイト探しベンチャーの●とかも、毎日、同じ服を大量に買って、同じ服を着続けています。
食事も、選ばない。毎日、同じものを食べる。(イチローもカレーばっかり食べてるしなぁ)

  3.2 ストレスと健康長寿

「百寿者=センテナリアン」(NHKスペシャル)

認知症がすすみすぎると、人生でつらかった思い出はすべて忘れ、楽しかった、幸せな思い出だけが残り、とても幸せな人生であったという仙人のような境地に至ることができるそうです。

慢性炎症性疾患にかかったひとは、老化速度が早く、全身の細胞が老化します。


  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

(追記します)

ときに、最近、宮崎吾朗監督初のテレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」で泣きました。(ぼくのストレス発散法のひとつ)
泣ける16話まで、待たなければいけませんが、確実に泣けます。
「第4回 国際エミー賞・キッズアワード」 をとるだけある作品です。
3Dを2Dに落としこんでいますので、技術的に難しかったんだと思うんですが。
不自然な描写が徐々に違和感がなくなっていくので、序盤は耐えてください。


【メロディックイントネーションセラピーはほぼ、速聴写真記憶法】科学的に解き明かされる音楽の真の力

以下、引用。

サイエンスZERO 「解き明かされる 音楽の真の力」
音楽が脳にもたらすうれしい効果が科学的に解明されてきた。事故や脳卒中などで言葉を発することが困難となった「失語症」の患者が音楽を使った治療法で劇的に回復した奇跡の実例を紹介。また三重県で行われた大規模実験で、音楽を取り入れた有酸素運動が65歳以上の人たちの認知機能を高め、認知症の予防につながる可能性があることもわかってきた。AIが個人個人の脳が好む曲を瞬時に作る取り組みも紹介する。
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018087563SA000/index.html?capid=nol_4_P126

以上。引用終わり。

昨今、アーカイブ的なオンデマンド放送がされることによって、ややパブリックドメイン寄りにNHKがシフトし始めています。

公共放送なんだから、You Tubeに載せろと突っ込みたくなりますが、サイエンスZEROは本当に良い番組です。

この神回で失語症の治療に用いられたのが、メロディックイントネーションセラピー

メロディ、リズムにのせて、目を見ながら、体で拍を取り、話すことで、言葉の再習得を促すというテクニック。

病人によく効くんだから、いわんや、受験生をや。

言語習得だけじゃなく、何にでも応用はできる!

ぼくはこのブログを作ったときから、速聴写真記憶法を提唱してきました。

視覚的記憶じゃなく、聴覚的記憶中心に覚えよう理論です。

そのためのひみつ道具として、OLYMPUSのICレコーダーが大事なんでしたね。

今まで、録音の仕方は、

●90秒以内で

●おおげさに

●説明するように

と説明してきました。

ここにさらに、メロディックイントネーションセラピーの要素を入れることを思いつきました。

●リズミカルに

●メロディックに(和音もいれて)

●なるべく、体を動かして、リズムをとって

この3つをレコーディングの際に取り入れてみてください。

効果は絶大です。

覚えにくいことでも、リズムとメロディがあれば、かなり印象的になります。

これは、幼少期にEテレ「おかさんといっしょ」や「手遊び」で用いられてきたテクニックでもあります。よく思い返してみると、お子様アニメであるミッフィー、初期のディズニー・アニメもこの技法を多用していますよね。

こどもの言語習得に一役買っていた技術ですが、大学受験にも使えます。

印象的なCMも、耳に残るメロディ、リズム、和音を用いて、視聴者に記憶させようとしているわけ。

受験勉強への応用での課題。

問題は、メロディが大量に必要になってしまうということです。

思いついたまま鼻歌のごとくレコーディングすればいいのですが、いい大人がメロディックにレコーディングしなければならないのば、難点といえば難点。


●どうしても、覚えなければならない「コアイメージ」のみを、短い文章でまとめそれを、メロディ乗せて覚える。それから派生して簡単に思い出せるようなことは、敢えて歌詞に入れない

というのが良いのかもしれません。

なんでもかんでも、説明的にレコーディングする必要はない。むしろ、説明的になりすぎると、冗長になって、何度聞いても覚えられないというジレンマに陥る可能性が高い。

例えます。課題。

『遺伝性非ポリポーシス大腸癌について、WIKIPEDIAをまるごと覚えたい』以下、Wikipediaのページをコピペします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E6%80%A7%E9%9D%9E%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E5%A4%A7%E8%85%B8%E7%99%8C

(いでんせい・ひポリポーシス・だいちょうがん、英: HNPCC; Hereditary nonpolyposis colorectal cancer )とは常染色体優性の遺伝的素因による大腸癌である[1]。子宮癌、卵巣癌、胃癌、小腸腫瘍、胆嚢癌、尿管癌、脳腫瘍、皮膚癌など、他臓器における発癌もしばしばみられる。これらの発癌リスクの上昇はDNAミスマッチ修復酵素の変異による。

定義
ヘンリー・リンチ(英語版)(クレイトン大学医学部教授)[2]が1966年に報告した[3]。当初彼は「家族内集積発癌症候群」と記載していた。 「リンチ症候群」とは他の執筆者によって名付けられ、リンチ自身は1985年にHNPCCという概念を提唱した。それ以降これらの二つはそれぞれ用いられていたが、近年の分子生物学の進歩によりHNPCCの本質が解明された[4]。 合併症については別に「ベセスダ基準」が制定されている[5][6][7]。

歴史
1962年ころ、リンチはネブラスカ大学メディカルセンターに勤務している時、癌を極端に恐れている患者と出会った。この患者は、家族の多くが大腸癌や婦人科系癌により亡くなっており、自分も癌で死ぬのではないかという不安を抱えていた。リンチは家系調査を行い[8]、この患者は1895年にAldred S. Warthinが報告した Family G[9]の子孫であることを発見した。
2007年にはミスマッチ修復遺伝子の異常やマイクロサテライト不安定性が認められるHNPCC症例をLynch症候群と呼ぶことが提唱された[10]。

分類
マイクロサテライト不安定性[11]により病理組織学的には3つのグループに大きく分類される。

マーカーで30%以上の不安定性を示す高不安定性(MSI-high)
不安定性30%未満を示す低不安定性(MSI-low)
不安定性を全く示さない安定性(MSI-stable)

徴候と症状
大腸癌の危険性
HNPCCの遺伝的素因を持つヒトの一生を通じての大腸癌発癌の可能性は80%である。これらの癌の3分の2は右半結腸にみられる。アムステルダム基準に合致した家系での大腸癌の発症平均年齢は44歳であった。HNPCC素因を持つ女性は、一生を通じての子宮内膜癌発症は30~50%にみられる。その発症平均年齢は46歳である。大腸癌と子宮内膜癌の両方を発症した女性のうち半数は子宮内膜癌が先行して発症している。HNPCC関連胃癌の発症平均年齢は56歳であり、多くの場合病理組織は腸上皮化した腺癌である。HNPCC関連卵巣癌の平均発症年齢は42.5歳である。そのうち約30%は40歳未満で診断される。他のHNPCC関連癌も特性がある。

Warthinの報告したFamily Gでは、大腸癌よりも胃癌が多くみられる。当時は水道や冷蔵庫が普及しておらずピロリ菌や塩漬け肉が関与していたと考えられる。
尿路での癌は、腎盂と尿管にみられる移行上皮癌である。
小腸癌は、十二指腸と空腸に最も多くみられる。
中枢神経系の腫瘍で最も多くみられるのは 膠芽腫である。
遺伝学

HNPCCは常染色体優性遺伝である。図ではHNPCC素因者を赤で示している。
HNPCCではDNAミスマッチ修復能が欠損しており、マイクロサテライト不安定性(MSI)を呈する。高不安定性を示すことはHNPCCの特徴である。マイクロサテライト不安定性は癌組織でも検出される[12]。

HNPCCはDNAミスマッチ修復系の遺伝子の変異と関連することが知られている。

OMIM®[13] 名 HNPCC関連遺伝子 HNPCC家系に占める頻度 遺伝子座 第一報告論文
HNPCC1 (120435) MSH2 約 60% 2p22 Fishel et al., 1993[14]
HNPCC2 (609310) MLH1 約 30% 3p21 Papadopoulos et al., 1994[15]
HNPCC5 MSH6 7-10% 2p16
HNPCC4 PMS2 比較的まれ[16], <5% [17] 7p22
HNPCC3 PMS1 症例報告[18] 2q31-q33
HNPCC6 TGFBR2 症例報告[19] 3p22
HNPCC7 MLH3 議論がある[20] 14q24.3
MSH6の変異を持つ患者は新アムステルダム基準には合致しない傾向がある。[21] MSH6表現形とは、MLH1およびMSH2がやや異なるため、"MSH6 症候群"という表現も用いられてきた。[22] ある研究では、ベセスダ基準はアムステルダム基準よりもこのことを検出しやすいと報告されている。[23]

PMS2変異については、体質性ミスマッチ修復欠損症候群(constitutional mismatch-repair deficiency syndrome; CMMRD syndrome)[24]やPMS2異常症[25]とし、リンチ症候群とは別の疾患概念とすることもある。CMMRD症候群146例の検討では 中枢神経系悪性腫瘍が81例 (55%、中央発症年齢9歳)、結腸直腸癌59例(40%,中央発症年齢16歳)、造血器腫瘍48例(33%,中央発症年齢6歳)であり、リンチ症候群とは違う疾患スペクトラムであった。

HNPCCにおける変異のある家系のうち、その39%はアムステルダム基準に合致しないともいわれる。[要出典] それ故にHNPCC遺伝子に欠失を持つ家系は、家族歴にかかわらず、HNPCCに留意しなくてはならない。これはアムステルダム基準では、リンチ症候群の危険性を同定することに失敗することもあるということも意味している。研究の最先端ではスクリーニングのための基準の改善が進められており、この記事のスクリーニング戦略に記載がある。

HNPCC は常染色体優性遺伝である。多くのHNPCC患者は両親から受け継いでいる。しかし罹患率・診断年齢・癌危険率低下・早期死亡については検討が不完全なため、すべてのHNPCC遺伝子変異をもつ患者の両親が癌に罹患したとはされていない。一部の患者は、遺伝ではなく、その世代で遺伝子突然変異を起こし、新たにHNPCCを発症している(de novo HNPCC)。これらの患者はしばしば若年発症大腸癌により診断されている。HNPCC患者は50%の確率で子供に遺伝子を受け継ぐ可能性がある。

スクリーニング検査
DNAミスマッチ修復遺伝子のスクリーニング検査をHNPCC家系では勧められる。日本においては健康保険適応となっている。 癌を発症した場合には癌組織と正常組織でのマイクロサテライト不安定性を調べることができるし、組織採取を行わない場合には採血により白血球での検査を行う。家族内での素因保持の有無を調べることは医療経済的にも有用であるとの報告がある。[26]

遺伝的に素因を持つ者の大腸癌のスクリーニングには、大腸内視鏡検査やCTコロノグラフィなどを毎年行う必要がある。
その他の癌についても、CTやエコー、カプセル内視鏡、尿細胞診などを毎年施行される。
アムステルダム基準
以下は分子遺伝学的検査を受けるべき高リスク者を選択するためのアムステルダム基準である: [27]

アムステルダム基準:

3人以上が家族内で大腸癌の確定診断を得ており、その内のひとりは他のふたりの一度近親者である。
連続した2世代で罹患している。
ひとり以上の50歳未満での大腸癌患者がいる。
家族性大腸ポリポーシスは除外されている。
アムステルダム基準II (新アムステルダム基準):

3人以上が家族内でHNPCC関連癌の確定診断を得ており、その内のひとりは他のふたりの一度近親者である。
連続した2世代で罹患している。
ひとり以上の50歳未満でのHNPCC関連癌患者がいる。
家族性大腸ポリポーシスは除外されている。
診断
新アムステルダム基準に沿って診断を下す。切除組織の病理学的診断と遺伝子検査を行う。

管理
HNPCCの治療の第一選択は外科手術である。ステージ1および2を主として、HNPCCに対する5FUを中心としたアジュバント療法については未だ議論の余地がある[28]。

リンチ症候群の大腸癌・直腸癌に対するアスピリンを用いた無作為二重盲検試験の結果は有意でなかったことが報告された[29]。バーンらは先日NEJMにおいてその後の経過を追ったデータを報告した。それによると4年間以上の高用量アスピリン投与は、リンチ症候群患者において新規発症を減少させることを示していた[30]。現在、高用量アスピリンによる危険性を低下させるため、アスピリン投与量の調節が検討されている。
リンチ症候群患者が 70 歳までに大腸癌を発症するリスクは 52~82%であるのに対し,一般集団では 5.5%である[31]。 リンチ症候群患者は、各種の癌に対する検診を定期的に受けなければならず、特に大腸癌・直腸癌に対しては毎年大腸内視鏡を受けることが推奨されている。 リンチ症候群の女性は、子宮体癌と卵巣癌の発症リスクが高い。リンチ症候群の女性における子宮体癌の発症率は 25~60%であるのに対し,一般集団では 2.7%である。リンチ症候群の女性の卵巣癌発症率は 4~12%であるのに対し,一般集団では 1.6%である。
リンチ症候群では,胃,尿路,肝臓、胆管,膵臓,小腸,中枢神経系に腫瘍が発生するリスクも高いが,大腸、子宮体癌や卵巣癌ほど高くはない。 欧米では、すべてのあるいは70歳以下すべての、大腸癌や子宮内膜癌に対しMSI検査などのスクリーニング検査を行うことが提唱されている。このユニバーサル・スクリーニングから得られたLynch症候群の割合は2.4~3.7%と報告され、感度と費用対効果に優れているとして推奨されている[32]。

治療
腫瘍に対し、外科切除が行われる他、MSI陽性である結腸直腸癌とそれ以外の悪性腫瘍に対する免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1抗体,ペムブロリズマブ)の効果が認められている[33]。米国ではニボルマブが高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復機構欠損(dMMR)の転移性大腸癌に適応を取得している[34]。

疫学
日本でもHNPCC家系の症例が報告されている[35]。米国では毎年およそ16万人が大腸癌・直腸癌と診断される。HNPCCはこれらのうち2から7%を占めると考えられている。 日本では、これよりも少なく0.15%から2%との報告がある[36]。HNPCC患者の癌発症年齢の平均は44歳であり、非HNPCC患者の大腸癌発症平均年齢 64歳と比べると非常に若い[37]。

以上です。

主に覚えたいのはデカイ文字の部分。それを見ながら、ポエム。

「がんにリンチされるよ。まさに袋叩き。頭から腹までがんにリンチ。家族はみんなリンチされてきた(=常染色体優性遺伝)。DNAミスマッチ修復酵素のヴァリアントだけじゃない。マイクロサテライト不安定性もヴェリー大事だよ。若いがん患者は疑おう。意外と多いよ2%。家族性大腸ポリポーシスを否定してからリンチせよ。」

どうても、「よ」を入れたくなってしまうよ。

YO!YO!YO!

ラップせよ。韻を踏め。575の言葉をつむぐ。あーい。

こう考えると、即興でディスりあい、フリースタイルでラップするMCバトルというのは、勉強にとても良いことなんだと思えてきた。めーん。

和歌用いられる句切れ・枕詞・序詞・掛詞・縁語・本歌取りといった技法は、メロディックイントネーションセラピーを応用した速聴写真記憶法のレコーディングには欠かせない技術なのかもしれない。

 
詳しくは上記漫画を読んでください。

Change!もライミングマンもフリースタイルラップの面白さについて、ほぼ同時期、同じ時代に漫画化されています。

「勉強しているんじゃない。要約しているんでもない。ぼくはリリックを作っているだ!らい!」

こうやって視点を変えると、勉強に対して、フットワークが軽くなります。
Neisseria meningitidis