合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【目指せYoutuber企画】マインドマップの作成工程と速聴写真記憶法の工程を疑似体験できる動画

マインドマップ Goodnotes iPadによる

https://www.youtube.com/channel/UCkZoiOrdyREAezAyAmO2xig/featured

2018年正月に宣言した通り、とうとう動画を作り、Youtubeにアップロードしました。上記リンクから御覧ください。

チャンネル登録お願いします!否、オラに元気を分けてくれ!(DRAGONBALL Z。元気玉より引用)

願わくば、このブログに拍手をしていただいた方、電子書籍を買って読んでいただいた方、全員、元気を分けてくださることをm(_ _)m

How can I reach out the people who are struggling to search for how-to study?
One of my answers is adding my videos that are on mind-map of learning.
How-to study is basis of life but not thing like you have to search for because it's already fully established...especially by ME.

元気をわけて叱咤激励していただけたら、上記の動画、どんどん長くなります。そして、英語字幕を自分でつけます。

ぼくの書いたこと:http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-622.html

を実際にマインドマップ化して、PDFに落とし込むというのはどういうことかをコマ送りで作っていく様子を動画にしてみました。

この記事に今後の過程を、徐々に付け足していきます。

そして、最終的にぼくの勉強法がマインドマップ化され、それが音声つきになり、速聴できるようになります!

とうとう、記憶法のためのマインドマップと写真記憶とレコーディング音声が公開されることになります♪

請うご期待。

【今後予定】
①マインドマップのコマ送り動画を作って、加筆し続ける。

②マインドマップが完成したら、書いてある内容にズームアップして文字を高速に読み上げる。

③マインドマップ自体を覚える作業、つまり写真記憶法の実践がいつの間にか成立してしまう。

④動画を何度もみることで、記憶法を覚えられる。(視聴者Win!)

⑤チャンネル登録者数が1000人を越え、報酬が発生する(本音の目標:Win!5年後くらいかなぁ)。

⑥そして、Youtuberになる。

みなさんのチャンネル登録だけが頼りです。Wikihikagleプロジェクトを進めさせてください。

【追記】

思い立ってから(初期衝動があってから)、意外と短時間に簡単に動画作ってアップロードできました。最初にブログを書き始めたときや、最初に電子書籍を発売したときの高揚感を思い出しました。

祝:チャンネル登録 一人目!
どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

動画が作れるようになったのは、iMovieというiPad Proに付属のソフトが使えるようになったからというよりは、Goodnotesというソフトを自分が使いこなせるようになってきたからです。

スライドショーで動画を作れるだろうという直感があったんですが、どうやって形にするかずっと悩んでました。

Youtubeに参考になるひと、いなかったし。

Goodnotesで自分のイメージを形にできるようになり、スライドショーのスライドとなるスクリーンショットも思い通りにコントロールできると直感してからは、簡単でした。

iMovieは細かい設定はできない分、シンプルなスライドショーは簡単にできます。

ぼくも表現する側に一歩踏み入れました。二元論ユーザーのみなさんもぜひ、動画で知識を表現する側の人間になってください。

二元論的に、動画でしか表現できなかったことを中心に知識や知恵の情報公開がんばります。

【追記】

チャンネル登録してくださったかたいるので、少しずつですが、加筆していきますよ。

以下、解説読み原稿。

●グッドノーツというアイパッドアプリを使って、マインドマップをつくっていく様子を解説していきます。

●アイパッドにはスクリーンショットをとって編集する機能が備わっていますので、それを利用して、ブログの記事を貼っています。

●今回のマインドマップでは、もっともスタンダードで古典的な樹形図型のえがきかたをつかっています。この書き方は知識を並べて整理するのに適しています。

●マインドマップのテーマはぼくの勉強方法です。一番のコアイメージをまんなかに表示しています。ブログで同様の内容が書かれたページをスクリーンショットして左上から下に並べています。

●相関する内容を青、黄色、赤で色分けして、大事な部分にマーカーで色を付けました。また、文章で注釈やリンクが必要な部分には矢印で目線が飛ぶようにしています。

●前置きは終わりました。実際のコアイメージを解説します。

提供(影響を受けた人物、順不同)

●佐藤富雄、佐藤オオキ、大西泰斗、Sir Jonathan Paul Ive、手塚治虫、細野真宏、清 史弘、西岡康夫、為近和彦、亀田和久、Public Domain、トニー・ブザン、池谷 裕二、デズモンド・モリス、水野敬也、山中伸弥、郡 健二郎、南方仁、伊藤穰一、寄藤文平、金城光代、 金城紀与史 、上田剛士、上松 正朗 、康永 秀生、大杉正明、Elizabeth Dunn 、 Michael Norton、カーンアカデミー、高橋佑磨


とりあえず、英語バージョン作るかなぁ。

英語バージョン 原稿

●The best way of studying for your school exam.
This mind-map shows the only thing that I really want you to know.
The difference between this new method and a usual way of learning is to use voice recorder that can play rapidly:from 2 time to 3.5 times faster.
Voice recorder let you master whatever you want to learn.

●This learning method has three steps.
step 1. Understanding Phase.
step 2. Writing and Painting Phase.
step 3. Recording,Listening,Visualizing Phase.

Now let me show you each steps

●step 1. Understanding Phase.
Choose and focus on what you want to learn.
Read the easiest book or text.
or Take the easiest classes.
Read another book.
Read another book.
Read another book.
Read another book till you understand deeply.
Read other books in order to compare what you might already understand with what you are going to understand in those books.

●step 2. Writing and Painting Phase.
As soon as you understand profoundly,you write,draw,paint what you understand in a micro note.
Make a micro note.
Make a micro note.
Make a micro note till you finish writing all the subjects in what you want to learn.
MAKE A MACRO NOTE.
Prepare a folder for the MACRO and micro notes

●step 3. Recording,Listening,Visualizing Phase.
Record it within 90 seconds.
Record it within 90 seconds.
Record it within 90 seconds.
Play the voice memo rapidly,
Listen it carefully,
and Visualize what you write.
Repeat it again and again till you visualize it vividly in your mind.
Re-record only what you cannot memorize,
Play it,Listen it,and Visualize it.
Keep on listening when you find the time to do it.



英語バージョン の国際的な説明。


About Wikihikagle.org
Wikihikagle.org is a rapidly growing, open-edit educational resource, compiled by a medical doctor, a health professional (Takeshi Kuroyanagi) from Japan.
Our mission is to create the best possible educational reference especially in university entrance exams and teaching site that shows how to use rapid-listening-ready voice recorders and mind-maps and make it available to everyone, forever, for free.
All we need to accomplish this is for you to share some of your expertise and a few of your precious moments. By pooling our collective knowledge and experience, we can make a real difference in how people all over the world are educated and taught. Every new article, every recording, and every video counts.
Buy my books and buy something you need at Amazon now to start contributing.
Community
As a member of Wikihikagle, you can create your own interesting article library by commenting my articles as well as help improve articles on the site. You can use the thousands of articles to help teach your peers, students and promote education and mathematics, English, Japanese, chemistry, physics, more broadly.
Again, you can be an individual contributor by means of commenting my articles.
Articles
Working together to create content
Articles are collaborative efforts to provide a single canonical page on any and all topics relevant to the practice of education. As such, articles are written and edited by me over a period of time. Although this can be intimidating at first, the end result is something far more valuable than what can be achieved purely through individual effort. So, if collaboration is not your thing, writing articles is not for you. We like properly referenced content with subscription-free (open access) references, allowing readers and editors to cross-check the validity of articles and their content.
Explore Wikihikagle org’s Articles.
Subjects
Sharing your interesting subjects with the world
Each subjects page presents a single subject to the community. While these subjects belong to the contributing user, they can be viewed by the community and added to articles, tutorials, or quizzes. Sharing subjects on Wikihikagle.org is different to writing articles. You can upload your interesting subjects. Moreover, you can add descriptions of the subjects and the imaging safe in the knowledge that only you (as well as editors and site administrators) can edit them.
Contributing Content
Exceptional subjects and up-to-date educational tips are vital for Wikihikagle.org. To take the first steps towards contributing content, see the quick “how to” videos on our top page.
Editors
The accuracy and continued development of Wikihikagle.org is overseen by me, a volunteer editor. The open credentials and desire to create a free world-class resource are similar to those of Wikipedia. However, the importance of accurate information means that checks and balances of additions are required for Wikihikagle.org and our editors provide this. They constantly review additions and changes to articles, something that is facilitated by being spread around the globe through a variety of time zones.
See who is the Wikihikagle editor.
Expert Advisers
The editor also draws upon the knowledge of our expert advisers. Our expert advisers are known to not only be experts in their field and educators but to also support the education free open access medical education movement (#FOAMrad).
See the Wikihikagle org’s expert advisers.
Support Wikihikagle.org
A Wikihikale.org Supporter is someone who values what we are trying to accomplish, and is willing to help us with small periodic financial contributions to help build:
innovative educational features
enhanced educational information in the university entrance exams reference section
enhanced teaching facilities such as new presentation, quiz features and videos in Youtube
continuous improvement of the website, blogs and my books
accessibility of educational information to educational professionals in developing countries
We hope that with Wikihikagle.org Supporters we can not only keep our public content free for all but also fund the continuous improvement of the site and development of new game-changing features.
If you believe in our mission and wish to contribute, become a Supporter or Nigen-ron user.
Image Licensing and Terms of Use
To allow easy legal access to content on Wikihikagle.org while simultaneously ensuring that contributors maintain control over both attribution and commercial use of images submitted, all content is provided under me.
Contact Us
If you have any queries or suggestions, comment this article.
This article is inspired by Radiopaedia.org

【追記】
macOSがhigh sierraからmojaveにアップデートされるとWWDC2018で発表されました。
mojaveによるcontinuityで勉強がはかどるようになるか問題。

●Goodnotesというアプリは一応、continuityがある程度すでに担保されていて、iOSとmacOSで別々にアプリが売られている。
両方買えば、どちらのOSでもマインドマップノートを編集できる。
また、メリットとして、バカ高いiPadのキーボードを買わなくても、macOSで文字の入力ができる。
大量にスクリーンショットした画像のコピペもmacOSのほうが捗りそう。(まだ試してないけど)

●マインドマップだけど、スクリーンショットを小さく貼ってしまうと文字が小さくなって、拡大しないと見ることができない。そして、拡大するときに、スムースにブラウズできるならいいんだけど、今のiPad
proではマシーンパワーが足りず、ジグザグに表示されしまう。もっとスムースにさくさく拡大と縮小ができればいいんだけど、スクリーンショットした画像が重すぎて、拡大するときに一瞬フリーズしてしまう。
これでは使いものにならないので、最近は極端にスクリーンショットの画像を小さくはらないようにしています。

●Goodnotesをマインドマップアプリとして利用する。そのためにはスクリーンショット機能がもっと使いやすくならないといけない。現状はgrabというアプリを使っているけど、とにかく使いづらい。mojaveにアップデートされたらもう少し使いやすくなるかもしれない。

●mojaveでアップデートされるのは、スクリーンショット機能だけでなく、ボイスレコーダー機能も追加される。mac、iPadにはマイクが内蔵されているので、速聴記憶をするための環境がapp頼りだったものがやっと、デフォルトでつかえるようになる。mojaveでやっとwikihikgale勉強法のキーデバイスが整うかもしれない。

●ちなみに、macOSのVLCというフリーアプリで3倍速再生ができるので、速聴自体は問題なくできる。

【追記】

英語にして動画作り、アメリカやセルビア、インド人に動画を見させてやりました。セルビアってどこだよと思いながらも世界の広さを感じます。(セルビアってヨーロッパね)

Youtubeでどうやってぼくの知識にたどり着いているか検索キーワードが分析できるんですが、よくそんな単語で見つけ出したなぁと思うものばかりです。

どうして、こんなにも多くのなんの役にも立たない勉強法動画が数万回も見られているにもかかわらず、たった数分で革新的な核心をついているぼくの動画がたった数十回しか見られないのか。(自画自讃ですいません。)

このギャップにこそ今の世界が抱える問題がある、まさに縮図だと思います。

10-20代のうちに勉強法を確立しないと、その後の人生で勉強法が確立される確率は相当低いとぼくの周りの大人を見ていて、診ていて感じます。

患者さんに病気の説明したり、治療してても伝わってくるものがあります。ぜんぜん、ぼくの説明した通りに薬飲んでくれなかったり、自分でアレンジしちゃったりする患者さんを見ていて、どういう教育を受けたんだろうと。

文部省がYoutubeチャンネルを作って、ぼくの動画を作り直してくれれば、さっさと勉強スキルが挙げられるのになぁー。

TEDや勉強法紹介ユーチューバーがどんなにがんばっても、視聴回数がどんだけ多くても、社会は変わらない。

文部科学省。がんばれ。https://youtu.be/RHVMwLwvQfQ

上記、動画をみて、ダメだこりゃ。

概要のパワポをみてさらに、ダミだこりゃ。

なにも具体性がない。非認知的能力を向上させるってなんでパワポに書けないんだよ。

有識者会議的なものに落合陽一さんがちらっと動画に出てたけど、大丈夫か?

本当に招くべきひとはオイコノミアの大竹文雄教授だよ。

Youtubeチャンネル開設して一ヶ月。チャンネル登録11人。

動画でも届かないとなると、武道館のステージにそろそろマイクを置いて、普通の医者に戻ろうかなと思います。

こうやって、また、つまらない勉強法紹介Youtubeチャンネルだらけ、つまらない勉強法プレゼンテーションTEDだらけになっていくのかなぁ。

https://www.jcer.or.jp/column/otake/index897.html

こういう良いアイデアもだれも採用せずに、変わることがない。埋もれているものを誰かが引っ張り出してメジャーにするという未来を期待し続けるか、あるいは、知っている人だけが得をする状態が延々と続くのか。

追記:

https://youtu.be/dOQkYJpi1nw

勉強とは地味な作業である。
地味なルーチンワークを続けているうちに、新しい卓越性のヒントが隠れている。
隠れているものを見つけられるかどうかは自分次第だなぁと思います。
この世の中の殆どの人が見つけられなくてもいいと思っているから、見つけられない。
見つけられなくても、困らないものだから。

最近、また、面白い論文ネタを思いつきました。
困っていることの中に、解決欲求がでてきて、新しい論文のネタが見つかる。
困っていても、しょうがないと思っている人には、一生かけても、解決法は思いつかない。
2倍速編↓


3倍速編↓



【加筆】
すでに存在していた速聴記憶の体験コーナーを映像化しました。以下、当時のままの記事です。

【加筆終わり】

勉強法や記憶法の本を出版してから、以下のリクエストを読者様から頂きました。

「出版おめでとうございます。先生の提唱する速聴記憶を資格試験の勉強でやってみました。すごい効果です。自分の声に恥ずかしさや抵抗がありましたが倍速化したらすぐに慣れました。ここの抵抗を突破できるか(利益のために吹っ切れるか)が一つのカギと感じました。

この効果は体験してみないとわからないので
サンプルでいいので見本音声を公開されてはいかがでしょうか?
「マップ+音声記憶の体験コーナー」のページを作ってほしいです。
ブログに音声を組み込むツールもあるようです。http://uonuma.biz/blog/14957

文章で読むより体験すればすごさは実感としてすぐわかります。
もしよかったらご検討頂けると嬉しいです(書籍のおまけとしてつけてもいいかもしれません)。

それから重ねてお願いなのですがPDF販売是非ご検討お願いします。
日本語のキンドル書籍ではPCで読むのは普通はできないみたいです。販路拡大のためにもぜひご検討お願いします。
印刷して読んだりもしたいです。
http://www.dlmarket.jp/ など販売サイトもあるようです。

わがままを書いてすいません。一つの声としてご参考いただければ幸いです。」

コメントは以上です。

Wikihikagleネーム「べんりんさん」ありがとうございます。

回答1.

☆出版後90日間はKindle出版権の関係上、他の出版社から出版できませんが、3ヶ月後には他社からPDFを販売します。

回答2.

☆「サンプルでいいので見本音声を公開されてはいかがでしょうか?
「マップ+音声記憶の体験コーナー」のページを作ってほしいです。
ブログに音声を組み込むツールもあるようです。」
との声にお応えします。

「音声読み上げソフトのアイデア」と「速聴記憶の体験コーナーのアイデア」を読者のみなさんから頂いて、新しい記事を書きます。

読者とぼくの2元論が成立するように、2元論プロバイダーとして、がんばります。毎度、前置きが長くてすいません。

さて、以下、本題。

すでにマインドマップで結構がんばって書いたものがあったのでそれを利用します。有機化学曼荼羅マップです。
yuukimandara.jpg
上記のマインドマップを覚えないと、有機化学はいつまでたっても、「有機的に」覚えられません。

JPEGファイルをダウンロードできましたか?
それをみながら、覚えていきます。
じゃあ以下、読み原稿です。本来は読み原稿はいりませんが、コンピューターに原稿を読ませるために、書いておきます。
左上から始めます。サンプルなので、1分半くらいの原稿です。
『有機化学全体像、みぎ上。水素と一酸化炭素をプラチナ触媒でメタノールを作る。そこから、ナトリウムと反応させ、ソディウムメトキシド。塩化エチルとくっつけて、エチルメチルエターのできあがり。戻って、メタノールを酸化させて、メタナールあるいはフォルムアルデヒド、更に酸化させ、メタン酸あるいは、フォーミックアシッド、蟻酸。脱水させて、一酸化炭素へ。右上に移り、メタンを塩素と紫外線でどんどん反応させ、クロロメタン、ジクロロメタン、トリクロロメタン、テトラクロロメタンへ。次に、エチレンからの生成物質。水素をニッケル触媒で付加するとエタン。ポリマーにするとポリエチレン。臭化水素と反応させるとブロモエタン。低温でエムエヌオーフォーで酸化するとヒドロキシルきが両方にくっついて、1,2ジヒドロキシエタンになる。それを、テレエタリックアシッドとエステル化させて重合させるとポリエステルであるペットになる。硫酸と反応すると、硫酸水素エチル。ヘキストワッカー法、つまり塩化鉛と酸素で反応させるとエタナールあるいはアセトアルデヒドになる。アセトアルデヒドは還元させるとエタノールへ。また、酸化させると酢酸、アセティックアシッド、エタノイックアシッドへ。エタノールはナトリウムと反応して、ソディウムエトキシド。』

以上がサンプル音声の読み原稿です。

同じ要領で、今度は、アセチレンから行きましょう。

『有機化学全体像、アセチレン系。アセチレンまたは、エチンは銅と反応して銅アセチリド、臭素と反応して、1,2ジブロモエチレン・・・・・』

また同様に、1分から2分くらいのところで一度切ってください。

『有機化学全体像、アセチレン系その2。アセチレンは2分子重合すると、ビニルアセチレンになり、それを塩素と反応させれば、クロロプレン2クロロ1,3ブタジエンになりクロロプレン系のゴムができあがる。また水素と反応させれば、共役2重バンドができて、1,3ブタジエンができて、ブタジエンゴムになる・・・・』

こうやって、すべて録音してください。


録音のコツはすでに書きました。本書でも、ブログでも書いています。

①タイトルを言う

②ひたすら読む。場所はどこからでもいい。ぼくは左上から徐々に下がっていくのが好き。どこの場所に書いてあったかが大事で、順はどうでもいいです。

③長くなりすぎると、冗長になってあきるので、必ず、2分以内に読み終えるように

読み上げソフトはhttp://cevio.jp/about_cevio.php

チェビオを使ってみました。無料でこれだけ自然に読み上げてくれるソフトがあるとは驚きでした。

(でも、チェビオで原稿を作って、ICレコーダで記憶するという作業はすごく面倒なので、あまりおすすめしません。てっとり早く記憶したいのに、その準備が冗長すぎて速攻記憶するというメリットがなくなってしまいます。どうしても、自宅で録音できないとか、自分の声がどうしても嫌いとか理由があるひとや女性の声で癒やされながら、速聴したほうがいいと主張するかたはがんばってやってみてもいいかもしれません。





鷹の爪の吉田くんの声で覚えるのも一興かも。どうせ買うなら、ぜひリンクを押したあとに。リンクを押したあとは、何を買っても寄付になりますので宜しくお願い致します。)

サンプル音声は普通の速度、2倍速、3.2倍速を用意しました。
http://blog-imgs-64.fc2.com/n/d/t/ndthikaru/yuukikagaku-sample.mp3
http://blog-imgs-64.fc2.com/n/d/t/ndthikaru/yuukikagaku-sample-2baisoku.mp3
http://blog-imgs-64.fc2.com/n/d/t/ndthikaru/yuukikagakusample3baisoku.mp3

ダウンロードして、WindowsMediaPlayerなどで聞いてみてください。ICレコーダーで倍速した音声を録音しました。(FirefoxやChromeはクリックするだけで別のタブで音声が流れ始めます。)

倍速している音楽ファイルは、3回位リピートします。最後は中途半端に切れています。アップロードできるファイルの大きさの都合で切りました。すいません。

最初は2倍速で耳慣らしして、3.2倍速を体験してみてください。(別に2倍速は重要じゃありません。)最初は図を目で追ってください。慣れてきたら目をつぶるか、眼の焦点をぼかして、意識的に読めない状態にして、5回位聞いてください。

10分後くらいにはたいてい覚えている状態になっています。

ひと通り、

1.「マインドマップを描く」

2.「それを録音する。」

3.「速聴記憶する」を

1コマ分だけ体験できるようになりました。

「有機化学の全体像を上の方だけ、覚えてみる」をパソコンだけで試験的に経験できます。

最初にことわっておきます。

本当は、「自分で書いたノート、理解して、書いたという経験、自分で吹き込んだ経験、それを追体験する速聴」という流れを経ることで、ものすごい記憶しやすくなります。

いくつか、はしょって経験するわけで、いくらか記憶しくいかもしれません。

どうか、電子書籍とボイストレックICレコーダーをアマゾンで買ってくださいませ。

そして、体験してみてください。自分の潜在的に持っているすごい記憶能力を。


【追記】
自分でも久しぶりに有機化学のサンプルを聞いてみて思ったんですが、意外に、音声読上げソフトに面倒なレコーディング作業をやってもらうのも、いいんじゃないかと思えるようになってきました。
家族が家にいて、雑音があると、レコーディングする気がなくなりますからね。

みなさんの「ボイスレコーダーを使った速聴記憶」の試行錯誤、成功体験お待ちしております。
【論文作成入門講座】学会発表から論文投稿の技術データベース

新シリーズです。学会発表(ポスター発表、口頭発表)、論文作成に関する知識、技術がたまってきましたのでデータベースしていこうと思います。
申し訳ありませんが、これからの内容は医学論文関連だと思ってください。

【目次】
1.総論|学会発表(ポスター発表、口頭発表)、論文するとはどういうことか→人類の未到達点を少し広げること
 1.1.論文作成の人生における意味
 1.2.誰もやっていないことの楽しさと調べるのに付随して実力がつく
 1.3.サイエンスの諦観に克つ
 1.4.書き方のコツは二元論を酷使するのみ
 1.5.論文に書き終えなければ、どんな研究もやったことにならない
 1.6.論文を書いているうちに、論文を読む能力と解釈する能力と生み出す能力が自然についてくる。
2.ネタを見つける。仮説をたてる。
3.データを集める。
4.データを解析する。
5.仮設が正しい、正しくないとわかって、みんなに知ってもらいたい内容がでてきたら、学会でポスターにするか口頭発表する。
6.学会発表する。雑誌に投稿する。そして、論文になる。Pubmedにのる。
6.1 ポスターをデザインする。
6.2 
7.『仮想論文作成』-速聴写真記憶法による成績上昇率と合格オッズ比

以下本文。
1.総論|学会発表(ポスター発表、口頭発表)、論文するとはどういうことか→人類の未到達点を少し広げること
 1.1.論文作成の人生における意味
論文を作るのは、こんなイメージだとあるひとが言ってました。

『人類の叡智が地球の大きさだとしたら(1周4万キロメートルの球体)、

論文を出すのは、1mmだけ、その球体から出っ張ることだ』

と。 

世の中にないものを作る(新しいエビデンスを作る)というのは、株式会社に入れば、仕事としてやることになりますが、科学者(特に医者)は自分のやる気で、新しいものを作る必要があります。




上記の本を読んで、せっかく、医者になったんだから、健康診断や寝当直のバイトばっかりやってないで、人類の健康に奉仕しましょう。


 1.2.誰もやっていないことの楽しさと調べるのに付随して実力がつく

世界で誰も知らないことを、自分だけが知っているという状況が生まれます。これにときめきや情熱を感じることができれば、あなたはすでに論文を書けているも同然です。

口うるさい上級医も、偉そうにしている診療部長も知らないことを、自分だけ知っているし、そして、そのことについて、誰よりも詳しいというのは、研修医時代になめられていた分だけ、優越感を抱けるようになります。

ひとつのことを深く掘り下げると、様々な論文を付随して読み込む必要があります。そこで得た知識は、他の疾患にも敷衍することができ、他の疾患の理解が容易になるというメリットがあります。

  1.3. 医学界におけるサイエンスへの諦観

医者は科学者なんですが、『おれ、臨床だけやってたい。金にならないし』、とか、『わたし、論文とかムリ。こどもほしいし。もう疲れたし。』というひとが8~9割がたです。(独自の統計なので、もっといるかもしれません。現役で論文を1年に1個以上だしていない医者の割合です。)これが、ぼくが命名した『医学界におけるサイエンスへの諦観』問題です。

多くの医者が現状の給料に満足しており、家庭環境や労働環境からも、論文を書くのを諦めています。

残り1割の医者ががんばって、医学の地平線を広げています。それで、医学が発展しているのだから、そりゃ日進月歩だよなぁと思います。

逆に、臨床よりも、論文を書くことや、実験に興味があると、サイコパスなんじゃないかとか、コミュニケーションが嫌いなアスペルガー症候群の自閉症スペクトラムの医者なんじゃないかと、うがった見方をされがちです。臨床できるほうが偉いとか、地方の大病院で手術件数が多いほうがすごいという発想になる。

こういう発想がさらに、『医学界におけるサイエンスへの諦観』に拍車をかけます。

1.4.書き方のコツは二元論を酷使するのみ

分析 VS 統合
定量 VS 定性
帰納 VS 演繹

これらを使いまくっているうちに論文ができてきます。
逆にいうと、これらがうまく意識して使われていない論文はダメウーマンならぬダメ論文です。
二元論が使えなければキャリアウーマンになれず、ダメウーマンです。

まず、帰納的にやっていきましょう。
先行論文を大量にPubmedから検索してダウンロードします。
探し方は紹介した本の50のテクニックの中に入っていますのでそれを参照。

そして、分析です。
とりあえず、イントロダクション。
この中の最初に書かれているのはたいてい、疫学です。
疫学から書きましょう。
大量に探し出した先行論文の疫学の文章を抽出します。それらの参考文献を孫引きします。
そして、ダウンロードして、疫学の記述があっているのか、検証します。

先行論文の疫学の文章をひとつひとつ並べて眺めます。演繹です。

たいてい同じ内容が書いてあるので、 SVC をシャッフルして、同じ意味だけど、同じ動詞や名刺、形容詞を使わないように文章をずらします。thesaurusが頭に入って入れば調べなくても、文体を変えるだけでコピペ防止AIから逃れられます。

Fool-proof Englishになっているかチェックして完成です。冗長な表現はシンプルにでしたね。
あとは引用文献を投稿する雑誌に合わせて引用するだけです。

この作業を疫学以外にも、治療法などにも応用します。

5回くらいこの作業をすると、気づかぬうちに統合され、イントロダクションができあがります。

おめでとうございます。みなさんはもうすでに論文がかけるようになったも同然です。

マテリアルズ アンド メソッズでは定量的になにを分析したかを表現し、要素還元主義に徹します。
みなさんの論文を使って、実際に治療するときに必要な知識をそこにすべて盛り込みます。冗長になる場合はアペンディクスに入れましょう。
再現性の高さが問われます。
定量データは常にEZRを使って統計解析したり、エクセルに打ち込んで、定性的な図、表を作ります。

分析 VS 統合
定量 VS 定性
帰納 VS 演繹

結局、これしか使わずに、論文も作れてしまうことがわかってしまいましたね。

総じて、論文執筆には『二元論を使う』だけだってことです。

1.5.論文に書き終えなければ、どんな研究もやったことにならない。強固な鎖をつくれば、自分の誇りになる。

No work is done, until the paper is done. (ポォーん ♪)


山中伸弥教授のプロフェッショナル仕事の流儀を見ました。

http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0911/

なぜ山中伸弥教授はここまでNHKの密着取材をさせたのかと思いました。

プライベートもさらけ出して。

それは、『職業紹介』と『寄付金集め』と『後進を育てる』ためだと思います。

日本は科学技術立国です。世界でもっとも、サイエンスとテクノロジーで『すんげぇ~』と人類を言わしめる国。ジャパン。

アメリカや中国みたいに広大な国土と人口がないので、ドイツを見習って、サイエンスとテクノロジーで人類の叡智を押し広げてきた。

医学の世界でも、『iPS細胞で臓器を作り出してしまえば、どんな病気になっても臓器ごと交換してしまえばいいので病気を克服できる』という裏技を山中伸弥教授が作り出したわけ。(病気の理屈や薬の開発を待たなくても克服できるところがすごい。がんも治せないけど、がんになった臓器を交換すれば死なない状態を作れる。脳転移したらだめじゃないかって?脳転移はガンマナイフでもぐらたたきし続けられる)

父親の肝臓がん罹患がきっかけで、そんなミラクルを実現させようとおもったところがすごい。

整形外科を志望して、発生生物学に変えちゃうところもすごい。

「論文を書く」ということが「鎖のひとつになる」ということ。

「バベルの塔を築くため、階段を一段作る」でもなんでもいい。

天才的科学者はかならずこの哲学というか思想というか、キャッチフレーズをいいますよね。

NHKのホームページから以下、引用。

『この春山中は、ひとりの研究者として、新たな研究に本格的に着手。その極秘の研究現場に、初めてカメラの密着が許された。iPS細胞に匹敵するかもしれないと取り組むのは、遺伝子「NAT1(ナットワン)」。まだ多くの謎に包まれており、その解明に挑む。山中は、さまざまな専門家の力を結集して、徹底的に多角的に、粘り強くNAT1を調べ上げていく。そこには、「鎖のひとつになる」という山中の哲学があった。生命科学はあまたの研究の積み重ね。iPS細胞を作成できたのも、それまでに多くの研究者たちがつないできた長い長い鎖があったからこそなしえたと山中は考える。ひとつひとつの鎖の輪をつなげていけば、いつか真実にたどりつく。だから、自分の目の前の鎖をしっかりと完成させる。それが、研究者としての誇りだという。』

初めての論文を書き終えた自分だから言えるのですが、やっと、ひとつ自分にも鎖をつなげられたなぁと思う。

ブログや電子書籍を書くということも通底する思想は同じなのですが、公的に認められた鎖は結局、論文を投稿して受理されることしかない(医学の世界だと)。産業の世界だったら、特許を取ること。

日本は鎖の数と質が良い方だったから、貿易大国になれた。

少子高齢化で若い人が特許や論文を出さなくなったらと危惧されてますが、ぼくはまず、ひとつ鎖を作りました。

中高生のみなさんも、二元論とデータベースと速聴写真記憶で論文なり特許なりを作ってください。

つぎの目標は特許かなぁ。

追伸。

『職業紹介』と『寄付金集め』と『後進を育てる』について。

『職業紹介』:ノーベル賞を取った現役の科学者の生き様が見られるのは、この番組だけ。中高生にとって、これほど、魅力的なテレビ番組はない。

『寄付金集め』:日本人の富裕層よ。無駄に贅沢品ばっかり買わないで、無駄に相続税払わないで、新進気鋭の科学者に研究費を寄付してください。お願いします。京都大学のiPS研究所の研究員はみんな少ない給料で、派遣社員扱いです。こんなに世界でも最先端のことをやっているのに不当すぎる。本当にかわいそう。

『後進を育てる』:後進であるぼくもそうですが、かなり影響を受けました。国や企業から研究費をもらって、送迎リムジンもついて、日本とアメリカを股にかけて研究するっていうのは、カッコイイですよね。

今、まさに、そこにいる、患者を救うのに間に合わせる基礎研究ってすごい。

ぼくも、そういう特許を生み出したいと思ってます。

1.6. 論文を書いているうちに、論文を読む能力と解釈する能力と生み出す能力が自然についてくる。

他人の論文を批判できるのは、自分がうまい論文を書けるからにほかならないことは、自分が論文を書き終わったことによって痛感しました。

論文を書くには、「この部分は、他のパイセン(先行論文の執筆者)はどう書いてごまかしたんだろう?」という疑問を持ちながら読むことになります。

論文はたいていわかっていないことだらけの部分に立ち入るので、パイセンもごまかして書いています。わかりきっていることなんて、論文に書く必要ないんです。

このごまかしかたがわかってくると論文を書くスピードがあがる。

『論文はAbstractとマテメソ、resultだけで価値が決まる。強い鎖かどうかわかる。』

二元論が使えている論文執筆者かどうかは、上記3つを読めばすぐにわかります。

イントロダクションもディスカッションもコンクルージョンも読まなくていい。この3つを読んでもなにも新しいことは書いていません。いかにわからないことをごまかしたかどうかが書いてあります。

これが読む能力。

次に、解釈する能力。

ガイドラインは「鎖(山中伸弥教授の記事を参照)」をつなげて解釈しています。

つまり、ガイドライン作成者の鎖のつなげ方によって、解釈が変わってしまうリスクがあるということです。

鎖の本質は、マテメソとリザルトです。ここから得られるp値からどれだけ信頼できる二元論が得られるかがわかる。

「Aという治療をすると、B%のひとがCになる(p値)」だから、Aという治療が勧められる(推奨度D)

ガイドラインを棒読みしてると、つまり、論文を孫引きせずに、マテメソとリザルトを読まないと、なにも解釈せずにガイドラインを鵜呑みにしているだけです。

これをやっちゃうと山中伸弥教授でいうところの「プロフェッショナル」にはなれません。

http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0911/

山中伸弥教授:「プロフェッショナルとは自分が何もわかっていないということをわかっているということ。

そして、それを乗り越えるように、ずっと努力ができること。」

ガイドラインを読んだだけでは、自分が何もわかっていないということをわかっていることにはなりませんよね。

次に、生み出す能力。

さきほど、いかにわからないことをごまかして書いたかパイセンの論文を探しに行くと書きましたが、そのごまかしを研究すればいいんです。かんたんですよね。

クリニカルクエッションなんてすぐに見つかる。論文を書けば。

ごまかして書かざるをえない状態に追い込まれるので、否応なく、次のネタをぶち当たってしまう。

論文を書こうとしないで、読んでばかりいても、表面だけさらっているだけなので、このごまかしに気づけません。

また、

また山中伸弥教授のプロフェッショナル仕事の流儀からの引用ですが、「予想外にこそくらいつく」ことでも、論文のネタになります。

患者さんが予想外に副作用がでたり、出なかったり、予想外に治ったり、治らなかったりしたら、患者さんに感謝して、それを論文のネタにさせていただく。


2.1 ネタを見つける。

2.2 ネタを見つけてデータを集め始めた時点から、論文を書き始める。

イントロダクション、マテメソはデータを集めながらも、書き始められる。

方向性が見えたら、リザルト、ディスカッションも書ける。

データを集め終わったら、解析して、アブストラクトを書く。

タイトルをつけて、即、投稿。

6.

7.『仮想論文作成』-速聴写真記憶法による成績上昇率と合格オッズ比

ぼくが提唱している勉強法におけるコアな方法論である速聴写真記憶法

これを利用した被験者群Aといままでの勉強法を続けていたコントロール群Bで成績があがるかフォローします。

その結果、3年後に大学に合格できるかを定量します。前向き研究です。

タイトル
速聴写真記憶法による成績上昇率と合格オッズ比

アブストラクト

イントロダクション

マテリアル & メソッド

リザルト

コンクルージョン

ディスカッション

リファレンス

アクノレッジメント

アペンディクス

論文作成に必要なツール

1.PCまたはMAC
MACの Word と Excelはとても使いづらいので、すべてWindowsで統一するほうがいいと思います。

かっこよさと見栄えでMACBOOKをつかっていますが。科研費で買うのはWindows Surfacebookにしようと思います。

2.アプリ

2.1. Excelでデータ入力
デファクトスタンダード。これ以外ない。

2.2. Scrivenerで論文書いて、推敲

2.3. Dropboxでつねにバックアップ

2.4. Google chromeでPubmedで先行研究検索。
すぐにDropboxで連携し、スマホで読む。
PDFに書き込みながら読むのを何度かやりましたが、そのうち、必要ないと気づき始めます。

2.5 Papers3は使えないので、フォルダを階層構造にして整理する。
EndnoteやPapers3などの論文管理ソフトは結局使えないことがわかったので、


続く。

【ストレス・マネジメントデータベース】ストレスためずに、持続可能な勉強時間を保つ方法

新シリーズです。大学受験生だろうが、国家試験受験生だろうが、医者だろうが、トップを目指すゴールゲッターズ(ウォナビーズ)はストレスが半端無くかかります。
どの人生の時点で、ストレスのない生活に入ろうとひとは決めるのでしょうか。非ゴールゲッターズ(非ウォナビーズ)になろうと決めることが、ストレスない生活になるということなのでしょうか。

ストレスと幸福学について、再考したくなります。

いずれにせよ、受験生のみなさんは、寸暇を惜しんで勉強をするわけですが、勉強ばかりしていると、ストレスが強くなって、勉強時間が保てなくなります。
そこで、ストレスマネジメントの観点から、効率的に、ストレスを発散して、勉強時間を伸ばすデータベースを構築したいと思います。



【目次】

1.ストレスの原因(インプット)データベース
  1.1.取り越し苦労系
  1.2.予期不安系
  1.3.決断系
2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、定性化、対象化。
  2.2 マインドフルネスによる積極的ストレス発散と前頭前野の開放
2.2.1 銭湯とマインドフルネス
  2.3 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する
3.ストレスと人生について(総論)
  3.1 職業とストレス。医師編
  3.2 ストレスと健康長寿
  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

以下本文です。

1.ストレスの原因(インプット)データベース
http://www.nhk.or.jp/special/stress/
NHKスペシャル シリーズ『キラーストレス』を参考にお送りいたします。
「キラーストレスとは
脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まります。
ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。これがストレス反応です。」だそうです。

そういわれても、だからなんなんだといいたくなります。ホルモンが出ようが、実感として湧きません。
自覚症状は疲労感、集中力低下・・・まとめると、軽度うつ症状です。

アメリカ心理学会は5つの対策を勧めています。
1)ストレスの原因を避ける
2)運動
3)笑う
4)サポートを得る
5)マインドフルネス

こう勧められても、よくわからないので、二元論で分けてみましょう。
  
  1.0 ストレスを対象化する。定量化し定性化する。
ストレスの原因をストレスの原因だと感じていないことがよくあります。無自覚のうちにストレスがたまり、いつの間にかうつになっています。
上記NHKスペシャルでは以下のように、ストレス度チェック表を容易してくれています。
配偶者の死 ☆ 会社の倒産 ☆ 親族の死 ☆ 離婚 ☆ 夫婦の別居 ☆ 会社を変わる ☆ 自分の病気や怪我 ☆ 多忙による心身の過労 ☆ 300万円以上の借金をした ☆ 仕事上のミス ☆ 独立・起業する ☆ 単身赴任 ☆ 左遷 ☆ 家族の健康や行動の大きな変化 ☆ 会社の立て直し ☆ 友人の死 ☆ 会社が吸収合併される ☆ 収入の減少 ☆ 人事異動 ☆ 労働条件の大きな変化 ☆ 配置転換 ☆ 同僚との人間関係 ☆ 法律的トラブル ☆ 300万円以下の借金をした ☆ 上司のとのトラブル ☆ 抜てきに伴う配置転換 ☆ 息子や娘が家を離れる ☆ 結婚 ☆ 性的問題・障害 ☆ 夫婦げんか ☆ 家族が増える ☆ 睡眠習慣の大きな変化 ☆ 同僚とのトラブル ☆ 引っ越し ☆ 住宅ローン ☆ 子供の受験勉強 ☆ 妊娠 ☆ 顧客との人間関係 ☆ 仕事のペースが変わった ☆ 定年退職 ☆ 部下とのトラブル ☆ 仕事に打ち込む ☆ 住宅環境の大きな変化 ☆ 職場の人数が減る ☆ 社会活動の大きな変化 ☆ 職場のOA化 ☆ 家族構成の変化 ☆ 子供が新しい学校へ変わる ☆ 法律違反(軽度) ☆ 同僚の昇進・昇格 ☆ 技術革新の進歩 ☆ 仕事のペース、活動が増えた ☆ 自分の昇進・昇格 ☆ 妻(夫)が仕事を辞める ☆ 仕事の予算不足 ☆ 自己の習慣の変化 ☆ 個人的成功 ☆ 妻(夫)が仕事を始める ☆ 食習慣の大きな変化 ☆ レクリエーションが減った ☆ 仕事の予算の充実 ☆ 長期休暇 ☆ 職場の人が増える ☆ レクリエーションの増加 ☆ 収入の増加・・・

実は、ライフサイクルイベントが起きると、それが良い方向であっても、ストレスになってしまいます。
うつ病は、結婚式とか、昇進、出世、長期休暇という一見、ハッピーなイベンドでも起こり得るんですよね。

以上のように、ストレスの対象を言語化し、定量化します。人生で味わった一番強いストレスを10点として、何点か。
それによる反応はどのようなものか。

「いきなりの仕事の追加による残業」
ストレスレベル 5/10
顔のゆがみ。空腹による疲労感。早く帰りたいという気持ちや焦り。

  1.1.取り越し苦労系
過去の失敗や、強い緊張下に置かれた経験は、その後の人生でフラッシュバックします。(フラッシュバックはPTSDのテクニカルタームですが、多かれ少なかれ、取り越し苦労はフラッシュバックです。)

苦い経験を、その後の人生でもう一度思い出して、そのときの気持ちやストレスを追体験することを取り越し苦労といいます。
脳はイメージしたことと、実際の体験を区別できないんでしたね。(既述。)

ここでぼくが多用する格言があります。

『過去は過去!!』『Let the past be the past!!』

もやもやと昔の嫌なことを思い出しそうになったら、上記の言葉を出して、別なことを想像しましょう。

  1.2.予期不安系
よくないことが起こるんじゃないかと、想像してしまって、不安になることです。杞憂のことです。
未来のことは考えるな。
ブルース・リーもおっしゃっています。『Don't think! Feel!』
焦って考えても、不安を感じても、意味がありません。
できる準備をして、準備が終わったら、考えるな。その時が来たら、そのときがんばればいい。

  1.3.決断系
決めることはストレスです。
新しい家電を買うのも、新しいクルマを買うのも、ラーメン屋でつけ麺にするか、ラーメンにするか決めるのも。

その決定に対して、かならず、人間は後悔します。後悔が伴うので、決断さらに、ストレスとなる。

ぼくのおすすめは、システムを作って、そこに解釈や決断の回数を減らすことです。フローチャートを作ってしまえば、だれがやっても同じ結果になります。
がん診療のガイドラインみたいに、カットオフ値をもうけて、二元論にしてしまうほうが、決断する必要が無いので楽です。

だから、ぼくは勉強法をプロトコル化しています。勉強法を決めることもストレスです。
もうみなさんは勉強法に悩む必要がないといったのはそういう理由です(既述)。
作業仮説として、ぼくがおすすめしている方法をシステム化(プロトコル化)して、解釈せずに、行動し続ければいいんです(勉強法のフローチャートはすでに載せてあるので、ぼくの本を読んで下さい)。
必要なのは、時間と労力だけです。

 1.4 「頑張るストレス」VS「我慢するストレス」系

勉強や日常の仕事は「頑張るストレス」であり、肉体へのダメージが蓄積されるタイプ。メンタルにダメージが来ない。
一方、「我慢するストレス」系はメンタルにダメージが蓄積される。

2.ストレスの発散(アウトプット)データベース
  2.1 ストレス発散度の定量化、対象化
  2.1.1 ストレスを発散させる方法を定式化する。

具体的なストレス発散方法を自分の思いつく限りにリストアップする。
こうすることで、どのくらいのストレスレベルにおかれたときに、どのレベルの発散をすれば、改善するかを効率的に導ける。
一定のフローチャートにすることを定式化するという。

ストレス発散の方法が多ければ多いほど、ストレスコーピングがうまいとか、ストレス耐性があると呼ぶ。

「頑張るストレス」系には興奮を抑えるタイプのチルアウト系ストレス発散が効果的である。一方で
「我慢するストレス」には興奮を付加するタイプのワークアウト系ストレス発散がよい。

交感神経系VS副交感神経系といっても良い。二元でわけると。
積極系VS消極系
アウトドア系VSインドア系

例示します。

ワークアウト例
運動する。
自転車を全速力でこぐ。
楽器をひく。
歌う。
好きなゲームをする。
ディズニーランドにインパする。
温泉に自転車で行く。
サウナに入ったあとに、コーラを一気飲みする。
サウナに入る。
サマソニに参戦する。
ロッキンに参戦する。
フジロックに参戦する。

チルアウト例
クールな音楽でリラックス。
南の島でのんびりする。
マッサージされる。
妄想して現実逃避する。
温泉につかって、紅葉を眺める。
サウナに入ったあとに、水風呂につかる。
川の流れを眺める。
山を眺める。
好きなひとの笑顔を思いうかべる。
猫の写真を見る。
最高に笑ったギャグを思い出す。
新しいクルマのスペックをチェックする。
新しいアップル製品のスペックをチェックする。
ワンピース、磯部磯兵衛物語、群馬アイドル神話 馬セブンを読む。

ストレス発散の方法はひとそれぞれで、他人にとってはそんなことがストレス発散になるのかということでも、ストレス発散になることがあります。

  2.2.2. ストレス発散により、どのくらいストレスが軽減したか評価する。足りなければおかわりする。

ストレスを対象化、あるいは、認知することによって、それ自体に癒やしの効果があります。

ぼくは原因のわからない症状に悩まされていた患者さんに、細かく問診し、症状のレベル、頻度、性質を細かく聞いただけで、涙を流して、癒やされていくというダイナミズムを経験したことがあります。

症状が対象化されただけで、心が軽くなり、次の外来のときには、すっきりした顔で受診され、症状は軽くなりましたと言ってきました。
結局、その患者さんの病気の原因はストレスによる身体化でした。

  2.2.1 リーサル・ウェポン「マインドフルネス」による積極的ストレス発散と前頭前野の開放

マインドフルネス。
この言葉が出る前は、この行為を色んな言葉で形容していました。自律神経法、瞑想、認知療法、座禅、リラックスしてアルファ波をだす。

weblioによると以下の定義になっています。
awareness
inclination to be mindful or aware (as understood in Buddhism かつ psychology)
paying attention on purpose, in the present moment, and non-judgementally
"also notes that the term is 'in weakened use'. It's been diluted from its origins to now encompass all manner of meditation techniques, treatments for daily stress, even ways to lose weight."
A form of secular meditation practice with roots in Buddhist

名前はいろいろあるし、やり方も宗教っぽくするマナーなどがあって、色々です。

ただ目的は同じです。

『頭に想起される言葉を完全に排除して、前頭前野をアイドリングストップさせる』です。

人間は1日に数万単語脳内でしゃべっています。それが大脳新皮質、特に前頭前野にとってはストレスなんです。

それを開放させる。

追記

銭湯、温泉、サウナのマインドフルネスの相性の良さについて

神の与え給いし癒しの空間

銭湯、温泉、サウナ。

風呂場では味わえない開放感があるだけで、頭の中の雑音は結構なくなります。

特に意識的に呼吸に集中する必要もなく、マインドフルネス状態になれます。

ただ、問題なのが、サウナの中にテレビがついていたり、友達や家族と来ていて、ずっとしゃべっているひとが横にいると、言葉が想起されてしまうので、マインドフルネス状態になれないということです。

空いている時間帯に行くか、空いている銭湯を見つけるしかありません。

  2.3. 快楽系ストレス発散を避け、ジョブクラフティング系ストレス発散をなるべく多く利用する

アドレナリン系かドーパミン系かとも分類できます。

ドキドキするタイプのストレス発散はその場限りであり、効果が短い。

一方、

ほんわか幸せを感じるタイプのストレス発散は効果が長く、精神的安定につながる。

ジョブクラフティングについては、すでに書いていますので、検索してみてください。

3.ストレスと人生について(総論)
  3.1.たとえば、医者がなぜ、ストレスが多いか。決断が多いから。
患者の命に関わることを毎日やっていると、決断することが多くなります。
評価するだけなら、まだましなんです。その評価をして、次になにをするか、迷って、悩んで、答えを出さなければいけない。
特に、人間は答えがないことに対して、答えを出すことがとても嫌いであるという性質があります。
だから、「経験上、今まで、うまくいってきた」と自分に言い聞かせて虚勢を張って、答えを出す。
本当は、自分の決定が正しかったかどうか、後ろ向きにレビューして、統計を出して、p値、有意差がでるかどうかまでやらなければならないのにもかかわらず、「経験上」でごまかします。

医者をやっていないときと比べて、決断することが多くなってしまって、その分、その他、すべての生活について、なるべく、選択したくなくなるという現象が起きます。
それがプロフェッショナルだと、●がいっていました。
日常生活にといて、決断を極力減らしている人は社長に多いのかもしれません。
スティーブ・ジョブズとか、バイト探しベンチャーの●とかも、毎日、同じ服を大量に買って、同じ服を着続けています。
食事も、選ばない。毎日、同じものを食べる。(イチローもカレーばっかり食べてるしなぁ)

  3.2 ストレスと健康長寿

「百寿者=センテナリアン」(NHKスペシャル)

認知症がすすみすぎると、人生でつらかった思い出はすべて忘れ、楽しかった、幸せな思い出だけが残り、とても幸せな人生であったという仙人のような境地に至ることができるそうです。

慢性炎症性疾患にかかったひとは、老化速度が早く、全身の細胞が老化します。


  3.3 ストレスとタバコ。禁煙せよ。さらば、与えられん。

(追記します)

ときに、最近、宮崎吾朗監督初のテレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」で泣きました。(ぼくのストレス発散法のひとつ)
泣ける16話まで、待たなければいけませんが、確実に泣けます。
「第4回 国際エミー賞・キッズアワード」 をとるだけある作品です。
3Dを2Dに落としこんでいますので、技術的に難しかったんだと思うんですが。
不自然な描写が徐々に違和感がなくなっていくので、序盤は耐えてください。


【センターがんば】センター試験前の極意

センター試験前対策はすでに書いているので、

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-401.html

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-422.html

参考にしてみてください。そして、ぼくの本を買ってください。

これらに加筆します。

【イチロー、五郎丸、高見盛ルーチン】

決まったとおりの行動をすることで、いつもの能力を「あがらず」に発揮するというのが大切だと上記の記事でも書いています。

イチローのような有名な超一流のスポーツ選手は決まった行動をすることで、どんな球を投げられようが、打ち返すことがデキる。
五郎丸も、試合が負けてようが、相手がニュージーランドで1点差で勝っている緊張状態でも、フリーキックを正確に決められる。

あがった状態とは、交感神経優位で、アドレナリンがでて、心拍があがり、手が震えるような状況をいいます。

この状況だと、試験問題を適切に解けません。

1.朝のルーティン
同じ時間に起きる。食事する。排便する。通学運動する。コーヒー飲む。

禁止ルーティン
今日の占いカウントダウンを見る。

2.テスト1時間前からのルーティン
おにぎり食べる。散歩する。柔軟体操する。トイレに行く。

禁止ルーティン
友達とおしゃべり。

3.テスト用紙を配られてからのルーティン
うつぶせになって寝る。目、肩、腰を使わず、マインドフルネスを利用する。つまり、自分の呼吸にのみ集中し、言葉を想起させない。無になる。

禁止ルーティン
試験監督を見る。時計を見続ける。貧乏ゆすりする。

4.試験開始後のルーティン
問題数をチェックし、それぞれの傾向が変わってないことを確認する。
一番最後の問題から解き始める。
理由はマークの記載ズレ防止と、ページをめくる速度で、他の受験生と解答速度が一致してしまい気が散るから。
問題ごとに解答する分数をチェック。わからないならさくっと飛ばす。
悩んだときは、どうせ2択まで絞れたんだから、半分の確率であってると割り切って次にいく。

禁止ルーティン
最初からときはじめる。時計を見忘れる。悩む。

5.試験終了後のルーチン
先に示した2にもどって、体と精神を休める。チルアウト系の休息を行う。
試験が午後3時くらいになると、身体的ストレスが強くなるので、ワークアウト系の休息を取り入れる。
休息の取り方については、ストレスマネジメントの記事を参照。

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-603.html


【閑話休題http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakayamayujiro/20170109-00066396/

医者とサイエンスコミュニケーションについて。
若手医師の実名、マスコミ利用の違和感。

駒込病院の中山先生がヤフーニュースによく出てくるので、読む機会が多いです。

医者がこんなふうに情報発信をするというのは大事なことだとは思うんです。

But! 若手がやってると思うと違和感がでるのはなぜなのでしょうか。

白髪の院長クラスがこのような記事を書く分には違和感がない。

それとも、ヤフーニュースに載っちゃうから違和感があるのか。

文章そのものはよいことが書かれているし、特別、的外れでもない。

ただ、駒込病院の非常勤下部消化管外科医として、煙たがられていないか心配になってしまいます。たぶん、医局にも所属されていないだろうし。

マスコミに露出する医者は31万人中、1000人に満たないはずです。

中山先生の書かれていることが、個人のブログやホームページにかかれていれば違和感ないのかもしれません。

匿名でかかないところも、やはり、心配してしまう原因です。

管理職レベルじゃないとマスコミに露出するのは、リスキーです

中山先生に常勤のポストをと切に願います


あと、公衆衛生的な医者の診療科偏在問題を扱いたいなら、厚生労働省に務めて医務総監(サージョン・ジェネラル)になるか、総合診療科に転科して、医療行政に首を突っ込めるようになるかしかないと思います。

それか、NGOを立ち上げて、外科医育成プログラムを作るか。

まずは、公衆衛生的な問題に対して、論文を書いて、科研費を貰えるレベルに能力をあげるのが先だと思います。

マスコミに意見書を書いても、日本の医療は変わりません。


医学部受験生や医学生のみなさんで、医療行政に興味があるひとは、とりあえず、専門医を内科などでとってから、医療行政に手を出してください。
かつ、社会人大学院に入って、公衆衛生で学位を取ってください。
臨床をやってないひとが、公衆衛生をやるのは本末転倒というかア●というかヤ●医者だと思います。
Neisseria meningitidis