合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

15.面接の達人。聞かれる質問に対するイメージをつくっておく。


絶対に聞かれる質問がある。それは対策しておこう。それ以外の質問に関しては、どーでもいい。医者になりたいともって何年目かというのが、医療系の質問にはでてしまう。


でも、それが答えられなくても、キミの学科試験の成績がよければ、何の影響も受けない。


だから安心していい。


じゃあ 絶対に聞かれる質問データベース。


     15.1.なんで 医者なの?


     15.2.なんで うちの大学なの?


     15.3.大学に入ったらなにやりたいの?


     15.4.どんな医者が理想?


     15.5.自分の長所は?


こういう答えをノートに作っておく。


重層的に、おもいついたことを どんどんメモしておこう。


ここで 相手にちゃんと自分の意見を言う方法を伝授する。


それは 二元論を使うことだ。


たとえばなんで 医者なの?という質問で、キミはまず 全体vs部分の二元論を使う。


キミ:「医者になりたい理由は主に、3つあります。A と B と Cです。」(全体)


次に使うのは、抽象vs具体の二元論だ。


キミ:(そして部分)「まずは、Aから 説明させてください。


A-1だと 思うんです。(抽象)


というのも


A-2 という ことを経験したからです。(具体的)」


キミ:「あと、Bについてなんですけど、。。。。。」以下繰り返し。


 


理由は、3つが限度。それ以上だと、長すぎて、聞いているほうも疲れる。


端的に、言葉にすればいい。


 


ちなみに、キミが二元論とデータベースのファンであっても、「二元論を医療に取り入れたい」とか いっちゃだめです。


教授はそんなに頭がよくないので、二元論の意味がわからずに、二元論の説明そのものを聞いてくることになります。(経験談)


だから、教授が知らないであろう言葉は 避けたほうがいい。

スポンサーサイト
あきらめないというのは、才能である。

鎌田先生は、「がんばらない。あきらめない。」という名言を残されているが、

あきらめなければ、他人ができることなら、なんだってできるようになる。

そう。「ひとりの愚か者できることは、すべての愚か者に可能だ。」(Lee教授より引用)


Wikihikagleは 全てのあきらめの悪い、しぶとい受験生を応援します。

医者になることを、どうしてもあきらめなかった受験生が

ちゃんと、医学部に合格したというのは、ココに生き証人がいます。

キミが、Wikihikagleの方法論をちゃんと、まねして、あきらめず、記憶と処理を続ければ、

あとは、富士山登山の要領で、階段を登るだけで、医学部、医学科に、入学できる。

では、以下、医学部に受かるための、心得技術を紹介します。
そろそろ、卒業式が 終わって、

国立の後期試験の結果もでてきたぐらいの時期なんじゃないかな。

どーでした?NDT hikaru時代からのファンの方は、自分の希望に合った大学に合格できたかな?

僕は、「○人」という言葉が嫌いです。なんだよ RONINって?

右の頬には、刀傷。ちょんまげ頭の、おさむらいさんかよ。

という話です。

こういう社会的、差別の対象となることは、この言葉を、気軽に使ってしまう大人たちのなせる業だ。

でも、ボクは、合格できずに、もう一年がんばろうとするキミが受けるであろう差別感を、癒してあげることはできない。

キミができることは、痛みに耐えることだけだ。

もし、耐えられないなら、耐えられる人に、負けるだけ。





ぼくは、高校を卒業しても、もう一年、自分の希望の大学に入るために、がんばるひとを応援します。

だって、ボクほど、↑のようなひとたちの苦しみを共感できる人はいませんから。

そして、ボクほど、↑のようなひとたちが、これから迎えるであろう喜びの幸福感を、知っている人はいません。

長く、厳しい冬があるからこそ、美しい花が咲く。

降り止まない雨はないんやで。(将棋少年。さんまのからくりテレビ)



耐えて、忍んで、最後まで、あきらめなかった人だけが、希望どうりの合格という喜びを得られる。

結局、キミがどんな才能をもっているか、いたか、なんて、ほんとーーーーーーに どうでもいい話で、

「あきらめなかった」という事実だけが、キミの才能を証明してくれる。


あと、一年、がんばって、合格を手に入れようと、あきらめないひとたちへ。

心から、ボクは、応援するし、援助させてください。

ボクの知識で、キミの合格の確実性があがるように、情報公開がんばるから。

キミからの応援返しも、ほんとーーーーーーーーに よろしくね。

(もし、キミが、ボクへの利他精神を持っていないんだとすれば、ボクの知識を、もって行くという、キミ自身の行動が、自身への利己心の自己暗示になってしまう。それが、キミが社会で生活するってことの怖いところなんです。じゃあ、どうすればいいかって?陰徳を重ねる行動をすればいい。すると、キミの行動は、キミ自身を、鼓舞する自己暗示になる。心理学っていうのは、ほんと、知っていると得をします。)

有機化学の問題を解く前に、僕の頭の中には、以下のような図画が広がります。


これを とりあえず、全部覚えてください。


覚え方は簡単。何度も描いて、何もみないで全部思い出せるまで 繰り返してください。


10回書けば、覚えられます。


 



<br />yuukimandara.jpg

質量欠損というのは、


原子核がばらばらになって、プロトンと ニュートロンだけの状態に なったら、


p と n だけの方が重くなる。


という原理から 来ています。これは アインシュタインが 発見した質量等価式で 定量できます。


要するに、質量そのものが ポテンシャルエネルギー扱いできるということです。


ふつうーの 力学だと 質量mの物質が、高さh で  vで 動いているというと


mvv/2 + mgh


という Kinetic & Potential エネルギーとして 定式しますが


今度は、


mvv/2 + mcc


に なるというだけです。


ところが、この定式だけでは 表現しきれない定式があります。


それが 結合エネルギーの差(あるいは、化学でいうところの反応熱)で 定式されたエネルギー保存則です。


結合エネルギーとは、原子核にある素粒子どうしを 引き離して 単体の気体として 取り出すために必要なエネルギーのことです。


化学との大きな違いは、結合エネルギーを 扱わずに、質量欠損から 結合エネルギーの差(反応熱)を 求める点にあります。


結合エネルギーの差(化学で いうところの反応熱)ΔE=mcc


今回の例のように、mの質量の値を 条件で与えられていない場合、こういう定式が あらたに 必要になります。


ちなみに、熱化学方程式からみた「反応熱としては 発熱反応(げろりん)」であるが、


力学的エネルギー保存則としては 「吸熱する(食べる)」


つまり、自分が放出した反応熱を 自分自身が吸収して、運動エネルギーに転換する


というのが 最大のメタファーになっていますので、注意してね。



<br />kakuyugo.jpg

 

Poly Vinyl Alcohol つまり PVAから 30%のHydroxyl基を アセタール化して、


「Vinylonを つくるときの 理論反応量計算」です。


理論値反応量計算?と おもわれた方。亀田和久先生と 出会ってください。


きっと、化学者に なりたくなりますよ。


 



pva.jpg


phjump.jpg


Even if you dont know much about mass balance and charge balance,you can fully understand what pH is like.


So dont worry about them.


pHを 定量するときに 必要なのは、上のようなイメージです。


massバランスや チャージバランスを 知らなくても、


はじめ 反応量、反応後の mol濃度を 追っていけば、答えを出すことができます。


上記バランスを考えたとしても、変数と式の数が増えるだけで、結局、Omit しちゃうので あんまり かわりません。


 大切なのは、上記グラフの どこの値を調べようとしているのか はっきりさせることです。


つまり、存在率が どれくらいなのかわかってしまえば、pHなんて カンタンなんです。


存在率EQUAL電離度ですから。


たいてい、電離度=1 として 強酸の硫酸は 扱われますけど、それはグラフでいうところの、どこのことを イメージしているか ちゃんと 想像していましたか?


こういう図画が 頭の中にあるからこそ、リン酸の三価の酸でも、一価の酸と同じ定式で pH定量が 可能なんです。


fesabijpg.jpg


Feさびの仕組みを図示。


アルカリ性の場合と


酸性の場合で、酸化剤が変化するので、しっかりと 電池らしくまとめてみました。


上から俯瞰でみる図だと わかりにくくて しかたないので (怒)マークを 入れてみました。


 


イオンの変化を確認するために、いろいろ 指示薬を 入れている心意気を 感じてください。

スクロース
覚えた田中(受験生)
大喜び

さて、ショ糖の覚え方も、東大受験には必須です。

Wikihikagleと 亀田和久先生の強力タッグで ものすごくカンタンに 暗記できます。

裏技です。よかったですね。代ゼミとWikihikagleがあって。

覚え方は すでに www.ndthikaru.comで 紹介しました。そっちも みてね。
sucrose.jpg
麦芽糖。セロビオース。

形をみれは 一目瞭然。言葉で覚えずに、形で覚えれば、簡単に長期記憶に入りますね。
maltose.jpg

maregas.jpg

亀田和久のすごいところは、このレイアウトにある。

上方置換、下方置換、水上置換によって、分類し、最適な形にテーブルを再構築した。

亀田和久先生が この図のレイアウトを勝手にぱくられたといって、怒っていたけど、僕は、勝手に ぱくらずに、明示的に  ぱくりますので 許してください。科学の発展のためです。

この図を何度も 描いて、覚えてください。

語呂合わせの方法もすでに 紹介しました。

「水素しよ。なに?Noooooo ☆ 稀よ。」でしたね

www.ndthikaru.com  で 復習してね。

aflicagas.jpg

This is the Database.

と 呼べるほど、亀田和久先生の傑作テーブル。

これを、再登場させます。今回は、スキャンしたものではなくて、改めてみやすく書き直したものです。

ORは Redox反応

追は 追い出し反応

揮 は 揮発反応

熱 は 熱分解反応

を 表現しています。

性質のところは、空白にしておきました。自分で どんどん 書き足してください。
亀田和久の授業でも、すべてを 紹介してませんでしたっけ。
自分で埋めることが データベース作りの はじめの一歩。あるいは はじめてのおつかいというわけです。


これを まとめて 覚えるためのごろあわせも 紹介していましたね。
僕のオリジナルなので、勝手にぱくらないで リンクを張ってくださいね。

「アフリカ黒人。」です。
アンモニア
フッ素系
硫化物系
か というか Coo
クロ  Cl クロロ
人 は 窒素系

この順番で思い出す練習をしてください。

dannetu.jpg

断熱変化は 独特の近似を 使って、導きます。

ほんとは 微分方程式から導けばカンタンに 証明できるんですけど、上のように、

xyz方向のすべてに 膨張した場合を 考えます。

x方向のエネルギー変化ΔEx は
全体のエネルギー変化ΔKにおいて

ΔEx・3=ΔK

という関係を持っています。三つの方向で エネルギーが 変化するから、単純に x方向分を3倍すれば、全体の変化量がでる。

これと

vv=VxVx+VyVy+VzVz =3VxVx の近似

を 使って、ΔKを 定式します。

あとは 誘導に乗るだけ。

分子の運動エネルギー変化量から、ポアソンの式がでてくるわけです。

eigen.jpg

徐々に、二元論サイトっぽくなってきましたね。

さて、固有値固有ベクトル、Eigen value and vector の お話です。

上記の図で 示したように、固有値計算は、覚えるのではなく、ストーリーを 導き出す感覚です。

大学の問題で、あからさまに 「固有値をだせ」とは 言ってきませんが、が、 が、

An と Bn の 二元漸化式を とくときに、特殊なやり方を やらされることがあります。

そーゆーときに、このやり方を知っていれば、特殊な解法を 思いつく必要がなくなるというわけです。

ま、理系の常識なので、解説しておきました。

ふたつの平行な直線に 直交しているのが 固有ベクトルである というところが 味噌です。

glucose.jpg

fructose.jpg

glucose,galactose,fructoseのすべてが これで 覚えられます。

よかったですね。Wikihikagleと出会えて。Wikihikagleと出会えた奇跡に乾杯。

もうすでに 糖類については、www.ndthikaru.com/kagaku.html
の 有機化学データベースで 説明したんですけど、今回は 絵を のっけてみました。
 リピートします。強調しても、しきれないので。

数学や 物理、化学などの理系科目を 得意になる 特別な方法紹介シリーズ 第39回。

でも、新しい情報も付加していきますよ。

数学のデータベースの作り方、つまり 数学のノートのとり方についてなんですけど、

大切なのは、「未来の自分に向けて、理解を冷凍保存する」ってことなんです。

キミが どんな天才だろうが、確実に 理解した内容は 忘れます。使わなければ、脳はどんどん 忘れます。

そこで 大切になるのは、理解したプロセスを、二元論を使って、すべて 描写したノートを作るということなのです。

だから、ノートというのは、未来の自分に宛てたタイムカプセルみたいなもの。

未来のアナタは、そのタイムカプセルと ときどき 開いて、解凍し、腐ってないか 味見して、理解したときの感覚を 思い出す必要がある。

長期記憶に 残せたとしても、使っていなければ、「指先まで 神経が行き届いた感覚」で その数学の定式を 使いこなすことはできません。

だから、ときどき 味見して、腐らないように するというわけ。

そして、確実に未来の自分の方が、抽象的な事を理解する能力が 身についていますから、そのノートを さらに わかりやすく味付けすることも大切です。

そーして、なんども 味の改良を重ねるうちに、確実に その数学の分野が身につくんです。

参考書についてなんですけど、

キミがどんな 参考書を使っていようと、アナタが 大学に合格する確率は そんなに 変化しません。
大学への数学信仰から 東京出版の参考書しかもっていなくても、
あるいは
チャート信仰から 数研出版の参考書しか もっていなくても、
です。

大切なのは、いろんな角度から ひとつの分野を 眺めて、結びつきを発見し、そして、その本ごと、 記憶のよりどころにする という 態度です。

どんな参考書だって 欠点があります。それを 補いながら、理解度と記憶率を 高めることが すべてです。

参考書によって、数学の成績は左右されません。

データベースの構築度によって、左右されるというわけです。

データベースの構築?と 思われた方。WelcomE。www.ndthikaru.com へ アクセス ライナウ。ジャス コピー&ペイスト ダッ URL & プレス インターキー。

じゃあ 以下リピート。


久しぶりに うまく 書けちゃったので、以下の記事を あと 5回ぐらい リピート放送しようと思います。僕の言いたいこと、このWikihikagleプロジェクトの核心を 以下の文章で 述べます。

数学の定式イメージ論は 僕のオリジナルなので、もし 「そーか!そーだったんだ」と 思った方は、勝手に 私用せず、リンクや トラックバックを残してくださいね。そーすると、Googleでの Wikihikagleの地位が 上がりますから。お金取りませんから、モラルある 知識の好循環をお願いします。

じゃあ、本編どぞ。

「1日1個ずつ 10日で10個覚えるのではなく、

一日10ずつ、思い出す練習を10日間繰り返す。」

これが 記憶する時の ただしい態度です。



これは なにも 英語などの一見記憶ばっかり系科目に限りません。

数学、物理化学でも やりかたは 同じ。理解&記憶の両輪科目である理系科目でも、結局 努力の質は 変わらないんです。

そーす。待ちうけを 多くすることが 理系科目の 裏技であり、最終奥義。
どんな問題が来たって、さらりと 解までの道筋を、流れる水のごとく 導ける技術 の 準備をすること。

準備万端の人が、二次試験でも しっかり 8割とれるんです。

定式イメージ を しっかり 大量に 毎日想起してください。思い出す練習をしてください。

前日に、短期記憶に入れても、本番では あんまり 思い出せませんけど、

毎日繰り返したことは、ある程度、長期記憶に入りますから。

P.P.S

上記の内容を、具体的に 対象化してみましょう。

たとえば、文系科目の歴史と理系科目の 数学の勉強法の違いが、本質的に 同じであることを、証明します。

これを 理解できれば、日本語を使いこなせるみなさんは ダレでも、高校までの数学で いい偏差値を 取ることができるようになります。

まず、帰納的に 歴史について。

歴史の問題は おおよそ 以下のようなものです。

Q.平安京は いつごろ できましたか?

A.794年

このとき、わたしたちの頭の中では、こんなふーに 思考するはずです。

僕:「ええぇっと 。ごろあわせで、泣くよ うぐいす平安京だから、794年だ。」

このような、長期記憶に入っている「ごろあわせの記憶」(思い出しやすく最適化された記憶)を 引っ張り出してきて、答えを出します。

さて、これが 数学になるとどうなりますでしょうか?

数学の問題は おおよそ 以下のようなものです。

Q.原点Oから y=logxに ひいた接線の方程式を求めてね。

A.y=(1/e)x

このとき、わたしたちの頭の中では、こんなふーに 思考するはずです。

僕:「ええぇっと 今回は、 ごろあわせで、ならうはずもない。そうではなくて、接線の定式イメージ によると、ログ関数の導関数は 1/x だから、接点座標はわからないので、接点のx座標を 時間パラメータ t と 置換して、接線式を 定式すると、
y=1/t  (x-t)+logt
そして、これが ある動く直線が、定点を通過することで、ひとつの直線に定まるイメージによると、x、yに数字を代入すると、
0=1/t  (0-t)+logt

ここまでの流れは、1元1式、t は ひとつに 決まる。
t=e

これを 代入して、y=(1/e)x   カンタンだぜーい。」

このような、長期記憶に入っている「定式イメージの記憶」(思い出しやすく最適化された記憶)を 引っ張り出してきて、答えを出します。

定式イメージの記憶とは 上記の例でいうと 具体的には、 接線の定式イメージ   と ある動く直線が、定点を通過することで、ひとつの直線に定まるイメージ の ふたつです。




おめでとうございます。これで  みなさんは 数学への特別視を 払拭できたはずです。
これで、歴史の勉強と数学の勉強に まったく 差異が ないことに 気づかれることと 思います。
語呂合わせで 「最適化して覚える」(歴史で)
のと
定式イメージで「最適化して覚える」(数学で)
のは
同じことですよ。

歴史の成績がいいひとって あんまり 尊敬されませんけど、数学の成績がいいひとって 宇宙人扱いされますよね。それって おかしいです。
数学だって、単に 多く記憶できている人のほうが 良い成績を 出すことができるんですから。


定式イメージという言葉は 僕の造語なので、初耳だと 思いますが、わかっているひとは この記憶を 対象化しているんです。そして データベース化して全定式イメージを 記憶して、準備万端で試験を受ける。そりゃ、わかっているひとに わかっていない人は 太刀打ちできませんよね。

98%以上の 高校生は このことを 対象化できずに、数学に対して、なんらかの もやもや感を もって 勉強しているから、「なんとなく滝川クリステル」ではなく、なんとなく わからないという状態なんです。(僕も、98%の高校生のひとりだったから 確信を持っていえる。)

え?その全定式イメージを 教えてくれって?

ウェルカムようこそ。Wikihikagleへ。www.ndthikaru.com で 全定式イメージが データベース化されています。無料だゼ。

ここで 一句。

おやつだよ、ラスト チョコパイ、取り合う田中(受験生)。 lastchocopies.jpg


Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。