合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
また質問をいただきました。

Q1.「ICレコーダーに吹き込むコツはありますか?」

Q2.「知識ゼロの状態から勉強を進める手順は、センター試験の過去問から始めるのがよいのでしょうか?進行手順を教えていただけないでしょうか?」

Good question.(Steve Jobs)

A1.ICレコーダーに吹き込むコツ。特になし。でも、録音ファイルの整理は工夫する。

1.最初にタイトルをいう。
2.原因から結果の思考を言葉にする。一ページ3分くらいにまとめる。
3.とりおわる
以上。

ノートに書いてあることを読めばいいわけで、特に上手にやる方法はないですが、
整理の仕方は工夫が要ります。

1.「毎日ログ法」
ICレコーダーで音声ファイルを毎日作って、パソコンのフォルダーにその日に録音したものを入れる。フォルダにはその日の日付を入れる。
まさしく日記の要領です。音楽ファイルで日記を残すようなもの。

フォルダーをICレコーダーに入れなおして、日付ごとにファイルを検索できるようにする。
例。
「11.10.28」
「11.10.29」
その日に録音した日記を、今日はなにを勉強したのかと寝る前に聞きなおし、眠る。

2.「分野別整理法」
そのファイルを今度は、分野ごとに整理する。
例。数学IA 確率
数学IA 場合の数

・・
・・・

とにかく習慣化できるまでは、毎日がんばりましょう。続けることが大事です。
かならず、効果は出ます。
そして、時間と手間はかかります。でも、急がば回れで、結局、この方法が一番の近道で、時間に対する効果は一番でかいと思ってます。

A2.マインドマッピングとICレコーダーを用いて、知識ゼロの状態から勉強を進め、合格するまでのロードマップ。

1.一度、わかりやすく書いてある本を読んで全体を理解。(分析→総合)

2.次に、その分野のゴール、目標を設定する。(始まり→終わり)

そのためには、過去問が大切。

3.過去問の内容で、知識のコアとなる本と比較して、書いてあることを蛍光ペンでチェック。理解を3色ペンで書き足す。コメントとか、ごろあわせをいれる。絵にしたりする。

4.そうやって、過去問とその本のおかげで、ある程度理解が固まってきたら、マインドマッピングする。
やり方はもうわかってますよね。大学受験という名のトンネルをミクロで掘り進めるイメージ。
地味な作業ですが、これを繰り返すことイコール勉強であって、我慢、忍耐が必要なんです。
このプロセスを踏むからこそ、知識を身につけたとき、自由に羽ばたける。

5.そのマインドマッピングを録音して、毎日、できた分だけ、聞く時間を設ける。寝る前とか。
同時に録音したファイルをフォルダに整理。
日記型と目次型のフォルダを用意する。
日記型で毎日、聞くようにする。既に上に書きました。


6.その分野が終わったら、全体をまとめるマインドマッピングを作る。(ミクロ→マクロ)
マクロのマインドマッピングにより、問題を解くときに、なんの分野でどの知識が必要なのか鑑別できるようになる。

7.ひたすら、4,5,6を繰り返す。
すると、すべての範囲の勉強が終わる。

8.知識のメンテナンス期間に入る。
・何度やっても忘れてしまうことに対して、別のアプローチで覚え方を工夫する。
・何度も、例のICレコーダーを使った記憶法を使い、記憶を定着させる。

9.合格。

以上です。

中高生のみなさんは、とにかく、このすべての範囲を勉強し終えるというのを、As soon as possibleで終わらせてください。
そして、メンテナンス期間に入ってしまえば、半分合格したようなものです。

中間、期末試験対策であれば、このメンテナンス期間が十分にもてませんから、同時並行でメンテナンスとマインドマッピング作りを進めなくてはなりません。

一方、大学受験は18年間でならったことを一発勝負ですべての知識を総動員してテストするわけですから、知識の量が膨大で、メンテナンスする期間をしっかり設けないと、知識があやふやな状態で、試験を受けることになります。

(*それでも、某国立大学の医学部はすべての範囲を勉強し終えなくても、余裕で受かるようにできてるんですが。
賢いみなさんは、それぞれの大学がどのくらい地元枠をもっているのか、ちゃんと調べて、もし、地元枠が大きいなら、そこの大学の近くの高校に進学して、地元枠を狙ったほうがいいですよ。地元枠がどれくらいかは大学の事務のひとに聞けばわかります。福島県立医大は今年度、もっとも簡単に入れる医学科になるかもしれません。医者になれるかどうかは情報戦です。)
スポンサーサイト
【前置き】
「数学と英語のマインドマッピングの例を示して」
「抽象的なことをいかにしてマインドマッピングで表現するか」と質問をいただきました。

的確に質問してきますね。(池上彰)

AMAZONでのご支援ありがとうございます。(また新しく、どなたかICレコーダーを買っていただきました。涙。ありがたや。オリンパスさんの売り上げに貢献できました。日ごろ、オリンパスさんには内視鏡でお世話になってますが、今度、オリンパスさんに接待してもらわなくちゃなぁ。)

たしかに、数学とかぜんぜん画像をアップしてないんです。大量にマインドマップはしてるんですけど、公開しても理解できないくらい抽象化しすぎてて、説明を書くのが面倒なのでアップしてなかったんです。(化学、数学は見るに耐えるレベルだったので先に公開してるんですが)

でも、優秀な読者さんがせっついてくれたおかげで久しぶりにデータベースの公開をしたいと思います。

時間的に厳しいので、全部じゃなく、どうやればいいのかの道筋だけ作って、あとは、みなさんの試行錯誤に任せます。

上手にマインドマッピングなんて最初からはできないものです。
ぼくも大学受験と関係のない、マインドマッピング本に書いてある例を、自分なりに解釈して、試行錯誤して今のスタイルに落ち着きました。

長年マインドマッピングを書き続けてきてて、こうやるとうまくいったみたいな技術が蓄積してきているので、がんばって書きます。

一ヶ月以内に数学、英語、国語に関して一通りやろうと思うので、気長に待っててください。

あと、繰り返しで申し訳ないですが、ご家族がなにか家電を買われるとき、ぜひ、Amazonでお願いします。
大手量販店で下見し、ぼくのサイトにあるAmazonのバナーをクリックしたあとで買うというのを習慣にしていただけると、現状のボランティア状態をなんとかビジネスレベルに持っていけます。そして、公開スピードが確実にあがります。
よろしくお願いします。
(ぼくも家電は基本的に、Amazonで買ってます。家電量販店よりもAmazonのほうが安いですよ。ぜひ、Amazonの便利さを体験してみてください。Amazonならクレジットカード詐欺とか絶対ないですし、発送も早いし、返品も、返金もしっかり対応してくれるし、なにより、近くのローソンで受け取れるので、時間を気にする必要がないのがいいです。ローソンが家電量販店になったようなものです。消費拡大、景気回復はお近くのAmazonでお願いします。)


【前置きおわり。以下、本題。】

【マインドマッピング総論】

マインドマッピングの種類について。(これらはぼくオリジナルの考え方です。どっかの本に書かれていればいいんですけどね。)

まずは、俯瞰します。

マインドマッピングは全部で3種類あります。

X軸に、「知識の羅列」、「論理」の2つの要素
Y軸に、「総合」「分析」の2つの要素

があり、

1.「知識の羅列でマクロ」マッピング
2.「「知識の羅列でミクロ」マッピング
3.「論理でミクロ」マッピング
以上、3種類。
(「論理でマクロ」マッピングはありません。マクロに表現している時点で、すでに論理的でなく、羅列に近いからです。)

1.マインドマッピングのX軸は2個。「知識羅列並列ノート」VS「論理、上善水の如しノート」


「知識羅列並列ノート」

お互いに強くは関係のない知識だけど覚えなくてはいけないことを並列的にマインドマップすることです。

たいていのマインドマッピング本に書かれているのはこれです。

【使用例】
英語、古文、漢文の単語の記憶

「論理、上善水の如しノート」

A→B、B→C、C→Dといった規則を数珠繋ぎにして俯瞰して一覧できるようにマインドマップすることです。

実は、これが理系にとってかなり重要なマインドマッピングです。これをマスターすると理解と記憶の両輪をうまく回せます。

ぼくが医学の勉強をするときに使っていて、すでにやり方は紹介しています。

おすすめとしては、A4のノートを横ではなく縦にして、上から下に論理を流す。上善水のごとし。

【使用例】
数学、化学、物理、生物の解答法

2.マインドマッピングのY軸は2種類。「総合マクロノート」VS「分析ミクロノート」

「総合マクロノート」

マクロで書くっていうのはどういうことか。ひとによってはメタノートといったりします。

マクロは、要するに本の目次です。

覚えなければならないことの最も抽象的な名前を、ひとつのマインドマップの上に具体的に書きます。

「論理、上善水の如しモデル」自体を記憶しなければ、数学においていい点数をもらうことはできません。

ひとつひとつの「論理」をまとめて、覚えるノートが必要となるわけです。

論理たちをまとめるのが、「知識羅列並列」「総合マクロノート」です。

たとえば、糸球体病変。

糸球体病変には3種類あります。

1.ネフローゼ症候群をきたし、蛋白尿が血尿よりも顕著にでる腎疾患
MC、MN、MPGN、FGS

2.血尿が蛋白尿よりも顕著にでる腎疾患
AGN、IgA腎症、シェーンラインヘノッホ

3.すぐに腎機能が低下する腎疾患
RPGN

これを知識並列マクロノートにすると以下のとおりになります。


【図】

びしょうへんかぐん




「分析ミクロノート」

細かく、分析する、理解するために描くマインドマッピングです。

これは「知識並列ミクロノート」だけでなく、「論理、ミクロノート」でも使われるマインドマッピングです。

「論理、ミクロノート」の例

1.ネフローゼ症候群をきたし、蛋白尿が血尿よりも顕著にでる腎疾患のMCを「論理」ミクロノート」で書くと以下のようになります。

このふたつの種類のノートがあることで、腎疾患という名の地図を脳という本棚から探してきて、MCという名の家まで遊びに行くことができます。、

【図】

しきゅうたいじんえん





次に、「知識並列ミクロノート」

その知識自体があまり原因→結果の論理がないものに対して、これを使います。

たとえば、英語。

英語をしゃべれるようになる唯一の方法は、シャドーイングによる英会話の暗記と大西泰斗の本をマインドマッピングで暗記することです。

じゃ、たとえば、大西泰斗の「ネイティブスピーカーの英語感覚」よりCANをマスターしましょう。

英語を勉強するときに大切なことは、ひとつひとつの単語をきっちりネイチブレベルの感覚までTune upすることです。

実は、大西先生は無意識にかもしれませんが、二元論ユーザーであり、マインドマッピングユーザーです。

「知識並列ミクロノート」はすでに先生の本の中に書いてあります。買って読んでみてください。
これを読まないと一生、CANを知ったかぶりのまま使い続けることになります。




【図】
おおにしひろと


みなさんはこの図を真似して、マインドマッピングノートを書きましょう。

このノートを眺めるだけでCANをマスターできます。

上記の図に下のような例文を書き加えましょう。これで、抽象と具体がセットになり、記憶が定着します。

北川景子をイメージして、例文を想起するのもいいですね。

こうやって、分析的にCANを理解し、CANの潜在能力というコアイメージから、許可、能力、状況、可能性という4つのデリバティブイメージがでてきました。
それぞれ4つが論理でつながってるわけじゃないので、並列的ですよね。(コアイメージからはつながっていますが)

(能力)
Keiko Kitagawa can catch the cruel criminal.

The fog was really thick but the plane Keiko Kitagawa was on could land.

(状況)
In this Kitagawa's restorante,you can eat fantastic pasta.

(許可)
"Can I go camping with my girlfiend,Keiko,Mum?""No way!"

(可能性)
Firewoks can be dangerous.But I'll save her whatever happened.

He cannot be serious.

Can that be true?

あとは、仕上げです。このマインドマッピングに書いてある英語をICレコーダーに吹き込んで、寝る前に聞いてください。

1週間やれば、完璧に覚えてます。1年は忘れません。例文を覚えるからこそ、そのコアイメージを派生させて、どんな状況でも、英語で表現できるようになるんです。

Yes! You CAN.
We CAN change!

ほかの英単語でやることは同じです。

たとえば、【名詞】Bowelを覚えたいなら、知識羅列分析ノートで
コアは内臓、はらわた、そして、派生したイメージである「内部」を描く。
そこに例文を書き加える。

これを3000単語やったら、もう日常会話はしゃべれてますよ。


【可算名詞】

【医学】 腸(の一部).

[通例複数形で] 腸(全体), 内臓,はらわた.

用例
loosen the bowels (薬などを飲んで)通じをつける.

[複数形で] 〔大地などの〕内部,奥 〔of〕.

用例
deep in the bowels of the earth 地中深く.



以上のように分類の説明おわり。要するに、3種類あるってことです。


【マインドマッピング 各論】

総論で言いたいことはすべてです。総論で示したルールに沿って、分析的に、ひとつひとつ例示しようと思います。

【数学の例】

数学はあたりまえですが、「論理、ミクロノート」が主体です。

「論理、ミクロノート1.1」
「論理、ミクロノート1.2」
「論理、ミクロノート1.3」
「論理、ミクロノート1.4」
「論理、ミクロノート1.5」
「論理、ミクロノート1.6」

こうやっていくつも論理ミクロノートをつくったら、それらを総合して、ひとつの「羅列、マクロノート」を「まとめ」として作ります。

「羅列、マクロノート1.X」とでも名づけます。感覚としては本当にこんな感じです。

どの分野についてもそうですけど、こうやって、「羅列、マクロノート」を作って、「試験にでる問題の全種類を把握する」というのが大事です。

問題をひとつひとつ分析して、すべての問題の種類を見つけ出す宝探し、トレジャーハンティングです。

解けなくて困ったというのは、「新しい種類の解法と出会った」ということです。

新しい宝の種類がひとつ増えたということ。そのお宝をデータベースに加えましょう。

そうやって、宝の数は膨大になっていきます。

ポケモンでたとえるなら、ひとつひとつのモンスターの特徴を覚えた後は、雷系は200種類、火系100種類、水系15種類いるよ。っていう感覚です。(ポケモンには詳しくありませんが。)
映画を見に行くと、1種類増えてうれしいみたいな感覚。

ワンピースでたとえるなら、ワンピースの登場人物を覚えた後、それぞれの悪魔の実の属性を覚えるときに、系統的に分けますよね。
2 種類
2.1 超人系 40種類
2.2 動物系 50種類
2.3 自然系 20種類
2.4 詳細不明の実 10種類
といった具合に。
新しい島に行くと、新しい悪魔の実の能力者と出会えて、データベースがひとつ増えます。

まったく同様に、数学のベクトルなら
2.1. ベクトルの定義問題 10種類
2.2. ベクトルで交点定量問題 5種類
2.3. ベクトルで面積定量問題 3種類

・・
・・・
といった具合に、「ベクトルの定義問題は10種類で、本番でこれ以外の種類を出題されたら、捨てるか、最後に解く」と割り切りましょう。

もっとたとえると、医者でいうところの、「疾患の鑑別」です。

「おなかが痛い」という主訴に対して、
2.1.「腹膜疾患 5種類」
2.2.「腎臓疾患 30種類」
2.3.「精神疾患 3種類」
2.4.「消化器疾患 80種類」

・・
・・・

こういう鑑別の脳の引き出しがないと、いつまでたってもいい医者にはなれません。こういう脳になってない医者が救急医になると、かなりの患者を死なせることになります。

頭のいい医者と悪い医者の境界はここにあります。(患者から尊敬され感謝される医者か、医療不信を招くような医者かの境界)

良医の道は遠いなぁ。

でも、数学と医療はやってること同じだって気づいてもらえたと思います。

数学ができない医者は、医者としてもヤブなんですよ。

疾患の鑑別も数学の問題の鑑別がいかに同じかについて書きました。


さて、話が脱線して、たとえすぎました。

話を数学に戻します。

「分析」VS「総合」が両方できたときに、「数学が得意になった」という感覚が得られます。

たとえば、数学IIIで、微積分。

【図】

【英語の例】

【英単語】【英文法】

単語に関しては上記のように、「羅列、ミクロノート」でひとつひとつの英単語に対して、マインドマッピングしていきます。

でも、ちょっと時間がないっていうひとは、単語集にどんどん理解を書き込んで、もじって、分析して覚えてください。

それをICレコーダーに吹き込んで、3倍速で聞いて、「速聴写真復元記憶」してください。

リンクをたどって、ICレコーダー買ってね。

ちなみに、ABCDE・・・順で、

abec

abroad

absent

・・・

のように、なんの関連もないものを「羅列、マクロノート」でマインドマッピングしてどれくらい意味があるのか未知数です。

やってもマイナスにはならないと思いますが。ぼくはやったことはないです。

ただ、たとえば、「pro」のつく単語で「羅列、マクロ」するというようなのはよくやりました。

project,proceed,progress,profess・・・・・

それから、「同じような日本語の意味の単語」を「羅列、マクロ」もよくやります。

see,watch,look,glance,peep・・・・・

ニュアンスの違いがわからないとNon senseですけどね。それは大西先生に習ってください。

【英作文】

英作文は英借文です。

文章を大量に暗記した人だけが書けるようになります。

英作文の例文集を暗記するか、DUOを暗記してください。

マインドマッピングにするなら、DUOの場合、「羅列ミクロ」でひとつ例文に対して、新しい単語の説明を書き加えるのがおすすめ。

【英文解釈】

スケルトンリーディングしてください。(英語の章を参照)
単語力と文法力があれば、ミクロレベルで理解はできます。
マクロレベルで理解しましょう。このときに、論理マインドマップすると論証能力を身につけることができます。

たいていの論文は以下のようになってます。(評論文も。)

パラグラフごとに「論理、ミクロノート」を書きましょう。つぎのように論理が流れていきます。

パラグラフ1.(Abstract)

抽象で、「たしかに、主張Aというひともいる。しかし、主張Bだ。」

パラグラフ2.(Data)

具体的に、「というのも、データ1だ。データ2だ。・・・・」

パラグラフ3.(Conclusion or Discussion)

抽象で、「以上より、データ1,2,3,4・・・・より、主張Bである。」

こういうのを、テストで問題をといてるときに、意識してメモればいいんです。

別紙に改めて書く必要はありません。

【小説】

英語の小説はパラグラフごとの論理では解けません。

そうではなくて、傍線部周辺の論理で解きます。

これは国語の章で説明してますので、そちらを参照してください。

上記と同様に「論理ミクロノート」を普段はとるようにして論証能力を身につけ、テスト本番ではいちいちノートをとってる暇がないので、メモ程度のマインドマッピングを問題の空欄に書き込んでください。


【国語、古文、漢文の例】

英語と基本的なやり方は同じです。

あたりまえですよね。JapaneseとEnglishで解き方が変わるようだったら言語としておかしいです。

やってることは同じ。

答えがひとつに決まるんだったら、そこに「二元論を重視した、論理」が必ずあります。

英語でやっているように、国語、古文、漢文でも単語を覚えなければ読めないし、文法がわからなければ正確に「論理ミクロノート」なんてかけません。

だから、国語でも英語と同様に、マインドマッピングで覚えなくちゃいけないんです。

すでにおすすめの勉強方法、参考書、塾講師は書いてあるので、リンクを参照してください。

特に、理系のみなさんはセンターで160点くらい取れるようになればいいだけですから、やんなくちゃいけないことはたいしたことありません。

羅列マクロノートを中心に、単語、文法、漢字を覚えて、ぼくの紹介したメタファーを使った解答(あるいは、過去問を使って、メタファーを見抜く論理ミクロマッピングの練習)をすれば、本番でも確実に160点とれます。

(どんどん絵をいれて説明を加筆します)
いい質問ですね。(池上彰)

質問ありがとうございます。

質問:「マインドマッピグングと左に文字、右に図のノートのとり方の違いって?」

【ノートの技術】

「マインドマッピングは理解と記憶のため、左に文字、右に絵は解答欄記述のため。」(補足。)

1.マインドマッピングについて

マインドマッピングは別の記事で例示しているように、原因→結果を重視した理解の枠組みを、自分の脳に対して「明示」「対象化」するためのノートです。

だから、自分がわかればいいので、細かく文章を写経する必要はありません。

たとえば、ぼくは「定義」という文字を書くのが面倒なので、「テーギ」って書きます。

いちいち、「エネルギー保存則より」も面倒なので「E則より」って書いたりします。

大切なのは、論理の流れです。

テスト中に頭の中で再現しやすいように、理解を最適化しているのがマインドマッピングです。

理解していれば、必然的に、想起もしやすい。



2.左に文字、右に図のノートについて

これは、他人にわかりやすく解答を明示するためのノートの方法です。

数学、物理、化学で解答するときや、授業の板書を写経するときは、この方法を使います。(板書をいきなりマインドマッピングにするのはちょっと高等技術がいるので、このノートでワンクッションいれることになります。本当の意味で授業の内容を完璧に理解し終わらないと、マインドマッピングは正確にできないからです。)

ためしに、ぼくの為近先生の授業のノートを見てみてください。

物理のデータベースの中に入ってますので。

それは完全に、左に文字、右に図になってます。

それを参照しつつ、ノートのとり方を真似してみてください。

そして、からなず、一対一に対応させながら、テストでは解答してください。

計算ミスもなく、水が上から下に落ちていくように、解答にたどり着くダイナミズムを実感できるようになりますよ。

以上です。

Amazonで何か買ってね♪
Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。