合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
拝啓

読者の皆様

皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、Amazonのアフィリエイトプログラムのおかげで、本来世に出るはずのなかったぼくの知識や知恵が大量に無料で公開されています。

このプロジェクトをはじめて6年経ちますが、かけた時間に対するバイト代は時給20円ぐらいなんじゃないかと思います。(すずめの涙)

でも、最近やっと、Amazonによる通販事業が伸びてきまして、月に2000円くらいバイト代が稼げるようになりました。

読者のみなさまのおかげです。

さて、さらにプロモーションするため、なぜアマゾンがいいのか、なぜアマゾンで応援できるのか書きます。
どうか、学生の皆さん、ドラクエ10のようにぼくにテンションを分け与えてください。元気玉をください。

そして、こどもを医者にしたいとご希望の親御さん。ご支援をよろしくお願い申し上げます。財力のある親御さんが頼りです。

1.ぼくのリンクをクリックしたあとに、(商品のリンクでも、アマゾンのロゴマークのリンクでも)なにかAmazonで買い物をすると、ぼくに購入金額の3%が支払われる。


上のは、商品リンクです。


上のはアマゾンの紹介リンク。

どっちをクリックしたあとでも、購入していただければ、ぼくに報酬があります。
クリックしたあとに、どのページに移動しようが、検索しようが、30分以内に注文していただければ、どの注文もカウントされます。
ちなみに、ただ、クリックしただけでは、報酬は発生しません。
Amazonのリンクに限っては「広告」という扱いではないのです。

商品が注文され、家に届いてはじめて、ぼくに3%支払われる。

読者のみなさんは何も損しません。むしろ安く商品が手に入る。(You Win!)

アマゾンは商品を買ってもらえて、ちょっと儲かる。心配になるくらいアマゾンの儲けは少ないです。(Amazon win!)

ぼくはボランティアではなく、執筆活動ができる。心配してほしいくらい僕の儲けは少ないです。時給に換算すると。(I win!)

商品とお金が動くことによって、運送会社も儲かるし、景気が良くなる。(Japan win!)

アマゾンがアメリカの企業だからって、結局、そこで働いているのは日本人だし、アマゾンはたぶん、日本に税金を収めているはずだし、アマゾンは薄利多売、最大多数の最大幸福を追求している企業なので、アマゾンが伸びれば世界がよくなるはず。(the world will win!)

2.中学生でも、クレジットカードなし、かつ、着払いなしで決算するには、コンビニのAmazonプリペイドカードを購入すべし。そして、コンビニで受け取るべし。

コンビニのローソンのLoppiやセブンイレブンのコピー機でアマゾンで使えるプリペイドカードを購入できます。
自分のアカウントでカードに書かれた数字を入力するだけで、買い物ができます。

これで、「まだ中学生だから、応援できないんだよねー」という言い訳はできなくなりました。

本当にお願いします。おこずかいでなにか買ってください。

親になにを買ったのか詮索されたくないなら、あるいは、配達を受け取るのが面倒なら、コンビニ受け取りが便利です。

全国のローソンで商品を受け取れます。

3.学生はアマゾンプライムfor studentsを利用すべし。

アマゾンプライムは一度入ると病みつきになります。
朝9時前に注文すれば、関東県なら夕方までに届く。
しかも、送料無料。

アマゾンに儲けがあるんだろうかと心配するくらいです。
500円のサプリを薬局よりも100円安く買えるというだけに、あるいは、近くの薬局に売ってないサプリのためにアマゾンを利用しています。

最初の半年は無料で体験でき、その後、学生なら会員料金が半額です。

4.学習参考書はアマゾンで買うべし。
中古で本当にお安く売ってます。
新品も本屋で買うより安い。
学生なら新品も10%OFF!
つまり、大学生なら生協で注文して買うよりも、Amazonで買ったほうがいいということです。

既存の本屋さんがつぶれてしまうんじゃないかっていうくらい便利です。

田舎に住む者として、交通費をかけずに、欲しいモノが手に入る、しかも即日っていうのはすごいことです。





以上が、なぜこのブログの作者がここまでアマゾンそして、グーグルを愛してやまないのかの理由です。

これらの企業のおかげで、隠されてきた知識はどんどん、公共の場(パブリックドメイン)に公開され始めています。

ぼくの知識や知恵で、少しでもこの世の中が良くなればと思います。

敬具

PS
ミニコラム
アマゾンを褒めちぎりたいと思います。
アマゾンに関連する本や雑誌、カンブリア宮殿でのアマゾン特集で得た知識とアマゾン歴6年の経験から褒めちぎります。

その1「なぜ、アマゾンは信頼されるのか」
日本では当たり前であったが、今や失われつつある「お客様は神様です。」精神がアメリカの会社にあるから。

顧客第一主義がアマゾンにはあります。

1.買ってすぐに故障してるとクレームしたら、即日、新品が送られてくる。
こんな通販業者は他にはないでしょう。
完全に客を信頼している。

2.返品も返金もしっかりやってくれる
想像と違うものが届いて、返品する手続きにおいても、アマゾンで嫌な思いをしたことはほぼないです。

楽天もヤフーショッピングも使ったことはあるんですが、アマゾンに比べると信頼感がなさすぎる。購入手続きも不便だし。サイトデザインも汚いし。

価格コムで一番安い商品を出す小さいショップもよく利用するんですが、やっぱり補償がちゃんとしてるのか不安です。


3.商品がいつ届くのか手に取るようにわかる。
ヤマト運輸の荷物追跡サービスのおかげでいつごろ届くのかアマゾンのサイトから見ることができるし、再配達もヤマトの会員になれば、ウェブですぐに頼める。

ヤマトとアマゾンは最強の物流システムを長年の投資によって構築しているから、他の通販業者はまねできない便利さが実現している。

4.自社の利益よりも、客の満足度を優先させる企業

赤字になっても送料無料、即日発送、市場最低価格に挑戦する。儲けがないのに、KindleFireHDを作る。
日本のどこに住んでいても、同じ便利さやサービスを提供する。

過疎地や高齢化社会に本当に必要なものは、日本郵政公社ではなく、ヤマトとアマゾンが作ってくれる。

5.アメリカも日本もインターネット通販事業が今後も伸び続け、通販が景気を下支えする

通販のせいで、町の店舗経営が成り立たなくなり、シャッター商店街になるというのは、日本もアメリカも中国も同じ状況で、産業構造が変わってるのだから、ノルタルジックなことを言ってても仕方ない。

その分、新規雇用はヤマトやアマゾンとマーケットプレイスの通販業者が作り出している。
スポンサーサイト
久しぶりに、医学生にきけ のコーナー

最近、「すばらしい知識だ、このブログに出会えてよかった。人生変わった」という大絶賛コメントが夏休み期間だからか、多くの学生や親御さんからいただき、悦にいっております。
また、最近は中高生もスマホを持ち始め、気軽にスマホからこのブログを見つけてくれる機会が増えているみたいです。

どのお褒めのお言葉も読ませていただいております。ありがとうございます。(字が汚いとかクレームは読み飛ばします。神経内科の教授が言っておりました。字が下手だったり、ゆっくりしゃべるひとほど、頭が良すぎて、体がついていかないからだと。字は自分が読めればいい。でも、絵ははやくきれいに描けるようになってください。下手うまな絵が一番、印象に残りますし、ささっと描けます。)

ぼくもICレコーダーを使ったこの学習方法が広く普及し、小学校で教えられるぐらいスタンダードになるまでがんばっていこうと思います。

ぜひ、ひとりでも多くの学生さんが、親のAmazonアカウントをくすねて、いや、お借りして、学習参考書やゲーム、おもちゃ、そして、なによりオリンパスのICレコーダーを買われることを願っています。(このブログのリンクを押したあとで!)

「ダディー。アマゾンでしか買えない参考書があるから、アマゾンで注文させてよ。」とおねだりしたあとは、ぜひ、本といっしょにこっそりICレコーダーも注文してください。
勉強のためだといえば、許してくれます。この手法をフット・イン・ザ・ドアと呼び、交渉には大切な技術です。

新しく紹介した、最新のオリンパスのICレコーダーVoice trekは、なんと3.5倍速まで再生できます。Amazing! ぼくもそろそろ買い換えようかなと思ってます。ぼくが使ってるからっていって無理して古い方は買わなくてもいいですよ。
iPhone5よりも、なにとぞ、新しいボイストレックを、よろしくお願い致します。


ときに、最近、感じるんですが、

自分にあった独自の学習法というものは存在しません。
科学的に人間の脳の定性にあった勉強方法は存在します。

そして、この世の七不思議なのですが、
病気の治療法はスタンダード化され、どの医者が治療しても同じ結果になるという仕組みがあるのに、
勉強法に関しては、ここまで科学が発達した世の中になっても、スタンダード化されていない。

その社会問題のしわ寄せは、小中高生(一部の大学生)に行くわけです。

そんな理不尽を解決するべく、このブログがあります。

ひとりでも多くの人がマインドマッピングとICレコーダーによる勉強法を再発見し、「勉強のスタンダード化」を成し遂げてください。


さて質問をいただきました。

Q 
「英語学習の面でどの学術論文から優先して読めばよいと思われますか?
大西泰斗の本で、英文法の土台ができてきたので次は論文を読みながら英語の力をつけたいです。
さらに志望校は、英語の長文問題を10年くらい前の論文から引用することが多いようです。入学時にはそれくらいの英語力が必要ということかと思いました。
現在はGoogleScholarをもちいて志望校の教授の昔の論文を読んでいます。
しかし内容も片寄るし、物によって英語の難易度が違うので、今度のオープンキャンパスでの教授との話題作りのために読んでいるような感覚です。
PubMedで現在上位のものから読むのがよいでしょうか。
教授とお会いできればオススメの医学雑誌をきいてみる予定です。 」

A
「レベル高し!」

受験生なのに、パドメドを使って論文を読むとは。
向学心旺盛ですね。
日本の将来は安泰です。

さて、真剣に答えますと
「どの目標を目指すかで変わってくるので、答えがない」です。

試験に合格することが目標なら、傾向と対策を教授から直接聞いて、「今度はこんなやつを出す」っていうのを聞き出せばいいんじゃないでしょうか。

それに関する知識を増やせばいいわけで。

論文の文章は、非英語圏のひとによる非英語圏の文章です。
単語さえわかってれば、(興味があれば)誰だって読めますし、理解できます。

というのも、知らない人のために書きますが、
SVC
SVO
の形しかしてないからで、主語が異常に長くて、動詞がどれかわからなくて、うんうんうなりながら読む小説とは違い、単語と背景にある科学知識があれば、誰でも読める。しかも、図入りで説明してくれるし。

ぼくはアブストラクトとフィギュア、サマリーだけ理解して本文はほとんど読みません。
その図を理解する最低限の知識があればいいので、その分野に関する知識と英単語を増やしてねとしかいいようがないです。
すいません。どういう試験かよくわらないのでなんとも言えないです。

医学か数学か物理か生物学の論文なのかわかりませんし、なんともいえません。

追記。


【読者様の上記の質問へのご返事。】

『いただいた回答を読んで悩みは解決へ向かい始めました。自身の根本的な思い違いが見えてきました。
入試問題で引用される類いの各種論文には、構文読解に苦戦するようなものがあるので『論文を読むには英語力がいる』ように思っておりました。(あわよくば生物学や医学と英語を同時に学べるのではないか!と 笑)
残念ながらそういったものにはなかなかお目にかかれず、ひょっとしたら私の選び方が良くないのかと考え、今回質問させていただくことにしたのでした。 』

とのことです。
ぱっと道が開けたみたいで、よかったですね。

英語のほうが読んでいてわかりやすい学問といえば、数学です。
もともと、日本語は数学に向いていない言語なので、日本語のテキストは曖昧模糊でわかりにくい。

でも、医学や化学、生物学は違います。
日本語に訳されているものがあったら、そっちのほうがわかりやすいかもしれません。
無駄に専門英単語を覚える必要があるので、知識がない状態から理解するのは面倒くさい。

すでに翻訳があるなら、日本語でぱっと理解したあとで、わかりにくいところを原著で読むと、すぅーっと理解できるということが多々あります。

総じて、まったく知識のない学問を最初から英語で読むのは効率的じゃありません。

ひとりの疑問はみんなの疑問。
ということで、ご質問はどしどし募集します。
最近、おもいついたアイデア集。
どうやったら、日本の家電メーカーがサムスンのようにカッコ悪いコピー製品を出さずにアップルのような憧れる未来を創造できるようになるか。

1.自動掃除ロボットは、ドラえもん型ロボットがいい。
今や懐かしい、SONYのアイボの足に雑巾をつけたら、家中を雑巾掛けしてくれる。
ルンバを真似したSharpの製品は、目の付け所がシャープではなくdullだ。
すでに技術はあるんだから、作ればいいのに。

非接触充電で勝手に充電して、掃除するペットロボのほうが、ルンバよりよっぽどCool Japanだ。

アイデアは手塚治虫や藤子F不二雄がすでに示してくれてる。
Appleに勝るアイデアはアニメや漫画が教えてくれる。

SONYもPanasonicもまずはドラえもんを見て、家電のデザインを考え直したほうがいい。

2.ICレコーダオリンパスのボイストレックをボカロで再生させる。

このブログの勉強法の読者で、自分の声を吹き込んで聞くよりも、初音ミクの声で勉強したいという男子高校生は多く存在すると思う。
吹き込んだ声をロボット風にアレンジすることは簡単にできるので、オリンパスは今すぐに、ボカロをボイステックに搭載すべし。

ボイストレックの不満なところ。

例えば、
・早送りボタンは、曲スキップと10秒スキップのふたつが必要。
・曲順の変更や曲の削除はもっと簡単にできるようにすべき。レコーダーとミュージックのフォルダを分ける意味がない。
・カレンダー機能の充実。声で日記を作る。
・パソコンとの同期はBluetoothかWifiで、録音データをすぐにバックアップできるようにすべき。
・モノラル録音でいい。

3.SonyとOlympusの提携で、ダビンチよりもAmazingな手術マシーンを作ってほしい。

アメリカは前立腺がんで死ぬ人がものすごく多くて、その分、ダビンチみたいに、前立腺を手術するためのマシーンの需要があった。

一方、日本はというと、肺がんと胃がんで死ぬ人が多い。

肺がんも胃がんもダビンチみたいに内視鏡で手術できるようにして欲しい。

実質、ダビンチを導入し、うん百万もする使い捨ての道具を使って手術をしてしまうと、医療費をお仕上げるだけでなく、アメリカの企業に日本の税金で儲けさせることになってしまう。これは日本経済にとっていかん。
医療も地産地消がいい。
(手術道具も放射線撮影装置も放射線治療装置もなぜか知らないけど、日本製が少ない。作れば売れるのに。)

江戸時代から続くカラクリ人形文化、ドラえもんや鉄腕アトムに根ざした独創的アイデア、ソニーのロボット技術とオリンパスの内視鏡技術があれば、戦争ロボット技術で作ったダビンチよりも日本らしいコンパクトでスマートで世界中の人が安く使える手術ロボットが作れるはず。
(ダビンチの高級使い捨てアームを使わざるをえないっていうアメリカンでワイルドな発想が好きじゃない。なんでオリンパスの内視鏡は洗って何度も使ってるのに、ダビンチのアームの部分は使い捨てなんだろう。改善工夫が足りない。)

日本企業はロボットでナノメートル単位で精巧な部品を作れるのだから、人間のミリ単位の手術ができないわけがない。

はしの食文化があるJapaneseのほうが、chopstick orientedな手術マシーンができるはず。

というわけで、ロボットの目はオリンパスが作り、3D画像はソニーが作り、手をトヨタが作るような夢のマシーンを期待してます。
ガンライフルとハサミとナイフとフォークに根ざした今の外科医療文化を、包丁とチョップスティックとお裁縫に根ざしたものに変えてください。

(営業連絡)
2012年9月15日記 ブログ作者より

「新しいICレコーダーと携帯電話デバイス開発の提案」
オリンパスさんへ提案させていただきます。
貴社の開発したICレコーダー Voice-Trekは、私たち、受験生や科学研究者にとってかけがえのない記憶ツールとなりました。
最近、感じていることがあります。なぜ、iPhone5のように魅力的なデバイスをアップルに作れて、日本のメーカーが作れないのかということです。

そこで日本人にしか作れないワクワクするデバイスを提案します。
世界の学習法を根底から変え、教育水準が飛躍的にあがる私の学習法とオリンパスさんの技術、そして、ソニーエリクソンなどの日本の携帯電話端末メーカーがコラボすれば、最強の学習マジカルデバイスが作れます。
iPhone5に変わり、世界中の高校生、大学生、ビジネスマン、研究者が必携するデバイスになるはずです。

なにが新しいかというと次の3点です。
1.携帯電話端末に、Voice-Trekと同様の高性能マイクと録音エンジンをつける。
2.録音した内容をスマホのアプリで3倍速で聴ける。
3.カメラで撮ったノートに対して、その録音データを関連付けさせる。
つまり、写真と連動して、3倍速の音声が流れるというアプリ。
写真をピンチして拡大しながら、どこでも学習できる。

メモしたノートをスマホで撮って、アーカイブにするという文化はすでに存在します。
そこに、速聴写真記憶という文化が融合することで、私が提案する勉強法は一気に普及し、このアイデアを商品化したメーカーは新しい価値や文化を創造することができます。

そんなことできるはずがないとひとは笑うかもしれませんが、新しいユーザー体験を提案できないメーカーは凋落します。
ただのICレコーダーから、マジカルデバイスへと進化させる提案をさせていただきました。
連絡ください。ほしいいね!といわれる携帯電話ができるはずです。
Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。