合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【マインドマッピングノート術(マインドマッピングはinfographicsという言葉と同値)】

授業でせっせと書いた板書ノートをどうマインドマッピングに変換するかについて書いていきます。

1.序破急。ノートの3段活用

エヴァンゲリオンの「序破急」のように、ノートにも序破急の3段階がある。

序。黒板に書いてあることをそのまま写経する。

破。先生の言っていたコメントや、自分なりの解釈や自分のキャラクター、絵、グラフをそのノートに書いたり、描く。

急。そのノートをマインドマッピング形式に構成しなおす。


2.序破までで作ったノートを書き直すのが面倒問題

ノートを書くのって疲れますよね。

一日に書けるノートの量ってたいしたことない。

それは書くという行為そのものがとても脳にストレスを与える行為で、疲労がたまりやすいから。

序破急の急を作りたいけど、とても面倒くさく感じてしまう。(実際はそこまで大きな努力でもないんだけど)

そこで、解決策。

「序破までで作ったノートを縮小コピーして急のマインドマッピングノートに貼り付ける。」

昨今、10円コピーから5円コピーを見かけるようになりました。

コピーしましょう。

それだけで、かなり労力減ります。

書き写す精神的ダメージを軽減しましょう。


3.自分の字や絵で覚えるという絶大な効果を100%利用するべし。

なぜ、ノートを書かなければならないのか。

なぜ、パソコンで書いた文字じゃだめなのか。

なぜ、ノートはHTMLファイルじゃだめなのか。

その答えは「覚えにくいから」

以上。

理由はよくわかりません。

他人の文字じゃだめなのか、自分の文字フォントならいいのか、書いたという記憶が強く作用するのか、fMRIでもつかって誰か調べてください。

こればっかりは、なぜマインドマッピングが覚えやすいのかという根本的な問いなので、なんともいえません。

「脳の神経回路を模倣しているからだぁー」とかトニーブザンははったりをかましてきますけど、「エヴィデンスは?」と言いたくなります。

勉強法のEvidenceのなさ加減は今にはじまったことじゃありません。

Experience based how-to studyにならざるをえないんです。

さあ、今日もがんばって、ノートを書きまくりましょう。
スポンサーサイト
毎度ありがとうございます。質問をいただきました。


数学の記事で、既に書いていることを繰り返し書く事になってしまいますが、もう一度、書きます。
今の自分より、過去の自分の方が数学の能力(記憶)があったはずなので、うまくかけてるはずです。
ぜひ、すべての数学の記事と勉強法の記事を読んでください。
ぼくは数学のすべての説明をせず、エッセンスだけ書いてます。おすすめの本が手元にあることを前提に書いています。本と同じ説明をしても意味ないからです。(ぼくはマクロ羅列ノートと一部の論理ミクロノートを書きました。)
おすすめの本を買って読んでください。

↓過去のすべての記事一覧↓

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/archives.html


目次

Q1.「試行力やメタ認知は二元論だとどのように表現されますか?
数学ができる人にとって数学の世界観とかはどんなのものなのでしょうか?詳しくお願いします。
問題の拡張や一般化・類推の仕方を中学生レベルのものからセンターレベルまでのもので教えてください。」

Q2.「定式イメージというのはどんなものですか?問題がリアルに瞼の裏に浮かぶのですか?
どのように頭に浮かびますか? 鮮明に浮かびますか?

Q3.「グラフを使わない分野やイメージしにくい抽象的な量や概念はどうやって自分の中に位置づけたらいいですか?
知識系みたいに記憶術でイメージに変換しないのですか?しないとしたらどんな感じですか?具体的にお願いします。」

Q4.「すべてに共通する解法を選択する基準とかをまとめ方がわかりません。どうしたらいいですか?
数学を解く時の思考回路をフローチャートなどでまとめたのを詳しく正確なものを教えてください。」


Q5.「問題を分析するとき二元論も含めどんなことに気をつけなければならないですか?」

Q6.「図形はどうやって勉強すればいいですか?」


いい質問ですね。(池上彰)

これらのことに疑問を持てる時点で、数学的才能がありますので、安心して能力を伸ばしていってください。
それぞれの回答をちょっとずつ書きます。

Q1.「試行力やメタ認知は二元論だとどのように表現されますか?
数学ができる人にとって数学の世界観とかはどんなのものなのでしょうか?詳しくお願いします。
問題の拡張や一般化・類推の仕方を中学生レベルのものからセンターレベルまでのもので教えてください。」

A1.

☆試行力?とは?はてな。

Cf. 試行力で仕事が10倍できる人になる! [単行本]和田 秀樹

ということで、この本を読んでないのでよくわかりません。
和田 秀樹の本をいくつか読みましたが、ほとんどなんの役にもたってません。和田!医者として働け!と思います。

☆メタ=マクロ認知VSミクロ認知

☆数学の世界観について知りたい方は、「放送大学の授業を参照してください」
http://www.ouj.ac.jp/hp/eizou/annai/

特に長岡 亮介教授が明確に答えてくれています。ぼくの書いていることはたいてい教授の受け売りですので。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E4%BA%AE%E4%BB%8B

今知りましたが、教授は理科3類入学で、数学科を出てるんすね。すごい。

長岡 亮介教授の線形代数、微分積分の説明はすべての数学論に通じます。ぜひ、放送大学の図書館に忍び込んで、彼の名著をいろいろ読んでください。数学IAの説明で書いたこと大平?先生の本とかもおすすめです。

ぼくが数行の言葉を書いたところで、たぶん、伝わりません。読んでくださいとしかいいようがありません。

ただ、数行の言葉で数学の世界観を表すとすると、
「この世界は全部、二元論が成立してて、上から下に水が流れるように論理が流れていくのをただ、横で眺めているだけ」です。

そこに創意工夫とかいらんいらん!なのです。既に、ロジックの神様が作った数学という自然(ジャングル)を、鉛筆とノートで切り開いてるようなものなんです。既に神様が用意してくれてるんだから、人間が「創る」とはおこがましい。

☆「問題の拡張や一般化・類推の仕方」という言葉が必要なくなるといいですね。そんないっぱい数学用語は必要ありません。国語なら必要あるかもしれませんが。

つまり、
数学ができるひとは、イコール、解法が整理されていてそれらを記憶しているひと
です。

だから、問題を拡張させる必要も、一般化させる必要もない。

問題Aに対して、じぶんの持っている解法Aを「演繹」してるだけです。(自分で問題Aに対して、全く新しい解法である解法Bや解法Cを、テスト用紙の前で生み出しているようでは、勉強が足りなかったことを露呈してるだけです。)

代ゼミの西岡が言っていますが、数学を読解するのに2言論に必要な言葉は、演繹VS帰納、分析VS統合、抽象VS具体です。

西岡の本も読んでください。

「抽象」的すぎてわかりにくかったでしょうか?

「具体」例を挙げます。

中学生くらいの知識ということで、では卑近に

問い。「三角形の面積の求め方をあげられるだけあげぽよ!」

1.底辺かける高さ割る2

2.ヘロンの公式

3.y=axの積分

4.3辺の和と重心と垂足までの距離の積、割る2

5.二つのベクトルのスカラーかけるsinシータ割る2

6.パズルのピースのように、余事象でだす

などなど。あげたらきりないですがもっとたくさんあります。

読者のみなさんは、たかが三角形の面積ですが、こうして、まとめていますか?数学Aからはじまり、数学Cに至るまで、何度もいろんな形で出てきてるはずです。授業中に出てくるたびに書き足していますか?

たいていのひとがまとめていないと思います。それが写経勉強法で、黒板しか写してこなかったひとが陥る勉強です。

たかが、面積の出し方でさえ、具体例を頭の中で明確にイメージできない。

では、ノートにまとめてください。「めんどくさーい」という声が聞こえてきますが、やってください。

もちろん、書き方はマインドマッピング形式ですよ。

ぼくの既に説明した方法でいうところの、マクロ羅列ノートです。

知識を使える知恵に構造化するっていうのは「結びつきを発見する」ということです。

ひとつひとつの知識が、ばらばらになってて、結びついてないから、いつまで経っても、勉強した気になってて、いまいち、解くことに自信が持てない。

さあ、いますぐに、三角形の面積と題して、マクロ羅列ノートを書いてください。書き終わったら、ICレコーダーで吹き込んでください。

覚えてください。それが正しい努力の仕方ですよ。

マインドマッピングを書きまくってください。大量の問題を読んで理解して、自分の中の具体例を大量に増やしてください。

それでも、「めんどい。時間がないから、試験に間に合わない。」という方は、やはり、今までの、従来の、旧態依然の方法で勉強する以外方法はないのかもしれません。でも、きっと、その方法でも、試験には間に合いません。

ここで引用。

"Learn!Learn!Learn! Learn for me!"「レナードの朝」より

(物語の後半で,再度症状が悪化していくレナード(デ・ニーロ)を直視できなくなった医師役のロビン・ウィリアムズに対し,デ・ニーロの言った名セリフ。)

不治の病に苦しむひとを前に、医者は無力ですが、やはり、学べ、学べ、学べと言ってくれています。

著者はこれを改変して数学嫌いのひとにメッセージを書きます。

''Draw!Draw!Draw!Draw your dream!''

とにかく、マインドマッピングをDrawしてください。1000ページくらい描いてはじめて、夢を実現できます。


Q2.「定式イメージというのはどんなものですか?問題がリアルに瞼の裏に浮かぶのですか?
どのように頭に浮かびますか? 鮮明に浮かびますか?」

ちょっと言葉の意味が伝わっていない気がします。

本当に申し訳ないんですが、ぼくのまとめブログは完璧ではありません。
ndthikaruの古い方のブログにしか載ってない記事もあるので、是非、すべての記事を一覧表示して、関係してそうな記事を読んでいただきとうございます。

さて、定式とは、functionのことです。関数のことです。Functionの日本語訳が関数だとわかりにくいし、Funtionという言葉を反映してないので、この言葉で再定義しただけです。

数学において問題を解くというのは、定式を繰り返し使って、Xという条件からYという結果を導くということ。

定式は数式だけでなく、グラフを伴うことが多いためイメージという言葉をくっつけてるんです。

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-273.html

詳しくは上記の記事で書いています。

どういうふうに頭に浮かぶかですが、

「条件Aが与えられれば、定式Aで分析しよう」という感覚で定式Aを思い浮かべます。

たとえば

「1192年といえば?」と言われたら、「いいくにつくろう鎌倉幕府」という言葉を思い浮かべるのと大して変わりません。

数学で例えれば、

前リンクの例の記事にあるように

「y=logxの接線がある定点(a,b)を通るとき、その接戦をa,bを用いて表せ」といわれたら、さっと、3つの定式イメージがでてくる感覚です。

数学は条件が与えられて、その都度、定式を導き出せるもの(エピソード記憶)と出す必要もなく、意味記憶でぱっと解くべきものと2つあります。

上記の例は3つそれぞれの定式は「意味記憶」です。しかし、「3つ」の定式イメージを思い出さなけなければならないというのは「覚えていない」ので、導き出しているので「エピソード記憶」ですね。

ぼくは少なくとも5年以上、この数学の問題を一度も「思い出したことがない」ですが、今だに「思い出せます」

一度、マスターしてしまえば、ほぼ一生、思い出すことができるのが、長期記憶であるエピソード記憶ですので、がんばってエピソード記憶化してください。

Q3.「グラフを使わない分野やイメージしにくい抽象的な量や概念はどうやって自分の中に位置づけたらいいですか?
知識系みたいに記憶術でイメージに変換しないのですか?しないとしたらどんな感じですか?具体的にお願いします。」

A3.
☆グラフを使わない、イメージしにくい抽象的な量もたいていは、具体化できます。

定性VS定量(ちょっと換言すると、具体VS抽象ともいえる二元論です。)

という二元論が存在するからです。

確率もトランプ、サイコロなどに具体化できますし、四則計算もそろばんにできます。行列計算さえもやろうと思えば、具体化できます。(長岡教授の授業を参照)

逆に具体化できない量を教えて欲しいです。

実在しないはずの複素数だって、複素数平面にして具体化しているわけで、具体化できない量はありません。

また抽象的な概念も、具体化することはできます。

逆に言えば、具体化できない概念は、「役に立たない概念」として「使わんでいい」ということです。

たとえば、倫理科目で習ったethosとかドグマとか抽象的な概念を使う人いますか?

がんばれば具体化できますけど、日常生活で「お!そのエートス、まじ、( ・∀・) イイネ!」とか言ってるひとはいませんので、使わんでいいと思います。

☆エートスのようななんの役にも立たない失敗した抽象概念を覚えたいなら、「使わんでエートス」と覚えてください。

(無理やり具体化するというのも、極端な抽象概念を覚えるのに必要なテクニックです。)

ドグマを覚えたいなら、「エヴァンゲリオン、劇場版Q」に出てくる「セントラルドグマ」をWikipediaで調べてください。うまく具体化できると思います。

Q4.「すべてに共通する解法を選択する基準とかをまとめ方がわかりません。どうしたらいいですか?
数学を解く時の思考回路をフローチャートなどでまとめたのを詳しく正確なものを教えてください。」

☆たしかに、初学者はなにもかもわからないですよね。

正直、求められる数学のレベルによって、違ってくるので、どのくらいまで深く解法をまとめるべきか答えはありません。

そして、うまくフローチャートで説明してくれている数学の参考書というのは、残念ながら存在しません。

そうです。自分で作るしかないんです。

読者によって、目指すところは異なります。東大に受かる数学と慶應に受かる数学とセンター試験で満点を取る数学は異なります。たぶん、公務員試験に必要な数学も大学受験のものと異質だと思われます。

過去問を10年分もやれば、傾向がつかめるでしょう。その傾向にそった内容の論理ミクロノートと羅列メタノートを作ればいいと思います。

ゴールが決まったら、それにそって、肉付けしていけばいいわけで、そんなに大きなハードルではないですよ。

1日8時間勉強して、365日やったらたいてい合格できるはずです。

一番問題なのは、ゴールも設定せずに、「基礎が大事だぁーー」と言って、中学校の教科書にもどって勉強し始めることです。

ゴールから逆算して、中学校の教科書の「一部」を読み直すならまだわかるんですが、「全部」やろうとするって、普通、だれがどう考えたっておかしいです。

戦略をもって、効率的に計画をもってやってください。計画をたてられたら、80%は合格したものと思ってがんばって勉強してください。


Q5.「問題を分析するとき二元論も含めどんなことに気をつけなければならないですか?」

☆問題を分析する。(ミクロに分解する)

それがおわったら、必ず、問題を総合してください。(マクロに総合する)(その問題がいくつの定式イメージによって解くことができたか総評する。)

抽象的なら、帰納的にひとつひとつの値を入れて遊んで、具体化すればいい。

定量的すぎるとなら、グラフにして定性化すればいい。

与えられた条件から結論を導くのに行き詰まったら、結論から条件まで戻ればいい。

西岡の本で具体例も書かれていますので、説明はそれに譲ることにします。

とりあえず、試験の過去問10年分、すべてで、フローチャートを書いて分析したらいいと思います。

1.問題を読む。解答を読む。

2.解答の通りに計算する。
(手を動かしてください。ちゃんとわかってないのに、理解した気になりますよ。)

3.なるほどと思ったら、必要になった定式イメージを抽出する。

それを「上から下へぇー、受け流すぅー。」

4.フローチャートにして、それに必要なテーブル図やグラフ、ベン図を右に付け足す。

200枚くらいこういう論理ミクロノートを書いたら、さすがに、どんな分野が頻出かわかってくるし、必要な定式イメージの数が有限であるということがわかってくるので、その分野を別の参考書で肉付けしてください。

たいていの試験はプール問題が8割ですから、10年やれば、光が見えてくるはず。

Q6.「図形はどうやって勉強すればいいですか?」

☆昔だったら、SAPIXから出版されていた中学生用の「目で解く図形」シリーズがよかったと思います。

これで勉強すれば開成高校にも合格できます。たぶん、同じような本が出てると思いますので挑戦してみてください。

勉強の仕方は、ほかの数学の分野とまったく同じです。

ただ、図は惜しみなくいっぱい書いてください。

絵を正確にフリーハンドでかけないのに、辺の長さや、角の大きさを予想することはできません。試験に定規やコンパス、分度器を持ち込んでもいいのなら、フリーハンドでかけるようにならんでいいと思います。

以上で長かった質問の解答を終わります。

どうでしょうか。

数学という一見すると高くそびえていた壁をぶっ壊す解決の糸口は見えてきましたか?

数学は登山のように、一歩一歩、地面を見ながら登っていたら、いつの間にか、視界が開けるものです。

あきらめなければ、方向さえ間違えなければ、時間をかければ、だれでも山頂まで行けます。(数学は科学だからです。)




ご支援をよろしくお願いいたします。
これまでノートの取り方をマインドマッピング形式にしてくださいねと主張してきました。
(参照。http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-430.html

でも、マインドマッピングという言葉はいまいち、伝わってこない言葉で気に入らなかった。

そんな折、最近、ワールドビジネスサテライトで"infographics"という二元論ユーザーらしい言葉に出会ったので、この言葉に改名しようと思います。

NO MORE MIND MAPPINGS BUT INFOGRAPHICS!

infomaiton+graphics

定量+定性

抽象+具体

データ+絵、グラフ

名が体を成すとはこのことですね。

マインドマッピングという言葉に縛られて、「かならず、テーマを真ん中に書かなければならんのじゃ」とか「関係してたら必ず矢印で結ばなければならんのじゃ」「ノートは必ず、横向きでなければならんのじゃ」みたいなトニー・ブザン(Tony Buzan)の呪文を気にする必要はありません。

http://visual.ly/

https://www.google.co.jp/search?q=Infographics&hl=ja&client=firefox-a&hs=MZf&tbo=u&rls=org.mozilla:ja:official&tbm=isch&source=univ&sa=X&ei=pGGtUKqNK5GemQXE04CwBw&ved=0CFYQsAQ&biw=1650&bih=913

情報が脳に伝わればいいんです。

http://infographic.jp/gallery/infographic_of_infographic/

既に、マインドマッピングを書き慣れた二元論ユーザーの読者のみなさん。

上記のようなinfographicsを見ることによって、アイデアを盗んでください。

どうやれば、もっと脳にインパクトを与えられるようになるのか。

良いインフォグラフィクスと悪いインフォグラフィクスのデータベースを作らないといけないですね。そのうちまとまったら書きます。


二元論実現社会の夜明けは近い。

日本維新の会にはちょっと期待しているんですけど、橋本さんはinfographicsをマニフェストにすればいいと思う。(進藤アナも言ってたけど、)
そうすれば、生産年齢の若者や中年はすごい勢いで彼らに投票するだろう。

最先端の科学技術立国日本の社会はinfographicsで実現して欲しいし、実現する力を秘めている。

ぼくも医学、医療の分野に関して、どんどんinfographicsを発信していこうと思ってます。

乞うご期待。

(数学のinfographicsをもっと出してくれ?もっとアフィリエイトで儲かっていればぁ.....なぁ)
日本の公衆衛生、医療経済の関係を学ぶと、日本製品を買う大切さがわかってくるんです。

医者は税金で給料をもらっている。つまり、日本人の病気を救うことで、日本人からお金をもらっている。

医療ツーリズムをやらない限り、外国人からお金を稼ぐことはできない特殊な職業です。

医療費が国家の財政を悪化させている現状は、言い方を変えれば、製薬会社と日本全国の医者がお金を儲けて、財政を悪化させているということ。

じゃあ、医者や製薬会社に勤めているひとがなるべく、日本製品、日本の農産物を消費したらどうなるでしょうか。

お金の動きが日本の中で完結することで、これから迎えるであろう赤字ばっかりの貿易収支が改善し、日本の景気はよくなるでしょう。

ぼくも医者といえば、BMWだよねという固定観念にとらわれていましたが、日本は世界でも珍しく自国で車を作り、車に乗れる国です。

公衆衛生を学び、医療経済学を学び、日本の製造業の弱体化をみるにつけ、外車礼賛の考え方は日本経済を悪化させ、ひいては、医者の給与も悪化させる原因になる。

たぶん、医者や製薬会社に勤めている多くの人間は、外車礼賛文明にどっぷりで、いまだにバブリーな高級な外車を求める傾向にある。

医療で外貨を獲得できない医者に、高級外車に乗る資格はない。iPS細胞を作った山中教授のように、外国のお金を日本に持ってこれるような医者にのみ、外車に乗る資格が与えられる。

そういうわけで、ぼくは内需拡大のため、日本製品をなるべく買うことにします。

みなさんも、なるべく日本製のICレコーダーを買ってください。特に経営不振のオリンパスを応援しましょう。


将来、独立開業した医者は、現在のようには儲からず、勤務医の儲けと大して変わらない時代が来ます。

日本医師会のような圧力団体が、開業医の利益を守れた時代は、貿易収支黒字の時代の終わりとともに終焉を迎えます。

そして、医者がバブリーに高級外車を乗り回す時代も終わりが来ることを願っています。
すいません。コメントを勝手に引用してしまいまして。ちょっと、改変しました。
ひとりの質問はみんなの質問の法則がありますので、みなさんに向けて答えます。ご海容ください。
(過去にアルバイトします宣言をどこかで書いたかもしれませんが、その文章を訂正いたします。)

Q「私は公務員を目指しています。私は公務員の勉強の中で理系全般が特に苦手です。
私は今までずっと文系で理系の勉強を避けてきました。
それがこの一年で勉強せざるおえなくなったので大変、苦労しています。
公務員試験にでてくる理系の問題はいわゆる中学受験の鶴亀算・図形や難しくても高校までの数学・物理・化学です。
私は特になぞなぞのような判断推理が苦手です。
これら考えたり試行錯誤せずに解法を暗記するしかないと今は思っています。
しかし、解法を横並びに暗記していくのも限界があります。
それに解法を暗記している人より理系の人は軽々と解いていきます。
自分の力だけでこれらすべての内容を構造化するのも無理です。
私には数学に必要な洞察力・感覚・フレームワークetc..など必要なものが何かもわからないですし、それをどうやって獲得するのかもわかりません。
私はこのホームページを見てこれらの問題を貴方の知恵・知識なら解決してくれると感じました。
個人レッスンしてください。」

A 「5年前なら引き受けてました」

まず、ぼくの書いていることを信頼し、ぼくを頼りにしていただいたことをうれしく思います。ありがとうございます。

ただ、たいへん申し訳ないことなのですが、私も今、医師国家試験受験直前でして、時間がないんです。
そして、来年から働き始めるので、今後、お手伝いできるチャンスは訪れません。
5年前だったら、二つ返事で「喜んで!」というところなんですが、残念です。もう少し出会うのが早かったらよかったのですが。

本当に、なにかお手伝いできればいいんすけどね。
ぼくの知恵や知識はたいてい書かれています。どうかすべて読んでください。

時間がかかっても、うんうんうなりながら、手を動かしながら、ノートを書きながら、勉強する以外近道はないのかもしれません。

それに、公務員の予備校の先生や代ゼミの予備校の先生のほうが詳しいやり方を知っていると思われるので、受講するのもひとつの手です。

ぼくも数学を高校三年生のときに偏差値40を叩き出した者ですので、(受験前は75くらいでしたけど)気持ちはわかります。数学アレルギーみたいなものは、努力したのにもかかわらず、度重なるひどい点数によって形成される。

苦手意識はトラウマみたいなもので克服するのは容易ではないですが、苦手意識は発奮材料になります。
高くジャンプするには、深く膝を曲げなくちゃいけないわけで、まず、どれかひとつの範囲を得意になってください。
確率でも、微積でもなんでもいい。
(手前味噌ですが、ぼくの書いた細かい説明を参照してください。)
得意になれたら、数学的帰納法で、ドミノが倒れるようにどんどん苦手分野を克服できてきますから。

自分で作った苦手意識の壁は自分で壊すしかない。

正しい努力は裏切りません。正しく努力してください。

応援してます。
新シリーズ【進路】

受験生→医学生→研修医の進路について

少しずつ書いてきた、医学科受験、医学生、研修医の進路に関する記事をまとめます。裏事情も書きます。
裏事情を知るからこそ、どの進路にするべきかわかってくると思います。

(こういうことは受検生やその家族に伝えておきたいと思いついたことを、小出しにしていきます。同時進行で、いろんなジャンルの記事を書いています。どの記事も少しずつ加筆しますので、気長にお待ちください。Amazonを利用することで応援してください。よろしくお願いします。)

【目次】
1.どの大学医学部医学科を受験すべきか?
2.どんな医学生生活を送るべきか?
3.どこで研修すべきか?
4.将来、どんな医者になるべきか?
5.どんな女医になるべきか?

【本文】
1.どの大学医学部医学科を受験すべきか?

Answer.地方国立大学医学部医学科。

理由1.奨学金がいっぱいもらえる。

福島県立医大は奨学金月々30万らしいです。
学生として遊んでるだけで、30万。バブリーです。裏を返せば、それだけ、医者がこの県で働くことを嫌がるということです。
学生のうちに、お金で縛ってしまおうという県庁、福祉課の戦略です。
そうすることで、医療崩壊を防ごうと必死なんです。

理由2.地方に残ってくれそうなひとは、いくら浪人しようが合格させてもらえる。


2.どんな医学生生活を送るべきか?

Answer.部活や趣味をして楽しく過ごして、勉強は国家試験を8割以上とって合格するレベルでいい。

理由1.研修しはじめてからが本当の医療だから。診療科によっては、一生使わない知識になってしまうから。

理由2.わりと、医師国家試験で合格点をとることは簡単だから。
むしろ、進学試験や卒業試験のほうが難しい。

理由3.医者になったら遊べないので、学生のうちにやりたいことをやっておくべきだから。

理由4.医学部の部活はなぜか知らないけど、みんな本気だから、ちゃんとやらないと白い目で見られるから。


3.どこで研修すべきか?

Answer.きつく研修したくない医者は大学病院。1年で一人前になりたい医者は市中病院。

理由1.内回りの大学病院研修は学生の延長でできるが、市中病院は労働力とみなされるから、責任を持たされる。

理由2.後期研修は大学に戻って、学位をとるべきだから、初期研修はどこに行ってもいい。

理由3.ロマンチストは、京都か東京か横浜か沖縄か北海道にいくべき。


4.将来、どんな医者になるべきか?

Answer.ヤブ医者にならないために、体系のある医学知識、知恵を持った医者になるべし。

理由1.ヤブ医者はいっぱいいる。反面教師にして、絶対にああいう医者にならないように。

ヤブ医者の定義とは、

1.医学知識が整理されていない
「A=Bだよねー」という暗記を繰り返しているため、「AからなぜBが導かれるのか」を理解していない。

2.新しい医学知識をアップデートしない
医者は一生、勉強していく職業だという自覚がない。怠慢な医者。ノートを取らない、作れない医者。

3.鑑別診断が未熟。
NHKの「ドクタージェネラル」に出てくる先生ばかりだったら、この世の中に、ヤブ医者はいないんですが、残念ながら、暗記を繰り返していたり、疾患を鑑別する経験をしてこなかった医者はこの世にいっぱいいます。

患者として、この医者はちゃんと疾患を鑑別する能力がある医者か見抜かないと、ひどい目にあいますよ。

【ヤブ医者かどうか患者が見抜く方法。こういう医者はヤブだ。】
1.中堅医師なのに、専門医資格を持っていない。

2.問診が短い。

3.どんな疾患が考えられるか、リストアップしてくれない。

4.治療の作用、副作用の説明をしてくれない。

5.これから、どういう経過をたどるか、説明できない。

6.病院を転々として、職場が一定でない。

7.医療面接が挙動不審、あるいは、横暴で、患者の質問を面倒くさがる。


以上。




5.どんな女医になるべきか?

Answer.離職しないで欲しい。

ぼくみたいに苦労して医者になったひとから見ると、数年で医者をやめてしまい、家庭に入ったり、医者として医療を支えてない女医さんをみると、すごく歯がゆいです。
何千人もの医者になることをあきらめたひとの上に女医さんは立っているという自覚がたぶんあんまりない。
選ばれた人間なのだから、その自覚をもって、責任を実行して欲しいなあと思っているのはぼくだけじゃないと思います。

もちろん、女医さんが、家庭と、医者として働くことをもっと、両立できるような医療制度を作っていかなければと思います。
現状は、十分に整備されているとはまったく思いません。

ただ、医者という職業はそういう女性にとって不遇なものであるという覚悟をもって医者という職業を選んで欲しい。
現在の医療体制を変えるのは女医さんご自身です。
ぼくも職場環境の改善を応援します。

女医さんにとって、医者はつらいよ。な理由

理由1.結婚しても半分は離婚する。

女医さんの結婚相手はほぼ医者しかいません。

女医さんの33%は生涯未婚。33%は結婚して離婚。33%は結婚して夫婦円満。これが女医の3等分の法則。

女医さんと結婚する医者は、どんなに愛していようが、半分の確率で将来、離婚することになるという厳しい統計があります。
オッズ比は一般女性と結婚するより高いです。

離婚する理由は、たぶん、医学科の女性を見てればわかりますが、気が強い、いや強すぎるからです。
自我が強いから、自分の意見を曲げないし、押し付けてくるし、怖い。((((;゚Д゚))))

理由2.肌が荒れるくらい過酷な労働である。

理由3.女性は35歳を過ぎると、急激に子どもが産めなくなってくる。

研修医を終えた女医さんは26歳。結婚と産休をして、ちゃんと、職場に戻ってこれるのは、研修を終えて、30代後半ということになる。

一方、ちゃんと専門医資格を取れるまでがんばってから、結婚し、産休をもらうということになると、35歳というタイムリミットがかなり切迫してくる。

どんな職業でも、女性がキャリアを重ねることと、家庭を作ることはの両立は難しいとは思いますが、6年間の学生生活と、2年の研修があるとなると、4年生大学の学生よりも、4年間、婚期が遅れがちであると思います。


(突然ですが質問コーナー)
Q.医者を諦めて、臨床技師になろうかと思いますが、医学生からみて臨床技師の学生はどんな存在ですか?

A.「あきらめないで。」
時間はかかっても、ICレコーダーでマインドマッピングノートを繰り返し、聞いて覚えられれば、誰でも医者になれます。
浪人したくないし、親も許さないというのであれば、仮面浪人という裏技もあります。

ただ、女性として職業を選ぶときに、女医という職業が幸せな職業なのかなーと、周りの医学生を見てて思うんです。
一部のやる気のない彼女たちは、ただ医者というブランドを身につけたくて、医者という職業を選んだのかと感じるくらい、将来、医者になって活躍しているという想像がつかない。(すいません。ほんのひとにぎりの女子医学生ですよ。彼女らは、どうせ9時5時で帰れる麻酔科医か皮膚科医か耳鼻科医か眼科医になるんだろうなぁと思う。)
今、ちょうど、仲里依紗主演の「レジデント」というドラマがやってますので、参考にしてください。極端にデフォルメしてますけど、多かれ少なかれ、現場はあんな感じです。


さて、技師さんの存在について。
我が大学には技師さんの学科はなく、近くに専門学校があるくらいですが、まったく交流はありません。

コメディカルとして、将来お世話になるんだなくらいに考えています。

たぶん、医者から見た感覚としては、技師さんも看護師さんも事務さんも大して変わらないです。
みんな平等にコメディカルで、同僚っていうイメージ。
Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。