合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

どうしてどれもこれもマーガリンとショートニングをいれるんだ問題。

https://www.fsc.go.jp/senmon/gijyutu/gijyutu25/2_1009_hirata_seika.pdf#search='%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8+%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96'

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/trans_eikyou.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8

とにかく、トランス脂肪酸は動脈硬化になるのでヤバイ。

これが入った食事をしまくると若年性の心筋梗塞になる。(30代の有名人が心筋梗塞で死ぬというニュースが昨今多い気がする。)

今まで、安全だと思っていたマーガリンとショートニングの摂取はハイリスクとなる。

そういう目でみて、コンビニで朝、昼ごはんを調達する事が多いので、パッケージの裏を見ると、たいていのものはマーガリンが使われている。

コンビニ食で早死するというイメージはあながち間違いではないということか。

お金もかかるし、ダイエットもしたいし、そろそろコンビニ弁当、コンビニパンはやめようと思います。なにより、動脈硬化リスクが半端ない。

忙しいからといって、医食同源を実践しないのはまずい。

そこで行き着いた結論は、『大塚製薬さんに頼る』です。

患者さんにも投与する大塚製薬さんの商品。

市販ではカロリーメイトやソイジョイが有名ですが、これらの商品にはあんまりトランス脂肪酸が入ってないそうです。




一回のごはん代金が160円で収まるというのは、すごいことですよね。

夕飯はその分、バランスのよいものをしっかり食べましょう。
またしても、絶版のお知らせです。

読んだら忘れない読書術の出版社より、クレームをいただき、このたび、上記の本の出版差し止めを余儀なくされました。

読者の皆様におかれましては、ご迷惑をおかけし大変申し訳ないことです。

これからはマインドマップを速聴して記憶する本をご覧ください<(_ _)>

ウソです。

クレームもらってません。

本が多いのは混乱の元になるので、重複する内容が多い本は要らないので削りました。

買っていただいた方、ありがとうございました。

引き続き、マインドマップを速聴して記憶する本をよろしくお願いします。

SeeQVaultが、今年、日本製品で起きた革新の中で、ベストに輝きました。
Apple製のプロダクトだろうが、マイクロソフト製だろうが、この製品の素晴らしさにはかなわない。



テレビ録画番組の新たな視聴方法として、東芝からSeeQVault(以降はSQV)対応microSDカードと対応カードリーダー/ライターのセット「MSV-RWシリーズ」が発売された。SQV対応のmicroSDカードにレコーダの録画番組を保存することで、PCやスマートフォンで録画番組を視聴できるというもの。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/20150622_706793.html

SeeQVaultという新しいテレビの企画のおかげで、当直中でも、テレビを2倍速で視聴する環境が整いました。【祝】



上記3つのデバイスとお手持ちのノートパソコンにPC TV with NASNEをインストールすれば、2倍速で視聴することができます。

WindowsPCじゃないと、2倍速になりません。Androidは1倍速です。

ぼくはWindows中華激安Tabletを買って、2倍速で視聴しています。

Toshiba製だろうが、互換性があるので、メーカーにこだわる必要ありません。

やっと、時代がぼくの理想に追いついたと感じます。待ち憧れていたテレビどこでも2倍速視聴時代の幕開けです。

テレビが4Kだろうが、フルハイビジョンだろうが、関係ありません。

テレビが面白くなるのは、自分がストレスを感じずに視聴できる状態でのみ可能となります。

速聴マスターのみなさんもそうだと思いますが、音声が1倍速だと遅すぎて、冗長で、イライラするんですよね。

SeeQVaultを作ってくれたSony Toshibaとその他の仲間たちのみなさん。本当にありがとう。
受験生の10から15%は試験当日に下痢をします。

過敏性腸症候群(IBS)の有病率がそのくらいだからです。

安心してください。ぼくも必ず、下痢しました。

もし、試験中に腹痛があり、下痢を我慢しきれなくなりそうなときは、ストッパという薬を薬局で買って、飲みましょう。どこの薬局でも1000円以内で買えます。

即効性があるので、腸の蠕動運動が弱くなって、すぐに下痢、腹痛は抑えられます。

試験当日朝、バスや電車の中でも、緊張して下痢になることがあるので、備えあれば憂いなしということで用意しておくことをおすすめします。

また、薬があるという安心感があるだけで、下痢や腹痛は結構とまります。

ちなみに、IBSという病気は抗菌薬や乳酸菌摂取では治りません。(一部、乳酸やグルテン不耐症でなってるひとは、摂取を避ければ治るけど)
対処療法でうまくつきあっていくしかないんです。

試験、がんばって。

(電子書籍、健康編に追記予定)

【追記】

医者になっても、やはり、医者になる前と同じように、

『ためしてガッテンのおかげで、人生が楽になる』

ことがあります。それくらい、サイエンスコミュニケートとしてのためしてガッテンは影響力があります。

UpToDateという最新のエビデンスが集められたサイトでも載ってません。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20151118.html

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20111214.html

今回の放送で新しい知識だったのは、

①『希少糖に対する消化酵素の活性低下のせいで、希少糖が大腸へ到達してしまい、水分吸収妨げて下痢になること』

②『夜寝ていて蓄えられた胆嚢の中の胆汁酸が大量に出てしまい、大腸に到達してしまうことで、水分吸収妨げて下痢になること』

③『腸管反射としての下痢』

の3つです。

ぼくの場合は②が主な下痢をする理由です。すべてのひとに②が当てはまらないのは、ひどい感染性腸炎後に小腸末端が傷ついてしまうことで、胆汁の回収回路機能が低下してしまったからだということでした。

多くの人が、IBS、過敏性腸症候群と診断されていますが、実は、この胆汁回収機能低下がIBSの原因であった可能性があります。

このことは、まだもっともエビデンスLevelの高いUpToDateにも載っていません。

②のひとの対策方法は簡単で、朝食を抜けばいいのです。起きて、安心してトイレに行ける環境に移動した後ならいつ食べても大丈夫です。

試験日の場合、早めに起きて、すぐに食事し、下痢をして、腸の中をからっぽにすれば試験中に下痢をせずにすみます。

②の特徴は食後1時間後に下痢するということです。ぼくも割と正確に下痢します。

ぼくの場合はこの理論を知る前に、症状日記をつけることで、朝食後1時間で下痢するということがわかっていました。理由はわからないが、腸管反射が起こっているのだろうと仮定して、安心してトレイにいける環境になるまで、朝食を抜くという生活にすると、下痢で悩むことはなくなりました。

つまり、解決方法は3つ。

1.朝早く起きてすぐに食事し、出かける前大腸の中をからっぽにする。

2.朝食を抜いて、起きて、3,4時間後に食事する。

3.ストッパで強制的に止める。

以上です。これ以外に、根本的に解決する方法はないと思います。ぜひ、患者に試して、論文を書きたいところですが、面倒なので誰かやってくれるのを待ちます。

①の解決方法は、自分が消化できない希少糖を特定することしかありません。このことはUpToDateにも書いてあります。「難治性下痢、IBS」で調べてみてください。
自分の食事をメモして、怪しい食材を特定しましょう。

③は食事したら、便意を催すという自然現象なので、仕方ありません。
以下、Amazonのキンドルストアの僕の本のレビューを引用します。

ハロー様からの投稿:

『ネットサーフィン中にたまたま著者のブログを発見し、この書籍にたどり着いて拝読した。

書店に並んでいる勉強本と一線を画している。あえて悪い意味で言うと、一般ウケする本ではない。

勉強法や記憶法マニアの人は、読んでみると面白いかもしれない。もちろん、トンデモな方法というわけではなく、実践的なノウハウが惜しまず書かれている。

ほぼ全ての項目を階層的に著していることから著者の徹底ぶりが伺えた。普段から階層的に物事を考えている、非常に頭のいい方なのだと思う。

心理学系の読み物としても面白かった。』

ということでした。

レビュー、そして、五つ星ありがとうございました。

このレビューを読んで、555円に値段をあげることを決意し、大学受験科目の全教科説明本を絶版にすることを決めました。

絶版にして、この本の付録にしました。

ハロー様からのレビューでよくわかりました。

もうウケなくていいと悟りました。

わかっているひとに対して、売れればいいやと痛感したんです。

安い値段だと、星1つで酷評してわかんないよと言って評価が下げられてしまい、方法論そのものの信頼性がなくなってしまう。

僕の本の内容はすべてブログに書かれています。

それが整理して通読しやすい形になっているのがキンドル本です。星1つのレビューをする前に、ブログ読めよとつっこみたくなるんです。

安い本だと、ぼくのブログを読まずに、いきなり本を買ってしまい、斜め読みして、てきとーに読んで、消費され、理解できずに、途中で投げ出し、酷評するというパターンに陥ってしまう。

だから、敷居を高くしました。

万人うけしなくてもいいです。ハロー様のように、

語弊を恐れずに言うと、

リテラシーのあるひとが、他のわかっていないひとを出し抜き、トップの成績になれるような虎の巻な本になるべきだと心底おもったんです。

パソコンで例えると、

Android端末じゃなく、iPhoneになるべきだと思った。

WindowsのPCじゃなく、MacBookやiMacのようになるべきだと。

555円という高価格は情報量ということにしました。

ぜひ、自分の勉強法をひたかくしにして、友達や同僚を成績で出しぬいてください。

二元論とボイスレコーダーとマインドマップを使いこなせる学生、エリート社員のみなさんはどんな環境にいても「できるやつだ」という評価になりますよ。

人間の能力は、大学生までは、親の教育力、周りの環境が強くでてしまいますが、

社会人5年目~10年目以降は、勉強力(非認知スキル)が、できるやつとできないやつの違いになってきます。たぶん。

ぼくは、勉強法マニアではありません。『勉強力(非認知スキル)向上マニア』です。

勉強力(非認知スキル)向上のお手伝いができれば幸いです。

みなさんのアフィリエイトとキンドル本の購入だけで、永続的に本が更新され続けます。ほぼボランティア活動なので、応援よろしくお願いします。



追記。
アメトークというテレビ番組で銭湯芸人が銭湯文化を盛り上げるために、特集をしていました。

【おすすめ銭湯】
南青山 清水湯
中目黒  光明泉
武蔵小山温泉 清水湯
戸越銀座温泉
改正湯 西蒲田
久松湯 練馬区
北千住 大黒湯

関東圏に住んでいるひとしかありがたみのない番組ですが、これ以上銭湯がなくなることをなんとか食い止めたいという気持ちが現れています。

温泉、銭湯大好きドクターとして、ぼくの本の付録に銭湯、温泉データベースを勝手に書こうと思います。

【もう一度行きたいベスト温泉(北から)データベース】
洞爺湖温泉
登別温泉
乳頭温泉
草津温泉
白骨温泉
ほったらかし温泉(山梨市)
大滝温泉(天城山)
石見銀山温泉
道後温泉
別府温泉

【もう一度、硫黄のにおいを味わいたいベスト火山】
八幡平
医者はサイエンスコミュニケーターである。

よくリサーチマインドを持った医者にならねばならぬとか、ジェネラルマインドを持った医者にならねばならぬとか、医は仁術だとかいいますが、ちょっと、感覚がズレてる表現だと思います。

医師は多くの患者とその家族と患者予備軍にとっての、サイエンスコミュニケーターになるべきだと感じています。

サイエンスを使う限り、リサーチマインドを持ってるのは当たり前。それをいかにわかりやすく、伝えるか、コミュニケーターの技術が必要になってきます。

最先端のことがわかっても、大衆が知ってなくちゃ意味が無い。あるいは、大衆が調べたら、即、わからなければ意味が無い。

そして、目の前の患者にわかりやすく伝えられないのに、大衆に伝えられますか?無理っす。

サイエンスコミュニケーターは二元論でしか、上手に伝えることができない。

どんな伝える技術も二元論が裏打ちされている。


ばか高いきれいな3D映像で小難しくプレゼンするよりも、ためしてガッテンの手作り模型で小野アナウンサーと、志の輔師匠が解説するほうがはるかに伝わるプレゼンである。

頭の硬い、ださい、伝わらないプレゼンは廃絶されるべきだし、

洗練されていて、感覚や感動が伝わるプレゼンは学会などの公の場でも賞賛されるべきだと思う。

TEDやスティーブ・ジョブズが作ったプレゼン文化が、ぼくが所属している学会でも浸透するか、あるいは、ぼくが所属している医局でも浸透するか、そして、ぼくにそのプレゼン文化を体現できるか、が ぼくのこれからの課題です。

そういう意味で、医学部の入試のおける面接はプレゼンではある。

いかに伝えるかが面接では問われる。

絵がないので、二元論ではないが、ジェスチャーと話術だけで、受け手に絵を描かせるという意味では、高度な二元論が要求されているのかも。
そういう視点で面接している面接官はひとりもいないだろうけど。

圧迫面接とかなんの意味もない。

(前にも書いてますが、医学部面接の目的は、コミュニケーションができない自閉症のひとをそこで診断するためです。公平性が担保されないので、面接の印象だけで、合否は決まりません。)
【裁断しない自炊】一眼で偶数ページのみ固定して取る。その後、奇数ページを統合する。

本を裁断せずに自炊する方法に、Scan Snap SV600を使う方法があります。

これが圧倒的にだめな理由は、

1.スキャンが遅い
2.文字が歪む
3.見開きだから、タブレットで拡大して読むのが苦痛。

以上です。

このせいで実用的でない。

そこで、これを解決すべく、開発した世界初の発明技術を公開します(本、買ってね。)

用意するもの
1.一眼レフデジカメ
2.三脚
3.パソコンとフリーウェア
4.シャッターリモコンがあると便利

やり方
1.まず偶数ページを三脚で固定したデジカメからフォーカスをマニュアルにして固定して撮影する。

2.次に、奇数ページにフォーカスを固定して撮影することを同様に行う。

3.ファイルをリネームソフトで付け直す。
偶数、奇数に飛び飛びでリネームするソフト。お~瑠璃ね~む
Allrenameというソフトで
連数の設定のところを、支援ボタンを押して、飛ぶ番号を2にする。005から2ずつ増やすというようにする。
そうすると、5ページ目から7,9,11・・・・と勝手にリネームしてくれる。



メリット
1.スキャン速度が速い。ページをめくるだけだから。フォーカスも変える必要がない。
2.文字がゆがみにくい。ほぼ真上から片方のページのみ撮影するので。
3.見開きにならないので、1ページあたりの文字の大きさがでかくなる。

以上より、スキャンスナップのSV600の欠点を克服できました。

撮ったJPEGファイルは、いきなりPDFというソフトでPDFに変換し、適度に圧縮率を下げてやれば、文字は綺麗に映ります。
読取革命でOCR。
macのスポットライトで全文検索。PDFビューワーでインクリメンタルサーチ。

こうすることで、自分が構築した知恵と知識のデータベースを高速に検索できる。
Neisseria meningitidis