合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
リピートします。強調しても、しきれないので。

でも、新しい情報も付加していきますよ。

参考書についてなんですけど、

キミがどんな 参考書を使っていようと、アナタが 大学に合格する確率は そんなに 変化しません。
大学への数学信仰から 東京出版の参考書しかもっていなくても、
あるいは
チャート信仰から 数研出版の参考書しか もっていなくても、
です。

大切なのは、いろんな角度から ひとつの分野を 眺めて、結びつきを発見し、そして、その本ごと、 記憶のよりどころにする という 態度です。

どんな参考書だって 欠点があります。それを 補いながら、理解度と記憶率を 高めることが すべてです。

参考書によって、数学の成績は左右されません。

データベースの構築度によって、左右されるというわけです。

データベースの構築?と 思われた方。WelcomE。www.ndthikaru.com へ アクセス ライナウ。ジャス コピー&ペイスト ダッ URL & プレス インターキー。

じゃあ 以下リピート。


久しぶりに うまく 書けちゃったので、以下の記事を あと 5回ぐらい リピート放送しようと思います。僕の言いたいこと、このWikihikagleプロジェクトの核心を 以下の文章で 述べます。

数 学の定式イメージ論は 僕のオリジナルなので、もし 「そーか!そーだったんだ」と 思った方は、勝手に 私用せず、リンクや トラックバックを 残してくださいね。そーすると、Googleでの Wikihikagleの地位が 上がりますから。お金取りませんから、モラルある 知識の好循環を お願いします。

じゃあ、本編どぞ。

「1日1個ずつ 10日で10個覚えるのではなく、

一日10ずつ、思い出す練習を10日間繰り返す。」

これが 記憶する時の ただしい態度です。



これは なにも 英語などの一見記憶ばっかり系科目に限りません。

数学、物理化学でも やりかたは 同じ。理解&記憶の両輪科目である理系科目でも、結局 努力の質は 変わらないんです。

そーす。待ちうけを 多くすることが 理系科目の 裏技であり、最終奥義。
どんな問題が来たって、さらりと 解までの道筋を、流れる水のごとく 導ける技術 の 準備をすること。

準備万端の人が、二次試験でも しっかり 8割とれるんです。

定式イメージ を しっかり 大量に 毎日想起してください。思い出す練習をしてください。

前日に、短期記憶に入れても、本番では あんまり 思い出せませんけど、

毎日繰り返したことは、ある程度、長期記憶に入りますから。

P.P.S

上記の内容を、具体的に 対象化してみましょう。

たとえば、文系科目の歴史と理系科目の 数学の勉強法の違いが、本質的に 同じであることを、証明します。

これを 理解できれば、日本語を使いこなせるみなさんは ダレでも、高校までの数学で いい偏差値を 取ることができるようになります。

まず、帰納的に 歴史について。

歴史の問題は おおよそ 以下のようなものです。

Q.平安京は いつごろ できましたか?

A.794年

このとき、わたしたちの頭の中では、こんなふーに 思考するはずです。

僕:「ええぇっと 。ごろあわせで、泣くよ うぐいす平安京だから、794年だ。」

このような、長期記憶に入っている「ごろあわせの記憶」(思い出しやすく最適化された記憶)を 引っ張り出してきて、答えを出します。

さて、これが 数学になるとどうなりますでしょうか?

数学の問題は おおよそ 以下のようなものです。

Q.原点Oから y=logxに ひいた接線の方程式を求めてね。

A.y=(1/e)x

このとき、わたしたちの頭の中では、こんなふーに 思考するはずです。

僕:「ええぇっと 今回は、 ごろあわせで、ならうはずもない。そうではなくて、接線の定式イメージ によると、ログ関数の導関数は 1/x だから、接点座標はわからないので、接点のx座標を 時間パラメータ t と 置換して、接線式を 定式すると、
y=1/t  (x-t)+logt
そして、これが ある動く直線が、定点を通過することで、ひとつの直線に定まるイメージによると、x、yに数字を代入すると、
0=1/t  (0-t)+logt

ここまでの流れは、1元1式、t は ひとつに 決まる。
t=e

これを 代入して、y=(1/e)x   カンタンだぜーい。」

このような、長期記憶に入っている「定式イメージの記憶」(思い出しやすく最適化された記憶)を 引っ張り出してきて、答えを出します。

定式イメージの記憶とは 上記の例でいうと 具体的には、 接線の定式イメージ   と ある動く直線が、定点を通過することで、ひとつの直線に定まるイメージ の ふたつです。




おめでとうございます。これで  みなさんは 数学への特別視を 払拭できたはずです。
これで、歴史の勉強と数学の勉強に まったく 差異が ないことに 気づかれることと 思います。
語呂合わせで 「最適化して覚える」(歴史で)
のと
定式イメージで「最適化して覚える」(数学で)
のは
同じことですよ。

歴史の成績がいいひとって あんまり 尊敬されませんけど、数学の成績がいいひとって 宇宙人扱いされますよね。それって おかしいです。
数学だって、単に 多く記憶できている人のほうが 良い成績を 出すことができるんですから。


定 式イメージという言葉は 僕の造語なので、初耳だと 思いますが、わかっているひとは この記憶を 対象化しているんです。そして データベース化して 全定式イメージを 記憶して、準備万端で試験を受ける。そりゃ、わかっているひとに わかっていない人は 太刀打ちできませんよね。

98% 以上の 高校生は このことを 対象化できずに、数学に対して、なんらかの もやもや感を もって 勉強しているから、「なんとなく 滝川クリステル」ではなく、なんとなく わからないという状態なんです。(僕も、98%の高校生のひとりだったから 確信を持っていえる。)

え?その全定式イメージを 教えてくれって?

ウェルカムようこそ。Wikihikagleへ。www.ndthikaru.com で 全定式イメージが データベース化されています。無料だゼ。

ここで 一句。

おやつだよ、ラスト チョコパイ、取り合う兄弟(受験生)。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/271-b09364a6

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。