合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

dannetu.jpg

断熱変化は 独特の近似を 使って、導きます。

ほんとは 微分方程式から導けばカンタンに 証明できるんですけど、上のように、

xyz方向のすべてに 膨張した場合を 考えます。

x方向のエネルギー変化ΔEx は
全体のエネルギー変化ΔKにおいて

ΔEx・3=ΔK

という関係を持っています。三つの方向で エネルギーが 変化するから、単純に x方向分を3倍すれば、全体の変化量がでる。

これと

vv=VxVx+VyVy+VzVz =3VxVx の近似

を 使って、ΔKを 定式します。

あとは 誘導に乗るだけ。

分子の運動エネルギー変化量から、ポアソンの式がでてくるわけです。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/298-f26e124d

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。