合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


phjump.jpg


Even if you dont know much about mass balance and charge balance,you can fully understand what pH is like.


So dont worry about them.


pHを 定量するときに 必要なのは、上のようなイメージです。


massバランスや チャージバランスを 知らなくても、


はじめ 反応量、反応後の mol濃度を 追っていけば、答えを出すことができます。


上記バランスを考えたとしても、変数と式の数が増えるだけで、結局、Omit しちゃうので あんまり かわりません。


 大切なのは、上記グラフの どこの値を調べようとしているのか はっきりさせることです。


つまり、存在率が どれくらいなのかわかってしまえば、pHなんて カンタンなんです。


存在率EQUAL電離度ですから。


たいてい、電離度=1 として 強酸の硫酸は 扱われますけど、それはグラフでいうところの、どこのことを イメージしているか ちゃんと 想像していましたか?


こういう図画が 頭の中にあるからこそ、リン酸の三価の酸でも、一価の酸と同じ定式で pH定量が 可能なんです。

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/304-8dffa24d

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。