合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
100マス計算の作り方。

ルーズリーフに、ボールペンなどのインクで、1から9の数字を適当に並べる。

数字の下に空欄をつくり、そこに、数字を書き込めるようにする。

たとえば、以下のように。

         2             4                    3                  7                        6                  9


          ↑              ↑                    ↑

上に   たとえば、7の数字を足す。

        9             11                  10              14                        13             16

たとえば、9を足す。

       11             13                12                  16                15                18

たとえば、6をかける。

       12            24                18               42                    36                54

このように、あらかじめ、固定されたランダムな数字に対して、

固定された数字を、二項演算で計算していく。

これが、あたらしい100マス計算の姿です。

これで、消しゴムで消せば、なんどでも、100マス計算できます。

足し算、引き算、掛け算がこれで、練習できます。

このやり方は、僕のオリジナルです。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/363-26d42ca7

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。