合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

医学部医学科には、いろんな年齢のひとが集まるわけですが、

現役、一浪ではいったひとは、モチベーションが低い。

逆に、

大学を経験したり、社会を経験しているひとは、モチベーションが高くて、常に、熱心だ。

見ていて、気持ちのいい人たちばっかりです。

18、19歳で大学にはいったひとは、幼すぎて、医学に対する情熱というよりも

「お受験、お勉強の延長」として、医学を取られていると感じることが多い。

医学をおもいっきり吸収して、医師として、社会に還元するんだという気概が、意識が弱い傾向にある。


18、19歳で医学部の大学に入れることは、単純に、幸運な出来事だ。

親の教育がよかった

学校の教育がよかった

塾の教育がよかった

選んだ大学がよかった

などの偶然が重なって、入ることができたわけです。

本人の自助努力の成果というより、まわりの大人、環境の成果です。

そういうことを、本人は、気づけずに、大学生活を、なんとなーくすごしているという印象を受けます。



きっと、キミも、18、19歳で、医学部に入ったら、キミより年上の人たちの、情熱に圧倒されると思う。

僕は、情熱があるひとと一緒に勉強するほうが好きです。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/366-6b67cbd1

Neisseria meningitidis