合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

たいていの国立大学医学部医学科は、

2年生か3年生で、解剖学実習があるわけですけど、

医学科6年間で、もっとも、きついのはこのころです。

組織学や解剖学で、大量に暗記しないといけないし、それ以外にも、レポートを書きまくらないといけない。

1年生で、ふぬけた医学科の学生は、ここで、いっきに脱落するわけです。

ま、国立医学部の受験勉強に比べれば、

こんなものは比較にならないくらい簡単だと思いますけどね。

だって、興味のあることをやってるんだから。


そういうわけで、4,5,6年生は、かんたんです。

6年生の先輩は、いまだに春休みのひともいるし。

ほんとに、のほほんとしています。

受験生なのに。

それくらい、医学科の学生生活は、バラ色ってことです。

この情報は、ちょっとは、受験生の糧になったかな。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/369-78816da5

Neisseria meningitidis