合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

国立大学の医学部医学科に入れるひとの共通した特徴。

ぼくのクラスのまわりにいる頭のいい友達には、共通した傾向があります。それをリストアップしてみたいと思います。

1.チキンであること。

チキン。つまり、ピヨること。つまり、臆病であること。
低い点数をとることにたいして臆病であるから、テストがはじまるずっと前から勉強しはじまる。
テストまえでも、「やばいょー。まじ、やばい。」と口癖のようにいう。
でも、テストの結果はトップクラス。

2.ノートが丁寧。

几帳面で、ノートをきれいにとる。
スペースを利用して、整然と並んだ図と文字。
レイアウトの美しさにこだわりがある。

3.我慢上手。

負けず嫌いで気が強い。
我慢大会では絶対に負けたくないと思ってる。
だから、「勉強するのは趣味」といってはばからない。

もし、いい大学に入って医者になりたいと思っているなら、上記の特徴を身につけてください。
ロールモデルとしてください。
そういう部分行動をしていると優等生になれますよ。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/382-81b8b341

Neisseria meningitidis