合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
親御さんから質問をいただきました。近いうちにちゃんと回答します。時間がないので、ちょっとだけ書きます。
最近、忙しくて、時間を取れなくてすいません。

Q.「小学生姉妹の父親です。医者にさせたいです。姉には塾、そろばんに通わせています。
私自身勉学は出来ないほうですので学習の効率の良い進め方、今の様な習い事で様子を見ても良い者か迷っています.」

A.
小学校低学年では、塾に通わすよりも、父親といっしょに勉強したという経験の方が、はるかに教育的な気がします。
そろばんはいいと思いますけど。

ぼくは母親といっしょに、小学校5年生くらいまで勉強してました。
ほかの兄弟は大学にいってないのを見るに付け、親子の癒着は小学校までは大切だと思います。
小学生の教育に関しては、小木ママや脳科学者澤田教授のほうが詳しいとおもいますが、小学生までは、「勉強する習慣をつくる」が一番大切な教育なんじゃないかと思います。
塾に行かせてるから安心だねじゃなくて、親子の時間を共有する長さを少しでも増やす方が、
中学生で非行に走ったり、恋愛に走ったりする可能性も減るんじゃないでしょうか。

それで、小学校4年生になったら、SAPIX,日能研、大塚なんとかの大手進学塾に通わせてください。
中学校受験で、大手塾に通わずに、有名な中高一貫校に受かるのは不可能です。小学校予備校の講師はこどもたちを乗せるのがうまいですからね。
こどもたちを喜ばせながら、受験勉強をやらせることができる。
かれらは稀有な才能の持ち主だと思います。もはやヒトラーみたいなアジテーターですね。

投資だと思ってください。
小学校までの教育はそのひとの人生に大きく影響を与えます。
小学校までの人生のオリエンテーションが間違ってなければ、中学、高校はぼくのやってる方法論をしっかりやっていけば、塾に通わなくても、いい成績を取れるようになります。
もちろん、塾にいったほうが、1.5倍くらい近道になりますけどね。わかってるひとに質問できるっていうのはやっぱり、楽です。
お金に見合うだけの対価はあります。

Q.英単語集、DUOによるマインドマッピングは、。。してみたんですけど、これでいいですか?
A.単語集の覚え方は、お好きにどうぞ。正解はありません。それでいいと思います。
試行錯誤してくだい。自分が気に入ったものでやればいいんです。一定のルールを自分で作って、ああでもないこうでもないしてると一番いいものが見つかります。
僕のやり方が正解ではないかもしれないんですから自信をもって進めてください。

Q.化学のベーシックから応用への勉強の道筋は、。。でよろしいでしょうか?また、使った参考書を教えてください。
A.すでに化学のところで書いてます。必要な参考書しかリンクしてないので、全部買われることをおすすめします。
亀田→卜部の順番でやればいいと思います。
これも、進め方に正解はないので、実際に参考書を手にとって、これはわかりやすいと思ったものを買えばいいと思います。
亀田や卜部以上にわかりやすい本が出ているかもしれませんしね。
ぼくは最近の受験参考書に関してはさっぱりわかりません。


またまた質問をいただいたので、コーナーを新設しました。



ご支援をよろしくお願い申し上げまする。


【質問コーナー】国立医学生に聞け。その1

問い1.医学部受験の場合、目標を設定する過去問とは、いきなり二次試験の過去問でよろしいのでしょうか?

問い2.参考書三冊の知識は、どの段階で肉付けしていくのでしょうか?



問い3.「絵を参照」っていってリンクがないよ?

問い4.筆者がよく使う筆者特有の言葉、データベースとは?

問い5.小学6年生の息子が医者になりたいといっていますが、どう応援すればいいのか悩んでいます。

回答1.
目標としている大学によります。

裏技合格法に書いたとおり、4種類ある国立大学医学部医学科のうち、学力試験はセンターだけみたいなところがあるので、そこなら、もちろん最初の目標設定はセンターです。

2次試験しか重視してない大学なら、足きりにあわない程度でいいわけだから、そんなに1次試験を対策をがんばらなくてもいいので、2次試験の過去問だけを目標設定にしてもいい。

ただ、1次試験の問題さえまともに解けないのに、2次は合格点とれるなんていうミラクルは起こらないので、とりあえず、センター試験で8割取れる実力をつけることが大切です。

そういうわけで結論は、

「とりあえず、センターを目標にする。8割取れる実力がつく前まで、2次対策はやらない。(8割とれないなら、2次をがんばっても受かる期待値は低いからです)

8割とれる実力がついたら、はじめて、2次対策をする。8割取れる実力がつく前に受験直前になったら、志望校をセンター8割でうかる地方の大学を受験する。」

以上。

ただ、この質問をされるということは、ぼくの記事で最大限主張している、「最初に合格できる国立大学を探す」という作業をされていないのではないかと思います。

ちゃんと地方の大学を探してください。過去問を目標設定する前に、志望校を設定してください。推薦なのか、前期なのか後期受験なのか。ここがぶれると何年も浪人しちゃいますよ。

「○○大学前期を受験したいのですが、目標を設定する過去問とは、いきなり二次試験の過去問でよろしいのでしょうか?」という質問だったら、いい質問でした。

弘前大学とか、秋田大学とか、福島県立医科大学とか、香川大学とか、鳥取大学とか、高知大学とかいいと思いますよ。過疎地が多そうな県は特に。

すでに田舎にお住まいなら、その県の地元枠を狙ってください。推薦で。


回答2.


http://wikihigale.blog79.fc2.com/blog-entry-20.html#1

たぶん、上記の記事を読んで質問されたと思うのですが、(なるべく引用した記事のURLを教えてください)

今になって一読すると、たしかに、具体的にどうすればいいのかよくわからないかもしれませんね。

1.記憶のコアとなる基礎しか書いてない本を一冊覚える。(早々に論理ミクロ型マインドマッピングを完成させるため。条件→定式と具体例の2軸を記憶し、理解し、マスターするのが目標。偏差値50レベル)

2.そのコアで理解したことを、派生させ、肉付けさせるため、問題が多く載っている大学への数学増刊号とか、チャートをやる。(少なくとも2冊以上)
(いろんな問題の種類を探すため。あるいは、羅列マクロ型マインドマッピングを豊かにするため。種類の第三軸を増やすのが目標。それと同時に、問題の鑑別もマスターできる。偏差値60から70レベル)

そういうわけで、肉付けるのは、上記2の段階です。



ちょっと、抽象的すぎるかな?

言葉が足りないかもしれないけど、試行錯誤してみてください。

がんばって。


回答3.

「絵を参照」っていってリンクがなかったら、そのうち、加筆予定ということですが、なかなか時間がとれず、今年度の受験には間に合わないと思います。

回答4.

データベースとは、ご自身の知識の外部記憶装置、つまり、平たく言うと、ノートのことです。
この言葉は代々木ゼミナールの亀田和久の口癖をまねたものです。(パソコン用語とはちょっと意味合いが異なります。)
自分のノートとコアイメージのよりどころになる参考書をリンクさせて、参考書の目次から自分のノートのページを検索できるような莫大な量のノートを構築してください。
逆に自分のノートから、参考書のページを検索できるようにもしてください。
ぼくのノートを公開すれば、みなさんは文章から絵を作り出す必要はないんですが、やはり今年度には間に合いそうにありません。

ぼくの紹介した参考書には、文章を上手に絵にしてくれている良書がいっぱいありますし、みなさんが独自に文章を絵に変換しなおす必要はほぼありません。(正確いうと、独自に文章を絵に直す作業をしなくても、合格点をとれるってこと。直す作業をしなくてはならないようなことは、偏差値80レベルであって、そんな実力をつける必要がないってこと。)参考書を手に入れて、素直にマインドマッピングノートをつくってみてください。絵を描きながら、地味に理解する作業を繰り返してください。
地味でも、時間かかっても、ちゃんと理解したデータベース(ノート)を構築すれば、そのうち合格できます。


回答5.

こどもを医者にしたいとお悩みの親御さんへ。

悩み事、聞きたいことがございましたら、いつでもコメントください。それをネタに新しい記事を書きます。

でも、どの進学塾がいいかとか、どの中学校がいいかとかはさっぱりわかりません。ぼく自身、中学は公立でしたから。

ぼくのクラスメートは有名な中高一貫校のひとがやっぱり多いです。有名な塾と有名な中高一貫をおすすめします。

ぼくにこどもがいたら、たぶんそうします。


小学校6年生から、大学受験を意識している母親がついていれば、国立大学医学部医学科合格の地図を持って、こどもに旅をさせてるようなものです。お子さんがあきらめない限り必ず受かります。(地方の大学なら)

ぜひ、ぼくの記憶法や理解の方法、勉強法と目標の設定方法を伝えてあげてください。(受験する地方の大学の赤本をリビングに飾って、毎日、傾向と対策を読んでれば、羅針盤をもって歩いているようなものです。たいてい一直線で合格へ歩いていけます。)

追伸。今年、ぼくの方法論を実践したひとだけが受かることを神様に毎日祈っておきます。受かってください。


関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.04.11 17:20  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.09.05 21:00  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/418-c6dc513d

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。