合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【追記】
質問いただきました。

質問。
「センターの傾向本を読んでそれだけで十分じゃないんですか?データベースを一から作っている暇がありません。」

(センター試験暗記を5年分、したくないっていうニュアンスなんでしょうか?いずれにせよ、だまされたとおもってやっておいたほうがいいと思います。一科目だけやってみて、効果を評価すりゃいいんですよ。)

(追記。注釈。ここでいう「暗記」というのは、問題→解答の流れを一瞬で想起できるレベルまで何度も繰り返して、小脳レベルで問題に慣れるという意味です。すべての問題を思い出すことができるというレベルじゃありません。意外に思われるかもしれませんが、この小脳レベルで反応できるというのが、大切なんですよ。大脳において天才じゃなくても、小脳だったら個人差ないでしょ?センター試験のメタファーには小脳レベルで慣れるのが一番手っ取り早く、得点力を底上げする方法だと思っています。この方法は、すべての資格試験に共通していることです。英検だろうが、TOEICだろうが、TOFELだろうが、医師国家試験だろうが、期末試験だろうが、過去問を小脳レベルまでしっかりやってないひとは得点できない。)


回答。

「実力によります。」以上

解説。

高校1年生は、必ずデータベースを作りながら受験に備えてください。じゃないと、知識がいつまでも曖昧で、結局、遠回りしますよ。

高校3年生で時間がないというのなら、間に合うように戦略を立て直す必要があります。

「書きまくるのは面倒だから、教科書をそのまますべて覚えちゃいたい」という戦略でうまくいくひとだったら、稀有な才能の持ち主で、たぶん、ここに質問を書いてないと思います。

凡人は凡人らしく、(僕を含め)、地道にやるしか方法ないんですよね。

ここで格言。

「凡人はノートに書き留めた内容くらいの量しか、記憶することができない。」

つまり、対偶でいうと

「天才は教科書の内容を、まるまる記憶することができる。」

天才か凡人か、みなさんが自分をどう思っているかで手書きのデータベース戦略か、教科書丸暗記データベース戦略か、変わってきます。

どっちでも、好きな方をやってみてください。

1ヶ月好きな方でやってみて、勉強した範囲をテストしてみて、うまく機能した方法を、のこりの受験生活で実行すればいい。

がんばって。




【本題】


また、質問をいただいたので回答します。

「センター75%くらいで伸び悩みます。どうやったら、80%以上超えますか?戦略を教えてください。」

センター試験に関する記事はすでに大量に書いているので、そこを参照しながら、読んでください。

一応、今になって感じてることを書きます。

1.センターは総合点で判断されるから、まんべんなく、いい点数をとる。

理数科目でほぼ満点でも、国語で50%しかとれないなら、75%が限界なわけです。

だったら、国語で70%取れればいい。

1.1「努力の量をX軸、その科目の点数をY軸にすると、得られるグラフは対数関数」

ちょっとの努力で、70%ぐらいまでは取れるようになりますが、80%を90%にする努力量は60を70%にする努力よりもはるかに多い。

1.2 「時間が限られているみなさんは、効率的に、文系の不得意科目を70%にして、理数科目を90%にする」


これが、最良の戦略です。

理数科目のほうが多いですから、上の目標にすれば、平均80%を余裕で超えます。

センターの理数科目で9割取れないなら、2次試験でもほとんど合格の望みはないと思ったほうがいいです。

理数科目がない国立医学部はほとんどないですから。

9割取れない人は、今からでも間に合うので、ぼくの書いた記事を読んで、しっかりデータベースの構築し、ICレコーダーをAmazonで買って、記憶してください。

2.「センター試験には、隠されたルール(プール問題)がある。隠されたルールを見破れれば、割と簡単に正解にたどり着ける。」

プール問題とは、毎年同じルールで出題される、同じテーマの問題です。

これを見抜けるようになりましょう。

これは文系科目、理数科目にもあります。

プール問題という概念は毎年行われる資格試験には必ず存在するもので、こういう思考様式を手に入れれば、医師国家試験だろうが、TOEICだろうが、はたまた、大学の期末試験だろうが、いい点数を取れるようになります。

2.1.「8割プール、2割新規問題。」

これがどんな試験と呼ばれるものにも当てはまるルールです。

いい点数を取れる人っていうのは、こういうものを誰かに教わって、意識的に勉強してるか、あるいは無意識にやっています。

みなさんは、プール問題だけ解けるようになればいいわけです。

3.「ぼくが過去に書いた記事をセンターに関するところだけ熟読して、こつをつかんだら、センター試験を過去5年分くらい、全部、丸暗記する。」

理解しきれてなくてもいいので、5年分を、問題→解答のプロセスを短い時間で繰り返して、100点取れるようになってください。

そうすれば、ぼくの書いた「プール問題、メタファー」がなんとなく理解できるようになります。

抽象VS具体

という2元が、調和したときだけ、うまく機能しはじめます。

具体がないのに、こつを教えてくださいっていくら言われても、ぼくの抽象的な言葉はみなさんに届きません。

まず、みなさんがしなければならないのは、僕の言葉を理解するために、具体例を自分の中に作ることです。

具体化のプロセスは5年分の暗記で十分だと思います。センター9割必要なら、10年分やってください。

さあ、とりあえず、いますぐに、面倒なら、最初は問題を解かないでいいので、問題→解答のプロセスをすべて復元できるようになってください。(補足、これを丸暗記と呼ぶ。)

(最初に、たいした実力もなく問題を解くという作業は、ボクシングで例えるなら、猫パンチしか知らないのに、プロボクサーとスパーリングするようなものなので、問題は解かないで、問題を読んだら、すぐに解答、解説を読んでもぜんぜん問題ないです。下手に、うんうんうなって、解答しようと無駄な時間を使わないでください。みなさんがしなければならないのは、データ集めであって、暗号解読ではありません。)



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/422-9e80c442

Neisseria meningitidis