合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

毎日、拍手ボタンをおしていただきありがとうございます。(拍手ボタンとは、Facebookのいいね!ボタンのようなもの。Amazonでのお買い物もお忘れなく。)

今や、Wikihikagleは月に50回も拍手をもらえる教育プロジェクトになったということですね。


さて、最近、カーンアカデミーなる自分と似たにおいのするプロジェクトを見つけました。

カーンアカデミーとは、無料で公開されているビデオ授業のこと。小中高の内容が無料で楽しめる。アメリカでの認知度は高いらしいですが、日本ではまったく知られてないはず。

http://www.khanacademy.org

くわしくはカーンアカデミーのWikiで。日本語に訳されてないところが日本がいかに遅れているかがわかります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Khan_Academy

日本版カーンアカデミーも見つけました。
http://www.eboard.jp/

ぼくが約5年前に始めたこのWikihikagleプロジェクトとおなじ志を持ったひとは、5年前のぼくと同様にいたようです。

Youtubeですべて公開しているというのがいいところですよね。

二元論が使われている。infographicalな授業だし。

勝手ながら、Wikihikagleもkhanacademyを応援します。

数学は英語で勉強したほうが、簡単に身につくので、カーンおじさんの教えてくれる数学をぜひ楽しんでください。

あんまりちゃんと見てないのでどれくらい大学受験レベルか未知数ですが、学ぶ価値はあると思います。

ぼくがネイティブアメリカンだったら、ぼくの書いた知識や知恵は日本人以外にも簡単に伝わるのになぁとカーンアカデミーが少し羨ましいです。

もし僕に子どもができたら、カーンアカデミーと同じようなことをして、ぼくの紹介する勉強法をビデオで教えようかと思います。

ぜひ、中高生のみなさんはカーンアカデミーで、英語で学ぶとはどういうことなのか体験してみてください。

日本語がいかに科学に向いていない言語か痛感して、留学したくなると思います。

(カーンはエコノミストだったらしいので、エコノミーについての授業が気になります。金を儲けるとはどういうことか、そして、税金がどう使われて、この社会が成り立っているのか。日本の高校では適当にしか教わりませんが、アメリカの高校ではがっちり教えてくれます。)
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/440-0ffdd157

Neisseria meningitidis