合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

リスニングの所作 その2

短時間で、大量に復習しなければならない試験本番前の所作について。


アメリカナイズド ジェスチャーでリスニング法


自分のノートを読み上げた内容をリスニングしつつ、(3倍速くらいで)

その内容を、アメリカ人になったつもりで、ジェスチャーで表現する。

こうすることで、受動的で単調になりがちなリスニングによる写真復元作業をより積極的でコミカルで、印象的なものにすることができる。

また、体を動かすことで、集中力を保ちやすくし、より記憶の定着がよくなる。

体を動かすことで目が覚める。

アメリカ人のリアクションとはつまり、ディズニー映画の主人公のボディLanguageのことだ。

あるいは、ブロードウェイミュージカルでもいい。

セリフとジェスチャーが一体になることで、

言葉はより生き生きとし、脳にインパクトを与える。

舞台で演劇でもするかのように、勉強しよう。

これが、合格するための、大量に記憶するためのアルゴリズム体操。

ただし、個室でやらないと、変な人だと思われるので気をつけるべし。
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.01.28 20:29  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.01.29 21:44  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.10.04 16:59  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/447-08264dce

Neisseria meningitidis