合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

久しぶりにシャウトアウトしたいと思います。

累計1500拍手突破しました。

ぼくの文章で少なくとも1000人くらいの人々を感動させることができたと思うとぼくも感動します。

ありがとうございます。

感謝のコメントやお褒めのコメント「だけ」を糧にこれからも情報公開をがんばります。(みなさんのアフィリエイトは届いてますが「もっとオラに元気を分けてくれ。」(孫悟空))

さて

1年目の医者がいうのもなんですが、
たかが3年目の医者が(患者さんにも、看護師にも、そして研修医にも)えらそうにしているのを見て、3年目の医者の知識のなさに対する謙虚さが足りずいらっとしつつも、ぼくもまっとうな医者になるべくがんばっています。(そもそも、俯瞰してみればわかることですが、現在の医療はわかってないことだらけなのに、わかっていることを主な理由として態度がでかくなる医者が多いなーと感じます。)

みなさんもぜひ、このブログをきっかけに、傲慢で高飛車な医者にならず、命というサイエンスに対して誠実で謙虚な医者になって夢を叶えてください。

ぼくも最近、経験できたんですが、自分の判断で、患者さんの不安と病態を改善し、理解し納得されたうえで、ありがとうと言われて、帰宅させるダイナミズムは本当に感動します。

お金も労働時間も、勉強時間も責任も、怒られる数もほかの職業より多いですが、こういう感動を味わいたいひとはぜひ、医者になってください。

以上、前置き。

以下、本編。

できるレジデント、略してデキレジになるために医学生のときから、初期研修を意識した勉強をする方法。

1.研修医の到達目標はプライマリケアができるようになること。田中和豊先生のススメ。


田中和豊先生に弟子入りする。

まず、バイブルである「救急初期診療」を買う

次に、ケアネットの先生の解説ビデオ講座であるDVDをすべて買う。




どうせ買うなら、ぜひ、リンクを押したあとによろしくお願いします(涙)

ぼくは田中和豊先生にDVDを通じて弟子入りしています。

二元論的に考えられているプライマリケア用の本は今のところ、田中和豊先生の本以外、見つかっていません。
( 林寛之先生の本はいまいち網羅的でなはない。分析的ではあるが、総合されていない。ミクロは強いが、マクロが弱い。読んでて楽しいんだけど、いまいち、クリアにならないのはマクロの視点が弱いから)

「オーベンの先生があんまり教えてくれない。というか、なにもいい本を紹介してくれない。基本、自由放任手技だ。」

「なんか知らないけど、同期の先生はたいてい猛烈にがんばれば、いい医者になれるんじゃないかと勘違いしている。やたら、夜遅くまで電子カルテを書き込んでいる。当直でもないのに病院に連泊している。」

「オーベンが経験的にこうだからっていう説明ばっかりで、あんまり理屈っぽくない。」

とお嘆きの研修医のみなさん

プライマリケアというか初期診療で迷ったら、田中和豊先生に弟子入りすることをおすすめします。

ぼくは田中和豊先生のおかげで光が見えてきました。


2.「病気が見える」をマスターする。

レジテントになっても、「診療が見える」も「病気が見える」もバイブルで有り続けます。

これらの本に足りないのは、薬の商品名と用量、用法が入っていないことだけです。

たまに病気が見えるをばかにしているレジテントがいて、びっくりしますが、ただのスノビズムです。
自分の能力に自信がないことの現れです。

病気が見えるから学んだ知識の上に、ちゃんと薬の名前や検査の感度、特異度の知識を上乗せしていけば、一生使える知識になっていきます。(ぼくの願望も入ってます。)
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.05.18 18:00  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/458-998ae6c6

Neisseria meningitidis