合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「救急搬送患者には小脳で動く。ウォークイン患者には推理クイズで犯人を探す。」

NHKで放送されているドクターGで研修医が珍回答しているのを見てて、よく恥ずかしくないなと思いつつ、(解答シーンは見ているこっちがこそばゆくて見てられません)出演している研修医の知識のなさや経験のなさを公開処刑されるひどい番組だとも思っています。

(ドクターGの攻略法。問診と身体所見だけで答えを出せ!と言われたら、なにが正解かっていうと、「今すぐになにか治療しないと、不可逆的にやばくなる疾患」です。だから、最初の段階でのクイズの正解は、たぶんせいぜい50択くらいからの選択問題ということになります。ただ、どう考えても、「その所見からやばくなるような疾患はない」と言えるなら、この選択肢から外れた疾患が正解になる。)

すべての研修医が最初から正解を出してしまったら、クイズ番組として何の面白みもないので、裏では答えを教えてもらっているのではないかとも思ってしまいます。

(芸能人が適当にコメントをいれる必要もない。)


最近、感じるんですけど、目の前で痛がってて困ってる、あるいは、意識障害でチーンとしている患者がいたら、やることが決まっていて、小脳反射のごとくてきぱき動き、ジャンプの人気漫画「トリコ」でいうところのアルティメットルーチンをやることによって、患者をある程度、救うことができる。

そう言う意味で、体育会系ですよね。ニューヨークヤンキースのイチローのバッティングに通じるところがあります。

一方、ドクターGに出てくるようなウォークインで来院する患者は推理ゲームみたいで、NHKで放送されるくらい面白みがある。

問診や身体所見だけで、疾患をしぼろうとするところに推理ゲームっぽさがあります。

そう言う意味で文化系で、ドクターGに出演される上級医の先生がたはきっと、大学で文化系オタクサークルに所属していたんじゃないかと思います。



受験生のみなさんや医学生のみなさんは、「医師前性格」とも言える、「医者になる前の性格」によって、好みの診療科を選択することになります。

救急救命医は筋肉ムキムキ体育会系。

総合診療医は髪型センター分けネチネチ文化系。


ぼくはどっちの診療科も選びませんが、体育会系のほうが好きです。
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.06.22 08:55  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/460-f0b8e58b

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。