合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

*2013年内にぼくの本の出版はなさそうです。2014年に乞うご期待*

質問をいただきました。差別的と批判されようが、ぼくはICレコーダーを買っていただいた方には、かなり積極的にご回答差し上げます。(てへぺろ)
(それは、単に、ぼくが300円とか儲かるっていうだけじゃありません。冗談抜きでぼくが書いたことをコレダ!と思ってICレコーダーを持って勉強してるひととしてないひとでは、合格する期待値に雲泥の差があるからです。)

さて、

以下引用。()の括弧内がぼくの即レスポンスです。


「私は私立医学部を目指す2浪です。こちらのブログ本当に助かります!ちゃんとリンク踏んで大西先生の本とレコーダーとオマケでCD等々買いました。

(ありがとうございます。アフィリエイトでどれだけこのブログを続けるモチベーションなることか!)

去年の一浪目から一人暮らしで駿台をやめ、ちょうど1年くらい東京の医学部専門の個別予備校に通っています。

今までずっと2年間E判でしたが先月初めて代ゼミでB、河合でC判が出ました。

(希望の私立医学科の判定ですか?直前私立大学医学科模試以外は大して、信頼性ないですよ。気にしないでください。ぼくはA判定で落ちましたから。)

内訳を見てみると理科2教科で偏差値70超え、数学英語は60でした。
これを見て全然喜べないんです。数学と英語の成績をこれ以上上げるにはどうしたらいいのでしょう?

数学は、全範囲網羅してる感覚が無いし、英語は長文でかなり点を落とします。

それと、生活面では去年からストレスで粘血便が出ていて、このまま一人暮らしを続けるか迷います。
医学部を目指す中で中学の頃精神科にかかり、方向転換して高2まで役者を目指していたのですが、あまりに大学に受からず、大学進学自体迷ってます。


医学部いける人ってみんな頭いいんですか?私のような根性なしは諦めるべきでしょうか?

(安心してください。医者の8割はそんなに頭よくありません。普通の人間です。ただちょっと、要領がいいというか、コツをしっているというか、親が教育熱心で、小学校のころから勉強をやってきたっていうだけです。特別な能力はありません。あきらめないで!)


すみません、人と話したくても話す機会がないので文にまとまりが無いような気がするのですが、纏めると、相談は数学と英語の成績が上がらないのと、進路に迷ってるという2点です。
お忙しいと思いますが回答してくださるととても嬉しいです。」


以上です。

まず数学と英語について。

「数学は、全範囲網羅してる感覚が無いし、」について

網羅しているという感覚がある範囲を広げるしかないです。科目ごとに集中的にデータベースをつくって、定式イメージを作ってください。

とりあえず、過去問で必ず出題される範囲からその範囲を広げるしかないです。

還元的アプローチ。

詳しくは既に書きました。読んでください。


「英語は長文でかなり点を落とします。」について

ぼくはセンター英語が90%以上得点できる、イコール、英語の必要最低限の能力がある

とおもっています。

英語はやろうと思えば、いくらでも無駄に勉強できてしまう、時間浪費科目です。

そんなに本気をだしてやらないでください。偏差値60でOK

やるべきは、数学を偏差値70以上にすること

医者になっても、英語ができなくても生きていけます。(ぼくは無駄に英語の勉強をしすぎました。そのおかげで、周りの上級医よりも英語ができ、論文を読むときにまったく苦にならないですが)

英語に関しては、センター英語の攻略の記事を参照。




最後に進路について。

【コラム】医者という職業の偏見について

医者、イコール、聖職

みたいのはおかしい。

医者もそこらじゅうにいるサラリーマンとなにも変わらない。

特別に手先が器用というわけでも、暗記能力が優れているわけでも、特殊能力をもっているわけでもない。

突然ですが、

ぼくの周りにいる嫌な医者データベース

1.医者、イコール、聖職という偏見を医者自身が持っていて、無駄に、労働時間を多くしろ、もっと患者に関わる時間を極限まで多くしろ、土日は休むなという無茶を強いる。

(ちょっと、横道にそれます。

ひとくちに医者っていっても、開業医のように、店のオーナータイプの医者もいる。部下がいないなら、自分で全部やらなくちゃいけないから、事務、経理、経営、診療、全部やる。だから、労働時間が長い。その分、儲かる。休みがない。

一方、ひとくちに医者っていっても、病理医、放射線診断医のような、サラリーマンタイプの医者もいる。土日フリー。当直なし。9時5時勤務。患者とかかわらない。デスクワークばっかりで処方しないし、点滴もしない。でも、当直手当以外は、医者の基本給だから、お金持ち。

「医者だから」というイメージはおそらく、街で人気の診療所とか、内科勤務医のことだろう。医者でも、専門の診療科によって、まったく労働スタイルは違う。

「医者だから」というレッテルで医者と合コンしたり、医者という職業を決めるのは危ういと思う。

好きな性格、ルックスだったひとがたまたま医者だったら、医者と結婚すればいいし、土日なく、病院に来たいなら、内科の勤務医になればいい。土日なく、9時5時で帰りたいなら、麻酔科医や皮膚科医になればいい。

医者を志す前に、まず、どういうライフスタイルがいいのか、医者の労働のなにに喜びを見出すのか考えてからにしないと、「この職業は自分にあわない」と言い始める。)


2.医者、イコール、聖職という偏見を医者自身が持っていて、無駄に、目上の患者さん、看護師さんにタメ口を聞く。

(愛護的な医者の面接マナーと、タメ口する医者に対する患者の医者に対する印象をもう少し考えろよって思う。医者の面接は接客業となんら変わりない。丁寧な言葉遣いで、より多くの信頼は得られるし、医療を失敗したとしても、その患者さんから逃げなければ、訴訟には発展しない。(と思う。)えらそうにするなと思う患者はいくらでもいる)

3.仕事のできない看護師さんへの威圧感がはんぱない

4.パターナリズムばりばりの医者(大事なので繰り返す)

5.研修医に「給料もらってるんだから」と、威圧してくる

(研修病院は、国から、たっぷり、「研修奨励交付金」をもらっている。病院には労働力が増えて、安い賃金で働く研修医が手に入り、かつ、交付金が手に入る。上級医の雑務は減る。病院は黒字になり、メリットばかりなのに、威圧的に、失敗を責めたり、長時間の残業を強いるなと思う。学ぶことと、病院の歯車になってルーチンワークをすることの齟齬を感じる研修医は多いと思う。)



総じて、医者という職業はさまざまな偏見があるし、その偏見を、医者自身がもち、患者も、その家族も持っている。
それを対象化できていない。

医療はサービス業ではないというパターナリズムに塗り固められた医者は早く21世紀から立ち去って欲しい。
2010年代にまだいるのかっていう話です。

医療の合理化とパターナリズムの廃絶、患者というか顧客満足度の追求、病院経営のあり方の再構築は、二元論推進派のぼくからしたら、現状ではたいていの病院が一元論的で全然ダメでこれからの課題です。

こういうダメダメなところをなんとかしてやりたいと思ったら、ぜひ、医者になってください。

一緒に改善していきましょう。

手始めに、病院でSNSを利用し、医療の効率化をはかれればなーと思っています。

高価な医療機器を買うより、自分の携帯電話を利用し、安くできる情報インフラの整備のほうが先だと思う。





以上。

という解答をしました。

そして、返事に以下のような読者コメントをいただきました。


即返事くださり、ありがとうございます!!拝見しました!超嬉しいです!

自分の病気にも負い目があったのでてっきり、そんな覚悟で医者を目指すな!!と一蹴されると思っていました。

私は将来、入院患者さんを減らせるお医者さんになりたいなと思って勉強しています!他の職員さんと力を合わせてそれができたらきっと幸せです。

Aで落ちるなら、入試に確実性は無いんですね。予備校の先生には数学より英語と言われましたが(元が偏差値28という酷さだったので)、確かに数学次第な気がします。とても啓発的でした。あと7ヶ月でいけるところまで伸ばします。今年が最後の入試になると思うので、この記事画像メモしてやる気出します!


これからも記事見返したり、Amazonで買ったりすると思います。ブログの更新楽しみにしています!

以上がコメントでした。(大事なところには色をぬってあります。)

こちらこそ、ありがとう。

受験生のがんばりに励まされます。

医者として働いていて思うんですが、患者さんからの感謝の言葉が一番励みになります。

上級医から認められるのも、ちょっとは励みになりますが、それは学生時代に教師に褒められるのと変わらず、本当のモチベーションにならない。


「がっつり問診して、(なんで調べてないのと上級医に言われないように)オーバーに検査して、きっちり最新の治療を実践して、患者さんの病態が改善して、満足して帰ってもらう」

っていうのをルーチンワークに感じてつらいなぁと感じつつ、疲労感を感じつつ、毎日があっという間に過ぎていく。

ただ、最後に、患者さんとのコミュニケーションのなかで、医療をほどこした結果、努力の分だけ感謝されて、やりがいを感じるってことが最大のモチベーションになる気がします。(だから、しゃべれない患者さんに医療するのはつらいものがある)

それが本当に喜びに感じたとき、それを味わいたくて、時間外も働いてしまうのかもしれません。(疲れますが)

医者っていう職業を変な憧れで特別視せず、とはいえ、正しい憧れと情熱を持ち続け、いい医者になってください。

(すでに何度も書いてますが、ぼくの伝えたい知識や技術はすでに90%以上、文字になってこのブログのどこかに書いてあります。勉強だと思って、このブログを読みながら、ブログに書いてあるなるべくすべての記事を自分でメモしながらインフォグラフィクスなノートにして、知識を構築してください。)



また、質問をいただきました。()内がぼくの解答です。

「はじめまして。中一の娘がいる母です。ICレコーダーを使った記憶法は、まとめたノートか、教科書を見ながら3倍速で聞くと言うことですか?(そうです。)田舎のほうですが、私立高校に行くとなると、毎月10万くらいになるのですが、近くの県立高校偏差値45くらいからの医学部高知大はきびしいでしょうか?(ぶっちゃけ厳しいですが、不可能ではないと思います。朱に交われば赤くなるという諺があります。なるべく中高一貫に入って、6年間を大学受験に向けてがんばってください。何年浪人してもいいならだれでも医者になれます。希望を持ってください。。)」

既にブログで書いたとおりです。詳しい説明は省略します。すいません。
ご自身でICレコーダーを買って、試してみてはいかがでしょうか。親ができなければ、子もできません。

すでに道筋は示しました。戦略を立てて、がんばってください。ご武運を。
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.06.24 22:42  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.07.03 16:18  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/462-622c5186

Neisseria meningitidis