合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

研修医を育てるのも、こどもを育てるのも同じだなーっと最近おもいます。

乙武洋匡さんの教育論

・自己肯定感を養う

・全員をえこひいきにする

・しかっても、なにも考えないこどもが育つだけ

・自律思考型人間を養成する

・教師と親の信頼関係を作る


乙武洋匡が社会実験バラエティテレビに出演されている番組をみて、やっと対象化できました。


義務教育の学校空間は

親、学童、教師

研修医教育における病院空間は

患者、研修医、上級医

によってなりなっている。


いまのまったくダメなところばかりな研修医教育にさらされている自分と

だめだめだった中学校教育がだぶってきて、

現在の日本の教育のだめなところが、まさか、研修医教育にまで波及しているとはと、本当に閉口したんです。

重要だから繰り返しますが、

負の連鎖はどこかで断ち切らなくちゃいけないのに、まさか、「学校空間」が病院における教育空間まで侵食するしてくるとはなーと。


上級医も、研修医も自分がこれまで受けてきた教育によって、潜在意識の中にがっつり洗脳された「学校空間」のメタファーを、まったく対象化できていない。

「学校空間」とは石川千秋先生が発明した、日本伝統の小学校から高校まで存在する学校特有の気持ち悪い空間のことです。

(詳しい説明のリンクをはっとく。)

(加筆します。)

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/465-39f49c87

Neisseria meningitidis