合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
http://www.ted.com/talks/lang/ja/jack_andraka_a_promising_test_for_pancreatic_cancer_from_a_teenager.html

【おすすめTED】10代が発明したがん早期発見法

すい臓がんにフォーカスを当ててるけど、実は、この方法、ほかの疾患でも応用できる革命的な方法です。

たぶん、カーボンナノチューブに抗体くっつけて、ろ紙に染み込ませ、抵抗の変化で抗体がくっついたかどうか調べられるという方法。

現在、がんや神経疾患でその病気に特異的に産生される微量タンパク質、ポリペプチドが早期発見に重要だということがわかっていますが、

その検査方法が質量分析機というバカ高い検査機器を使わないと調べられなかった。(この機械なら何百もの微量タンパクをスクリーニングできますが)

ジャック・アンドレイカさん

しびれました。久しぶりにTEDで感動した。

世紀の発見というのは、結びつきの発見で既存のものをくっつけてるに過ぎない。

好奇心、創造力、ユーモア、Teenage-optimism

自分が医学の志を持つきっかけと彼のすい臓がん早期発見したいと思うきっかけは同じだけど、

こうもそのアウトプットが異なるのかと感動した。

だれにでもできることじゃないと思わないで、Teenage-optimismで「やってみたらできちゃった」ところがすごい。


研修医というか、医者の仕事は彼らの偉業(発明。創造性の産物)を使わせていただく、下働きでしかないなーと感じる。

自分も早く、創造性を発揮して世界を良くしたいなーと感じるプレゼンでした。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/468-a3f74eab

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。