合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
祝発売開始(涙)

電子書籍を出版しました。(感涙)

タイトルは「ボイスレコーダーを使って速聴記憶する方法」です。

医学部医学科を志す受験生のみならず、どんなひとでも読めるようにしたいと思って一般的な名前にしました。

内容も大学受験に関係なくいかにして覚えたいことを記憶するかについて書かれています。

Kindle出版社でin stores now!(kindle出版は通称、KDP


(↑ クリックした後に買っていただくと、さらに寄付度がアップします。73%の収入です)
いままで直接、読者のみなさまからお金をいただくことなく、間接的に広告収入やAmazonのアフィリエイト収入でこのプロジェクトを進めて来ましたが

とうとう、ダイレクトにぼくにみなさんからのお金を寄付するという仕組みが出来上がりました。

今までとの違いは次の通り。

1.本の価格の70%がぼくの直接の収入になる。

2.これにより、よりいっそう責任感を感じるようになり、かつ、知識公開欲がかきたてられるようになる。

3.もはやボランティアではない、プロフェッショナルとして、有益な情報を提供する事になる

4.お金を払ったんだから、もっとコンテンツを出せよ!良い文章を書けよ!という批判にもさらされ、その批判を叱咤激励として甘受する

5.読者とぼくの距離が近くなる

責任に押しつぶされそうでありながら、旅に出るようなワクワク感もあります。


というわけで

記憶法篇を出版しました。

このあとは、勉強法篇(おもにマインドマッピングの描き方や二元論の利用法篇)と国語算数理科社会入試科目解説篇、そして、医師とはどんな職業か、どうすればなれるのか篇と続きます。

どの順番でやるかわかりません。みなさまの応援度によって、変わります。応援よろしくお願い致します。

乞うご期待。


274円

時給、ふなっしーと同じ金額で売ろうと思ったんですが、最低価格が306円でしたので、

時給、SAMさん(TRFの)と同じ金額で売ります。



ついでに、どうやって出版するか、データベースします。

0.電子書籍の利点「だれでもノーコストで知識を公開できる」「ローコストで知識が買える」

   0.1 キンドル本はiPadでもiPhoneでもiPod touchでも見れるし、android携帯、タブレット、Windows8.1でも見れる!アプリをインストールすれば。アプリストアで「キンドル」と検索してください。

1.ネタを書く

2.Sigilというフリーソフトにテキストをコピペする

3.KDPに登録して、SigilでつくったEPUBをアップロードする。KDPに出版に足る文章か審査される。

4.税制面を解決する(アメリカに税金を取られないように、EIN:税金番号をアメリカの国税局からもらい、KDPにインターネット上で申請する)(面倒で時間がかかる。ぼくは調べはじめてから1ヶ月近くこの手続にかかりました。)

5.売り始める

6.プロモーションする。

以上。

詳しくは「KDP 出版」と検索してください。

(今は、KDPにインターネット上でEINで税金免除申請ができるのに、KDPのマニュアル本には「エアメールしろ」と書いてありました。激おこプンプン丸です。情報は陳腐化するものですね。このトラップにひっかかり、2週間は出版が遅れました。)

みなさんも電子出版してみてください.

ここで以下、

寄せられたコメントを紹介します。

「待ってました!

もし可能でしたらPCでも読めるようなPDFでの販売も一緒にお願いします。キンドルwpもっていないので。。

オーディオブックバージョン(読み上げソフトで簡単に作れます)や
ICレコーダーの音声入力の実演などの動画もおまけとして付けて頂いたらうれしいです。 」

べんりんさんありがとうございます。。

キンドルペーパーホワイトじゃなくても、読めますのでご安心を。アプリをダウンロードしてください。

読み上げソフトで作れるというのは新しい情報でした。

試してみます。

音声入力の実演は地味すぎて、映像として耐えられそうにありません。

吹きこみ作業なんて個室でこっそりやるもので、Youtubeで見るとか鑑賞に耐えるものではないです。

でも、実際に、

「絵」VS「読み上げ原稿と読んだ音声の3倍速の例示」はやりたいと思います。

新しいアイデアありがとうございました。


追記

本を出版して、2時間で気づいたら1冊買ってくださった稀有な方がおられました。

ありがとうございます。

本当に嬉しいです。よく気づきましたね。すごいです。

医者をやってて給料もらってても、国からお金をもらってるわけで、あんまり稼いでるっていう感覚がないんですが(診察や薬処方したりして、患者さんからお金をもらっているけど、間接的すぎる)、がんばって書いた本が売れたというのは、未体験の稼ぎ体験で不思議な気持ちです。

祝☆初印税。

期待されているんだなぁと感じて、寝る間を惜しんで書こうという気になりました。

【追記】
有機化学において、「大学受験用マインドマップを作り、ボイスレコーダに録音し、速聴記憶する流れを試験的に体験できる」記事を書きました。リンクに飛んでください。

マインドマップの画像と速聴音声のmp3ファイルをダウンロードして、記憶体験における未知の領域を味わってみてください。

自分の記憶能力のすごさに気づくはずです。そして、どんな試験でも受かるんじゃないかって思えるようになります。
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.03.25 19:23  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.05.06 21:07  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.05.08 13:09  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/473-01799ba0

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。