合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【先制医療】ワールドビジネスサテライトはたばこを増税を応援しろ。

”先制医療はまだ聞きなれない言葉かもしれません。 病気と診断されるより以前の段階、つまり何も症状がない発病以前の段階で、その方が将来罹患する可能性の高い病気を見つけ、発病を予防しようという考えです。”(http://www.dubois.jp/philosophy/preemptivemedical/より引用)

テレビ東京は大スポンサーであるJTのこと、つまりたばこのことの悪口は報道できません。

先制医療について報道したワールドビジネスサテライトは、たばこのことをなにも言及しませんでした。経済情報番組のくせに、たばこによる経済損失をまったく報道できないとは情けない。
(「広がる先制医療」特集ページより引用:事前にとった膨大なデータを解析し病気の予防策をたてる「先制医療」が広がりを見せています。KDDIは自宅にいながらスマホなどで手軽に健康状態をチェックできるサービス「スマホdeドック」を発表しました。中性脂肪や総コレステロールなど14の項目を検査し、肥満度や肝機能などが4段階で評価されます。夏には1回4,980円(税別)で個人の利用を受付けます。この検査キットを提供するのは医療機器ベンチャーのリージャーです。KDDIは自営業者や主婦のほか、20-30代の若年層をターゲットにします。先制医療への関心は高く、4月に京都などで開かれる日本医学会総会でも主要なテーマの一つになります。ジェイアイエヌとオムロンヘルスケアは、先制医療を進めるための共同プロジェクトを進めています。ジェイアイエヌが開発した、センサーを使って様々な体のデータをとるメガネ「ジンズミーム」を使って、先制医療のサービスを立ち上げます。)

「たばこを増税する」→「増税分の財源を使って禁煙外来を無料にする」→「喫煙率低下させる」→「先制医療を成功させる」→「たばこによる日本の経済損失を減少させる、医療費を削減する」→「浮いた分だけ経済効果のある政策をする、教育費にまわす、社会保障に回す」

フェルドマンさんは、政府の構造改革を批判し続けていますが、たばこ行政についても批判してほしいものです。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/533-be6d9a44

Neisseria meningitidis