合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【半分はプレゼン】半分は中身で決まる(おすすめTED、山中伸弥教授編)

"How you say is more important than What you say."(by Rocketman)

「良い研究かどうかは中身が5割、そのプレゼンテーションが5割で評価が決まる。」(山中伸弥教授出演のスーパープレゼンテーション、TEDより)

「本が売れるかは、中身が5割、本のタイトルと表紙で5割が決まる。」(ME)

学校のカイダンというドラマで広瀬すずさんがスピーチすることで、生徒を変え、学校を変えたりして、スピーチブームになりましたが、

「社会を良くするためにこうした方がいいという意見が通るかは、中身が5割、そのプレゼンテーションが5割で決まる」ともいえそうです。

「NHKスペシャル」の科学番組はプレゼンテーションがうまいけど、中身が伴っていない。
一方、
同じくNHKで放映中の「サイエンスZERO」は中身があるけど、プレゼンテーションがいまいち。番組制作費が違うから仕方ないとはいえ、もしNHKスペシャルなみに、きれいなCGを毎回作ってくれたら、完璧な科学情報番組になるだろうにと思います。


言いたいことは、これです。

すべてのぼくが書いた本の表紙とタイトルを変えました。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/540-e6e39b76

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。