合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
毎月、日用品、食品を定期的に買って頂いてありがとうございます。
8%もぼくに収入があるので助かります。

さて
【IT高校生向け】Scrivenerスクリベナーで脳内データベースを作る。

以前にもスクリベナーについては書きました。

医学における全知識を、あらゆるメディアとくっつけて、手っ取り早く自分の知識データベースを作る方法を紹介します。

必要なデバイスは
1.mac or PC
2.Scrivener
3.ScanSnap
4.いきなりPDF for 自炊
5.voice trek、あるいは、AI Talk plusはお好みで。どっちでもいいです。

このアプリの特徴は
1.ドラフトと言われるフォルダ領域に、テキストファイルを書くと、そのテキストに関連付けて、あらゆるメディアにリンクを付けられる
2.書いたテキストを検索できる
3.リサーチといわれるフォルダ領域に、PDF、JPEG、インターネットのページ(このソフトが自動PDF化してくれるのでオフラインでも参照できる)を整理できる。どんなにPDFが多くなろうが、動作がもっさりすることはない。
4.PDFもテキストファイルも階層構造に整理できる。

DropboxやGoogle driveに入れておけば、ひとつのスクリベナーファイルにすべての(ぼくの場合、)医学領域がスクリベナー上で参照でき、保存できる。クラウドに保存すれば、がんばって作ったファイルが失われるリスクがない。


5.スクリベナーに音声原稿のテキストファイルも一緒に入れて、記憶に役立てる。
覚えたい内容のテキストファイルをすぐにコピペできる状況なら、AI Talk plusで音声ファイルを作るのがとても楽。
勉強しようとしている内容がすでに、インターネット上で読めるとか、テキストファイルをコピペできるようなDFの形になっているなら、(自炊して、OCRでテキストファイルを読み込み、PDFにできるなら。自炊代行業者さんに任せるのも効率的。)自分で読むよりも、AI Talk plusに読んでもらうほうが楽です。
教科書ごとまるごと勉強するのに向いています。

医学用語は、AI Talk plusは正確に読んでくれないので面倒ですが、単語登録しまくれば、たいてい正確に読んでくれるようになります。

そのうち、追記します。

『医療における病気の診断というのは、
神様から与えられたクイズである。
パソコンで調べながら答えてもいい、後出しジャンケン可能なクイズで、必ず神様に勝たなければならない。』(ME!)
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/544-5e08da3a

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。