合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html

という記事において、地球温暖化解決方法のまとめと題して、地球温暖化に対する取り組みについてデータベース化しました。

人類が地球温暖化防止すること



人類が悪性腫瘍による死を克服すること

はかなり相関することに最近気づきました。

上記の記事を書いた2008年くらいで、誰も系統的に地球温暖化防止について整理できておらず、解決方法を対象化していませんでしたが、

今回も、2015年時点で、人類が悪性腫瘍による死を克服することについて整理されている文章をまだ寡聞にして、見たことがないので書いておきます。もし最初に書いたのがぼくならたたえてください。

地球温暖化防止対策方法は以下の分類がありました。
1.環境問題を解決するには、どーゆー態度が大切なの?

2.地球温暖化を具体的に、解決する方法は、どんなものがあるの?

    2.1.二酸化炭素固定型解決。

    2.2.二酸化炭素を増やさないことで解決。

    2.3.二酸化炭素をあんまり出さないことで解決。

3.地球温暖化が進行すると、具体的にどんなことが起こるの?

これをがん対策でアナロジーりますと、以下のようになります。

1.がん死を克服するには、どーゆー態度が大切なの?

2.がん死するのを具体的に、解決する方法は、どんなものがあるの?

    2.1.がん細胞撲滅型解決。

    2.2.がん細胞と付き合っていって、そのうち寿命が来ることで解決。

    2.3.がん細胞を作らないことで解決。

     2.4.がん細胞ができたらすぐに見つけて、早期発見早期撲滅型解決。

3.がん細胞が進行して浸潤して転移すると、具体的にどんなことが起こるの?

こういう分類はしたことがなかっただろうと思います。どの専門書でも。

以上、前置きでした。

以下本文です。

1.がん死を克服するには、どーゆー態度が大切なの?

環境倫理でも書きましたけど、

「この方法をやってしまえば もう 安心だね」というものではない。そうじゃなくて、いろんな治療法あるいは予防法を駆使して解決していくもの。

短絡的な解決方法ではないけど、それぞれの方法自体は、とても シンプルに機能しているのが理想。

だから、ぼくは医者でたばこを吸っているやつのことを壮絶的に超絶的にDISRESPECTします。

アル・ゴアの電気代が月に16万円であることと同じくらい、医者でたばこを吸っているやつはIdiotです。ハリウッド大作超ど級のidiotです。

どうしてがんと戦うべき職種が、がんを生み出すことを率先してやっているのか。

地球温暖化防止の対策委員会の委員長が、超燃費の悪い大型トラックに乗って、毎日100kmの通勤をするくらい馬鹿げている。

たばこを吸っている医者はこう言い訳をしがちです。「いや、たばこは嗜好品だ。嗜好品を楽しむのは個人の自由だし、たばこを吸っても、誰にも迷惑をかけない。自分の命は自分のもので、早死してもいいのだ。」と

ぼくはこう言います。「だったら、もしがんになったら、全部、自由診療で治療するんだろーなー(怒)。1円も医療保険使うなよ!」と。

「おまえにやる国からの医療費はねぇ!」(タンメン)と。

医者として、医療倫理はどこにあるのか、まず、たばこを吸っている医者には、EBMの定義と医療倫理について調べさせ、原稿用紙500枚分の反省文を書かせたいところです。

みんなの血税で3割負担で医療を受けられるのを忘れないで欲しいものです。

健康でいるのは連帯責任であって、不健康になる自由はない。

不健康になりたいなら、医療保険を利用する資格はない。

そのことを一番よく勉強しているはずの医者が、不健康になりたいというのが、最大の矛盾であり、最大のプロフェッショナルにあるまじき行為、思想です。

2.がん死するのを具体的に、解決する方法は、どんなものがあるの?

    2.1.がん細胞撲滅型解決。
どんなステージの癌だろうが、治そうと頑張っています。
物理的手術(メスで切る。熱で切る。凍結させる。)、化学療法、放射線治療、免疫療法、ウィルス療法

残念ながら、グリオブラストーマにはどれも太刀打ちできてません。

    2.2.がん細胞と付き合っていって、そのうち寿命が来ることで解決。
某非医学論者の放射線治療医が提唱した「がんもどき」理論。
腫瘍マーカーを人間ドックで計測するな!

    2.3.がん細胞を作らないことで解決。
たばこ吸うな。
AIDSにかかるな。HPVにかかるな。避妊しろ!
毎日、酒、飲むな。
牛肉食うな。鶏肉と魚を食え。
野菜もっと食べろ。
ストレス発散しろ。

     2.4.がん細胞ができたらすぐに見つけて、早期発見早期撲滅型解決。
人間ドックを毎年受診しろ。
腫瘍の作るペプチドを発見しろ。

3.がん細胞が進行して浸潤して転移すると、具体的にどんなことが起こるの?
脳、肺、肝臓に転移すると、
脳なら意識レベル低下→延髄圧迫して呼吸抑制→呼吸停止
肺なら、換気する機能低下→低酸素→延髄の酸欠→呼吸停止
肝臓なら●→意識レベル低下→低栄養→延髄機能低下→呼吸停止

クリティカルな臓器に転移することで初めて致死的になる。
なかなかこれらの臓器に転移しないと、痛いだけで、意識が低下せず生き地獄になります。

追記、加筆します。

上記文章は

がん対策基本法
Year note
Up to date
Cochrane library
日本内科学会雑誌 J-STAGE
などを参照して書いています。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/546-b9b58116

Neisseria meningitidis