合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
やりたいこと、書きたい内容をシャウトアウトしておきます。

1.祝拍手合計3000回記念企画
名づけて、「国家写真復元速聴記憶法第1種試験」

勉強法の勉強をしないと、うまく記憶できないし、試験も合格できないことは何度も言っていて、そして、そのことが社会において、様々な問題を作り出している。
文部科学省は未だに、勉強学をひとつの学問分野として認識せず、どうやって学び、どうやって金を稼ぎ、どうやって社会のために役立つ人材になるかについてクリスタルクリアカットな解答を出しませんし、小学校で習うことはありません。

そして、ぼくのそういう問題に対する解決策としてのWikihikagleプロジェクトもイマイチです。本も売れてないしなぁ。
でも、拍手してくれる読者が毎日いるし、Affiliateで水とか米とか買ってくれるひとがいる限りがんばって教育問題というより、(教育という言葉が陳腐に感じて仕方ないので、もっと直截な言葉で言うと、)『勉強問題』を解決する一助になっていきたい。

そこで、新しい企画として、試験問題を作成したいと思います。

どんな学問でも、「試験を作って、解答する」という作業が勉強のモチベーションと知識の獲得に欠かせないということが身にしみてわかってきました。
「問われて、答える」という脳の活動は、根源的な心地よい欲求なんだと思います。(二元論的だし)

読んでスルーしてしまう現象をなんとかストップさせるために、試験問題を作ります。

この試験問題の過去問をひたすら繰り返し解答することで、過去問マスターとなり、試験勉強法技術を効率的に身に付けるのが目標です。

『自分で勉強法の知識の公開をして、自分でその試験問題と解答を作り、自分で過去問を作る』という前代未聞のプロジェクトです。

写真復元速聴記憶番長として、がんばります。

(もちろん正式な国家試験ではありません。)

2.世の中、すべて読み放題サービスが拡張されて、いっきに、教育費が安くなる

3.ぼくがやってる医療のことについて、わかりやすい文章でuptodateを翻訳して届ける(直訳はしません)

4.医者の知識はパソコンの中に、理解は頭の中に。
データベース化するためのツール、方法。既存のノートをいかに、検索可能にするか。
既存の本をいかに、検索可能にするか。
忘れない脳の本棚を作らずに、外部記憶装置としてのパソコン。
医療において、覚える必要はないことは覚えない。パソコンで10秒あれば検索できることならね。

5.Youtuberになるべきかならざるべきか。

Google adsenseに加入しているんだから、Youtubeに動画をのせて、広告収入を得るのは、なんの障壁もない。

二元論主張者としては、言葉と映像で知識を伝えるのがベストだとわかっている。
でも、動画を作るのが面倒くさい。暇な時間もないし。うーん。手軽に作れるソフトがあればなぁー。
誰か作り方と作れるソフトを教えてくれればなぁー。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/561-8c23672d

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。