合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【医局選び】医学生時代以外に見学する機会がない

医者人生を研修医2年目の秋に決定するわけですが、割りと、医学生時代以外に見学する機会がないんです。

医学生といえば、医者になる前のモラトリアム期間で、遊びつくすための期間です。

その分、医者になったら遊べなくなるという危機感があるので、遊ぶ。

でも、この遊ぶ期間にしか、病院見学はできないんです。

研修医期間に見学をしにいくのはほぼ無理。

実際に研修医として働き始め、理想と現実がわかった段階で医局見学をすべきなのにできない。

そして、なんとなく医局を決めてしまう。


ぼくは研修医として働き始めたあとに、地域実習以外にも、いろんな病院を見学する悩み期間を設けるべきだと思います。

結婚、育児などが視野に入り始めて、給料、労働時間、興味のある分野など、わかりはじめた時に、見学しないとしっかりとその後の人生を決められない。

現状では、そういう機会がないので、地域実習中に、クリニックの先生にお願いして、病院見学にこっそり行くことになります。(普通の内科実習期間中に、見学に行くとか言ったら、給料が引かれます)
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/563-4d4d4e4e

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。