合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

Wikihikagleネーム:sakura様の投稿にレスポンスします。

投稿を勝手に要約させていただくと、ぼくの書いたことを、徐々に読んでいくという内容でした。

お役に立てれば幸いです。ぼくの本の購入などで寄付していただいて(切実)、疑問な点があったら質問してください。
一つ言えることは、「医者は儲かります」ので
「借金してでも、医師の資格をとることは意味がある」
ということです。3000万借金しても、10年以内に、必ず、返済できますので、安心してください。
明治大学の学生のように、ずるして弁護士になるより、お金を出して、医者になったほうがいいと思います。医学科に入れば、やる気さえあれば、弁護士になるより簡単に、医者になれます。
経済的なことを気にしていらっしゃるとお見受けしたので、お金の話をしました。下世話な話ですいません。
*私立に行けというわけではありません。浪人してもいいので、地方の国立大学を受験してください。

以上です。

森山直太朗の新曲、生きるって言い切るが実存的でいいです。御徒町凧氏にしかかけない詩です。高校生や受験生は実存的になりがちなので、こういう歌詞は刺さりますよね。

祝3000拍手記念

ありがとうございます。とうとう3千ものひとびとが、(・∀・)イイネ!!と言ってくれました。がんばって書きます。ノブリスオブリッジ!noblesse oblige!

さて、【今後の予定】執筆予定

アイデアを書いておきます。

1.Eテレ、楽観主義とサイコパス
結局、面白い内容があんまりなかったので、あんまり加筆しないかも。

「医者になったのに、研究ばっかりやる研究者はサイコパス問題。」

臨床しかやりたくないと思っている医者は、お金が大好きか、本当に医療が好きか、手術で手を動かすのが大好きかの3択。

研究もちょっとはやりたい、臨床もしっかりやりたいと思ってる医者は、普通の医者。

医者になったのに、研究ばっかりやる研究者はサイコパス。

である傾向があると思う。と最近思います。



2.大改訂

 2.1.ぼくのメインアイデアであるところの勉強法革命ですが、「ひとは見た目が9割」つまり、本は表紙が「9割」なので、

表紙を変えます。

こんまり先生の本をパクりまして、空の表紙シリーズにします。つくるのが面倒なのですがそのうちやります。英語バージョンのボイスレコーダー本の表紙をちょっと変えて作ろうかな。

 2.2.著者名を英語名から日本語にする。「黒柳 孟司(くろやなぎ たけし)」

やっぱり執筆者名がしっかり日本語のほうが、呼びやすいし覚えやすいので、黒柳孟司と名乗ります。

どうも。黒柳です。

日本で最も売れた本の作者である黒柳徹子(窓際のトット氏)

そして、現役スモーカーで、医者をやったことがほとんどない東大の解剖学教室のもと教授である養老孟司(バカの壁)

この二大巨頭の名前をくっつけて、黒柳孟司にしてみました。

もっと本よ、売れろという希望を持って、ベストセラー作家の名前を拝借しました。

売れなかったら別の名前にします。

2.3. ページ数を図を入れて稼ぐ。

キンドルデバイスのオーナーは無料でぼくの本が読めるのですが、ギャラが1ページ1円なんす。150ページくらいしかないほんを全部読んでも150円しか儲からない。

じゃあ、絵を入れてもっとページ数を稼ごうという気になりました。

Surfaceで絵を描くようになるんじゃないかと思ってます。

2.4.医者になるための本を無料化して、勉強法へ誘導する。

この前、近くのコンビニに寄ったとき、小学生がコンビニの椅子で勉強してて、がんばってるなぁと思って老婆心ながらのぞきみてみました。
勉強内容は日本の歴史。がんばって教科書をノートにまとめていました。
ノートがびっしり黒鉛筆で整理されてて、やっちまったなぁーと思ったんです。

この子はがんばっているのに、だれもやり方が間違っているのに教えてあげられてない。と思った。

がんばってるのはいいんですが、ズレてるんですよね。

すぐにその子に注意したいのは、(受験の鬼教師風に)

1.過去問を見ろ。それから教科書をまとめろ。漫然と全部覚えようとするな。試験日に間に合わないぞ。模試の成績とも直結しない。努力のわりに成績あがらないから、お前はお前のことを信頼できなくなる。

2.鉛筆で書くな。3色ペンで書け。書いたら、蛍光ペンで色を塗れ。黒一色じゃ頭に入らんぞ。色塗りを楽しめ。塗ってること自体楽しいぞ。

3.ノートに書くな。ルーズリーフ、1ページの表だけにフローチャートを描け。文章を書くな。キーワードだけにしろ。絵を描け。絵を添えろ。1ページに知識をまとめるように工夫しないと頭にはいらんぞ。お前のお前にしか書けないノートを作れ。それがお前の一生の宝物になる。

4.親にパソコンとスキャナー、タブレット、そしてなにより、ボイスレコーダーを買ってもらえ。ノート作ったら録音して、何度も聞け。大人もこどもも勉強法は同じだぞ。お前にあった幸せの青い鳥方式の勉強法はこの世にない。合理的な勉強法がお前にあった勉強法なんだよ。合理的な勉強法はお前の一生の財産になる。

5.お前がこれから受けるであろう試験。資格試験、TOEIC、大学受験、国家試験でもなんでもいい。いいか、全部、プール問題だ。8割がプール問題から出題されてるんだよ。そんで、合格点は8割。合格するすんの簡単だろ?

と、もと暴走族の吉野氏(古典の先生。今は東進ハイスクールでがんばってるらしい)のように書いてみました。

読んだら忘れない読書術。

がよく売れているんですが、ぜんぜん内容がないような、しょうがないかーな、伝わらない本(Ginger medicine、生姜内科)なのに、精神科医というだけで売れてしまう。(この本の作者は精神科医として毎日うつ病患者を相手に臨床してるわけじゃないし)

 2.3.精神科医を標榜する。

ぼくは精神科医ではなありませんが、精神科医と標榜します。医師法的には、専門医ではなくても、何科の医者であると表現することは自由です。

というわけで、精神科医の黒柳孟司でーす。とこれからは自己紹介します。



3.新作のアイデア「理想的な英単語集」と「理想的な奥行き方向の英会話集」を作る。

ちょうどいいのがないから作っちゃうよシリーズ。

まず、「理想的な英単語集」

ぼくの英単語の知識はほぼ「Z会の速読英単語、必修編と上級編」「大西泰斗のボキャブラリーシリーズ」でできてます。

理解による記憶は大西泰斗先生の本に任せるとして、あとは速読英単語を速聴英単語に変えるプロジェクトXです。

メインアイデアは

1.ひとつのページを絵として扱えるように、単語を配置

2.シソーラスをつけまくり、ひとつの単語で一気にボキャブラリーを増やすこと。語感を増やすこと。

3.語源ごとに配置することで芋づる式に大量に思い出すこと。

4.ひとつのページに書いてあることを、書き取り練習をしながら、速聴することで、大量に短期間に一挙に覚えること。

本のタイトルは「速聴即記憶英単語 語源編」

今の英単語の本が20年前と全く変わらずに進化していないので、ぼくがベストだと感じる覚え方で覚えられる本を作ろうと思います。

次。

「理想的な奥行き方向の英会話集」

英単語が覚えられないといちいち文章から推測しなくちゃいけないから理解もできない。

BUT!英単語を覚えても自由に話せるようにならないんですよね。

大量に例文を頭に入れて、話すときはその文章を借りてきて文章を作る。

赤ちゃんが喋れるようになるプロセスを人工的に作り出せば、だれでも英会話、英作文ができるようになる。

ぼくの中にある文章のお手本は「大杉正明先生の英会話本

速読英単語も大西泰斗の本も大杉正明の本も10年以上開いていませんが、いまだに思い出せるので、やっぱりぼくのやり方はある程度効果的だったんだと思います。

ストーリーと口調、挿絵のイメージ、BGM、効果音

すべてが三位一体となり、頭の中で流れることで、想起されます。

その文章を借りて文章を作る。

発音もよくなるし、ヒアリングもよくなり、会話の瞬発力があがるという効果もあります。

と、ここまで書いてて、それなら、上記の本で勉強してもらえばいいんじゃないかと思えてきました。英会話本は作るのがたいへんなので、ペンディング。

こういう本を大量に作ってくれたらぼくの出番はなくなる。

こういう本にあるべき特徴を描きます。

1.必ず、漫画にすること。実写はだめ。(アニメーションのほうが覚えられるかは実証してません。)

2.必ず、英会話にすること。役者に読ませること。

3.必ず、環境音をつけること。効果音をつけること。BGMは雑踏などの、環境音でなければならない。いらつくクラシックやイージーリスニングはだめ。

4.ネイティブの感覚を持った人が、会話を作ること。

5.合目的で無味乾燥な会話は絶対にだめ。ストーリー自体が楽しいものでないとだめ。笑い、怒り、恋し、喜び、悲しむストーリーにすること。堅苦しい環境問題をテーマにした会話とか、教育問題をテーマにした会話とかゴミ箱に捨てたい。
こういう会話は覚えられません!(マーシャ、クラカワ氏へ。)

以上。

とりあえず、英単語のほうは作れるかなぁ。徐々に形にしていきます。

英語系のブログで視聴率1位を取りに行きたいと思います。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/567-6b5320ad

Neisseria meningitidis