合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
聴いたられない速聴記憶術(精神科医が教える)


という本がでました。
10/30から5日間 無料で手に入ります。
「ボイスレコーダーを使った速聴記憶」本の表紙を変えて、文章を少し整理しました。
中学生のみなさん。買って下さい。

1年ぶりぐらいのメジャーアップデートです。

表紙は以下の本にインスパイアされました。

東京オリンピックロゴ問題と同じ理屈です。



さて、下記本のおびにある文章に対して、ツッコミを入れます。→矢印の右側がぼくのつっこみです。




「本を読んでも忘れてしまう」「時間が経つと覚えてない」・・・・・・。→当たり前です。

こうすれば、記憶に残すことができる。

毎月30冊の読書をこなし→医者なら論文読めよ。
毎日40万人に情報発信→そんな暇あるなら研究しろよ。研究した最新の知見をWikipediaでいいからアップしろよ。
異色の精神科医が教える、→正規分布でいうところの両端5%の医者ですね。多くの医者が一般の人々にむけて、『こういうのが医者なのか』と思わないで思うタイプの医者ですね。
脳科学に裏付けられた、→エビデンスレベルはいくつでしょうか?RCTしたんですか?
本当に役立つ読書とは?

「アウトプット読書術」→当たり前です。マインドマップノートにまとめるということですね。
「スキマ時間記憶強化読書術」→寸暇を惜しんで、勉強しろってことですね。
「5分、5分読書術」→集中が切れるから、5分毎に休憩しろってことですね。
「数珠つなぎ読書術」→インターネットでサーフィンするように、わからないことはすぐに調べろってことですね。

以上がつっこみです。
パラパラっと立ち読みしてザッピングしただけですが、真新しい技術、卓越したなにかがそこにあるわけではなかったです。
残念。

ぼくもこういうよさ気な帯や表紙を作ってくれる編集者さんに頼んで、本を売っていればベストセラー1位になれるのかなぁと思って、ツッコミどころをつっこみました。

上記商品リンクのAmazonのレビューで小槻さんがメモを箇条書きしていただいてるので、コピペします。
僕の本ですでにかいてあることを、既述と書いて紹介します。

・移動の電車が読書時間→意外と集中できる。速聴術でも紹介してます。既述。
・毎日1時間アウトプット→インプットしたらアウトプットするのは二元論ですね。既述。
・人は必ず運命の一冊がある→たとえば、僕の本とか。
・本の効果10年かかる→意味がわからない。
・99%忘れるのが普通→当然です。
・一週間に三回アウトプット→3回の根拠は?覚えられるまでやればよくないですか?
・3回使うと永久保存→3回?
・自分より外側にだす→アウトプットね。既述。
・インプット→アウトプット の繰り返し→既述
・アウトプット前提でインプッットをする→既述
・速読→深読→議論できるレベル→理解しろってことね。既述
・マーカーやメモをする→既述
・キュレーションをする→?
・ネットの見過ぎで生産性を落としている→過度の一般化。
・困ったら本を読め→別に本じゃなくても、インターネットでもいいです。
・人間は解決方法があるだけで安心する→当然です。
・成功している人は準備ができている→当然です。
・多読している人は直感力が鍛えられる→直感力ってなに?
・情報をもらう人→情報発信→講師→著者→専門家→→当然です。
・10年やるとまわりがやめている→トップになれる→→当然です
・通読→部分→→ミクロからマクロそして、マクロからミクロですね。二元論ってこと。既述。
・やりながら考える→本を読んだら試してみる→当然です。既述。

そういうわけで、やはり、ひとつひとつ見ていきましたが、なにも新しくないです。
なぜ、同じことが書いてあるのに、僕の本が売れないか。

Ans.:出版社が広告費だして宣伝してるから!
悔しいです。

あとこの本の筆者はイリノイ大学に留学していると書いていますが、日本の医者はアメリカで医療を行えないので、臨床留学ではなく、ただの学生として留学しただけです。
しかもたぶん大学院じゃないから、論文を出したかどうかも不明です。論文を書きに留学したのかなぁ。なぞです。
箔をつけるために、アメリカの大学名を出すところが・・・・ね。
論文名を引用してほしいものです。


これらのつっこみをしてるからには、ぼくはしっかりと勉強法に対する解答、作業仮説を出しています。

読書術じゃない。

読んで、知識を集めて、一枚のマインドマップを描いて、知識をつなげて、ミクロとマクロのノートを論理でつないで、完全に理解したところで、30秒ごとにレコーダーで録音して、毎日、3倍速くらいで集中して聞けって言ってるだけです。

この一連のルーチンワークをするだけであらゆる知識が身につく。

そして、テストに合格したいのなら、「テストはだいたい8割がプール問題理論」に基づき、プール問題をマスターするまで、小脳レベルで解答を瞬殺できるまで、繰り返し解け。

と言ってるだけです。

超シンプルだけど、面倒くさいという感情が邪魔してたいていのひとができないから、合格、不合格の差が出ます。

面倒くさいという感情を否定せず、身体の片隅に同居させておいて、勉強という行為を繰り返し、合格する側の人間になってください。

合格する側の人間が多くなることで、経済的に豊かになるひとが多くなり、日本のGDPは高まり、あらゆる社会問題を解決すると本気で思ってます。

細胞レベル→臓器レベル→読者個人のパーソナルレベル→読者の地域レベル→日本レベル→世界レベル

で考えてこの本、出してます。

読者のみなさんの行動パターンを変えることで、脳の神経回路を変えて、日本レベルで豊かになってほしいので、この本を書いてます。


最近、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をアニメ、ドラマと連続でみまして

世界の中心で愛をさけぶ以来の実存的な気持ちになりました。

村上淳とUAの息子さんにもらい泣きです。山田孝之にもらい泣きして以来の号泣だったなぁ。

じんたんにも、ぼくの本を読んでもらい、将来の夢をかなえて、せつないよねぇーにならぬようにがんばってほしいです。

中高生、がんばって。勉強術を鼻につけず、身につけてください。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/568-5a879bbd

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。