合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【LPSの何を信じて何を食べるか】

堺正章がでてる番組は一時的な健康食品ブームを起こしがちである。(ME!)

世界一受けたい授業:LPSで免疫力UP!病気にならない体の作り方

発掘!あるある大事典:納豆ブーム

過去にもやらかしているのに、なんで反省しないのかわかりません。

この世の中にはスーパー健康食材はありません。(イギリスの厚生省の報告を参照してください。既出記事を参考にしてください。)

扇動的にスーパー健康食材があるように伝えてしまうのはよくないとわかっているのに、マスメディアというか、大手テレビ局は印象づけるためにやってしまいがちです。

そもそもLPSとは

リポ多糖(リポたとう、英: Lipopolysaccharide, LPS)は、グラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分であり、脂質及び多糖から構成される物質(糖脂質)である。LPSは内毒素(エンドトキシン、英: Endotoxin)であり、ヒトや動物など他の生物の細胞に作用すると、多彩な生物活性を発現する。LPSの生理作用発現は、宿主細胞の細胞膜表面に存在するToll様受容体 (Toll-like Receptor、TLR) 4 (TLR4) を介して行われる。

以上、Wikipediaより。

杣 源一郎先生によると

おすすめLPS食材ベスト5

第5位 岩のり
第4位 ひらたけ
第3位 れんこん
第2位 めかぶ
第1位 玄米

しかも、LPSを含む食材と乳酸菌を一緒に摂取すると強い相乗効果が生まれる。

ということですが、こういう議論で一番の問題は、統計学的な裏付けがないのに、LPSの含有量で健康効果について効果があると大風呂敷を広げてしまうところにあります。

二元論でいうところの、定性ばかり言って、定量的データがない。

そして、定量的データを調べるのはとてもむずかしい。

Nの大きい、そして、フォローアップの期間が長い、前向き研究を信じてください。(国立がんセンターがやってくれるはずです。)

培養細胞やマウスをいじっている免疫学の教授が、臨床的な統計学的根拠を持っているはずがない。(先生の本を読んでないので推測ですが)

では、二元論ユーザーがこの情報を手に入れて、どう行動するかというと、

『健康に良さそうな日本食、おかずをバランスよく、いろんな種類を食べる!』です。

LPSサプリを摂取するのは、スーパー食材ビジネスに乗っかるだけで意味が無いので、やめましょう。

ぼくはすでに、LPSの多く入っているといわれる食材をなるべく多く食べるようにしています。


追記。

【経口免疫寛容について】

幼少時に家に犬がいると、将来アレルギーになりにくい。(経口感作)

農家を営んでおり、幼少時に家畜に触れると、将来アレルギーになりにくい。(経口感作)

ピーナツバター入りのオイルを幼少時に体に塗ると、将来、ピーナツアレルギーになる。(経皮感作)

以下、引用。
4月5日(日)のNHKスペシャル「新アレルギー治療〜鍵を握る免疫細胞〜」:近年増えてきたアレルギー、国民病とも言われる花粉症、食物・動物アレルギーを根本的に治す鍵を握る”Tレグ”とよばれる免疫細胞を中心として、最先端の研究に迫るというもの。
制御性T細胞(regulatory T cell: T-reg)の発見者である坂口先生が出演。
アレルギー性の病気、自己免疫病などの病気は、自分の体を攻撃する「自己反応性T細胞」と「制御性T細胞」の両者のバランスの上に立っている。T-regは自己攻撃性の細胞を押さえ込み、アレルギー反応を起こさないように働く。
アメリカで近代文明に背き自給自足など独特の生活習慣をもつアーミッシュはTレグが多く、アレルギーが少ない。家畜が出す細菌などを子どもの頃吸い込むことによってTレグが反応性に多くなると考えられている。これは生後3歳頃までで、この時期きれいすぎると免疫系が刺激を受けなくなる。
2000年の米国小児科学会のガイドラインでは妊娠、授乳中は卵、ナッツは避けて、乳製品は1歳から、卵は2歳から、ナッツは3歳から食べるように指導されている。
ところが、2008年には食品を避けることによってアレルギーを予防する証拠はないと結論付けられた。
2015年2月にロンドン大学のギデオン・ラックという教授の報告では、定期的に食物タンパク質(ピーナッツ)に晒されていると攻撃細胞も増えるけれど、それに対してピーナッツ専門のTレグも増えるということがわかった。
離乳食は色々な食物を食べてよい、ただし食べて何か変ならばすぐに医師に相談すること。
皮膚からのアレルギーの成立する。
皮膚の小さな傷がずっと続いていると、そこから食物成分などが異物として体内に取り込まれる。皮膚の樹状細胞がこれらをアレルゲンを異物として認識し、攻撃細胞に伝達、増加する。Tレグの抑制範囲を超えた臨戦状態が続く。
皮膚からはアレルギー(経皮感作)になり、口から腸では免疫抑制的(経口免疫寛容)になる。
腸管は本来いろいろな異物が侵入してくる場所なので、Tレグ細胞が多く存在して、免疫の関所として機能している。
皮膚の傷は本来のものではない、異常事態なので、侵入してきたものを外敵と認識して炎症反応を起こす。
皮膚の炎症はなるべく早期に治して、長引かせないのがアトピーを重症化させない事が大事である。
乳児期からの保湿などの早期介入による皮膚バリアの保護の重要。

以上、http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=j3mIn88TJzwJ&p=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC+%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC+NHK&u=sogahifuka.com%2Fblog%2F%3Fp%3D2354より、改変。

LPSも経口免疫寛容のひとつで、Tregの発現に関わっているはず。

LPSがアレルギーに影響するのはよくわかる。

それが、

アルツハイマーの原因であるアミロイドβの除去に関係しているか。

がん免疫と関係しているか。

は相当、飛躍していますので、大規模な統計をとってほしいものです。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/597-67fc97e8

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。