合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【医者に必要な統計学データベース】

【もくじ】
1.総論
2.

1.総論

evidence-based medicine そして、臨床経験が増えてくるに従って、やりたくなってしまう

experince-based medicine

どっちにせよ、医者になって、問診から診断、治療に至るまで、『教科書やガイドラインに書いてあるから』という理由で判断するのではなくて、

『●の病気を疑ったら、問診で●を聞く。検査で●をする。

その問診や検査で陽性所見があったら、●倍その病気らしい。

陰性所見があったら、●倍その病気らしくない。

その病気だと●倍だけ、疑わしいなら、治療効果が他の治療法よりも●倍治りやすいから、●の治療法を選ぶ。』

という思考が良医の条件だと思っています。定性VS定量です。

この定量の部分がかけると二元論的に失敗しています。

ガイドラインも教科書も基本的に、●倍の部分は書いていません(優秀なものは載ってる)。

この●倍の部分は95%が統計学で出来ています。

だから、『医療を学ぶ』 イコール 『統計学で定量を学ぶ』

追記【合格体験記】

wikihikagleネーム、mekefuzedoさんより以下の合格コメントをいただきました。

『黒柳孟司さんの勉強法を取り入れて成績が伸び、今年無事に第一志望の大学に合格することが出来ました!
感謝してもし切れません。
本当にありがとうございます!』

おめでとうございます。
僕が間接的に介入したことで成績が伸びたという事実が一番嬉しいです。
正しい努力をすれば、合格は諦めなければ、どんな試験でも誰でも合格できる。
(試験だけじゃない。
どんなトップジャーナルにも論文がアクセプトされる‼)

ぜひ、これからも大学受験以外にも、試験に合格したり、論文がアクセプトされたりするたびに、合格体験記あるいはアクセプト体験記コメントくださいm(__)m
関連記事

こんばんは、mekefuzedoです。
黒柳孟司さんの勉強法を取り入れて成績が伸び、今年無事に第一志望の大学に合格することが出来ました!
感謝してもし切れません。
本当にありがとうございます!

2017.02.13 20:16 URL | mekefuzedo #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.07.07 10:25  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/609-669df0a2

Neisseria meningitidis