合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【Wikihikagle公式Book cover】民衆を導く自由の女神( La Liberté guidant le peuple) ウジェーヌ・ドラクロワ

民衆を導く自由の女神

Wikipediaによると

解説
中心に描かれている、銃剣つきマスケット銃を左手に持ちフランス国旗を目印に右手で掲げ民衆を導く果敢な女性は、フランスのシンボルである、マリアンヌの姿の代表例の一つである。絵画としてのスタイル、フランス7月革命というテーマから、絵画におけるロマン主義の代表作と言える。
原題のLa Liberté guidant le peupleから分かるように、女性は自由を、乳房は母性すなわち祖国を、という具合に、ドラクロワはこの絵を様々な理念を比喩(アレゴリー)で表現している。一方で、彼女が被るフリギア帽は、フランス革命の間に自由を象徴するようになった。やはり、マスケット銃を携えて女性に続くシルクハットの男性は、ドラクロワ自身であると説明される事が多い。女性の左隣の二丁拳銃の少年については、誰をイメージしたのかは不明。

だそうです。

ルーブル美術館に版権を買って、そのうち、ぼくの本の表紙にこの絵にしたいと思います。
フランス国旗の代わりに、Duality、つまり二元論の象徴を持ってもらいます。

Wikipediaでは以下のような解説を載せようと思います。
解説
中心に描かれている、けしごむつきえんぴつを左手に持ち二元論のシンボルマークの旗を目印に右手で掲げ民衆を導く果敢な女性は、二元論のシンボルである、マリアンヌの姿の代表例の一つである。絵画としてのスタイル、フランス7月革命というテーマから、絵画におけるロマン主義の代表作と言える。
原題のLa Duality guidant le peupleから分かるように、女性は自由を、乳房は二元論すなわち科学を、という具合に、黒柳孟司はこの絵を様々な理念を比喩(アレゴリー)で表現している。一方で、彼女が被るフリギア帽は、フランス革命の間に自由を象徴するようになった。やはり、えんぴつを携えて女性に続くシルクハットの男性は、ドラクロワ自身であると説明される事が多い。女性の左隣の二丁拳銃の少年については、誰をイメージしたのかは不明。

以上です。

二元論の旗を持って民衆に自由をもたらすというのは、二元論革命そのものですよね。

ぼくにとって、二元論により大学合格や国家試験合格、科研費取得が容易に可能であったことからも、民衆にとっても、夢をかなえるマストハブアイデアであることは間違いありません。

いくらくらいで使わせてもらえるものなのか、ルーブル美術館に問い合わせてみます。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/611-f24be786

Neisseria meningitidis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。