合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【医者apps】Complete anatomyを臨床に使う方法はCTなどの画像と比較すること。病気の見落とし防ぐ唯一の方法。

1.アプリを用意する。

2大 解剖学アプリといえば、

① 3D4Medical のComplete anatomy https://3d4medical.com/apps/complete-anatomy

あるいは、

② Visible body のヒューマン・アナトミー・アトラス2017エディション http://jp.visiblebody.com/atlas-pc-overview/

どちらも持ってますが、それぞれメリットデメリットがあります。総じて、OSごとに買い足さなくてはいけないので、どの端末で使うか考えて、買うアプリストアを絞り込む必要があります。
いずれにせよ、大きい画面で、GPUが強力でないと動きがもっさりしていらいらするので、携帯端末で使うことはおすすめできません。
なぜかアンドロイドは①において排斥されているので、WindowsかiOSかMACということになります。

①は
【メリット】
解剖のDetailが丁寧で、3Dが正確。特に骨に関しては、たぶんキャプチャーしてるから、凹凸が本物。頭蓋底で②と比較すると、穴の大きさ、神経の走行が本物レベルだとよくわかる。
監修にあたっている医者が一流大学の教授クラス。
ガチンコで大学の解剖学の授業で使うことを目的にしている。
注目したい部分の消し方や隠し方が簡単。
筋肉の起始停止、支配神経、支配血管を選んで表示できる。

【デメリット】
値段が高い。
APPLEを依怙贔屓している。
英語なので、面倒。

②は

【メリット】
日本語!!!!!が使えるようになった。
比較的安い。

【デメリット】
ぼくがアンドロイド携帯で使っているからですが、ものすごいもっさりする。
解剖がキャプチャーしていないので、形がデフォルメされている。形はだいたいあっているけど、細かいところが曖昧になっている。特に、頭蓋底は最悪で形がおかしい。


2.いかに3Dモデルを利用して、名医を目指すか。臨床画像にフィードバックする。画像診断カフェを使う。

医学部医学科2年生と外科系を志す研修医とレジデントにとっては本当にいい時代になりました。

ぼくは外科医ではなく、内科医ですので、実臨床へのフィードバックはCT、Xp、MRI、PET、USです。

とくに使えるのはCT、Xp、MRIです。

いままで、2次元のネッターでうんうん唸りながら、3次元を想像しつつ、これらの臨床画像を見ていたわけですが、

このアプリを使うことで、立体的走行を確認しながら、臨床画像を読影することが可能になりました。


さて、

どちらかのアプリをご用意ください。

つぎに。

画像診断カフェ http://medicalimagecafe.com/tool/head/01.html

を開いてください。

まずは、頭から例示します。

脳はすべての医者が読影できなければならない臓器です。

救急当直して、脳梗塞や出血を見逃したらヤブ医者だからです。

CTもMRIも脳が見やすいように、脳室がまっすぐ見えるように斜めに画像を作っています。

ほとんどの医者は自分が注目しているのがはたして●頭葉なのか、●溝なのか、自信を持って言えないはずです。

それは、スライスされた画像を3次元でどの位置なのか、従来は頭のなかで想像しなおす必要があったからです。

もともと、解剖学者が立体的なご遺体の臓器に対して名前をつけたものなのに、

現代ではCTなどの平面画像で診断します。

このギャップを埋めるのが自分の想像力しかなかった。


3. その患者の病態を、正常画像(画像診断カフェ)、正常立体構造(コンプリートアナトミーかヒューマン・アナトミー・アトラス)と比較して、異常を導く。

radiopediaで例示します。

https://radiopaedia.org/cases/accessory-middle-cerebral-artery-and-ica-aneurysm-1

左のICAに動脈瘤、右のMCAが1本多いという画像です。

このRadiopediaは大量に例示されているので、自分がマスターしたい疾患を探して、自分の仮想経験値をあげることができます。

MCAが1本だけACAからでているのは置いておきましょう。

救急で左のICA、眼動脈分岐部の動脈瘤を見逃したら怒られます。

立体構造を把握しないと、平面画像で血管を追うのが難しくなります。

立体が理解できるからこそ、平面画像がどう動いていくか想像できる。

立体 VS 平面

の二元論が成立します。

ここまできて、

異常 VS 正常

を見つけることができて、疾患を発見できる。

頭蓋内は特に、左右が対象なので、

左 VS 右

の二元論があるので、読影が正確になりがちです。(画像のLikelihood radioがあがるとも言える。)

画像が読めない医者はヤブ医者です。読影結果を盲目的に信頼せず、批判的に自分で評価しましょう。

見落としはだれでも経験することですが、数が少なければ少ないほど良い。

読影医が間違っていたから自分も間違えたとごまかすのは容易ですが、自分に厳しくルールを課さないと、いつまでたっても、見落としが減らず、AIが画像を読影するようになるまで正しい判断ができるようにならない。

二元論を大切にすることしか、見落としを減らす道はありません。

そのために必要なツールはすでに世の中にあります。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/613-0e77aa9f

Neisseria meningitidis