FC2ブログ

合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

記憶法

教育科学的に、実証されているのはいくつも、名前がついていますが、結局やっていることは、「思い出す練習」をするだけです。

その方法がマイナーに違うだけで、やってることは同じ。専門用語でいうと「検索学習」

1.テスト、クイズの問題を何度も解いて、思い出す。

2.覚えたいところを緑色で塗って、赤い下敷きで隠して思い出す。

3.フラッシュカードで、問題のウラに、解答をオモテにして、繰り返す。

4.全部覚えるために、暗唱できるまで、言葉を出し続ける。音読。

これら、全部、ただの思い出す練習です。

ref)

①  UIrich Boser (2017) What Do People Know About Excellent Teaching and Learning?
②  Angela C Jones et al (2015) Beyond the Rainbow: Retrieval Practice Leads to Better Spelling than Rainbow Writing
③ John C. Nesbit et al (2006) Learning With Concept and Knowledge Maps: A Meta-Analysis

これらの論文で有意差がでてるのは結局、思い出す練習を反復することだけです。

その思い出しについて、ぼくが新しく提唱している勉強法が、

5.マインドマップを自分で録音して、それを薄めを開けながら、何十回も2.5倍速くらいで聴き続けて、聴覚情報から視覚情報を「思い出す練習」をしてください

っていうことだけです。

もう教育や勉強法、生涯学習について悩む必要はありません。これ以上、いいものが人類に用意できるとは到底思えません。

面倒なルーチンワークはAIにまかせて、人間は幸福を追求して、イノベーションを起こし続ければいい。

そのためには、上記の5を実践する人間を大量に増やすしかない。

また、別の角度から、Wikihikagle勉強法の正しさについて説明しました。

大手学習塾が僕の方法真似し始めたら、ブレークして、時代が代わり始めるかもしれません。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/628-0776ee52

Neisseria meningitidis