FC2ブログ

合格した人だけ知っているだれでも国立大学医学部に合格できる裏技勉強法を全部紹介するブログ

偏差値40台をとったこともある国公立医学部医学科に合格した現役医師がお送りする大学受験勉強法ブログです。               最強の勉強法とは「二元論を使うべし」と「データベースを作るべし」

【目指せYoutuber企画】マインドマップの作成工程と速聴写真記憶法の工程を疑似体験できる動画

マインドマップ Goodnotes iPadによる

https://www.youtube.com/channel/UCkZoiOrdyREAezAyAmO2xig/featured

2018年正月に宣言した通り、とうとう動画を作り、Youtubeにアップロードしました。上記リンクから御覧ください。

チャンネル登録お願いします!否、オラに元気を分けてくれ!(DRAGONBALL Z。元気玉より引用)

願わくば、このブログに拍手をしていただいた方、電子書籍を買って読んでいただいた方、全員、元気を分けてくださることをm(_ _)m

How can I reach out the people who are struggling to search for how-to study?
One of my answers is adding my videos that are on mind-map of learning.
How-to study is basis of life but not thing like you have to search for because it's already fully established...especially by ME.

元気をわけて叱咤激励していただけたら、上記の動画、どんどん長くなります。そして、英語字幕を自分でつけます。

ぼくの書いたこと:http://ndthikaru.blog74.fc2.com/blog-entry-622.html

を実際にマインドマップ化して、PDFに落とし込むというのはどういうことかをコマ送りで作っていく様子を動画にしてみました。

この記事に今後の過程を、徐々に付け足していきます。

そして、最終的にぼくの勉強法がマインドマップ化され、それが音声つきになり、速聴できるようになります!

とうとう、記憶法のためのマインドマップと写真記憶とレコーディング音声が公開されることになります♪

請うご期待。

【今後予定】
①マインドマップのコマ送り動画を作って、加筆し続ける。

②マインドマップが完成したら、書いてある内容にズームアップして文字を高速に読み上げる。

③マインドマップ自体を覚える作業、つまり写真記憶法の実践がいつの間にか成立してしまう。

④動画を何度もみることで、記憶法を覚えられる。(視聴者Win!)

⑤チャンネル登録者数が1000人を越え、報酬が発生する(本音の目標:Win!5年後くらいかなぁ)。

⑥そして、Youtuberになる。

みなさんのチャンネル登録だけが頼りです。Wikihikagleプロジェクトを進めさせてください。

【追記】

思い立ってから(初期衝動があってから)、意外と短時間に簡単に動画作ってアップロードできました。最初にブログを書き始めたときや、最初に電子書籍を発売したときの高揚感を思い出しました。

祝:チャンネル登録 一人目!
どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

動画が作れるようになったのは、iMovieというiPad Proに付属のソフトが使えるようになったからというよりは、Goodnotesというソフトを自分が使いこなせるようになってきたからです。

スライドショーで動画を作れるだろうという直感があったんですが、どうやって形にするかずっと悩んでました。

Youtubeに参考になるひと、いなかったし。

Goodnotesで自分のイメージを形にできるようになり、スライドショーのスライドとなるスクリーンショットも思い通りにコントロールできると直感してからは、簡単でした。

iMovieは細かい設定はできない分、シンプルなスライドショーは簡単にできます。

ぼくも表現する側に一歩踏み入れました。二元論ユーザーのみなさんもぜひ、動画で知識を表現する側の人間になってください。

二元論的に、動画でしか表現できなかったことを中心に知識や知恵の情報公開がんばります。

【追記】

チャンネル登録してくださったかたいるので、少しずつですが、加筆していきますよ。

以下、解説読み原稿。

●グッドノーツというアイパッドアプリを使って、マインドマップをつくっていく様子を解説していきます。

●アイパッドにはスクリーンショットをとって編集する機能が備わっていますので、それを利用して、ブログの記事を貼っています。

●今回のマインドマップでは、もっともスタンダードで古典的な樹形図型のえがきかたをつかっています。この書き方は知識を並べて整理するのに適しています。

●マインドマップのテーマはぼくの勉強方法です。一番のコアイメージをまんなかに表示しています。ブログで同様の内容が書かれたページをスクリーンショットして左上から下に並べています。

●相関する内容を青、黄色、赤で色分けして、大事な部分にマーカーで色を付けました。また、文章で注釈やリンクが必要な部分には矢印で目線が飛ぶようにしています。

●前置きは終わりました。実際のコアイメージを解説します。

提供(影響を受けた人物、順不同)

●佐藤富雄、佐藤オオキ、大西泰斗、Sir Jonathan Paul Ive、手塚治虫、細野真宏、清 史弘、西岡康夫、為近和彦、亀田和久、Public Domain、トニー・ブザン、池谷 裕二、デズモンド・モリス、水野敬也、山中伸弥、郡 健二郎、南方仁、伊藤穰一、寄藤文平、金城光代、 金城紀与史 、上田剛士、上松 正朗 、康永 秀生、大杉正明、Elizabeth Dunn 、 Michael Norton、カーンアカデミー、高橋佑磨


とりあえず、英語バージョン作るかなぁ。

英語バージョン 原稿

●The best way of studying for your school exam.
This mind-map shows the only thing that I really want you to know.
The difference between this new method and a usual way of learning is to use voice recorder that can play rapidly:from 2 time to 3.5 times faster.
Voice recorder let you master whatever you want to learn.

●This learning method has three steps.
step 1. Understanding Phase.
step 2. Writing and Painting Phase.
step 3. Recording,Listening,Visualizing Phase.

Now let me show you each steps

●step 1. Understanding Phase.
Choose and focus on what you want to learn.
Read the easiest book or text.
or Take the easiest classes.
Read another book.
Read another book.
Read another book.
Read another book till you understand deeply.
Read other books in order to compare what you might already understand with what you are going to understand in those books.

●step 2. Writing and Painting Phase.
As soon as you understand profoundly,you write,draw,paint what you understand in a micro note.
Make a micro note.
Make a micro note.
Make a micro note till you finish writing all the subjects in what you want to learn.
MAKE A MACRO NOTE.
Prepare a folder for the MACRO and micro notes

●step 3. Recording,Listening,Visualizing Phase.
Record it within 90 seconds.
Record it within 90 seconds.
Record it within 90 seconds.
Play the voice memo rapidly,
Listen it carefully,
and Visualize what you write.
Repeat it again and again till you visualize it vividly in your mind.
Re-record only what you cannot memorize,
Play it,Listen it,and Visualize it.
Keep on listening when you find the time to do it.



英語バージョン の国際的な説明。


About Wikihikagle.org
Wikihikagle.org is a rapidly growing, open-edit educational resource, compiled by a medical doctor, a health professional (Takeshi Kuroyanagi) from Japan.
Our mission is to create the best possible educational reference especially in university entrance exams and teaching site that shows how to use rapid-listening-ready voice recorders and mind-maps and make it available to everyone, forever, for free.
All we need to accomplish this is for you to share some of your expertise and a few of your precious moments. By pooling our collective knowledge and experience, we can make a real difference in how people all over the world are educated and taught. Every new article, every recording, and every video counts.
Buy my books and buy something you need at Amazon now to start contributing.
Community
As a member of Wikihikagle, you can create your own interesting article library by commenting my articles as well as help improve articles on the site. You can use the thousands of articles to help teach your peers, students and promote education and mathematics, English, Japanese, chemistry, physics, more broadly.
Again, you can be an individual contributor by means of commenting my articles.
Articles
Working together to create content
Articles are collaborative efforts to provide a single canonical page on any and all topics relevant to the practice of education. As such, articles are written and edited by me over a period of time. Although this can be intimidating at first, the end result is something far more valuable than what can be achieved purely through individual effort. So, if collaboration is not your thing, writing articles is not for you. We like properly referenced content with subscription-free (open access) references, allowing readers and editors to cross-check the validity of articles and their content.
Explore Wikihikagle org’s Articles.
Subjects
Sharing your interesting subjects with the world
Each subjects page presents a single subject to the community. While these subjects belong to the contributing user, they can be viewed by the community and added to articles, tutorials, or quizzes. Sharing subjects on Wikihikagle.org is different to writing articles. You can upload your interesting subjects. Moreover, you can add descriptions of the subjects and the imaging safe in the knowledge that only you (as well as editors and site administrators) can edit them.
Contributing Content
Exceptional subjects and up-to-date educational tips are vital for Wikihikagle.org. To take the first steps towards contributing content, see the quick “how to” videos on our top page.
Editors
The accuracy and continued development of Wikihikagle.org is overseen by me, a volunteer editor. The open credentials and desire to create a free world-class resource are similar to those of Wikipedia. However, the importance of accurate information means that checks and balances of additions are required for Wikihikagle.org and our editors provide this. They constantly review additions and changes to articles, something that is facilitated by being spread around the globe through a variety of time zones.
See who is the Wikihikagle editor.
Expert Advisers
The editor also draws upon the knowledge of our expert advisers. Our expert advisers are known to not only be experts in their field and educators but to also support the education free open access medical education movement (#FOAMrad).
See the Wikihikagle org’s expert advisers.
Support Wikihikagle.org
A Wikihikale.org Supporter is someone who values what we are trying to accomplish, and is willing to help us with small periodic financial contributions to help build:
innovative educational features
enhanced educational information in the university entrance exams reference section
enhanced teaching facilities such as new presentation, quiz features and videos in Youtube
continuous improvement of the website, blogs and my books
accessibility of educational information to educational professionals in developing countries
We hope that with Wikihikagle.org Supporters we can not only keep our public content free for all but also fund the continuous improvement of the site and development of new game-changing features.
If you believe in our mission and wish to contribute, become a Supporter or Nigen-ron user.
Image Licensing and Terms of Use
To allow easy legal access to content on Wikihikagle.org while simultaneously ensuring that contributors maintain control over both attribution and commercial use of images submitted, all content is provided under me.
Contact Us
If you have any queries or suggestions, comment this article.
This article is inspired by Radiopaedia.org

【追記】
macOSがhigh sierraからmojaveにアップデートされるとWWDC2018で発表されました。
mojaveによるcontinuityで勉強がはかどるようになるか問題。

●Goodnotesというアプリは一応、continuityがある程度すでに担保されていて、iOSとmacOSで別々にアプリが売られている。
両方買えば、どちらのOSでもマインドマップノートを編集できる。
また、メリットとして、バカ高いiPadのキーボードを買わなくても、macOSで文字の入力ができる。
大量にスクリーンショットした画像のコピペもmacOSのほうが捗りそう。(まだ試してないけど)

●マインドマップだけど、スクリーンショットを小さく貼ってしまうと文字が小さくなって、拡大しないと見ることができない。そして、拡大するときに、スムースにブラウズできるならいいんだけど、今のiPad
proではマシーンパワーが足りず、ジグザグに表示されしまう。もっとスムースにさくさく拡大と縮小ができればいいんだけど、スクリーンショットした画像が重すぎて、拡大するときに一瞬フリーズしてしまう。
これでは使いものにならないので、最近は極端にスクリーンショットの画像を小さくはらないようにしています。

●Goodnotesをマインドマップアプリとして利用する。そのためにはスクリーンショット機能がもっと使いやすくならないといけない。現状はgrabというアプリを使っているけど、とにかく使いづらい。mojaveにアップデートされたらもう少し使いやすくなるかもしれない。

●mojaveでアップデートされるのは、スクリーンショット機能だけでなく、ボイスレコーダー機能も追加される。mac、iPadにはマイクが内蔵されているので、速聴記憶をするための環境がapp頼りだったものがやっと、デフォルトでつかえるようになる。mojaveでやっとwikihikgale勉強法のキーデバイスが整うかもしれない。

●ちなみに、macOSのVLCというフリーアプリで3倍速再生ができるので、速聴自体は問題なくできる。

【追記】

英語にして動画作り、アメリカやセルビア、インド人に動画を見させてやりました。セルビアってどこだよと思いながらも世界の広さを感じます。(セルビアってヨーロッパね)

Youtubeでどうやってぼくの知識にたどり着いているか検索キーワードが分析できるんですが、よくそんな単語で見つけ出したなぁと思うものばかりです。

どうして、こんなにも多くのなんの役にも立たない勉強法動画が数万回も見られているにもかかわらず、たった数分で革新的な核心をついているぼくの動画がたった数十回しか見られないのか。(自画自讃ですいません。)

このギャップにこそ今の世界が抱える問題がある、まさに縮図だと思います。

10-20代のうちに勉強法を確立しないと、その後の人生で勉強法が確立される確率は相当低いとぼくの周りの大人を見ていて、診ていて感じます。

患者さんに病気の説明したり、治療してても伝わってくるものがあります。ぜんぜん、ぼくの説明した通りに薬飲んでくれなかったり、自分でアレンジしちゃったりする患者さんを見ていて、どういう教育を受けたんだろうと。

文部省がYoutubeチャンネルを作って、ぼくの動画を作り直してくれれば、さっさと勉強スキルが挙げられるのになぁー。

TEDや勉強法紹介ユーチューバーがどんなにがんばっても、視聴回数がどんだけ多くても、社会は変わらない。

文部科学省。がんばれ。https://youtu.be/RHVMwLwvQfQ

上記、動画をみて、ダメだこりゃ。

概要のパワポをみてさらに、ダミだこりゃ。

なにも具体性がない。非認知的能力を向上させるってなんでパワポに書けないんだよ。

有識者会議的なものに落合陽一さんがちらっと動画に出てたけど、大丈夫か?

本当に招くべきひとはオイコノミアの大竹文雄教授だよ。

Youtubeチャンネル開設して一ヶ月。チャンネル登録11人。

動画でも届かないとなると、武道館のステージにそろそろマイクを置いて、普通の医者に戻ろうかなと思います。

こうやって、また、つまらない勉強法紹介Youtubeチャンネルだらけ、つまらない勉強法プレゼンテーションTEDだらけになっていくのかなぁ。

https://www.jcer.or.jp/column/otake/index897.html

こういう良いアイデアもだれも採用せずに、変わることがない。埋もれているものを誰かが引っ張り出してメジャーにするという未来を期待し続けるか、あるいは、知っている人だけが得をする状態が延々と続くのか。

追記:

https://youtu.be/dOQkYJpi1nw

勉強とは地味な作業である。
地味なルーチンワークを続けているうちに、新しい卓越性のヒントが隠れている。
隠れているものを見つけられるかどうかは自分次第だなぁと思います。
この世の中の殆どの人が見つけられなくてもいいと思っているから、見つけられない。
見つけられなくても、困らないものだから。

最近、また、面白い論文ネタを思いつきました。
困っていることの中に、解決欲求がでてきて、新しい論文のネタが見つかる。
困っていても、しょうがないと思っている人には、一生かけても、解決法は思いつかない。

【追記】
↑のように、武道館にマイクを置きかけて、置きませんでした。

YoutubeがYoutuberを育成するための教育動画を公開してたりして、それを見て勉強しています。

その中に、教育動画を作るにはどうするかというまさにぼくが求めていた方法論が書いてありました。

ぼくが作りたいインフォグラフィックスの例があって、十分良くできており、『これを見てください』で十分だと思っています。

とくに、

これがすごい。

『言葉と映像を一対一に対応させる』

という二元論が体現されています。まさに模範。

Bill Wurtzにすべてを任せて、武道館にマイクを置きたいところです。

速聴もできるし。

英語なのに、言葉と映像が一対一に対応しているから、まったく違和感なく理解できる。

知識を伝えるというのはこういうことです。

インフォグラフィックスそのもの。

日本史という超マイナーなことにもかかわらず、世界中で4000万回も再生される。

作っている本人が、日本史に詳しくないと作れないわけですから、Bill Wurtzの異端児ぶりに驚嘆する。

どうやって、こういう動画を作るのかテクニックが知りたい。

簡単なアニメを作る方法論がほしい。
関連記事

このコメントは管理者の承認待ちです

2018.05.13 13:56  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2018.05.13 14:12  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ndthikaru.blog74.fc2.com/tb.php/633-df727ca5

Neisseria meningitidis